循環器科に看護師転職|必要なスキルとメリット・デメリット

masa
運営Staff masa
循環器科に看護師転職

循環器科に看護師転職を希望する場合のチェック項目は以下の通りです。

  • 患者の全身状態管理に強くなる!
  • 基本忙しい
  • 勉強が必要だがスキルアップには最適
  • 緊迫した雰囲気でストレスも感じやすい

内容をしっかりと確認していきましょう。

ナースではたらこ口コミへ

1.循環器科で働く看護師に必要なスキル

循環器科必要スキル

循環器科は、心臓や血管などの疾患を治療対象とする科であり、心筋梗塞や心不全など命に関わる深刻な病気の検査や手術、術後のケアを行うことになります。そんな循環器科に勤める看護師に必要なスキルは以下の通りです。

 

注射・採血などの看護スキル

循環器内科は、他の科と比較しても採血検査が多く、また投薬治療が主になるためルート取りをする機会も多いです。

そのため、循環器内科で働く際は採血とルート取りのスキルは必須です。さらに、循環器内科は血管が細い患者が多いことも覚えておきましょう。

 

患者・家族を支えるコミュニケーションスキル

患者はもちろん家族に対しても、病気の悪化や再発を防ぐための生活習慣指導などを行うのも看護師の役割であり、病気に悩む患者や家族を支えるコミュニケーションスキルも必要になります。

 

心電図を読むスキル

循環器系の看護師に必要なのは、心電図を読むスキルです。基本的な心電図の読み方は看護学校でも習いますが、細かい波形まではわからないという人は多く、循環器科の看護師になってから必死で勉強したという人も少なくありません。心電図を読むのは簡単ではありませんが、循環器科の看護師にとっては必須ですし、読めるようになればオペ室やICUなどで働くときにも役に立ちますので、勉強しておいて損はありません。

 

ポイント!

ポイント

ペースメーカーやカテーテルなどについての知識も必要になりますので、何かと勉強することが多い科でもあります。とはいえ、循環器は生命の維持に関わる重要な器官ですので、看護師として働く以上一度は経験しておくとよいでしょう。

2.循環器科に転職する看護師のメリット

循環器科のメリット
循環器は全身状態を司る臓器ですから、循環器系で看護スキルを磨くことによって、全身状態の管理に強くなり、どこに異動しても通用できる看護師になります。
 

命を預かる「やりがい」がある

循環器科に転職する看護師のメリットは、忙しくとも患者の命を預かる大切な仕事をすることで、常にやりがいを感じることができるという点でしょう。心臓や血管の疾患をもつ患者が集まる循環器科は、まさに生命の維持に関わる大切な科です。

難度の高い手術が行われることも多く、そういった患者のケアを行うことで、看護師として日々成長することができます。

 

蘇生のエキスパート看護師になれる

循環器には、不整脈で入院している患者が多いです。そのため、致死的な不整脈の既応がある患者については急変の可能性は高く、蘇生を行わなければならない場面に遭遇することがあります。

心臓マッサージや人工呼吸で蘇生を行います。循環器看護師はチームワークよく、心臓マッサージも手を代わりながら行っていくのが一般的です。また、急変の対応だけでなく、心臓のことをわかっているからこその対応が看護師のみ必要になります。

そのため蘇生のエキスパート看護師になれるメリットがあります。

 

心電図に強くなれる

循環器病棟に入院している患者は、基本的に心電図モニターを装着し、ナースステーションでも見れるようにしているのが一般的です。日常的にモニターで不整脈等を見ていると、正常値と異常値がだんだんわかり、他の科の看護師より確実に心電図に強くなれるといえます。

 

ポイント!

ポイント

循環器の看護師は危ない不整脈や急な頻脈・徐脈があればすぐに患者のもとにかけつけます。日常的に心電図に触れるので初めは分からなくても覚えてしまいます

 

スキルアップには最適

循環器科はスキルアップを図りたい看護師にとっても、最適な職場です。自主学習も行いますが、研修などに参加するケースも多いので、自身の成長を日々感じることができるのではないでしょうか。

また合併症などを避けるためにそれ以外の病気について知識も必要になるため、結果的にはかなり広範囲の知識を身に着けていることになります。

 

ポイント!

