看護師の転職に必要な臨床経験年数!3年未満でも大丈夫?

看護師の転職に必要な臨床経験年数

このページでは、私自身の経験、そして周囲の看護師からの情報をもとに独自に算出した「職場別の転職に必要な臨床経験年数」をご紹介します。

多くの看護師が「看護師の資格を生かした職場ではどの職場も、病院での臨床経験を積めば積むほど歓迎される」と考えているようですが、実は、一概にそうとも言い切れません。

中には「臨床経験が3年未満でも大丈夫。むしろ歓迎!」という職場や、「臨床経験年数は少なくとも、他の経験やスキルがあればOK」としている職場もあるからです。

本文で詳しく説明していきます。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.病院への転職に必要な臨床経験年数

病院で働く看護師

病院の場合は、転職に必要な臨床経験年数というのは基本的にありません。

病院は他の施設とは違い看護師の人数が他のどの職種よりも多いため、教育体制を整えやすいというメリットがあります。

そのため、経験の有無や経験年数に関係なく採用できるというのが、病院の特徴といえます。

事実、私も看護師1年目で転職しましたが、転職先では教育体制が整っていたことから無事に採用していただき、一通り看護師として働けるよう育てていただきました。当時の様子については、『「新人看護師1年目だけど辞めたい!」と思っていた私の体験談』の記事に詳しく記載してあります。

一方で、一部の病院へ転職する時に注意しなくてはいけないのが「臨床経験年数がとても長い看護師」です。

 

看護師の臨床経験年数が採用に影響を与える病院とは

ただし、以下に挙げる病院では、看護師の臨床経験年数が採用に影響を与えるケースがありますので、注意してください。

 

(1)国立・公立病院

国立・公立病院では採用時に年齢制限をかけている事が多く、「経験年数を重ねる=年齢も重ねる」ことになるため、いくら立派な臨床経験年数を積んでいたとしても、年齢制限によって採用試験に応募できないケースがあります。

 

(2)大学病院

全ての大学病院ではありませんが、一部の大学病院では、公立病院同様採用は新卒が圧倒的多数を占めています。

そのため、そもそも中途採用枠自体がほとんどない、というケースがあります。

なお、同じ大学病院であっても大学系列で複数の病院がある場合は、全ての病院とは言いませんが、比較的通年にわたって中途での採用も行っている病院が多いようです。

臨床経験を積んでから大学病院への転職を検討している看護師の場合には、「既卒者の採用枠があるかどうか」を確認されることをオススメします。

 

2.クリニックへの転職に必要な臨床経験年数

クリニックで働く看護師

クリニックではあくまで即戦力が求められることから「看護師として一通り働ける」と自信がつく、3年以上の臨床経験年数は必須条件といえます。

クリニックは病院等とは違い、所属する看護師は数名のみとなっています。

そのため、「扱っている診療科の経験がある方」でないと、採用自体がかなり厳しい可能性も考えられます。

 

「未経験でも可」の表記に注意する必要あり

クリニックの中には「未経験でも可」と記載されている職場もありますが、それは看護師未経験ではなく、あくまで「その診療科は未経験でもOK」というケースがほとんどです。

実際にクリニックで働いている看護師によると、「最低でも看護師として3年以上の経験は欲しい。

また、できればそのクリニックで扱っている診療科での経験があるのが望ましい。そうしないと、クリニックで行う一通りの処置についていけないので、仮に採用されたとしてもすぐに退職してしまうケースがほとんど」とのことでした。

詳しくは、「看護師がクリニックで働けるのは何年目から?」の記事も確認してみてください。

 

3.介護施設への転職に必要な臨床経験年数

介護施設で働く看護師

介護施設の場合は、私自身の施設勤務経験から「リーダー業務」を経験した年数は必要だと考えます(大体、3~4年目位かと考えます)。

その理由について、以下で説明していきます。

 

「他職種との協力」が出来る必要がある

介護施設において、中心で働くのは看護師ではなく介護士です。

そのため、看護師は介護士の方と協力し、お互いに情報交換をしながら施設で生活を送る利用者さんたちの健康を守る必要があるのです。

この「他職種との協力」という部分において、リーダー業務経験の有無が非常に重要となります。

 

リーダー業務などを行っていなかった同僚の話

実際に私が働いた施設において、看護師として臨床で働いたことのない方が採用され、研修を受けに来ていました。

その方へ私が仕事内容について指導をしていたのですが、「なんで介護士は便秘だと言っているのに水分補給をしないのでしょうか。ちょっと指導してきます」と介護士を同じ職場での同僚ではなく、指示を与える部下のような存在に位置付けていました。

このように、リーダー業務などを行っていないために、他職種との距離をつかめないのは、仕事上での人間関係を構築しづらいため、施設看護師としてはかなり厳しいといわざるを得ません。

