著作者

パンダ

運営Staff

パンダ

( 運営スタッフ)

看護師転職注意点|働きながら活動する7つの確認事項

パンダ
運営Staff パンダ
看護師転職注意点

看護師の方々が転職を思い立ったときに、注意すべきポイント項目をまとめました。転職は人生で大きなイベントです。今後の自分の人生にとっても重要な選択です。転職を成功させるためのポイントを1つ1つ確認してみてください。

1.働きながら転職するときの注意点

看護師の転職活動は働きながら?辞めてから?

働きながら転職活動をする看護師 75%(150名)
辞めてから転職活動をする看護師 25%(52名)

看護師の転職を考える上で、働きながら転職活動を行う看護師が非常に多いことが分かります。自分自身の生活もありますので、いったん今の職場を辞めてから転職活動をすることは金銭面においても厳しいというのが現状です

。現在勤務しているの病院等で働きながら転職を行うときの注意点をご紹介します。「立つ鳥跡を濁さず」とよく言いますが、しっかり転職活動を行わなければ、トラブルの原因の1つにもなりますので、注意が必要です。

 

今の勤務先を辞めるためには、どれぐらいの期間が必要か確認する

これは、働きながら転職する看護師の方が多くあてはまりますが、病院側の就業規則を確認する必要があります。

就業規則とは病院側が職員向けに作った病院と職員の間で取り決めた雇用関係のルールです。就業規則には「退職する場合は1ヶ月前に告知が必要」「退職を希望する場合は書面で通知することを要する」などと明記があります。各々働く病院によって退職に関する就業規則が違ってきますので、事前にチェックが必要です。

多くの病院の場合は、「退職する2ヶ月前までに告知が必要」と程度が就業規則に明記されている場合が多いようです。

 

(民法上は)退職は最短で14日でできる

民法上の労働基準法では、退職を告げてから最短で14日で退職することが可能です。退職日をどうしても伸ばされてしまう場合は労働基準法の話をすれば病院側も納得をせざるをえません。

ただ、この場合は退職トラブルになってしまうケースがありますので注意が必要です。

 

転職活動をしていることをむやみに口外しない

働きながらの転職をする場合には、どんなに仲が良いスタッフでも自分が転職活動をしているというということ、口外しないように注意しましょう。例えば看護師が不足している職場を辞めるという場合、あなたが辞めるということは、周りのスタッフへの負担が大きくなることも意味します。

また、転職活動をしてみたけれど、やはり今の職場のほうがいいなと思い、転職を思いとどまることもあるかもしれません。その場合、あなたが転職しようとしていたことが、周りのスタッフの耳に入り、その後の仕事がしづらくなってしまった、ということがあるかもしれません。

このように、人によっては転職に良いイメージを持たれないない方もいるため、転職活動中は周りの職場スタッフへの口外はしないようにしましょう。

 

転職活動のスケジュールを考えておく

看護師の職場によっては繁忙期があったり、休暇を取る人が多い時期があったりなど人員が少なくなることがあると思います。そういった職場の事情を含めて、いつまでに転職を成功させるのか、あらかじめスケジュールを立てておきましょう。

働きながらの転職活動になるので、退職手続きも加味しながら考えるとより具体的なスケジュールがたてられます。

 

転職活動は大変なものだという意識を忘れない

間延びした転職活動や、途中でくじけて転職活動をあきらめてしまわない為にも、自分が今やろうとしている転職活動は、とにかく大変なものなのだという意識を忘れないことです。

転職活動は、次の自分の人生を左右する極めて重要な事です。そのためには、気力、体力ともにエネルギーも必要です。その意識をするだけでも、転職へのモチベーション、転職結果は自ずと変わってくるものです。

 

決して転職を焦らないこと

働きながらの転職活動で一番注意が必要なことは、転職を焦らないことです。転職を焦ると判断が鈍り、就業条件の見落としや妥協をしやすくなります。転職を成功させるためにも、たくさんの求人と出会い、比較し、十分な情報を集めた中から自分にあった職場を探すようにしましょう。

