看護師のクリニカルラダーとは?充実した教育環境の病院を見抜け!

看護師 転職 テクニカルラダー

最近では、クリニカルラダーによる看護教育制度を取り入れている病院が多くなりました。しかし、今までクリニカルラダーを採用していない病院に勤務していた看護師にとっては全く何のことかわからないものです。このクリニカルラダーには、スキルアップを目指す上でメリットとなることもあれば、デメリットになってしまうこともあります。

また、看護師経験が長くなればなるほど、転職先で新人看護師と同じようにクリニカルラダーによる教育制度を受けなければならないとなると不安も大きいことでしょう。そこで、今回はクリニカルラダーについて知り、転職に活かしていきましょう。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.クリニカルラダーとは

クリニカルラダーなに

クリニカルラダーというのは、臨床で必要な看護技術を難易度で分け、それらの技術の習熟度によって一定の基準に基づいて段階式にレベル設定し、そのレベルに合った教育をおこなうというものです。簡単にいうと、指導や研修を受けながら各レベルごとに設定された知識や技術などの到達目標を達成していくのです。レベルを達成すると順番にレベルが上がっていくという仕組みです。

 

自分が学ぶべき内容を明確にできる

このクリニカルラダーがあることにより、新人看護師として入職したあと、一人前の看護師として成長するためには、基本的なことから専門的なことまで、多くのことを身につけていかなければなりません。その身につけるべき内容がわかれば、次のレベルに上がるために、今自分に不足している知識や技術が明確になります

 

個人の知識の技量がわかる

どの看護師も共通のレベルを経験していくため、その看護師のレベルによってできること、できないことが客観的に判断しやすくなります。レベルがある程度のところまで到達すると、一人前の看護師として十分機能できると見なされ、その後は専門的な領域に進むことになります。

 

2.クリニカルラダーは病院によって違う

クリニカルラダー病院違う

クリニカルラダーには、考案者のベナーが提唱する一定の基準がありますが、ほとんどの病院では病院独自に変容して使用しています。なぜなら、病院の機能によって一人前の看護師として必要な知識や技術が異なるからです。そのため、クリニカルラダーという名称ではなく、キャリア開発、キャリアラダー、ラダー教育という呼び方をされることがあります。

 

1年目以降のクリニカルラダーは病院ごとに方針が異なる

1年目の新人看護師は、基本的な知識と技術が主になるため、どの病院でも大きな差はないでしょう。しかし、2年目から指導研修を取り入れているところもあれば、3年目、5年目までじっくりとゆっくり育てていくという病院もあります。そのため、現在勤務している病院でのレベルが、他の病院でのレベルと全く同じであるとは限らないのです。

 

ポイント!

ポイント

クリニカルラダーはレベル別に到達目標を設定しているため、ある程度、自分がどのレベルであるか参考にすることができます

 

3.クリニカルラダーのメリット

看護師クリニカルラダーメリット

クリニカルラダーの一番のメリットは、看護師の看護実践能力段階を客観的に評価し、判断できるということです。看護師本人も指導する側もレベルアップのために不足している知識や技術を具体的にピックアップしやすいため、自己啓発や個人に合わせた看護教育、指導に生かすことができます。

 

レベルアップ研修の傘下の有無を自由に選択できる

病院全体で統一されたクリニカルラダーがあることにより、部署の違いに関係なく同じレベルの看護師に必要な技術や知識を身につけていくことができます。そして、経験年数だけでなく、それぞれの看護師としての成長スピードや生活環境に合わせて無理なくステップアップしていくことができるのです。必ずステップアップしなければならないとなると負担に感じることもありますが、状況に合わせて今年はレベルアップ研修に参加しないという選択をすることもできます。

 

自分のレベルがわかるため転職時に活かせる

その他、転職などの際に、自分がどの程度のレベルであるか比較することができたり、次のレベルに上がるために必要な知識や技術が明確に示され、進むべきレールが用意されていることも常に上を目指す看護師にとってはステップアップしやすい点です。

 

4.クリニカルラダーのデメリット

看護師クリニカルラダーデメリット

クリニカルラダーに力を入れている病院ほど、レベルごとに必要な講習や研修、その際の提出物などが豊富にあり、ステップアップするためにはそれらへの参加が必須となっている場合がほとんどです。そのため、通常の看護業務に加えてクリニカルラダーのレベルを上げていくために費やす時間が増え、残業や自宅に帰ってから、休日を利用して学習をしたり資料を集めたりと拘束される時間が多くなります。

