著作者

ふーさん

現役看護師

ふーさん

( 看護師 保健師 )

循環器科に看護師転職|必要なスキルとメリット・デメリット

ふーさん
現役看護師 ふーさん
循環器科に看護師転職

私が勤務していた循環器病棟ではカテーテル検査や治療、心不全を患っている患者が多数を占めている状態で、特にカテーテル検査や治療については患者の入れ替わりが激しく、とても忙しかったという思い出があります。

ここでは、私自身の経験を通し、循環器で働くことによって得られるメリットやデメリット、必要なスキル等々についてご説明していきます。

1.循環器科で働く看護師に必要なスキル

心電図モニター

循環器では、心電図モニターや12誘導心電図など、様々な機械を使います。そのため、機械に強い人は有利かも知れません。

そして、なんといっても、循環器では、いつ急変が起こるかがわかりません。そのため、ちょっとした急変ならば冷静に対処できるくらいのスキルはあった方が良いでしょう。

 

注射・採血などの看護スキル

循環器内科は、他の科と比較しても採血検査が多く、また投薬治療が主になるためルート取りをする機会も多いです。

そのため、循環器内科で働く際は採血とルート取りのスキルは必須です。

また、循環器内科は血管が細い患者が多いことも覚えておきましょう。

 

患者・家族を支えるコミュニケーションスキル

患者はもちろん家族に対しても、病気の悪化や再発を防ぐための生活習慣指導などを行うのも看護師の役割であり、病気に悩む患者や家族を支えるコミュニケーションスキルも必要になります。

 

心電図を読むスキル

循環器系の看護師に必要なのは、心電図を読むスキルです。

心電図を読むのは簡単ではありませんが、循環器科の看護師にとっては必須ですし、読めるようになればオペ室やICUなどで働くときにも役に立ちますので、勉強しておいて損はありません。

 

ポイント!

ポイント

『この心電図は危ない心電図だ』『これは問題はない』など、必要最低限の危険な心電図や危険でない心電図の読み取りができる力を養っておくことができれば、とても仕事をする上では役に立ちます。

 

患者の「できる」を引き出すスキル

循環器の患者は安静の時間が長いため、自分でできないことも多々あります。

水すらも自分で飲めないこともあります。ご飯も自分で食べられません。

そのため「こうしたら食べやすいかな」「こうしたら飲みやすいかな」などと模索しながら、患者の『できる』を引き出していくというスキルも必要になってきます。

 

看護師はあくまで援助をする存在

看護師はあくまで援助をする存在です。何から何までしてあげられるわけではありません。自立を促し、自立を手助けする役目を担っています。

だからこそ、そのお手伝いをします。いろんな工夫をして、自立を促していきます。
 

2.循環器科で働くメリット

医療処置

循環器科に転職する看護師のメリットは、忙しくとも患者の命を預かる大切な仕事をすることで、常にやりがいを感じることができるという点でしょう。

心臓や血管の疾患をもつ患者が集まる循環器科は、まさに生命の維持に関わる大切な科です。
 

様々な処置を経験できる

循環器科では急性期の患者だけではなく、心不全の患者も多く入院しているため、ポート挿入や胃管チューブ、IVH挿入や時間毎の点滴、尿留置バルーン挿入など、様々な処置を経験できます。

また、難度の高い手術が行われることも多く、そういった患者のケアを行うことで、看護師として日々成長することができます。
 

補足説明!

ポイント

また、アセスメント能力を磨くという意味でも、循環器科はいろいろな視点で患者を看ることができるでしょう。

 

スキルアップには最適

循環器科はスキルアップを図りたい看護師にとっても、最適な職場です。自主学習も行いますが、研修などに参加するケースも多いので、自身の成長を日々感じることができるのではないでしょうか。

 

結果的にはかなり広範囲の知識を身につける

合併症などを避けるためにそれ以外の病気について知識も必要になるため、結果的にはかなり広範囲の知識を身につけていることになります。

 

蘇生のエキスパートになれるかも

循環器科では急変の危険が常に付きまといます。訪室したときには既に患者が意識消失していて、心臓マッサージなどの急変対応をする場面も多くあります。

そのため、、循環器科の看護師はどこの科の看護師よりも蘇生のエキスパートとなれる可能性があります。

 

3.循環器科で働くデメリット

悩める看護師
循環器科は、豊富な経験ができる代わりに、とても忙しく、バタバタとしてしまいます。

そして、多くの処置をこなし、カテーテル検査や治療に臨む患者への前処置を行い、心不全患者の観察、ケアなども行っているわけですから、体にはとても負担がかかることは間違いありません。

 

残業が発生してしまいがち

限られた勤務時間の中で、しっかりとダブルチェックなどの薬剤管理を行い、患者管理をし、記録を残すということは、とても大変なことです。

そのため、どうしても残業が発生してしまいがちです。

 

注意点!

ポイント

私が働いていた職場では、若手や独身者が多く、家庭を持っている看護師はあまりいませんでした。バリバリと仕事をこなし、残業も厭わない、そんな人には向いているのかもしれません。

 

緊急手術や急変も多い

救急指定病院の場合は、心筋梗塞やくも膜下出血など一刻を争う循環器系の患者が搬入されてくることも多く、緊急手術が入ることも珍しくありません。

 

覚えることが多く専門知識を勉強する必要がある

とにかく循環器の看護師は覚えることが多いです。解剖はもちろんのこと刺激伝導のしくみや不整脈の種類、薬は・・・治療は・・・心電図は・・など数えればきりがありません。

また先にも述べた通り、循環器科には、もちろん研修などもありますが、自分でもかなり頑張って勉強する必要があり、それを負担に感じる看護師も少なくありません。

 

まとめ

今回は、循環器科で働くことについての必要なスキルやメリット、デメリットについてお話ししました。忙しい科であるということで、バタバタとしてしまいますが、総じて看護師をしている中で1度は経験しておいて損はありません。

例え循環器科を離れて他の科に行ったとしても、高齢者は循環器系の疾患を持っていることが多いです。他の科でももちろん急変はあり得ます。

そんなとき、循環器科で培った経験と知識が役に立つのではないでしょうか。

自己研鑽をしたい方、循環器科への転職をぜひ視野に入れてみてください。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

温かい心をモットーに、寒い北国で日々走り回っている現役の道産子看護師です。頑張って看護師の役に立つ記事を執筆していきます。


カテゴリー:看護師に人気の科


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ふーさん
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

5 コメント・感想

  1. […] 循環器科 […]

  2. […] 循環器科 […]

  3. […] また、循環器について更に詳しく知りたい人は「循環器科に看護師転職|必要なスキルとメリット・デメリット」の記事もチェックしてみてください。   […]

  4. […] 循環器科についての詳細は「循環器科に看護師転職|必要なスキルとメリット・デメリット」を確認しましょう。 […]

  5. […] →循環器科に看護師転職|必要なスキルとメリット・デメリット […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。