 

2.働きながら転職するメリット・デメリットについて

働きながら転職するメリット・デメリット

忙しい看護師が働きながら転職を行う時にはどのようなメリット・デメリットがあるのかを紹介します。

 

看護師が働きながら転職するメリット

  • 生活費などの経済的な心配が少ない
  • 転職するまでにキャリアが途絶えないため、履歴書に記入したときの印象が良い
  • 次の転職先が既に決まっている場合、院長や上司の引き止めに合いにくい

上記の理由が上げられます。やはり生活していく上での資金面の不安や、看護師不足の病院等が多いため、引き止めに合う可能性も高いです。「新しい転職先が決まってから」と退職を引き止められるケースもありますが、次の転職先が決まっていれば、病院側も引き止めしにくいものです。

 

働きながらの転職は履歴書にも傷がつきにくい

看護師の場合は、転職が売り手市場なため、履歴書の経歴について、面接官はそこまで気にしません。ですが、人気の病院やキャリアアップを考えている方は働きながら転職した方が、履歴書に傷がつかずスムーズです。

 

看護師が働きながら転職するデメリット

  • とにかく忙しく、仕事に転職にと、とてもハードだった
  • 転職活動自体が中途半端になりがちだった
  • 在職している病院に少なからず迷惑をかけた
  • 引き継ぎの時間がなく大変だった

上記のデメリットが上げられます。転職することは決してマイナスな事ではありません。ですが、看護師という特殊な仕事と並行して転職活動を行うのであれば、きちんと事前準備をしないと職場全体に迷惑をかけてしまう可能性が非常に高いです。

 

看護師転職サイトを使うことでデメリットは少なくできる

働きながら転職するときのメリット・デメリットを考える必要がありますが、看護師の場合の転職は専門的です。看護師専用の求人紹介会社(完全無料)がありますので、登録後に求人紹介会社が転職先を紹介してくれるため、ある程度転職の手間は省くことができます

 

転職活動に余裕を持つことで引き継ぎもしっかりできる

看護師の場合は引き継ぎに必要な時間は2ヶ月程度が平均とも言われていますので、余裕を持った活動が必要になります。働きながら転職する場合でも転職先の病院側に事情を説明すれば、ある程度期間は認めてくれるケースが多いです。

 

働きながらの転職はデメリットを理解しておくことが大事

看護師が働きながらの転職活動を行う場合は、デメリットを挙げてみることの方が大事です。

例えば、忙しい職場であれば、退職するまでに終わらせるべき必須事項は何か、周りのスタッフに比較的負担を少なくできるようにするにはどうしたらよいか、など考えましょう。

職場の環境や自分のポジション、立場によって、働きながら転職するデメリットは変わってきますので、自分の場合はどのようなデメリットがあるか、転職する前に冷静に考えてみましょう。

3.退職トラブルにならないための注意点

トラブルにならないための注意点

病院側(雇用側)は看護師不足な状態が多いため、一緒に働く同僚や上司(師長や看護部長)から退職を聞いた場合は、もう少し退職を待ってもらうように言われます。「退職なんて認めない」と強烈に伝える病院などは減ってきましたが、それらしい圧力をかけられるケースが今でも往々にしてあります。

それだけ病院内の看護師不足が顕著に表れているのです。どのように退職を申し出ればよいのか、どのような対応をすることで円満に退職することが可能かしっかりと考えていきましょう。

 

円満に退職するためのテクニック

  • 余裕を持って計画を立てること
  • 退職の希望を申し出る場合は書面で残すこと
  • 退職を申し出る前に準備したいことを考える
  • 退職願の作成と提出のタイミングをしっかり考えること
  • 引き止められた場合の対処方法を考えること

上記の内容が円満に退職するためのテクニックと言えるでしょう。さらに内容を確認したい方は「看護師の円満退職方法|転職先が決まり退職するための6つのポイント」 を確認してみてください。