ポイント

循環器の看護師はやりがいのある仕事であるのは確かですが、忙しかったり勉強が大変だったりする上に、やはり治療を行っても残念な結果になってしまうこともあります。

しかし、循環器でしっかりと経験を積むことができれば全身管理にも強くなり、看護師としてのアセスメント力も向上します。そして結果的にどこに異動しても活躍できる看護師になります。

 

3.循環器科に転職する看護師のデメリット

循環器科のデメリット

循環器では毎日のようにカテーテル検査が行われており、また全身管理を必要とする患者が多く入院していることから、現場で働く看護師からは「とにかく忙しい」という声が聞かれています。
 

とにかく循環器科の看護師は忙しいく体力勝負

循環器科に転職する看護師のデメリットは、とにかく忙しいという点です。

病気の性質上、病変することが多く気を抜くことができませんし、必要な検査や処置もたくさんあります。緊急の際には残業や休日出勤が必要になることもあり、常にオンコールの携帯電話を持たされる病院もあるようです。
 

まさに体力勝負の現場

看護師として走る場面が循環器科には多々あります。例えば急変時に走り、その後心臓マッサージを行う体力が必要になります。

循環器科の看護師はジムやスポーツなど、体育会系の趣味を持っている方も多いとか・・・。

 

緊急手術や急変も多い

救急指定病院の場合は、心筋梗塞やくも膜下出血など一刻を争う循環器系の患者が搬入されてくることも多く、緊急手術が入ることも珍しくありませんし、そんな中でも入院患者の状態は常に把握しておかなければなりません。

病変が命の危機に直結する循環器系ならではの緊迫した雰囲気があり、精神的にも体力的にも楽な仕事とは言えないでしょう。しかし、看護師としては非常にやりがいのある職場なのも事実です。

 

覚えることが多く専門知識を勉強する必要がある

とにかく循環器の看護師は覚えることが多いです。解剖はもちろんのこと刺激伝導のしくみや不整脈の種類、薬は・・・治療は・・・心電図は・・など数えればきりがありません。

循環器疾患を持っている方はたいてい高血圧や糖尿病などの生活習慣病の既応があります。それらの知識ももちろん必要になりますし、臓は腎臓との関わりが深いので、例えば透析のとこなども把握しなければなりません。

 

ポイント!

ポイント

循環器科には、もちろん研修などもありますが、自分でもかなり頑張って勉強する必要があり、それを負担に感じる看護師も少なくありません。ただし、心電図が読めるようになるのは、看護師としては大きなステップアップであり、別の科に移っても役立つこともあるので、勉強しておくのはおすすめです。

 

4.循環器内科の夜勤の実態【体験談】

ふーさん(看護師)

この記事をかいた人 ふーさん

温かい心をモットーに、寒い北国で日々走り回っている現役の道産子看護師「ふーさん」です。今回はふーさんの循環器内科での夜勤の実体験をご紹介します。

 

まず、私が働いている循環器内科の病棟では夜勤は以下のメンバーで行っていました。

  • 看護師2人体制
  • 看護助手か介護福祉士が1人

上記の3人体制です。看護師と介護福祉士(看護助手)の仕事はそれぞれ異なり、分担して業務を行います。私が働いている病棟で特徴的なもの挙げながら、夜勤の実際についてお伝えできればと思います。

 

循環器内科の夜勤は心電図モニターのアラームの嵐です

心電図モニターのアラームの嵐
循環器内科に入院している患者さんは、基本的には心電図モニターを装着してもらいます。そのモニターの送信機で電波によってナースステーションに患者さんの心電図波形が送られてくるので、看護師はそれを見て患者さんの心臓の動きをチェックしています。

そして、心房細動や心室細動などの致死的不整脈はないか、その兆候は出ていないかを見ています。波形を見て、ドクターコールすることもあります。循環器においては、心電図はとっても大切です。

さて、そんな心電図ですが、患者さんが動くとノイズが入ったりするととんでもない波形になります。特に多いのは歯磨きなど。慌てて見に行くと『シャカシャカ…ガラガラ…』なんてことも多いです。しかし、万が一があるので、やはり見に行って体調に変化がないかを聞きます

 

冒頭でアラームの嵐とは一体なに?

そもそも、心電図モニターを装着する目的は、事前に患者さんの急変を察知するためです。不整脈はもちろん、ノイズが入っておかしな波形になったりしてもアラームが鳴ってしまいます。

つまり、朝や夜の歯磨きタイムはアラームの嵐なのです。

夜勤の時間帯は患者さんは寝ているので、静かかと思えばそうでもなく、寝返りで電極が外れた。汗で電極パッチが外れた。などなどでアラームが鳴ることがあります。この時には『心停止』のアラームが鳴るため、吹っ飛んでいきます

ただ寝ているだけということが多く、寝ているところ申し訳ないと思いながらも再度モニターを付けたりします。寝ているところを起こされるわけですから、患者さんもびっくりです。循環器を扱う科なのにまさに心臓に悪い。本末転倒な気もします。

 

ポイント!

