著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

年収600万以上看護師求人|探す前に確認したい4つの事

kameko
看護師スタッフkameko
年収600万以上の看護師求人

一般企業と比べても給料が高い看護師。その中でも年収600万を超える看護師となると管理職を任されたり、専門的な資格を取得したりとやはり周りが持っていないスキルを取得しています。

また、大学病院などで若くしてその年収を超える方もいれば、看護師資格を活かした転職をして年収をアップさせている方もいるようです。

ここでは年収600万以上の看護師求人を探す前に確認したい4つの事をご紹介します。

1.年収600万以上稼ぐ看護師はどんな看護師か

年収600万を超える看護師

年収600万円というのは、看護師であれば決して不可能な数字ではありません

 

一つの病院で定年まで働き続ける

たとえば、平均よりやや給料が良い病院などで、定年まで働いていれば、定年間際にはその程度の金額になっていることが予想されます。この場合は、休職期間などがあるとブランクになってしまって、昇給が滞るので、出来るだけ継続して働くことがポイントです

定年まで待てない、というのであれば、より給料の良い仕事を探すのが現実的でしょう。

 

若くして年収600万を超えるには

大きな総合病院や大学病院などは、相場より給料が良いので比較的若くして年収600万円を突破できることがあります。ただし、そういった病院で若くてして年収600万以上稼いでいる看護師は、休みも満足にもらえない上に毎日鬼のように残業している人も少なくありません。

残業代などを沢山もらえる代わりにプライベートを犠牲にすることになるため、ワークライフバランスについて考えさせられ、結果として転職してしまうことも多いのです。

 

転職して年収600万を超える

やや特殊な仕事で言うと、美容外科の看護師などは、日勤のみで年収が600万円を超えることもあります。ただし、この場合は営業成績などによるインセンティブが含まれていることも多いため営業活動が苦手な人には向きません。

また、病院ではなく製薬会社での治験コーディネーターや、MRなどの仕事でも年収600万円を超えることはあります。

 

2.年収600万円以上稼ぐ看護師を目指すには

年収600万超えの資格取得

年収600万円以上稼ぐ看護師を目指すには、いくつかの方法があります。

 

スキルアップと専門的な資格取得

一つは、看護師としてのスキルアップをして、年収を上げる方法。そのために若いころから研修を積極的に受けて一人前になり、さらに経験を積んで認定看護師や専門看護師の資格を取るなどして専門性を高めることで給料アップは期待できます。

勤務先によっては資格手当が貰える場合があり、さらに転職の際に今よりも高い給料で採用されることも多いからです。

 

認定看護師・専門看護師の資格手当ては月2~3万円

病院にもよりますが、認定看護師・専門看護師の資格手当ては月2~3万円と言われています。そうなると、年収にして24~36万円上がるのは確実ですし、また転職する場合は好条件にしてもらえる可能性が高いですから、長い目で見ても取得しておいた方がメリットは大きいはずです。

 

業務の幅を広げる資格取得

助産師や救急救命士の資格を取って、普通の看護師よりも幅広い業務が行えるようにするのもひとつの方法です。病院にとっては、こうした看護師は非常に役に立ちますので、そのぶん給料が上がる可能性もあります。

 

助産師資格があれば助産院を開業できる!

助産師資格があれば助産院を開業することができます。ここに至るまでには十分な経験年数が必要となりますが、開業した助産院が軌道に乗れば年収600万の壁は容易に超えることができるでしょう。

また助産院の他にも、マタニティーヨガの教室を開き年収600万以上稼ぐ助産師もいます。

 

看護師の資格を活かして転職する

看護師の資格を活かして、それ以外の仕事をするというのも一つの方法です。たとえば製薬会社に勤務して、医師に薬などの商品の説明を行うMRなどは、業績にもよりますが、年収600万円を超えるのは十分可能です。

また治験に携わる治験コーディネーターの仕事でも高い年収が得られる場合があります。

 

3.600万以上稼げる看護師の職場とは

稼げる看護師の職場とは

年収600万以上稼げる看護師の職場は主に以下の通りです。

  • 美容クリニック
  • 個人経営の病院
  • 訪問看護ステーション
  • 老人介護施設の夜勤専従看護師

上記のような職場であれば、看護師の仕事で年収600万以上を稼ぐことが可能なケースもあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

有名病院よりも個人経営の病院の方が給料は高め

一般的に有名な総合病院や大学病院よりも、個人経営の病院の方が給料は高く設定されています。そのため、年収が600万以上となることも珍しくないのです。

ただし、そういった病院は規模が小さく教育制度が整っていないケースもあるため、即戦力として働けない看護師にはあまり向かないことに注意しましょう。

 