また、看護師求人サイトを利用することで、退職するときのサポートまで受けることが可能です。

 

信用ができる看護師長には相談する形で退職の意向を伝える

余裕を持った退職はもちろん大切ですが、自分の上司が信頼できる場合は、早めに退職を考えていることを、相談しましょう。この時、「前向きな理由で退職を考えている」と退職の意志は明確に伝えることです。

そのため、退職の時期について相談したい、というように相談しましょう。

 

転職の意志は強く持ち譲らないことが重要

信頼している上司に相談すると、「引き止められてしまうのでは・・・」と心配になる方もいるかと思います。ここで重要なことは、転職の意志は譲らない気持ちを強く持つことです。

気持ちが揺らいだことを上司に感づかれると、そこに付け込み、より強い引き止めにあいがちです。何らかの理由をこじつけて丸め込まれたり、今、不満があることを改善する努力をするので、なんとか残ってほしいと泣き寝入りする可能性があります。

 

引き継ぎ事項は丁寧すぎるくらいが良い

とにかく丁寧な引き継ぎを心がけてください。例えばノートに引き継ぎ事項のチェックリストを書き出し、誰が見ても内容がわかるようにしておくと引き継ぎした相手にも印象が良いでしょう。

一緒に働くスタッフのことも気にかけていることが伝われば、退職に対する理解も持ってもらいやすくなります。

 

感謝の気持ちを大事にする

転職理由が職場の人間関係や環境に不満があるという内容であっても、退職日までは働かせてもらっている感謝の気持ちを忘れないことが大事です。何事も終わり際に人としての品性がでますので、最後まで気を抜かずに仕事に取り組みましょう。

何より、感謝の気持ちをもって仕事をすれば、自分もすがすがしく働けるはずです

今後、転職した時を振り返った際、「最後は気持ちよく送り出してもらえたなー」と思うと、その病院で働いていたときの印象は、総合的にみるといいものだったなと感じることができます。転職後も気持ちよく仕事をスタートすることができます。

4.以前の職場の方が良かったとならないための注意点

以前の職場の方が良かった

転職後に「前の職場の方がまだ良かった」という気持ちにならない為には、まず、今の職場で何が耐えられないのか、冷静に考えることが必要です。

  • 人間関係(いじめ・パワハラ・セクハラ)
  • 残業が多い もちろんタダ働き
  • スキルアップしたい

自分が働く上でこれから何がしたいのか、具体的に何が嫌なのか、何を重視するのか、きちんと整理しておくべきでしょう。今の職場での耐えられないこと、実現することが難しいことが複数ある場合には、その理由を順位付けして、何を最優先に考えるのかまとめておくことをおすすめします。

 

転職先の情報は十分に調べる

後悔しない転職を行うためには複数の病院に直接足を運ぶことが重要です。

就職活動の場合は、1つの病院だけしか受けられないとういう風潮が多いようですが、転職活動の場合は、複数の病院の面接をうけて、自分自身で雰囲気を確かめ、自分の目で比較することが重要です。

 

情報収集の媒体は偏りなく利用する

最近はインターネットで手軽に企業の情報収集が可能になってきています。しかし、自分が興味を持った職場を調べる時は、いろいろな媒体を使って調べることが大事です。

  • 興味のある職場のホームページ
  • 口コミ
  • 新聞や雑誌
  • ニュース
  • 看護師転職サイトの情報

この他にも、実際に働いている看護師の知り合いがいる場合は、どのような職場なのか聞いてみることもひとつの有効な手段です。

 

面接時に自分の希望条件などは積極的に聞く

看護師不足はどの病院も顕著なため、看護師の転職は売り手市場です。そのため、慢性的な看護師不足を回避しようと、労働条件の改善を図っている病院も増えています。

転職後に、自分の思っていた職場とミスマッチが起きないよう、面接時に自分が不安に思っている事、病院が求めている人材、お互いの要望などはきっちり質問しておくことが大事なポイントです。

