看護師平均年収と給料(最新:平成29年賃金構造基本統計調査)

看護師の平均年収

看護師の年収と給料(給与)の平均を分析しているページになります。これさえ見ておけば、すべての看護師平均年収が丸わかり!!お役に立てればシェアをお願いします。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

正看護師の平均年収と給料(2017年)

正看護師の平均年収2017年

看護師の平均年収は4,782,700円になります。

また、平均の給料(月収)は月331,900円となり内訳は以下の通りです。

正看護師の平均年収4,782,700円
平均の給料(月収)331,900円/月
平均の賞与(ボーナス)799,900円
手当の平均・32,300円/月
・387,600円/年

平成29年賃金構造基本統計調査より 計算式:年収=きまって支給する現金給与額×12ヶ月+賞与平均)

現状、看護師が不足しているので、看護師の給料は高騰している地域が多くなっており、平均年収を下回る場合は転職や働く病院を変更することで給料アップが期待できると言えるでしょう。

また、2017年時点では、全体の平均年収が491万円となっており、看護師としては下回る結果になりました。全体と比較すると、平均賞与(ボーナス)の金額が他の業種は高く(業績によって変動するため)、あまり賞与金額が変動しない看護師の年収が低くなったものと考えられます。

そのため、「看護師は安定している職業である」といえます。

 

(1)看護師平均年収の推移について

看護師の平均年収は過去5年間のデータを見ても472万円~480万円前後で推移していることが分かります。

【看護師の平均年収の推移】

看護師の平均年収の推移
2013年472.4万円
2014年473.0万円
2015年478.3万円
2016年480.9万円
2017年478.3万円

(賃金構造基本統計調査2013年~2017年 ※百の位を四捨五入)

上記のように、大幅な年収の増加や低下は少ないと言えるでしょう。

また、2017年の女性全体の平均年収は377.8万円となっており、働く女性と比べると高年収であることが分かります。

 

(2)病院・施設の規模別看護師の平均年収・給料

大規模病院と年収40万円以上の格差(看護師)
スタッフ10~99名平均年収:4,460,800円
平均給料:318,500円/月
平均賞与:638,800円
スタッフ100~999名平均年収:4,643,500円
平均給料:324,700円/月
平均賞与:747,100円
スタッフ1,000人以上平均年収:5,053,200円
平均給料:344,800円/月
平均賞与:915,600円

(平成29年賃金構造基本統計調査より 計算式:年収=きまって支給する現金給与額×12ヶ月+賞与平均)

病院・施設のスタッフ数での看護師の平均年収、平均給料、平均賞与を比較すると、規模が1,000名の病院・施設は年収が505.3万円に対し、999名以下の病院・施設は464.3万円となり、その差は約40万円違います。

1,000名以上の病院・施設に勤務する看護師は、2017年全体の平均年収491万円より「看護師の年収は高い」ことが分かります。

 

(3)正看護師の年齢別平均年収・給料・賞与データ

正看護師の年齢別平均年収2017年 正看護師の年齢別平均年収・給料・賞与データ
年齢平均年収平均給料/月平均賞与
20代前半(20歳~24歳)3,816,800円279,900円 458,000円
20代後半(25歳~29歳)4,582,750円320,200円 740,350円
30代前半(30歳~34歳)4,771,400円332,850円777,200円
30代後半(35歳~39歳)4,979,900円341,950円 876,500円
40代前半(40歳~44歳)5,142,450円350,300円938,850円
40代後半(45歳~49歳)5,249,150円362,250円902,150円
50代前半(50歳~54歳)5,576,250円374,800円1,078,650円
50代後半(55歳~59歳)5,716,800円388,200円1,058,400円
60代前半(60歳~64歳)3,993,800円287,700円541,400円
60代後半(65歳~69歳)4,054,200円285,750円625,200円

(平成29年賃金構造基本統計調査より 計算式:年収=きまって支給する現金給与額×12ヶ月+賞与平均)

年代別の正看護師の平均年収と平均給料・賞与になります。50代後半までしっかりと月収が上がっているのがわ分かり、ある程度年収を貰っている看護師さんは年功序列の世界であることが分かります。60歳で一度年収や月収は下がるものの、60代後半まで働いている看護師は賞与が60歳前半より上がるため、年収は増えていく形になります。

2017年時点では、30代後半の看護師から全体の平均年収419万円より年収は高くなります。

 

(4)男性正看護師と女性正看護師の年収・給料・賞与の差

女性:正看護師男性:正看護師
平均年収4,770,800円4,894,200円
平均給料331,100円339,400円
平均賞与797,600円821,400円

