著作者

ゆうゆう

現役看護師

ゆうゆう

( 看護師 )

看護師が転職を繰り返す場合のリスクと対策!転職平均は3回?

ゆうゆう
現役看護師 ゆうゆう
看護師 転職 繰り返す

一般的な社会人の転職平均は1.8回であるにもかかわらず、看護師の転職平均は3回と言われています。看護師の転職回数と注意点より)

その背景には、女性看護師が多いために結婚や出産などのやむを得ない理由で転職回数が増えやすい状況であるということに加え、看護師の求人数が絶対的に多いために辞めてもまたすぐに働くことができるからという理由が挙げられます。

さらに看護師は仕事量も多く、毎日忙しくて体力的にもきつい仕事です。また職場の人間関係に悩むことも多くストレスを受けやすい職業であると言えます。

こういった様々な事情により、看護師は転職してもすぐに辞めてしまったり転職を繰り返してしまったりするケースは後を絶ちません。

ただ残念なことに、引く手あまたと言われる看護師であっても、転職を繰り返すことはそれなりのリスクが伴います。

では、やむを得ない場合を除き、どうすれば看護師は転職を繰り返さないで同じ職場で長く働くことができるのでしょうか。

今まで3回以上転職経験がある看護師の方は要チェックです。

1.転職を繰り返す看護師のリスクについて

リスクを抱える女性看護師

看護師は働き口が多いため転職も容易なように思えます。

ただ、転職を繰り返している看護師の場合は、転職活動において以下のようなリスクがあることを覚えておかなければなりません。

 

(1)書類選考で落ちてしまうリスクがある

転職回数が多い看護師は、採用側から「すぐに辞めてまいそう」「性格的に何か問題がありそうという印象を与えてしまいがちです。

そのため、全国から就職希望者が集まるような人気の病院や小児専門病院などは書類選考で落ちてしまい、面接すらできないケースもざらにあります。

 

書類選考で落ちると挽回の余地がない・・・・

転職を繰り返している看護師であっても面接までこぎつければ、何とか挽回の余地があります。

ただ、書類選考で落ちてしまうと、もうどうしようもありません。

その病院にどうしても行きたかったとしても、ここは一旦諦める方が得策でしょう。

 

(2)面接時に転職理由をたくさん質問されるリスクがある

転職回数が多い看護師の場合、書類選考を通過して面接をすることになっても、転職理由についてたくさん聞かれるリスクがあります。

場合によっては、今回の転職理由だけではなく、これまでの全ての転職理由について1つ1つ聞かれてしまうこともあるでしょう。

 

面接官の「不信感」を払拭してあげなければならない

ただ、先にも述べた通り、基本的に面接官は転職を繰り返す看護師に対して「不信感」を抱いています。

そのためここは、何を聞かれても面接官を安心させてあげられるような回答をするのが、あなたの役目です。

 

(3)看護師としてのやる気が失われるリスクがある

転職を繰り返ことで、希望の病院に転職しづらくなってしまうのは先に述べた通りですが、そうなると人によっては、看護師としてのやる気が失われるリスクがあります。

特に、連続して転職活動に失敗したような場合は要注意です。

この場合、「また落ちるのが怖いから」と、転職活動に対して逃げ腰になり、しまいには、看護師を辞めたくなってしまう人すらいます。

 

総合病院への転職を諦めた看護師の話

私の友人の看護師は病棟で1年、クリニックで1年、違うクリニックで1年働いてきました。

総合病院に転職しようと考え面接をしましたが、これだけ短い期間に転職を繰り返していることも相まって、面接官の反応はいまいちでした。さらに「あなたの経験年数は1年ですね」と言われたようです。

友人は看護師の経験年数は合計で3年だと思っていましたが、面接官はクリニックでの勤務経験は経験年数に入れず1年としていたことが原因でした。

彼女が転職に失敗したのはこの1回だけでしたが、この時のショックは相当なもので看護師としてのやる気もかなり失われ、結果として総合病院への転職を諦めてしまいました。

 

2.転職を繰り返すのはどんな看護師?

転職を繰り返す女性看護師

転職を繰り返す看護師には、いくつかタイプがあります。

自分のどういった性格が「転職を繰り返す」ことに繋がっていたのかが分かれば自ずと解決策も見えてくるでしょう。

少し耳の痛い話かもしれませんが、自分自身の性格と照らし合わせながら、読み進めていってください。

 

(1)スキルアップにこだわりすぎている看護師

スキルアップばかりにこだわってしまい「もっと上を目指そう!」と次々に転職を繰り返してしまう看護師もいます。

ただ、1つの職場でしっかり経験年数を積まなければ看護知識や技術を身に付けることはできません。

 

注意点!

