著作者

パンダ

運営Staff

パンダ

( 運営スタッフ)

72時間ルールのメリット・デメリット!他ポイント5つまとめ

パンダ
運営Staff パンダ
看護師72時間ルールについて

病院にとっては、看護師夜勤の72時間ルールを守らないと病院の収入そのものが大幅に減少してしまうため、看護師の数を少しでも増やして72時間ルールを守りやすくするための努力や工夫をしているのです。転職先を見つける際には、72時間ルールを守ることがどれだけ病院にとって課題になっているかという点も含めて職場探しをしたいものです。

このページではその72時間ルールが今後変わってしまうことについて現状のメリット・デメリットを説明しながら案内します。

1.看護師夜勤の72時間ルールとは

看護師夜勤72時間ルール

看護師夜勤の72時間ルールとは、看護師が行う夜勤は毎月平均72時間以下にしなければいけないというルールです。72時間以内の夜勤に抑えるためには、2交代で働く場合には夜勤の回数は4回程度、3交代の場合には準夜勤と深夜勤がそれぞれ月9回程度となります。

 

ポイント!

ポイント

このルールを満たさなければ、病院は国から診療報酬を受け取ることができないという厳しい罰則になっていて、看護師と患者さんの割合に関係なく守らなければいけません。

 

2.看護師夜勤の72時間ルールには例外がある?

看護師夜勤72時間ルール例外

看護師の夜勤時間が月平均で72時間を超えてはいけないと決められている看護師夜勤の72時間ルールは、守らなければ病院が国から受け取る診療報酬寮が大幅に減らされたりするといった罰則があります。そのため、病院柄は看護師夜勤の72時間ルールを厳守するように最大限の努力をしているわけですが、このルールはすべての診療科目で平等に適用されているというわけではなく、場合によっては例外として免除されていることがあります。

 

診療科の種類によっては72時間ルールは適用外

一般的な病棟では、患者さんは夜間は眠っている時間はほとんどですなので、看護師にかかる負担は少なく、少ない数の看護師数で切り盛りすることができます。しかし、昼も夜も関係なく看護が必要となる集中治療室や救急救命センター、緩和ケア、認知症治療病棟などでは、夜間だからと言って看護師の数が少なくてもOKというわけにはいきません。

 

夜勤しか行わない看護師も72時間ルールは適用外

また、看護師の求人募集の中には、夜勤のみを行う夜勤専従看護師の求人募集がたくさんあります。夜勤しか行わない看護師の場合にもまた、看護師夜勤の72時間ルールは適用されません。

 

ポイント!

ポイント

多くの病院では、病棟ごとに2人ぐらいの夜勤専従看護師がいて、昼間も含めたシフト勤務を行う看護師で夜勤をローテーションすることで月平均72時間をクリアするなどの工夫をしています。

 

3.看護師夜勤の72時間ルールのメリット

看護師夜勤72時間ルールメリット

看護師夜勤の72時間ルールのメリットには、看護師にかかる負担を軽くできるという点があげられます。看護師の多くは病床を持つ病院に勤めていて、日勤や夜勤など異なる勤務時間でシフト勤務を行っています。不規則な勤務時間をすることによって看護師にかかる体力的かつ精神的な負担は大きくなってしまうため、体調を壊して離職する看護師は少なくありません。それが、現在の全国的な看護師不足の原因の一つにもなっているわけです。

 

夜勤を減らせる

看護師夜勤の72時間ルールが設けられることによって、看護師の夜勤は2交代で働く場合には月に4回ぐらいとなりますし、3交代の場合には準夜勤や深夜勤合わせて月に9回ぐらいと上限が決められます。夜勤の数が少なくなることによって看護師は体調管理がしやすくなるというメリットが考えられます。

 

看護師の過剰労働を避けられる

看護師が不足している病院にとっては、このルールを厳守することは至難の業という場合もあるようですが、守らなければ国から受け取る診療報酬寮が大幅に削減されてしまうため、いろいろな方法でルールを厳守しなければいけません。看護師が不足している病院に勤務する人にとっては、看護師夜勤の72時間ルールによって得ることができるメリットはとても大きくなります。