(平成29年賃金構造基本統計調査より 計算式:年収=きまって支給する現金給与額×12ヶ月+賞与平均)

男性と女性を比較すると

  • 平均年収:123,400円
  • 平均給料:8,300円/月
  • 平均賞与:23,800円

上記金額で、女性看護師の方が少ないことが分かりました。男性・女性の格差は大きくないことが分かりますが、女性看護師の平均年収を下げている原因として、女性の方が60歳以上で働く看護師が多いことが挙げられます。

 

准看護師の年齢別の平均年収と給料(2017年)

准看護師の年齢別の平均年収2017年
准看護師の平均年収4,056,800円
平均の給料(月収)339,960円/月
平均の賞与(ボーナス)657,200円
手当の平均・20,000円/月
・240,000円/年

平成29年賃金構造基本統計調査より 計算式:年収=きまって支給する現金給与額×12ヶ月+賞与平均)

当たり前ですが、正看護師と比べると准看護師の場合は全体的に正看護師を下回りますが、准看護師は平均の給料(月収)は正看護師の331,900円よりも、8,060円高い339,960円となっていることが印象的でした。

これは、准看護師の平均年齢と勤続年数に差があるためと考えられます。

 

准看護師と正看護師の勤続年数と平均年齢

正看護師(女性)平均年齢:39.6歳
勤続年数平均:8.0年
正看護師(男性)平均年齢:36.0歳
勤続年数平均:6.9年
准看護師(女性)平均年齢:49.7歳
勤続年数平均:11.6年
准看護師(男性)平均年齢:42.2歳
勤続年数平均:11.8年

(平成29年賃金構造基本統計調査より)

女性の正看護師と准看護師を比較した際に、平均年齢で約10歳、勤続年数で約3年程度、准看護師の方が上回っており、年齢と共に年収が上がる看護師のデータを見ることで、准看護師が平均月収が高くなることも理解できます。

 

都道府県別の看護師平均年収と給料(2017年)

都道府県別の看護師平均年収(2017年)

順番は北から順番に並べています。近隣の都道府県や通勤範囲内の都道府県などはチェックしておきましょう。

都道府県平均年収平均給料(月収)平均年齢
北海道479.31万円33.11万円40.4歳
青森県444.38万円30.91万円41.1歳
岩手県448.83万円30.3万円42.9歳
宮城県475.52万円31.98万円37.6歳
秋田県475.8万円32.16万円41.3歳
山形県475.95万円31.64万円38.2歳
福島県467.67万円32.79万円40.2歳
茨城県452.3万円32.11万円38.3歳
栃木県500.21万円34.1万円40.2歳
群馬県458.28万円31.94万円39.2歳
埼玉県482.35万円33.86万円38.9歳
千葉県511.5万円35.95万円38.6歳
東京都532.34万円37.06万円37.8歳
神奈川県507.44万円35.79万円37.1歳
新潟県467.89万円31.81万円41.5歳
富山県468.94万円31.94万円42.1歳
石川県484.2万円32.56万円38.0歳
福井県490.56万円32.82万円39.4歳
山梨県524.04万円33.2万円40.2歳
長野県479.12万円32.4万円42.9歳
岐阜県478.22万円32.3万円38.2歳
静岡県492.25万円34.5万円42.3歳
愛知県498.24万円34.46万円38.2歳
三重県498.57万円34.12万円40.4歳
滋賀県421.95万円30.63万円37.9歳
京都府541.39万円37.67万円41.6歳
大阪府481.91万円32.7万円36.3歳
兵庫県500.96万円34.38万円40.8歳
奈良県500.71万円31.7万円37.0歳
和歌山県500.02万円34.0万円39.7歳
鳥取県500.02万円33.34万円39.9歳
島根県455.18万円30.56万円37.7歳
岡山県473.07万円32.17万円39.0歳
広島県482.78万円33.62万円36.4歳
山口県482.4万円32.82万円40.2歳
徳島県465.6万円32.43万円39.2歳
香川県457.46万円31.56万円40.3歳
愛媛県437.03万円29.73万円43.7歳
高知県439.53万円30.38万円42.3歳
福岡県432.27万円30.35万円39.0歳
佐賀県415.49万円29.23万円42.4歳
長崎県414.85万円28.52万円42.3歳
熊本県431.83万円29.68万円41.1歳
大分県426.3万円29.3万円42.4歳
宮崎県395.87万円26.94万円40.6歳
鹿児島県406.37万円28.58万円40.5歳
沖縄県428.16万円29.38万円39.2歳