ポイント

いくら専門的・高度な医療機関で働いても、すぐに辞めてしまっては「スキルアップしている看護師」ではなく「転職回数が多い看護師」としか思われません。

 

(2)注意された事を「怒られた」としか受け止めない看護師

注意されるのは誰だって気持ちの良いことではありません。しかし、命を預かる仕事をしている以上、互いに注意し合いながら仕事をしていくことは必須です。

しかし、注意された事をただ怒られたとしか受け取らず、「怒られたからもう働きたくない、辞める」となってしまい転職を繰り返す看護師がいます。

正直、注意されない看護師の職場なんてものは皆無に等しいため、こういた看護師はどの職場で働いても長続きしません(結果、転職を繰り返します)。

 

(3)患者からの発言を受け流せない看護師

時に、看護師は患者に心無い発言をされることがあります。

多くの看護師はそのまま受け流すことができますが、そうもできない看護師は「もうあの患者さんの担当はしたくない」「顔を見たくない」などと壁を作ってしまいがちです。

結果、「自分はこの職場に合わない」と思うようになったり、他のスタッフとの関係がこじれてしまったりして、転職を繰り返すことがあります。

 

(4)頑張りすぎてしまう看護師

頑張りすぎてしまう看護師は、オンとオフの切り替えが下手であり、毎日毎日一生懸命働きすぎて突然辞めたくなってしまう衝動にかられることがあるようです。

また、頑張りすぎて周りが見えなくなってしまい「何で私だけ!」といったような被害妄想に陥り、結果として他のスタッフと上手くいかなくなってしまうことも多いです。

結果、今の職場に居づらくなってしまい、転職せざるえない状況に陥ってしまうのです。

 

(5)飽きやすい性格の看護師

当然のことかもしれませんが、飽きやすい性格の看護師は、転職を繰り返します。

例えば、「内科で働きたい」と言って内科病棟で勤務しても、すぐに「やっぱり外科で働きたい」と勤務地をコロコロと変えてしまうことがあります。

他にも、希望して入った病棟なのに、看護師の友達から「小児科は楽しいよ」などと聞くとすぐに小児科で働きたくなり辞めてしまうというケースもあります。

 

補足説明!

ポイント

「〇年間は働こう」など目標を決めていない看護師や、意志が弱い看護師にこういった傾向が多く見られます。

 

3.転職を繰り返さないために意図的にできること

転職を繰り返さないための方法を紹介する女性看護師
上記にあるように、これまで転職を繰り返してきた自分の性格を振り返ったところで、次は転職を不用意に繰り返すようなことを防ぐための具体的な対策をとっていきましょう。

 

(1)自分の「苦手」を知る

まずは自分の「苦手」を知るところから始めましょう。

例えば、

  • 細かい作業が苦手
  • ルーチーン作業が苦手
  • 医療技術が苦手
  • 夜勤が苦手
  • 患者とのコミュニケーションが苦手

などといったように、これまでの自分の仕事人生を振り返り、何を苦手とするのかを明確にしてください。

なぜなら苦手なことを無理に克服するよりも、最初から苦手なことが少ない職場で働ければ長く働き続けられる可能性が高いからです。

 

(2)転職先に求める最優先事項を決める

自分の「苦手」を知ることとの次に大切なことが、「転職先に求める最優先事項」を決めることです。

この条件さえ満たせればあとはかろうじて目をつぶれる」という、あなたが絶対譲れない条件はなんでしょうか。

残業が少ないこと、給料が今よりも上がること、休日申請の融通が効きやすいことなど、人によってその条件は必ずあるはずです。

 

どこの職場でも不満やストレスはつきのだからこそ

正直、どこの職場にいっても、不満やストレスはつきものです。

ただ、あなたの最優先事項がちゃんと満たされていれば、何か嫌なことがあってもすぐに転職しようとは思わないはずです。

 

優先事項は1つに絞ること

この時、あれもこれもと欲張ってしまうことは危険です。

どれか「1つだけ」に決めることに、意味があることを覚えておきましょう。

 

(3)看護師求人サイトにサポートしてもらう

自分の苦手な作業がなく、最優先事項を満たせる職場を自分だけで見つけるのは至難の業です。

そのため、職場探しの段階に入ったら、求人情報を多数持つ看護師求人サイトを利用しましょう。

また、看護師求人サイトの担当者には、履歴書の添削や面接対策もサポートしてもらうことができますから、転職を繰り返している看護師は必須の媒体です。

 

担当者には自分のことを赤裸々に伝えて

看護師求人サイトの担当には、自分の性格やこれまでの転職理由を赤裸々に伝えるようにしてください。

そうすることで、数ある求人数の中から、よりあなたにピッタリの求人を提案してもらえるようになるからです。

 

最初から2~3社は同時登録しておこう

ただ、担当者との相性が合わないとあまり良い結果に結びつかない可能性もありますので、できれば最初から2~3社は同時登録しておくことをオススメします。

 

まとめ

無理に嫌なところで働き続ける必要はないですが、できれば同じ職場で長く働きたいものです。

そのために、ここでご紹介したことを参考にして、まずは自分自身を知るところから始めてみてはいかがでしょうか。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

自転車旅行が大好きで、しまなみ海道を縦断してきた30代の看護師です。

都内の総合病院で約6年、その後クリニックで約2年勤務しました。現在は1児の母として子育て奮闘中ですが機会があればまた働きたいなと思っています。

病院で働いている時は人間関係に悩みましたが、なんとか6年間頑張ることができました。

自分が今までに経験したことをどんどん発信して、少しでも皆様のお役に立てればと思います。


カテゴリー:看護師転職のノウハウ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ゆうゆう
(公開日:)(編集日::2017年11月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。