 

4.訪問看護への転職に必要な臨床経験年数

訪問看護で働く看護師

訪問看護は臨床経験年数がほとんどなくても、また極端に言えば新卒でもOKとしている事業所が増えてきている分野です。

訪問看護という仕事は、病院での仕事内容とは異なる点がいくつもあるため、訪問看護師として働くためには一から仕事を覚える必要があります。

そのため、現役の訪問看護師からは「一から訪問看護について学びたいという意思があれば、経験年数は関係ない」というお話がありました。

新人・新卒の方で訪問看護への転職を検討されている場合には、「新人・新卒だけど訪問看護師へ転職したい場合のポイント4つ」の記事も併せて確認しておきましょう。

 

訪問看護で大切なのは臨床経験年数ではない

訪問看護師に対し、多くの看護師が「一人でなんでもできるようにならないと、訪問看護師として働くことは難しい」と感じているのではないでしょうか。

しかし、訪問看護師として一番大切なのは

  • 患者さんのために、自分は今何ができるのか考えること
  • わからないと思ったことを素直に他の訪問看護師へ聞くこと

です。

看護師としてある程度キャリアを積んだ故に「こんなことを聞くのは恥ずかしい」と黙っていたところ、そのことがきっかけとなって患者さんの異常の発見が遅れてしまったら、元も子もありません。

そのため、臨床経験年数が少なくとも、「訪問看護を学びたい」という気持ちを強く持つことが何よりも大切なのです。

 

5.企業(産業保健師)への転職に必要な臨床経験年数

企業で働く看護師

企業の産業保健師として働くには、臨床経験年数は最低でも3年は求められることが多いです。

ただし、産業保健師の場合は、臨床経験年数の他にも、重要視される「看護師の経験」があります。

実際に産業保健師として働いている方によると「臨床経験というよりも、パソコン操作になれているか、また産業保健師として過去どういった仕事をしたことがあるかということが重視された。採用時には他にも数十人の応募があったが、その中でも私は過去に非常勤として別の会社で働いていたという実績が評価され、採用につながったようだ」とのことでした。

産業保健師として転職を検討している場合には、可能ならば非常勤等で産業保健師としての経験を積むことをオススメします。

 

臨床で患者さんへの指導経験を積んでおくと良い

もし、産業保健師の非常勤として働くことが厳しいのならば、臨床で患者さんへの指導経験を積み、実績として残すと良いでしょう。

また、産業保健師として働く際はパソコン作業が必須条件の一つとなるため、苦手意識を持っている方も多いかとは思いますが、Officeソフトは一通り操作できるようにしておくことをオススメします。

 

6.臨床経験年数3年未満の看護師の転職注意点

ここまで読まれた看護師の中には、「新卒でもOKな職場もあるし、臨床経験以外のことが評価される職場もあるのだから、臨床経験年数3年未満でも問題ないじゃないか」と思われるかもしれません。

しかし、3年未満での転職は、以下の点で注意が必要です。

 

(1)未熟な点をアピールポイントに変換する必要があること

面接中の看護師

臨床経験年数3年未満の場合で転職をする場合には、自分が看護師としてどういった知識や技術が未熟なのかを振り返り、面接などにおいて、

「自分にはコレとコレが足りないと感じている。だからこそ、この職場で特にこの技術や知識を学び、看護師として成長したい」

というように、未熟な点を「学びたい点」とすることで、自分のアピールポイントに変換することが大切だと考えます。

 

(2)3年以上働くことができる転職先を選ぶこと

看護師の職場選びで気を付けたいこと

特に臨床経験年数が3年未満の看護師の場合は「うちの職場もすぐに辞めてしまうかもしれない」とマイナスのイメージをもたれやすいというデメリットがあります。

採用側は「採用した看護師には、少しでも長く働いてほしい」という思いをもっていますから、「次の職場では絶対に3年以上働くぞ」という強い意志を持ち、それが可能となるような転職先を探してください。

 

ポイント!

ポイント

臨床経験年数が3年未満の看護師が長く働ける職場を探すには多数の求人情報を収集し、比較する必要があるため看護師転職サイトを利用することをオススメします。

また、その際は、看護師転職サイトを賢く利用するために「看護師転職サイトの選び方(看護師「ぺこみ」の転職)」の記事も参考にしてください。

 

まとめ

看護師として働ける職場はとても多いですが、だからといって転職を繰り返していては、自分の経歴をやみくもに傷つけるだけです。

新しい職場で看護師としてさらにキャリアを積んでいくためにも、ぜひ今回ご紹介した臨床経験年数等の情報を参照していただき、自分に合った職場を見つけてください。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。