(平成29年賃金構造基本統計調査より 計算式:年収=きまって支給する現金給与額×12ヶ月+賞与平均)

看護師の平均年収が高い都道府県第1位は京都府の541.39万円になります。今までの年収を比較しても京都府は安定して看護師の年収が高いです。

  • 年収1位:京都府 541.39万円
  • 年収2位:東京都 532.34万円
  • 年収3位:山梨県 524.04万円

関東エリアより関西エリアの京都府が平均年収ナンバーワンなのは、意外ですね。

ちなみに、ワーストは、

  • ワースト3位:長崎県 414.85万円
  • ワースト2位:鹿児島県 406.37万円
  • ワースト1位:宮崎県 395.87万円

ワースト3つが九州エリアが占めていることがわかります。九州は物価も安いですが、看護師としての仕事は変わらないので大変ですね。

 

現役看護師に聞いてみた最高年収とは?

当サイト、「はたらきナース」で最高の年収(月収)を稼いだ金額と、その時の勤務先を確認しています。

最高年収年収/月給/エリア勤務先
300万円
~399万円以下
(年収344万円・月給22万円・沖縄県)混合病棟勤務(日勤:夜勤あり)
(年収370万円・月給34万円・東京都)総合病院(日勤:夜勤あり)
400万円
~499万円以下
(年収450万円・月給35万円・栃木県)総合病院(常勤:夜勤あり)
(年収480万円・月給34万円・神奈川県)訪問看護
(年収480万円・月給34万円・東京都)地域包括センター
年収500万円
~599万円以下
(年収500万円・月給50万円・和歌山県)病棟勤務(日勤:夜勤あり)
(年収500万円・月給35万円・神奈川県)総合病院(日勤:夜勤あり)
(年収530万円・月給34万円・東京都)総合病院(日勤:夜勤あり)
(年収530万円・月給37万円・東京都)総合病院(日勤:夜勤あり)
(年収550万円・月給35万円・東京都)特別養護老人ホーム
(年収560万円・月給33万円・広島県)総合病院(日勤:夜勤あり)
(年収590万円・月給45万円・神奈川県)総合病院(日勤:夜勤あり)
年収600万円
~899万円以下
(年収600万円・月給55万円・千葉県)救急外来/夜勤専従
(年収600万円・月給39万円・埼玉県)総合病院(日勤:夜勤あり)
年収900万円以上(年収900万円・月給65万円・大阪府)市民病院+夜勤バイト
(年収1200万円・月給130万円・東京都)訪問看護ステーションを起業

現役看護師の方に最高年収を聞いた結果になります。(詳細は:今までの「最高年収」と「最高月収」を現役看護師に聞いた!を確認してください。)

1200万円の年収は、看護師として夢がある結果になりましたが、多くの場合は夜勤関連などの単発バイト、または残業が多かった年だったという意見が多かったです。残業・夜勤がいかに看護師の収入を占めているかがわかる結果になりました。

 

女性正看護師の平均年収と給料

以下の画像は女性の看護師平均年収と正社員(女性)の平均年収を比較しています。

女性の看護師平均年収と正社員(女性)の平均年収 比較

【女性正看護師の平均年収・給料・賞与】

平均年齢39.6歳
平均勤続年数8.0年
平均年収4,770,800円
平均給料(月収)331,100円/月
平均賞与797,600円

(平成29年賃金構造基本統計調査より 計算式:年収=きまって支給する現金給与額×12ヶ月+賞与平均)

女性看護師の平均年収は正社員の働く女性の平均年収は377万円と看護師と100万円ほどの差があります。

一般女性と比べると、看護師は高給取りと言われるゆえんだと思われますが、仕事のハードであることやプライベートの不自由さを入れたら当然の年収と言われそうです。

 

男性看護師の平均年収と給料

一方、男性看護師の平均年収と全体の平均年収を比較すると以下のようになります。

男性の看護師平均年収と全体の平均年収 比較
平均年齢36.0歳
平均勤続年数6.9年
平均年収4,894,200円
平均給料(月収)339,400円
平均賞与821,400円

(平成29年賃金構造基本統計調査より 計算式:年収=きまって支給する現金給与額×12ヶ月+賞与平均)

男性看護師の平均年収は女性の看護師よりやや低めです。おそらくですが、男性看護師のはたらく平均年齢が女性看護師より低いことが原因になります。全体の平均年収は約491.2万円になりますので、2017年時点では男性看護師の方が平均年収が低いということが分かります。

