著作者

masa

運営Staff

masa

( 運営スタッフ)

年収600万以上看護師求人|探す前に確認したい4つの事

masa
運営Staff masa
年収600万以上の看護師求人

年収が600万円を超えてくる看護師はどのような看護師なのでしょうか。

年収600万を超える看護師となると、

  • 中間管理職の看護師
  • 管理職の看護師
  • 専門的な資格を保有している看護師
  • 年収が高い職場に勤める看護師
  • 大学病院で勤務する看護師

などが一般的に該当します。

年収600万円というのは、看護師であれば決して不可能な数字ではありません

ここでは年収600万以上の看護師求人を探す前に確認したい4つの事をご紹介します。

1.年収600万以上稼ぐ看護師はどんな看護師か

年収600万以上稼ぐ看護師はどんな看護師か

看護師として年収600万円を考えた場合には、以下のような月収である必要あります。

  • 月収40万円~50万円の求人
  • 賞与:2.0倍~4.0倍(2回支給)の求人

上記の2つに該当している必要があります。

当たり前ですが、基本的に「正職員(正社員)」であることは必須といえます。

 

(1)基本給が高い職場で働く看護師

看護師不足のため、地域によっては年収600万円の求人は管理職でなかったとしても求人はあります。

年収600万の手っ取り早く稼ぐ方法としては、基本給が高い職場に看護師として転職することが一番早い方法といえます。

 

(2)一つの病院で働き続ける看護師

看護師の平均年収は「5,325,324円」(看護師の平均年収より)なので、1つの病院で働き続けた場合には、年収600万円は超えることが予想されます。

ライフスタイルで変化しやすいですが、出来るだけ継続して働くことがポイントになります。

長い時間待てない、という看護師であれば、より給料の良い仕事を探すのが現実的でしょう。

 

2.年収600万以上稼げる看護師の求人とは

年収600万以上稼げる看護師の求人

年収600万円以上稼ぐことが出来る看護師求人は意外と豊富に求人情報として公開されています。(当サイト2017年調べ)

注意点としては、病院の場合は賞与(ボーナス)は安定していますが、病院以外の場合は企業の業績によって賞与はかなり変動します。賞与込みで年収600万円を考える場合は、やはり病院の求人といえます。

それでは、年収600万円の看護師求人を確認していきましょう。

 

大きな病院(総合病院)の求人

外来・病棟勤務

仕事内容 外来・病棟
雇用形態 正社員
月給 月給250,000円 〜 500,000円
賞与 昇給年1回、賞与年2回(3.6ヶ月~4.1ヶ月)

病棟勤務でも、年収600万円を狙える求人です。また病院なので賞与も年2回、賞与額も安定しています。

 

看護管理者候補

仕事内容 看護管理者候補
雇用形態 正社員
月給 月給400,000円 〜 600,000円
賞与 賞与:業績連動(前年実績:年2回)

看護管理者候補になると、月給が40万円以上となるため、年収600万円稼げることがほぼ確定できる求人となります。

 

オープニングの病院求人

仕事内容 ・看護管理者候補
・終末期医療・ターミナルケア
雇用形態 正社員
月給 月給372,400円 〜 年収720万円も可能
賞与 賞与:業績連動(前年実績:年2回)

オープニングや新設された病院の求人は「看護管理者候補」が多く、年収も高くなっています。

 

訪問看護

訪問看護ステーション

仕事内容 訪問看護
雇用形態 正社員
月給 月給 320,000円 〜 500,000円
賞与 インセンティブあり

賞与が出にくい点はありますが、月給で年収600万円を超える求人も多いです。

また歩合制(インセンティブ)のような形を取っている施設が多いのも特徴です。

 

看取りまで行う訪問看護

仕事内容 ・訪問看護
・看取り
・終末期医療・ターミナルケア
雇用形態 1.正社員
2.契約社員
月給 1.月給240,000円 〜 305,000円
2.220,000円 〜 295,000円
賞与 年2回(個人評価及び会社業績)

