美容外科クリニックの看護師はボーナスどれくらいもらえるの?【体験談】

美容外科クリニック 看護師 ボーナス

美容外科クリニックはボーナスが沢山支給されそうなイメージを持っている看護師が多いのではないでしょうか。

私は、2箇所の美容外科クリニックで勤務してきましたが、一概に「美容外科クリニックのボーナスは高い」とは言えませんでした。

美容外科クリニックの看護師はボーナスどれくらい

実際に、私が美容外科クリニックでどれくらいのボーナスをもらっていたのか、以下で詳しくご紹介させていただきます。

1.私が美容外科クリニックでもらっていたボーナスの金額

美容外科クリニックのボーナス

私が最初に転職した美容外科クリニックは、いわゆる「大手」でしたが、ボーナスは、はっきり申し上げると、それまで勤務していた総合病院や大学病院と比較すると低いです。

大手美容外科クリニックは、月給が額面35〜40万程度と多いですが、売上達成率によりボーナス金額が大きく変わります。

また月給が大手美容外科クリニックよりも10万円程度低い個人美容外科クリニックが、意外とボーナス年に月給4か月分ときちんと出る場合もあります。

 

(1)大手の美容外科クリニックでは「15万~20万円」程度

大手の美容外科クリニック

大手美容外科クリニックでのボーナスは額面で年間「15万〜20万円」でした。

この美容外科クリニックでは3年勤務しました。月給は年々数万円ずつ昇給しますが、ボーナスはさほど変わりませんでした。

報奨金が月10万円程度支給されることが多かったので月給が多い分、ボーナスが少なくてもお給料に対する満足感はありました。

 

半年前までの売上金額が影響

ボーナス月の半年前までの売上金額が影響しており、売上達成率は100%越えることは当たり前で、それ以上なければボーナスが出ない年もあった位でした。

 

(2)個人の美容外科クリニックでは「100万円」程度

個人の美容外科クリニック

個人の美容外科クリニックへ転職してからは、ボーナスは額面で年間「100万円」程度でした。

この個人美容外科クリニックでは4年勤務しました。ボーナスは月給×約4ヶ月分で支給され大手美容外科クリニックよりも支給額は多かったです。

私が勤務していた4年間はずっと変わらず同じ条件で支給されていました。

 

「美容外科クリニックでのボーナスはあまり満足いくものではない」

美容外科クリニックでのボーナスは、売上に大きく左右されるため、あまり期待しないほうが良いものになっています。これらのことから美容外科クリニックのボーナス額はあまり満足いくようなものではないと思っています。

ちなみに総合病院で夜勤ありの勤務をしていた時は経験3年目でおおよそ 額面 年140万程度でした。

総合病院や大学病院は、美容外科クリニックとは異なり、年次毎に確実に昇給があり、ボーナスもしっかり支給されますので、定年までの看護師人生の総給料を考えると総合病院や大学病院勤務の方が良いと思います。

 

2.美容外科クリニックのボーナスは売上金額に左右される

美容外科クリニック

大手の美容外科クリニックの場合、ボーナスの金額は、クリニックの売上金額によって決まるところが多いです。月給は経験年数により差が出てきますがボーナスは経験年数に関係なく売上げ達成率により支給額が決まっていました。

ただし、個人美容外科クリニックでは、しっかり毎年ボーナス支給額は月給4か月分など割合が決まっているところもあります。特に人事査定の面接などはなく決まったボーナス額が支給されていました。

美容医療を主で提供するクリニックは、自由診療で診察治療を行っているため売上金額が大変重要です。

そのため、美容外科クリニックではクリニックの規模・職種に関係なく従業員全員が売上を意識して業務にあたります。

 

勤務経験が長く役職についていてもボーナスは上がらない

以前勤務していた個人美容外科クリニックは師長・副師長・主任と役職がありましたが、なんとそれぞれ役職手当はなしでした。

勤務経験が長いため新人と比較すると月給が高いため役職手当を支払わない考えだったようです。

そのため、勤務経験が長く役職についていてもボーナス額は新人とさほど変わらない金額でした。

 

ポイント!

ポイント

どの美容外科クリニックにも共通することかもしれませんが月給を高く設定しているせいか昇給率が低いです。

 

3.ボーナスではなく「月給のみで計算した年収」を確認しよう

美容外科クリニックの給料を計算する看護師

美容外科クリニックへ転職する際は、ボーナスは「出たらラッキー」位に留めておき、月給のみで計算した年収金額をベースに転職を検討した方が良いです。

高水準のボーナスが支給される美容外科クリニックの求人は、求人サイトや人材紹介会社を通しても、なかなか深いところまで把握するのが難しいと思います。

また、年間の売上金額に応じてボーナス支給額が決まることが多い美容医療業界では、入職時からボーナス支給額を高水準で約束するのは難しいでしょう。

 

男性医師>女性医師

私の主観ですが美容外科クリニックの場合、女性医師はお金にシビアで男性医師は気前が良いことが多かったです。

それらの性質は月給やボーナス額にも影響していると考えます。

そのため、選べるのであれば「男性医師」の美容外科クリニックの方が、より良い月給・ボーナスがもらえる可能性が高いのではないでしょうか。

 

まとめ

美容外科クリニックのボーナスは、はっきり申し上げると、あてにしないことが一番良いと思います。

私が勤務していた個人美容外科クリニックのように、よほど売上が低い年ではない限り毎年同じ条件で月給4か月分支給されるクリニックもありますが、月給が高い魅力的な求人のクリニックほどボーナスに関しては満足のいく支給額ではありませんでした。

なお、美容外科クリニックへの転職を検討されている方は、求人票に書いてあるボーナス支給額などで判断するのではなく、在籍している医師の経歴や認定医を取得しているかなどクリニックの質を判断して選択することをおすすめします。

ねこニャーゴ

【東京都/30代・資格:看護師】

7年間エステティシャンとして働き、その経験から根拠のある美容医療に携わりたいという思いで看護師になりました。都内看護学校を卒業し総合病院に勤め、現在は美容皮膚科、美容外科の看護師として勤務しています。小学1年生の母で育児と家事と仕事が上手く回る方法を常に研究し実践中です。美容医療の求人・実際の職場環境や非常勤看護師としてデイサービスや老人ホームなどに勤務した経験を元に情報発信していきます。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。