著作者

ER看護師はるちっち

看護師ライター

ER看護師はるちっち

( 看護師 )

看護師の転職は何年目からがいいの?

ER看護師はるちっち
看護師ライター ER看護師はるちっち
看護師 転職 何年目

看護師として働いていると、スキルアップや今の職場が嫌になったなど、様々な理由で転職を考える時期があります。特に若い時ほど転職を考えるでしょう。

しかし実際、看護師が転職をするのは何年目からが良いのでしょうか。

そこでこのページでは、看護師がどれくらい経験年数を重ねればスムーズに転職することできるのか、クリニックや保健師、未経験の診療科の場合を含めてご紹介します。

1.看護師の転職は原則4年目から

笑顔の女性看護師

看護師は最初の3年間はしっかり働き、4年目以降で転職したほうが、どこの転職先の面接にいっても良い印象を与えます。

実際、多くの看護師が3年目くらいになると1度は転職を考えるのではないでしょうか。

それは3年目くらいになると看護師として1人立ちし先輩からも任されることが増え、自信もついてくるからです。

もちろん3年程度の臨床経験ではまだまだ完全に「一人前」ということはできません。ただ、これくらいの臨床経験があれば、そこまで転職活動に苦労することはないでしょう。

 

1~2年目の看護師は特に、面接官に与える印象が悪い

一方で、1年目や2年目の看護師だと、転職先の面接官には「挫折して転職してきた」という印象を与えます。また、「忍耐力がない」看護師だと思われることもあるでしょう。

詳しくは、「臨床経験3年未満の看護師が転職する注意点とは?3年以上必要な理由」の記事もチェックしてみてください。

 

やむを得ない事情であれば話は別

ただしこの年代の看護師であっても

  • 引っ越し
  • 結婚
  • 看護師として働く中で自分のやりたいことを見つけた

など、転職するしか選択肢がなかった状況であれば、比較的スムーズに転職できます。

 

私の初めての転職経験談

私の場合、4年目の時に転職しました。2年目からストーマの勉強を始めストーマ外来にも参加できるようになってきたにも関わらず、急に4年目で内科病棟への移動を言われたからです。

上司にストーマを続けていずれは認定看護師を取得したいと直談判しましたが、聞き入れてもらえなかったため転職を決意しました。

もちろん、転職先に困ることは一切ありませんでした。

 

2.クリニックへの転職は5年目以降がおすすめ

クリニックで働く女性看護師

クリニックの看護師求人には「応募条件は臨床経験が3年以上あること」とよく書かれています。

ただ、クリニックへ転職するのであれば、私は5年目以降が良いと考えます。
 

クリニックでは看護師の失敗が許されない

クリニックでは、看護師が採血やルート取りなどの失敗をすることが許されない雰囲気があります。また、幅広い知識がなければ患者対応が難しい面もあります。

こうしたことを考慮すると、5年目以上くらいの看護師ではないと、クリニックに転職してもすぐに「即戦力」とはなれないのが容易に想像つくのではないでしょうか。

 

注意点!

ポイント

クリニックに来院する患者は総合病院の患者のように寛容ではありません。

そのため、看護師の少しの失敗が、大きなクレームに発展することも多々あります。

 

看護師が若いと不安がる患者が多い

クリニックの場合、看護師が若いというだけで患者から不安がられてしまうこともあります。

私の知人で、3年目でクリニックに転職した看護師がいましたが、当時患者からは「若すぎるから処置をしないでほしい」と不安を訴えられたそうです。

 

そもそも、クリニックに来院する高齢者の患者は「クリニック=年配のベテラン看護師が働くところ」という思い込みが強いのです。

 

3.保健師への転職は7年目以降にしよう(行政保健師は除く)

保健師に転職した女性看護師

保健師に転職する場合、大きく分けて3つの働き先に分かれます。企業で働く「産業保健師」、学校で働く「学校保健師」、行政機関で働く「地域の保健師」の3つです。

行政保健師の場合は年齢制限があるため20代のうちに転職した方が良いのですが、それ以外はできれば7年目以降の転職がおすすめです。

 

保健師は1人で仕事をしなければならないことが多い

保健師は1人で仕事をしなければならない職場が多いです。

例えば企業であれば保健師は2人いればいいほうで、ほとんどの場合1人で仕事をしなくてはいけません。また、学校の保健室も1人である場合が多いです。

 

何かあったらその時の判断は全て自分に委ねられる

保健師の場合、病院のように緊急性が高い症例は滅多にありませんが、何かあったらその時の判断は全て自分に委ねられてしまうのです。

そうなると、保健師として自信を持って働けるのは、中堅クラスでも上の方に入る7年目くらいの看護師となるのではないでしょうか。

 

私の同期は5年目で企業保健師に転職しました。

彼女の場合、引き継ぎ期間の1ヵ月が終わると基本的には1人で全て行わなければならなくなったそうです。

そうこうしているうちに、心筋梗塞や緊急度の高いうつ病などの症例にあたり、頼れる人もまともにいなかったため、非常に苦労したと話していました。

 

4.未経験診療科の病棟へ転職するのは4~5年目のうちに

初心者マークを持つ女性看護師

看護師が初めて未経験診療科の病棟へ転職する場合は、4~5年目のうちがいいでしょう。

4~5年目の看護師であれば基礎はしっかり身についており、リーダー業務もこなせます。そのためまずは、即戦力が期待できるということで、重宝されます。

また、これくらいの年代であればまだ「柔軟さ」と「素直さ」も十分に持ち合わせているため、転職先のスタッフからも快く迎えていれてもらえるでしょう。

 

6年以上同じ病棟にいると素直に言うことを聞けない

未経験診療科へ転職すると、とたんに「新人看護師」に舞い戻ってしまったような気持ちになります。

なぜなら、一からその診療科の勉強をする必要がありますし、自分より年下の看護師が「上司」になってしまうからです。

そのため、ただ愚直に素直に新人看護師のつもりで仕事をこなしていくしかないのですが、6年以上同じ病棟にいると、これがなかなか難しくなってしまうようです。

 

年下の上司に指導されるのが辛くなってくる

特に、年下の上司に指導されるのは、これまで築き上げたプライドが傷つくようで、なかなか辛いものがあるようです。

4~5年目くらいであれば、まだギリギリ、下手なプライドも築かれてないはず。未経験診療科へ転職したいと考えているのであれば、あまり同じ病棟に長く居続けないようにするのが得策です。

 

まとめ

「いつか転職したい」と考えているのであれば、とにかく「3年」は経験を積んでください。

そうすれば、すぐに即戦力にはなれなくても、自分が希望する職場へ転職できる可能性がグンと高くなります。

今回の記事が皆さんの転職活動の参考になれれば幸いです。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

済生会系列の病院で3年、その後クリニックで2年勤務しながら派遣看護師として企業検診・デイなどの施設をメインに活動。現在はERに6年勤務しながら、看護師ライターとして活動中。

また、ママ看護師として働きやすい職場環境についてなどリアルな意見を記載していきます。


カテゴリー:看護師転職に必要な知識

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ER看護師はるちっち
(公開日:)(編集日::2017年11月17日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。