ただ、労働に見合った給料かというと、そうでない方も多いとは思います。

男性看護師の転職ノウハウ

 

病院別・最終学歴別の看護師と平均給料(2017年)

最終学歴が「大学卒業の新人看護師」と「高校卒業の看護師」「勤続10年の非管理職看護師」の給料の平均をまずは確認しましょう。

高卒の看護師
(高卒+3年課程卒)
266,041円
大卒の看護師273,854円
勤続10年
(31歳~32歳非管理職)
320,457円

(参照:日本看護協会/看護職の給与データ(2017年版)より)

上記で説明していた「厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査」とは違い、日本看護協会はより細かい区分で調査しています。

病院別の区分内容は以下の通りです。

国立病院・厚生労働省(国立ハンセン病療養所等)・独立行政法人国立病院機構
・国立大学法人・独立行政法人労働者健康福祉機構
・独立行政法人地域医療機能推進機構・その他の国
公立病院・都道府県・市町村(一部事務組合を含む)
・地方独立行政法人(公立大学法人を含む)
公的医療機関・日本赤十字社・済生会・厚生農業協同組合連合会・北海道社会事業協会
社会保険関係団体・社会保険関係団体
(健康保険組合およびその連合会、共済組合およびその連合会、国民健康保険組合)
公益法人・公益社団法人・公益財団法人
医療法人・個人・医療法人(社会医療法人を含む)・個人
その他法人等・社会福祉法人・医療生協・会社・その他の法人

それでは、病院別に確認してみましょう。

病院別・最終学歴別の看護師と平均給料
高卒の看護師大卒の看護師勤続10年の看護師
国立病院261,953円273,335円333,376円
公立病院264,383円273,750円336,799円
公的医療機関261,570円269,976円333,851円
社会保険関係団体271,153円283,051円273,933円
公益法人267,580円274,306円318,806円
医療法人・個人266,010円273,160円311,125円
その他法人等271,451円278,075円331,145円

(参照:日本看護協会/看護職の給与データ(2017年版)より)

最終学歴が高校卒業でも、大学卒業でも社会保険関連団体(健康保険組合およびその連合会、共済組合およびその連合会、国民健康保険組合)が初任給が一番高いことが分かります。

しかし、10年間以上、非管理職の看護師として働いた場合、社会保険関連団体の給料が一番低く、273,933円/月となっています。

看護師を継続して行っていく場合、公立病院(・都道府県・市町村(一部事務組合を含む)・地方独立行政法人(公立大学法人を含む))が一番高い給料となります。

職種別看護師平均年収と給料

看護部長(部下5名以上)、看護師長(部下5名未満)、正看護師、准看護師の平均年収を比較しています。

看護師職種別年収
職種平均年収給与(月収)平均年齢
看護部長672.8万円51.9万円55.2歳
看護師長506.4万円42.2万円46.6歳
正看護師466.2万円33.6万円35.5歳
准看護師400.3万円29.9万円43.9歳

(日本看護協会/2012 年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査より)

看護部長と看護師長の違いは部下5名以上、未満で分けています。看護部長クラスになれば平均年収はかなり上がりますね。准看護師と看護部長クラスであれば年収が200万以上の差がでます。

看護師のキャリアアップを考えたときに、年収アップも同時に目指すのであれば、出世することが一番かもしれません。

 

新人看護師年収と給料

大学卒業した看護師と高校卒業の看護師を比較しています。

新人看護師年収
平均年収平均給与(月収)基本給平均
大学卒業321.6万円26.8万円20.4万円
高卒+3年課程卒312.0万円26.0万円19.7万円

(日本看護協会/2012 年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査より)

4年大学を卒業した看護師と高卒プラス専門卒業の看護師で年収の開きは9万円前後、少しボーナスと基本給に差が出るケースがほとんどになります。初めて働く方、看護師1年目は住民税もかからないので、1年目はある程度多くの年収が貰えます。

※場合によっては2年目看護師の場合、1年目に稼いだ年収に住民税がかかるので、手元に残るお金は少なるなるケースがあります。

 

国立病院の看護師平均年収と給料

国立病院看護師平均年収
国立病院の平均年収国立病院の平均給与平均賞与
5,442,000円345,000円1,302,000円

国立病院で働く看護師の給料は、30代前半の看護師平均給与と比べると、約3万円ほどの違いになりますが、年収に直すと、93.8万円もの年収が違うことがわかります。これは、通常の看護師が受け取る賞与が高いということになります。

国立病院で働く準公務員である看護師の退職金も最高3,000万円と言われているぐらい収入は安定していると言えるでしょう。

転職するなら公務員看護師!転職する前の5つの注意点!