訪問看護の中でも終末期医療・ターミナルケアを行う訪問看護は年収が高いです。

 

介護老人保健施設

仕事内容 介護老人保健施設における看護業務全般
雇用形態 正社員
月給 月給230,000円 〜 400,000円
賞与 賞与あり

地域によっては老人介護保険施設も看護師不足のため、年収が高い傾向にあり600万円を目指すことが出来ます。

 

大手のクリニック

名前が通った少し有名な大手のクリニックの場合は転職求人で600万円を超える求人も豊富にあります。

 

訪問診療クリニック

仕事内容 訪問診療での看護業務全般
雇用形態 正社員
月給 月給280,000円 〜 550,000円
賞与 年俸制のため賞与なし・昇給あり

クリニックの中でも訪問診療を行っているクリニックが看護師求人として高い傾向があるので探してみましょう。

産婦人科や麻酔科などのクリニック

仕事内容 ・手術室業務
・外来業務
雇用形態 正社員
月給 月給380,000~ 年俸600万円
賞与 不明

手術室業務が必要なクリニックも年収が高いです。

 

3.年収600万円以上の看護師職場の傾向について

年収600万円以上の看護師職場の傾向について

看護師転職を考え、600万円以上の年収を考える場合に、どのような職場を選べば年収600万円に近づくのでしょうか。

求人の傾向について解説していきます。

 

(1)管理者候補の病院求人は年収600万円を超える

病棟勤務でも年収600万円を超える看護師求人はあるものの、求人数が少ない現状があります。

病院求人で年収600万円を超える看護師求人はやはり「看護管理者候補」の求人が多いといえます。年収600万円以上で700万円を超える年収を提示する病院もあります。

主にオープニングや新設された病院に多い傾向があります。

 

(2)病院よりもクリニックの方が給料は高め

一般的に有名な総合病院や大学病院よりも、個人経営のクリニックの方が看護師の給料は高く設定されています。

そのため、年収が600万以上となることも珍しくありません。

 

(3)手術補助などの技術が必要なクリニックも高い

例えば、

  • 美容外科クリニック
  • 産婦人科クリニック
  • 麻酔科(ペイン)クリニック

など、看護師の業務内容として手術補助の技術が必要な看護師クリニック求人は、必然的に600万円を超えてきます。

 

補足説明!

ポイント

ただし、そういったクリニック等は教育制度や福利厚生が整っていないケースもあるため、即戦力として働けない看護師にはあまり向かないことに注意しましょう。

 

(4)訪問診療クリニックは儲かるので給与が高い

訪問診療クリニックと通常の診療を併用しているクリニックは看護師の年収も高い傾向があります。

そのため、「訪問診療補助業務」が看護師の仕事として入っている場合は、年収600万円を超えることも夢ではありません。

 

(5)訪問看護でも年収600万円以上は可能

訪問看護でも年収600万円以上は可能です。

ただ、パート看護師ではなく正規雇用(正職員)として働く必要があるので注意しましょう。

また、

  • ボーナスの金額が決まっていない
  • 歩合制やボーナスがない

などの訪問看護ステーションもあるので注意しましょう。

 

(6)看護師不足の介護老人保健施設もねらい目

介護老人保健施設の場合は看護師の配置が義務付けられているため、地域によって看護師が不足している場合は、必然的に給与は高くなります。

そのため、ボーナスも含めて年収600万円以上を提示している介護老人保健施設もあります。

 

4.年収600万円以上の看護師求人の探し方と注意点

年収600万円以上の看護師求人の探し方と注意点
年収600万円の看護師への転職は決して不可能ではないことを説明してきました。

ここでは、年収600万円の看護師を探すときに注意してほいことを説明していきます。

 

(1)業務内容を必ず確認し自身のスキルと照らし合わせること

年収が高いということは、看護師として求められるレベルやスキルも高いということです。

そのため、ゆくゆくは管理職になるための仕事だったり、特殊な看護スキルを必要とするような仕事だったりするので、看護師としての十分な経験が求められる可能性があります。