オンコール対応の訪問看護ステーションであれば年収600万も可能

訪問看護ステーションの場合、夜勤がないため給料が下がると思われがちですが、オンコール対応の事業所で正職員として働ければ年収600万稼ぐことも可能です。

また、訪問看護ステーションに関して詳しくは「訪問看護師求人|探す前・転職前に確認したい5つのこと」の記事も参照ください。

 

夜勤好きには老人介護施設の夜勤専従看護師がおすすめ

老人介護施設では夜勤専従看護師を募集しているところが多いです。年収600万以上の夜勤専従看護師の場合、月9回以上の夜勤シフトをこなすことになります。

夜勤が好きな看護師にとっては、これ以上ない最高の求人になるのではないでしょうか。

 

4.年収600万円以上の看護師求人の注意点

年収600万看護師注意点

年収600万円を超える看護師求人を探す時の注意点は、自分のスキルに合った内容かどうかということです

年収600万円というのは、看護師全体の平均年収を超えた金額ですから、それなりに高いスキルや判断力などが求められて当然でしょう。ある意味、看護師よりもハードだからこそ高い給料で募集をしているということです。

 

 管理職や特殊スキルが求められる

看護師の職務で年収600万円を超える求人となると、ある程度管理職に近い立場で働いて、ゆくゆくは管理職になるための仕事だったり、特殊な看護スキルを必要とするような仕事だったりするので、看護師としての十分な経験が求められます

 

営業力が求められることも

たとえば、製薬会社のMRや、美容整形外科などの仕事は、看護師としての知識も必要ですが、それ以上に営業力が求められるケースもあります。年収600万円も可能だけれど、そのためには一定以上の売り上げが必要だということです。

営業活動が苦手な人には厳しい世界ですし、合っている人には楽しく働いて高収入が得られる仕事になります。

 

ポイント!

ポイント

過酷な労働条件ですぐに人が辞めていくような場合も、高給料での求人を行っている場合があるので注意しましょう。

 

過酷な労働環境の求人である可能性も高いので注意

看護師全体の平均年収が400万円台であることを考えると、年収600万円というのは看護師の中では高い方です。それだけに、年収600万円の求人というのは、過酷な労働環境の求人である可能性も高いのです。年収が高い求人であればあるほど、事前に労働環境や仕事内容をチェックしておくことが大切です。

 

5.年収600万円以上の看護師求人の探し方

年収600万超えの求人

年収600万円以上の看護師求人を探すには、一般の求人情報誌などよりも、看護師求人サイトを利用するのが便利です

 

転職のプロがサポートしてくれる

こういったサイトの特徴は求人情報が閲覧できたり応募出来たりするだけでなく、登録することによって担当コンサルタントのサポートを受けられること。つまり、年収600万円以上の仕事をしたいという相談に従って、条件にあった求人を紹介してくれるのです。

しかも、はじめに自分のスキルや志向も伝えておくことができるので、比較的自分にあった職場を紹介してもらうこともできます。

もちろんすぐに条件に合った求人が見つかるとは限りませんが、求人が出たら連絡してもらう、ということもできますし、年収600万円の仕事に就くために、自分に何が必要なのかを相談することもできます

 

転職のプロが交渉すると年収UPもあり得る

看護師転職のプロとして、幅広い相談に乗ってくれるので初めての転職でも安心でしょう。多少年収の低い求人でも、担当コンサルタントが交渉して年収アップに成功したという例もあります。

 

転職サイトは3社程度、複数登録しておくとベスト

年収600万円の求人を探す際は、複数の転職サイトに登録するようにしましょう。なぜなら、年収600万円以上の求人はその他の求人よりも数が限られているからです。転職においては選択肢を広くもっておけばおくほど、成功しやすくなりますので、この方法をおすすめします。ただし、あまり多く登録しすぎても逆効果ですので、どんなに多くても最大3社までの登録にしておきましょう。

 

まとめ

年収600万円以上の看護師転職求人を見つけるためのポイントは以下の通りです。

  • 年収600万円以上の求人は過酷な労働環境の可能性もある
  • 求人を見つける際は転職サイトの複数登録がおすすめ
  • 年収600万円以上の求人は営業力を求められることが多い

年収600万円は、看護師として決して不可能な額ではありません。ただし、その他大勢の看護師と同じようなことをしていては手に届かない額でもあります。看護師として十分なキャリアを積むか、看護師プラスαで何かしらのスキルを身に付けておくと良いでしょう。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:看護師キャリアアップ


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年03月01日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。