 

企業看護師の年収と給料

企業看護師の平均年収
職種平均年収平均月収賞与
企業医務室400万~500万円前後25万円前後60万~100万円前後
治験コーディネーター
(治験関連)
400万~800万円前後30万円前後80万~150万円前後
クリニカルスペシャリスト
(医療機器メーカー)
450万~550万円前後27万円前後70万~100万円前後

企業看護師の年収として一番多いのは、治験関連の仕事になります。管理職などになれば、年収1,000万円も超える看護師もいます。そういった意味で伸び幅が大きい分、平均年収が高いと言えます。企業看護師は病院勤務の看護師転職が嫌でなる方も多いですが、キュアリアアップを目指すのであれば、治験コーディネーターがおすすめになります。

平均年収は企業看護師が高いものの、月収と比べると30代前半の看護師に負けてしまいます。年収だけではなく福利厚生も考慮に入れると企業看護師は非常に魅力的です。

【企業看護師コンテンツ】
企業看護師求人お役立ち情報一覧

 

助産師の平均年収と給料

助産師の年収
助産師の平均年齢助産師の平均給与助産師の平均年収
 45.5歳343,856円5,604,500円

助産師は女性しかなることができませんので女性看護師の平均年収と比較しています。女性看護師の平均年収と比較すると87.4万円の差があり、助産師はキャリアアップに向いていると言えるでしょう。平均月収と比べると女性看護師の場合は33万円になりますのでそこまで差はありません。ボーナスが高いことがわかります。

助産師を詳しく知りたい方は「看護師が働きながら助産師にキャリアアップするために知る5つの事」を確認してみてください。

 

デイサービスの看護師平均年収と給料

デイサービス看護師平均年収
平均給与平均ボーナス平均年収
20万~30万円程度3ヶ月分(50万程度)350万~550万円程度

デイサービスで働く看護師の平均年収は、一番最低で350万円程度です。看護師全体の平均年収が473万円に対しかなり低めになっています。アルバイトの場合は時給1,000円~1,500円程度になります。年収アップを目指したり、給与アップにやりがいを感じる方は向かないでしょう。ただ、一度子育て、結婚などでリタイアした看護師が働く職場としては最適で残業が少なく、仕事内容にもストレスがかかりにくいため家庭との両立もしやすいです。

デイサービスの看護師転職に関しては「デイサービスに看護師転職するメリット・デメリット」を確認してみてください。

 

介護施設の看護師平均年収と給料

介護施設の看護師平均年収
介護施設と言っても3種類あります。「介護老人保健施設」と「特別養護老人ホーム」と「有料老人ホーム」になります。各介護施設でメリット・デメリットがありますので興味がある方はしっかりと確認してください。介護施設全般について確認したい方は「介護施設に看護師転職|介護施設求人の探し方」をまず確認してください。

 

介護老人保健施設の看護師平均年収

平均給与平均ボーナス平均年収
313,000円程度4ヶ月分(70万程度)450万円程度

介護老人保健施設の介護施設で働く看護師は年収450万円程度です。一時的に入居してきた老人のリハビリ的看護が基本的になるため、仕事もある程度楽です。介護系求人の中では一番平均年収が安いです。詳しくは「介護老人保健施設の看護師転職|メリット・デメリット」を確認してください。

 

特別養護老人ホームの看護師平均年収

平均給与平均ボーナス平均年収
35万円程度4ヶ月分(70万程度)560万円程度

特別養護老人ホームは自宅での生活が困難なお年寄りが入居するための施設になるため、看護師としてのやりがいが高い分、平均年収も高いです。介護施設で年収アップや安定を考える方はお勧めです。詳しくは「特別養護老人ホーム看護師転職|働く看護師のメリット・デメリット」を確認してください。

 

有料老人ホームの看護師平均年収

平均給与平均ボーナス平均年収
30万~35万円程度4ヶ月分(70万程度)500万円程度

有料老人ホームは他の施設とは違い、運営が民間企業によるものです。いざという時の為に医療施設と提携しているだけのマンションのようなタイプもあれば、医師や看護師が常駐し、24時間介護が受けられるタイプなど、その種類は豊富です。高所得の入居者が多く、看護師の年収も高いです。詳しくは「有料老人ホームの看護師転職|働くメリット・デメリット」を確認してください。

 

参考元:厚生労働省日本看護協会のデータを参照にしています。