そのため、転職前の業務内容の確認は必ず行っておきましょう。後々のトラブルを防ぐことができます。
 

(2)過酷な労働環境である場合もあるため見学には行くこと

年収600万円の看護師求人の場合、

  • 看護師が不足していて年収が高い
  • 看護師の定着率が悪く年収が高い

という求人も少なからず存在します。

そのため、過酷な労働環境の求人である可能性も高いのです。年収が高い求人であればあるほど、事前に労働環境や仕事内容をチェックしておくことが大切です。

 

(3)20代で年収600万円以上を稼ぎたい場合は過酷な労働を覚悟すること

大きな総合病院や大学病院などは、相場より給料が良いので比較的若くして年収600万円を突破できることがあります。ただし、そういった病院で若くてして年収600万以上稼いでいる看護師は、休みも満足にもらえない上に毎日鬼のように残業している人も少なくありません。

残業代などを沢山もらえる代わりにプライベートを犠牲にすることになるため、ワークライフバランスについて考えて職場を選びましょう。

 

(4)継続的な年収アップやスキルアップが可能な職場か確認する

転職時に高い給与の求人を選んだ看護師が挫折する原因として、

  • 昇給体制がなかった
  • 継続的な年収アップが期待できなかった

などの理由で、再度転職する方が多いです。

そのため、継続的な年収アップが可能か、年収アップがなくてもスキルアップをしてステップアップできる職場かを確認しておいた方が無難といえます。

 

(5)年収だけに目を向けず環境や福利厚生もチェックすること

特に個人経営のクリニックですが、社会保険が適用されていなかったり、福利厚生が全くなかったりします。

年収だけに目がいくと忘れがちな項目なので改めてチェックしましょう。

 

(6)好条件の非公開求人を狙うこと

600万円を超える看護師求人に関しては、看護師求人サイトを使うことをお勧めします。

また、その中でも非公開求人(インターネット上に公開されていない求人)を狙うようにしましょう。

 

非公開求人を狙うため3社程度は登録を

年収600万円以上でかつ、自分にあったまたは、好条件の看護師の求人は、数が限られているため、3社程度登録しておきましょう。

転職においては選択肢を広くもっておけばおくほど、成功しやすくなりますので、この方法をおすすめします。ただし、あまり多く登録しすぎても逆効果ですので、どんなに多くても最大3社までの登録にしておきましょう。

 

(7)面接時に転職のプロに給与交渉してもらおう!

大手病院などは給与交渉はなかなか難しいですが、個人のクリニックや訪問看護などは条件によっては給与交渉が可能です。

そういった意味でも看護師求人サイトを利用しましょう。

非公開求人が多く、全国的にも交渉がうまい求人会社は以下の通りです。

多少600万円に満たない求人でも、担当コンサルタントが交渉して600万円以上の求人への転職に成功したという例もあります。

まとめ

年収600万円は、看護師として決して不可能な額ではありません。

ただし、その他大勢の看護師と同じようなことをしていては手に届かない額でもあります。

看護師として十分なキャリアを積むか、看護師プラスαで何かしらのスキルを身に付けておくと良いでしょう。



看護師パンダ 看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング


この記事を書いた人

こんにちは、看護師転職ジョブを運営しているスタッフのmasaです。
看護師転職サイトには複数社インタビューに行き、転職を考える看護師の方の調査や、エージェントの実態など幅広く記事を執筆しています。
転職を考えている看護師の方、仕事に悩みを抱えている看護師の方に、看護師にまつわる情報を発信していきます。また、ニックネームがない看護師の記事もこちらに記載していきます。
当サイトの記事を読んでいただき、少しでも看護師の方の生活のプラスになることを、スタッフ一同、考えて執筆・配信しております。これからも多くのお役立ち情報を配信していきますので、是非よろしくお願いいたします。


カテゴリー:看護師キャリアアップ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:masa
(公開日:)(編集日::2017年10月24日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。