 

たくさんの求人と出会い比較をする

後悔しない転職をしたい場合は、たくさんの求人の中から転職先を見つけることもひとつの方法です。転職活動では看護師求人サイトやチラシの折り込みなど、複数の求人紹介媒体を利用しましょう。

同じような仕事内容でも、職場環境や労働条件などは違うものです。比較対象が多いことに超したことはありません。

 

希望条件にこだわり過ぎないこと

転職を失敗したと感じた看護師に多いのが、転職希望条件にこだわり過ぎてしまったという看護師です。

自分の希望にパーフェクトな職場というのはどの業界でもありません。自分の希望条件を全て満たしてくれる求人がないという方には、本当に譲れない条件は何か、最優先にしたい条件は何かを考え、雇用形態を変えてみたり、病院の種類を考えてみたりしましょう。検索するのは無料ですから、最初から間口を狭めずに、広い視野を持って探してみましょう。意外と自分に見合った求人が見つかるかもしれません。

 

5.看護師求人をインターネットで探すときの注意点

看護師求人をネットで探すとき

自分一人で転職活動の情報収集をすることには、限度があります。そんなときに強い見方が看護師求人サイトです。看護師求人サイトを使うと以下のようなメリットがあります。忙しい看護師の皆さんにはぴったりの方法です。

  • 求人数が多い
  • 情報量が多い
  • 勤務希望場所の情報が多い(都内・地方)
  • 直接病院の内情が知れる
  • 常勤看護師以外の情報が充実

どのサイトでも、強みと弱みがあります。ですので、各サイトの強みを生かして検索することと、複数のサイトから情報を入手することが重要です。

 

看護師求人サイトの情報を鵜呑みにしない

注意しなければいけないところは、求人サイトに乗っている情報が全てではないということです。いわゆる非公開求人やその病院の詳細はわかりません。また、求人情報には掲載期間がありますので、昨日募集していたところも、今日になってみると募集期間が終了してしまっているということがあります。

 

看護師求人サイトごとに紹介求人が違う

実は看護師求人サイトごとで紹介求人が違います。例えば、非公開求人もそのひとつです。看護師求人サイトは運営会社が異なっていますので、それぞれ紹介に強い分野も違うのです。

大手企業が運営している求人サイトは信頼と安心があり、利用者も多くいます。しかし、一つの看護師求人サイトしか利用しないとなると、出会える求人に偏りが生じます。大手企業の紹介求人が必ずしも、自分の理想の求人を紹介してくれるわけではないということを頭に入れておきましょう。

6.看護師求人を探すときの注意点

看護師求人を探すときの注意点

看護師求人サイトに登録する以外でも、下記のような方法もあります。また、看護師転職情報や求人情報を得る種類をこちらの「看護師求人情報収集の方法|3つの方法とメリット・デメリット」にまとめていますので、気になる方は確認をしてみてください。

 

ハローワークで探す

ハローワークは看護師だけでなく全ての業種が集まっています。看護師の求人に特化しているわけではありませんので、詳細が分かりわかりづらい点がデメリットです。必要最低限の会社名、勤務時間、基本給などがリストアップされているだけなので、その後、ハローワークの担当者に聞かなければそれ以上の情報は分かりません

各ハローワークの状況にもよりますが、ハローワークの担当者と面談するだけでも、待機している求職者がたくさんいるので、自分の順番が回ってくるまで、相当待たされることもあります。

また、ハローワークの担当はプロのコンサルタントではなく、公務員です。医療業界に特化しているわけではないので、適切なアドバイスは受けることは難しいでしょう。さらに、病院等の内情や評判、人間関係や雰囲気まではわかりません。

詳しくは「ハローワークで看護師求人を探すメリット・デメリット」を確認してください。

 

ナースセンター

看護協会が運営しており、各都道府県に1か所あります。(東京・神奈川などには支社もあります。)登録時には、看護師免許番号が必要になります。こちらはeナースというサイトで求人を検索して自分で募集を行う方法です。