ポイント

それでも、万が一のことを考え、患者さんへの一番を考えながら、看護師は行動しています。寝ているところを起こしてまで、心電図のモニターの電極を着け、モニタリングを行うことには、それなりの大切な意味があります。「患者さんを守るため。それに尽きます。」一見静かに思える夜勤ですが、循環器の病棟では朝も夜も関係なくアラームは鳴っています

 

朝6時は戦いで時間との勝負になります

朝6時は戦い!時間との勝負になる
私が働いている循環器内科では、朝6時がとても大切で忙しい時間になります。前日にカテーテル治療をしている人はほとんどが朝6時に安静が解除になります。

鼠径部からのカテーテル穿刺の方だと立ち上がりや歩き始めのときに出血のリスクがあるので、立ち上がりや歩き始めを慎重に評価し、包帯を外し、留置している尿バルーンを抜去します。この一連の流れを包交安解と呼んでいますが、朝6時には採血回りもします。

採血のある患者さんの採血に回るわけですが、包交安解もして採血もして、となるともはや身体が2つ欲しくなります。なので、もう一人の看護師と分担して、包交安解係と採血係に分かれたりもします。コンビネーションの発揮のしどころです。

また、その日に治療がある患者さんは朝6時から点滴開始です。これもまた、時間との勝負。効率性も考えながら動きます。

 

終わったと思うと食事の配膳に回る

そして、朝6時からの怒濤の時間が終わり、ほっとしたのも束の間。食事が運ばれてくるので配膳に回ります。そして、看護師サイドで薬を管理している患者さんへの薬の配薬に回ります。確実に飲んだことを確認して、撤収します。そんなこんなで日勤の看護師への申し送りの時間。朝はまさに時間との勝負です。眠いなんて言ってられません。

 

夜勤体験談のまとめ

循環器科は忙しいというイメージが先行しますが、一応仮眠の時間も2時間ほどあります。交替で仮眠を取ります。急変などがなければ少し横になり、朝への体力を養います。

夜勤はとても大変です。人は少ないし、夜勤は夜勤の仕事があり、その中で患者さんが急変したとなったらその患者さんを守れるのは限られた人数しかいません。夜勤の看護師は、1人1人の役割が大きく、責任も大きくなります。日勤とは全く異なる勤務です。1人で、20人近くの命を預かるわけです。

普段寝ている時間に働いているわけですから、当然眠くもなります。夜勤の看護師はいろんなものと戦います。しかし、夜勤明けの眩しい外の光は、達成感でいっぱいになります。もし寝なければ、夜勤明けはほぼ丸一日を休みのように使えます。物は考えようです。

このような形で、循環器科の夜勤の勤務は行われます。皆さんの今後における参考になれば幸いと思います。

 

まとめ

循環器科は、一般病棟の中でもかなり忙しい診療科の1つですが比較的人気があります。また、向上心の強い看護師が集まっており、日夜勉強に勤しんでいます。いつ急変するか分からない患者も多いため、ストレスも多分にある職場ですが、やりがいは十分にあります。

今後のスキルアップ・キャリアアップにも繋がる診療科ですので、迷われている方はぜひ一度病院見学に行ってみてはいかがでしょうか。

看護師求人サイト口コミ

  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング

全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較、ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。口コミには個人差がありますので、自身の目で比較することで、転職成功への近道となります。


カテゴリー:看護師に人気の科


この記事がお役に立てれば「フォロー」お願いします。
最新情報をお届けします。



応援メッセージを書く


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

病院・診療科別の看護師メリット・デメリット

病院・施設の看護師転職メリット・デメリット一覧 診療科別の看護師転職メリット・デメリット一覧

関連記事

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事は「masa」さんの執筆でに公開しています。 最終更新日:2017年06月14日(運営元:看護師転職ジョブ

当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。


4 コメント・感想

  1. […] 循環器科 […]

  2. […] 循環器科 […]

  3. […] また、循環器について更に詳しく知りたい人は「循環器科に看護師転職|必要なスキルとメリット・デメリット」の記事もチェックしてみてください。   […]

  4. […] 循環器科についての詳細は「循環器科に看護師転職|必要なスキルとメリット・デメリット」を確認しましょう。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。