著作者

ジュプン

看護師ライター

ジュプン

( 看護師 )

昇給・ジェネラリスト・資格取得どれ?看護師がキャリアアップする方法3つ

ジュプン
看護師ライタージュプン
空を見上げる医師と看護師

看護師として病院で働き始めて数年経ち、それなりに経験を積んで一人前の看護師として扱われるようになった時に「このままこの職場で働き続けても何も変わらないのではないか」・「自分にもっと合った職場はないだろうか」等と悩み始め、1つの節目としてキャリアアップを考える看護師も多いでしょう。

今回は、看護師がキャリアアップする方法を「昇給」・「ジェネラリスト」・「資格取得」に分けて3つ紹介します。

1.看護師が昇給によりキャリアアップする方法

給与計算する人

看護師の基本給は経験年数に応じて昇給していくことが多く、その昇給の度合いは各病院・施設毎に決められています。

1つの病院や施設に長く勤めていれば、少しずつ昇給はしますが大きく変わらないのも事実です。

同じ病院に長く勤めても昇給しないのであれば、その長期の経験を活かして他の病院等へ転職する方法もしくは、同じ病院に長く勤めて経験を多く積み、主任や師長などの役職につくという方法もあります。

転職する場合と役職につく場合をそれぞれ以下に紹介します。

 

他の病院へ転職する

転職で昇給を狙う場合、昇給の基準を確認する必要があります。直接病院等へ確認するか、転職サイトなどを通して就業先を探している場合は、その専門スタッフにお願いして聞くことも可能です。

転職先の病院の看護師の年齢層が自分の年齢より高いことや、経験年数の長い看護師が多く在籍する病院・施設では昇給が困難な面も出てくるかも知れませんので、転職して昇格したいのであれば、看護師の年齢層なども確認すると良いでしょう。

 

現在勤めている病院で役職に就く

同じ病院で長く経験を積み、その道のスペシャリストという形で役職につくことが出来れば、一般看護師よりもキャリアアップしていると言えます。

幅広い知識と経験を持った看護師は病院側にとって非常に重要であるため、大いに役職を掴むチャンスになります。

そして、人の上に立つ役職の場合は以下のスキルが必要になります。

  • 各科の道を極める
  • 迅速な判断力
  • 知識・経験を最大限に活用する応用力
  • 多くの人をまとめて方向性を統一し引っ張る統率力
  • 人を育て伸ばしていく指導力

また、役職につくためには昇任試験があることも忘れてはいけません。したがって、昇任試験等に協力的な病院や施設を選ぶことも大切なポイントです。

 

ポイント!

ポイント

看護師の所属科というのは数年毎に変わるのが一般的で、同じ科で長年勤めるのは困難な現状もあります。

 

2.看護のジェネラリストになりキャリアアップする方法

指をさす女性看護師

看護のジェネラリストというのは様々な科を経験しそれぞれの知識と経験を多く持っている看護師のことで、患者の症状全体を総合して看護することができ、どのような領域の看護も一通り行うことができます。

患者の主となる疾患の他にも、持病や急変などのあらゆるリスクに対応できればその存在は病院側にとても必要とされます。

ジェネラリストになると豊富な知識と経験を持ち、役職につくことも期待できるためキャリアアップの1つと言えます。

 

中小規模の病院に勤務する

総合的な看護が出来るジェネラリストを目指すのであれば、大学病院や規模の大きい総合病院よりも病床数のあまり多くない中小規模の病院がお勧めです。

中小規模の病院の場合は、病棟の科が混合であることや業務自体も細かく分かれていないことが多く、色々な疾患を持つ患者の看護の他にも様々な領域の仕事が一通り学べます

 

ポイント!

ポイント

大きな病院の場合は、専門職が多くその1つ1つの役割がはっきり細分化されているため専門性を深めることはできても幅広い分野を学ぶことは難しいでしょう。

 

3.看護師が資格取得でキャリアアップする方法

勉強する女性

看護師のキャリアアップの中で、最も分かりやすい方法は資格取得することです。ただ単に資格取得と言っても、その道はいくつかあります。

例えば、准看護師の資格を持っているのであるならば、正看護師の資格を取ることも1つのキャリアアップ方法です。

看護師としてもっと上を目指したいのであれば、認定看護師や専門看護師の資格を取ってキャリアアップすることもできます。

 

正看護師資格を取得する

現在准看護師の場合、勤務しながら正看護師を目指すには学校に通い多くの課題や実践をこなすことが必要で大変ではありますが、正看護師の免許を取得することが最も分かりやすくて早いキャリアアップ方法です。

 

ポイント!

ポイント

准看護師が正看護師の免許を働きながら取得するには、仕事と勉強を両立できるような職場環境が重要となります。実際に、こうした経緯で正看護師免許を取得した看護師がいるか等を病院に確認してみると良いでしょう。

 

認定看護師資格を取得する

特定の看護分野において、日本看護協会の認定試験に合格した場合に取得できるのが認定看護師です。認定看護師の資格を持っていると給料面でも優遇されるので、確実なキャリアアップをしたい看護師にお勧めです。

認定看護師には現在、救急看護・がん性疼痛看護・脳卒中リハビリテーション看護など21種類があります。

 

病院選びの注意点

病院選びの際は、資格に対する支援制度・資格を持った看護師在籍の有無・勉強会や研修の頻度などが重要になるため抑えておきましょう。

勉強会については資格取得後、自分自身がその勉強会を開催して指導や教育を行う立場になるということも念頭に置いておきましょう。

 

専門看護師資格を取得する

看護協会が認定する資格に専門看護師があり、精神看護・地域看護・母性看護等11分野に分かれています。地域密着型の病院や施設、保健センターにも活躍の場が広がります。

専門看護師資格は、専門看護師と同様、給料が優遇されるためキャリアアップの1つとして取得する看護師も年々増加傾向にあります。

 

ポイント!

ポイント

専門看護師としてキャリアアップしたい場合の病院選びは、数多くの症例を学ぶことのできる大学病院や病床数の多い総合病院がお勧めです。

 

4.まとめ

看護師のキャリアアップには、昇給することやジェネラリストになること、資格取得することなど実に様々な方法があります。

まずは、自分がどのようにキャリアアップしたいかを明確にしてから、自分の目指すキャリアアップがよりスムーズに行える方法を選びましょう

今回の記事が、キャリアアップを考えている看護師の参考となれば幸いです。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

三児の男の子の母と看護師の両立に奮闘しながら総合病院の看護師として勤め、その勤務経験は10年以上。
常勤看護師として小さな子供を抱えながら夜勤もやっていました。現在は夫の都合で海外在住で、看護師はしていませんが看護師ライターとして活動しています。様々な科での勤務経験と、看護師と出産・育児との両立経験を生かし、皆さんが知りたいという内容を分かりやすくお届けしたいと思います。

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・福岡県出身(海外在住)/41歳
職務経験 ・総合病院
診療科経験 ・整形外科 ・産婦人科 ・耳鼻咽喉科 ・脳外科 ・回復期リハビリテーション科


カテゴリー:看護師キャリアアップ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


(公開日:)(編集日::2017年07月27日)
当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。