一部のナースセンターでは天下りが起きており、そこまで真面目に取り組んでいないところもあります。詳しくは「eナースセンター(日本看護協会)を使って看護師転職求人を探す方法」を確認してください。

 

知人からの紹介

インターネットには公開されていない、現場の声が聴けると思いますが、あくまで個人の主観が入ります。また給与・待遇などの詳細は知人になかなか相談しづらいでしょう。

さらに、知人から紹介された職場は断りにくく、辞めにくいというリスクが付きまとうことを確認しておきましょう。

 

7.だから看護師求人サイトを使いたおす!

使い倒す

看護師専用の求人サイトは、全国に50社以上の会社が運営しています。すべて無料で利用できる点がメリットですが、会社や専任の担当者の質によって大きく明暗が分かれます。

 

複数の看護師転職サイトに登録する

成功するポイントとしては、タイトルの通り「使いたおす!」ことが重要です。どのように利用するかというと、「複数登録」を行うことが重要です看護師求人サイトを利用する際にはまず、無料会員登録を行います。

その際に、3社以上登録をして求人紹介を行う複数登録が有効的です。是非このページの一番下におすすめの看護師求人サイトを上げていますので、確認をしてみてください。

 

看護師転職サイトの担当者への相談は綿密に

看護師転職サイト登録後は、担当エージェントが自分の転職活動をフルサポートしてくれます。この時に、「遠慮をして相談ができない」「あれもこれもお願いしたら申し訳ない」と思う方がいるみたいですが、遠慮せずにどんどん質問してみましょう

担当エージェントも積極的に転職活動をしようとしている方には、たくさん時間を割きたい!と思うものです。どんな希望条件があるのか、職場見学をしてみたいなど、ダメもとでも構わないので、自分の意見は何度も確認することをおすすめします。

 

担当エージェントと相性が良くない場合

担当エージェントもひとりの人間ですから、自分と相性が良くないこともあるでしょう。その場合は、直接または、問合せフォームを利用して担当エージェントを変更してもらうことができます。

転職は自分の大事な活動ですから、遠慮せずにストレスなく行うことを第一に考えましょう

 

看護師転職サイトの悪いクチコミにも目を通す

大事な転職だからこそ、評判の良い看護師転職サイトを利用したいと考える看護師は多いと思います。口コミは実際の看護師転職サイトを利用した人意見ですから、信憑性は高いです。

しかし、良い口コミだけを見るのではなく、批判的なクチコミを参考にしておくことも大事です。

看護師転職サイトごとのメリット・デメリットも理解しながら利用すると、アクシデントも起こりづらいでしょう。

 

ポイントをチェック!

ポイント

「使いたおす」ポイントは複数登録を行うことで比較ができるのね。看護師求人サイトは各社複数登録を認めているから安心できるわね。3社以上登録するといいわね。

 


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

<最新情報をお届けします>

看護師転職ジョブを運営しているスタッフです。

1人でも多くの看護師の方に役に立つ情報や転職時の注意点など幅広く執筆しています。記載している情報は、有資格者の看護師のチェックを通しながら執筆中です。

是非たくさん見ていただけたら嬉しいです。


カテゴリー:看護師転職のノウハウ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:パンダ
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

2 コメント・感想

  1. […]   ここでは、看護師の求職状況から取得した方が良い資格、面接対策や退職の方法まで一挙に紹介します。看護師の転職注意点については「看護師転職注意点|確認したい6つの項目とノウハウ」も確認してみてください。 […]

  2. […] 看護士のお仕事は、全国的に看護師不足になっているので、比較的高待遇でお仕事を見つけやすいものです。同じ仕事内容でもより待遇が良い職場へ転職する人もいますし、キャリアアップのための転職をする人もいます。今回は、看護師転職の平均回数と現状についてご紹介します。看護師の転職については「看護師転職注意点|確認したい6つの項目とノウハウ」も確認してみてください。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。