 

必要のない知識や技術も学ばないといけない

クリニカルラダーが統一されていることにより配属先では必要のない技術や知識に関しても、学ぶ必要があり負担になることもあります。私の勤めていた病院は、どちらかというと教育熱心で毎月必ずレベル別研修がありました。そのため、配属先では経験していない研修であれば、最初から学習しなければならず、配属先でやらなければならない勉強会などに加えてレベル別研修の学習もするため、プライベートな時間はほとんど学習に費やすしかないという時期もありました。

 

自分の望む形でステップアップができない

その他、仲間や患者さんからどれだけ看護師として認められていたとしても、年に1度の評価の際に、必要なレベルに到達していなければステップアップすることができず、中にはクリニカルラダー自体を負担に感じてしまう看護師もいます。クリニカルラダーに左右され、自分の望む方法でステップアップしていくことができないという点は、時に苦痛となる場合もあるのです。

 

5.転職時にはクリニカルラダーへの取組方に注目

転職クリニカルラダー取組方注目

クリニカルラダーを採用している病院が多いからこそ、転職先を定める際には、どの程度クリニカルラダーに力を入れた教育を実施しているかに注目してみましょう。クリニカルラダーのメリット、デメリットを知ることにより、クリニカルラダーに安心感を感じる方もいれば、クリニカルラダーがない方が自分らしく働けるのではと感じる方もいるでしょう。

 

病院のホームページでも確認ができる

病院のホームページなどには、その病院ごとのクリニカルラダーによるレベルの基準、1年間のレベル別研修の内容などが載せられています。そのスケジュールが細かく、定期的に研修や提出物がある病院と年に2回程度しかない病院では、クリニカルラダーへの力の入れ方に違いがあります。

 

研修の対象が誰なのか確認すること

全職員が対象なのか、常勤のみ対象なのかという点も重要です。特に、全職員となるとパートの看護師は常勤の看護師よりも勤務時間が少ない分、拘束時間が増えるほど負担になってしまいます。

 

総合病院と単価の病院では特化する研修内容が違う

レベル別の研修の内容に興味が持てるのかという点も見ておきましょう。大きい総合病院などでは、一般的に必要とされる研修内容になっていますが、診療科が限られたり、単科の病院はある程度、その病院に特化した研修内容になっています。そのため、その診療科が学びたくて病院を選ぶという場合には、目的にあった興味の持てる研修内容であるかどうかも注目するポイントになります。

 

6.クリニカルラダーはスキルアップを目指した充実の教育環境

クリニカルラダースキルアップ目指した充実教育環境

自分自身のスキルアップを目指して転職をする方は、自分の望む方向にスキルアップできるかは気になるところでしょう。クリニカルラダーは、全体的に必要な内容を身につけたとみなされるレベルに到達すると、その後は専門領域へとステップアップします。そのため、現在の自分のレベルからある程度、自分の目指す看護師像になれる年数が予測できると思います。そして、その後の専門領域での学べること、挑戦できることが理想的な内容であるかが大切です。

 

クリニカルラダーが必要か見極めることも大事

たとえば、3年後に認定看護師や専門看護師に挑戦したいと考えている場合、今からの3年間をそのための準備期間として集中して利用することができるのか、それとも専門に学びたい領域以外にも必須の研修などがあるのかによっては、スキルアップするための環境が変わってきます

 

思うように専門知識を付けられないこともある

病院によっては、新人教育や学生の教育をする役割が優先されてしまい、思うように専門領域の経験を積めないこともあります。自分の理想とするプランがある場合は、クリニカルラダーがスキルアップに活用できる場合と、そうでない場合も考えて十分見極めなければなりません。

 

まとめ

クリニカルラダーを採用していない病院では、指導にあたる看護師に、その都度必要な知識や技術を学び、その後は自分自身で学びを深めていかなければいけません。しかし、その方が自分に合う方法であって、負担なく仕事ができるという方もいます。その反面、自分で学びを深めることが苦手だからこそ、必要な研修など与えられた機会に参加していくことで自然とスキルアップしていきたいと考える方もいます。

また、クリニカルラダーは病院ごとで内容、力の入れ方に違いがあり、その教育方法もさまざまです。クリニカルラダーが原因で転職を決める方もいると思います。自分にとってのメリット、デメリットをしっかり見極めて、看護師としてまた新たな学びを得られるよい転職先を探してみましょう。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。