 

4.看護師夜勤の72時間ルールのデメリット

看護師夜勤72時間ルールデメリット

看護師夜勤の72時間ルールのデメリットには、夜勤をたくさんしたいと考えている人にとっては思うような頻度で夜勤ができないという点があげられます。月72時間ということは2交代の場合には月4回ぐらい、3交代の場合でも月9回ぐらいの夜勤しか行うことができません。

 

夜勤が思うようにできない

看護師の場合、毎月の基本給はそれほど高くなくても、夜勤手当などの手当てが大きいために最終的な手取りの額が一般のOLと比べると多いといえます。積極的に夜勤をこなしてお給料をアップしたいと希望している看護師にとっては、夜勤をしたくてもできないという状況になってしまうことはデメリットとなります。

 

ポイント!

ポイント

こうした看護師の中には、夜勤ができないことで収入アップできない分、休日を利用してアルバイトをしたり、休みの日に他の病院で夜勤のアルバイトをして収入をアップするという方法をとる人が増えています。

 

夜勤で収入アップをしたい看護師はどうしたらいいか

このデメリットを回避するための方法として、夜勤をして収入アップをしたい看護師は診療科目を転科して救急救命センターや集中治療室等や他にも忙しくたくさんの看護師のニーズがある診療科目で働く方法があります。こうした診療科目には看護師夜勤の72時間ルールは適用されないので、思う存分に夜勤を入れることができます。

 

5.看護師夜勤の72時間ルールが変わるかもしれない?

看護師夜勤の72時間ルールが変わるかも

本来は看護師にかかる体力的な負担を軽減する目的で始められた看護師夜勤の72時間ルールでしたが、夜勤で収入アップを希望する看護師が、少ない休日を利用して別の病院で夜勤のアルバイトをする人が増え、看護師にかかる身体的な負担が以前よりも大きくなってしまったという結果を引き起こしています。

 

夜勤は月に144時間までという上限が排除

そうした現実を踏まえ、看護師夜勤の72時間ルールが見直されています。2016年3月現在ではまだルールが大幅に改正されたとか廃止になったという変更はありませんが、夜勤専従の看護師なら、これまでは厳しく決められていた月に144時間までしか働けないという上限が排除となったため、夜勤専従の人にとっては働きやすい環境になっています。夜勤専従になったり、このルールが適用されない診療科目に転科するなどして働き方を工夫するのも良いでしょう。

 

まとめ

現在、集中治療室や救急救命センターなど昼夜関係なくたくさんの看護師が必要になる診療科目を除いた科目では、看護師夜勤の72時間ルールが適用されていて、毎月看護師が行う夜勤の時間数が制限されています。月の平均が72時間までということは、3交代制なら月4回程度、3交代制なら月9回程度までしか夜勤ができないということで、夜勤をしたくない看護師にとっては大きなメリットとなりますが、夜勤をしないことによって夜勤手当がたくさん入ってきませんから、夜勤で収入アップしたいと考える看護師にとっては、デメリットになっている現状があります。今後はこの72時間ルールの見直しが進んで、法改正される日もやってくるかもしれません。

 


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

<最新情報をお届けします>

看護師転職ジョブを運営しているスタッフです。

1人でも多くの看護師の方に役に立つ情報や転職時の注意点など幅広く執筆しています。記載している情報は、有資格者の看護師のチェックを通しながら執筆中です。

是非たくさん見ていただけたら嬉しいです。


カテゴリー:看護師の実情

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:パンダ
(公開日:)(編集日::2017年08月06日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

1件の返信

  1. […] 8時間以上」の夜勤でも分母の人数に含まれることになりました(回復期と慢性期のみ)。詳しくは「72時間ルールのメリット・デメリット!他ポイント5つまとめ」を確認してください。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。