著作者

りょう

看護師ライター

りょう

( 看護師 准看護師 )

焦らずに済む看護師転職の考え方とは?つねに転職を考えている看護師必見

りょう
看護師ライターりょう
看護師 転職

ある程度の看護技術を身につけたら、その道を極めたいと転職を希望する方も多いと思います。

転職で更にスキルアップをと考えている方の中には、今の就業先の方が慣れているし居心地がいいから転職したら今の条件では働けないのではと思う方や、転職したいけれどどのような就業先が自分に合っているのかわからず思い悩んだりするケースがよくあるかと思います。

転職、残留、どちらにしても決めるのは自分自身ですが、一度しかない人生、このような決め方、考え方もあるのだと、この記事を読まれる方の参考にしていただければと思います。

1.まずは自己分析!焦った転職は大抵失敗する

焦って出した結果は大抵失敗のもととなる

転職はかなりエネルギーを消耗するものです。先々の事を考え不安になる事はしょうがないと思いますが、過度な不安や焦りは冷静な判断を失います。

退職による引き継ぎや周囲への挨拶、なぜ退職するのかうるさいくらいに散々聞かれ辞めた後に自由な時間を持てればまだいいですが、直ぐに転職した場合、新しい職場でまた一からのスタートでは身が持ちません。

 

今の自分に何が必要で何が不要なのか考える

私がオススメの転職の仕方は、充実して勤務している中でも常に職を探し、今の自分に何が必要で何が不足なのかを意識する事です。あらゆる転職サイトの求人情報、求人内容、条件などを日々チェックする事で今のままの仕事でいいのか自分に問いかけてみます。

今の仕事の条件やスキルアップの方向性、人間関係を含め転職した場合に得られるだろう可能性と比較をしてみて、やはり転職しない方がメリットが高ければ転職せず続けて行く事を選択します。

 

嫌な事から逃げるための転職はうまくいかない

何かのトラブルで又は人間関係で仕事が続けられなくなってから転職しようと焦って考えて求人サイトに駆け込んでも私はうまく行かないと思います。
 

ポイント!

ポイント

もし、そのようなトラブルが万が一あたったとしても、それは辞める事になったきっかけであり事前に思い描いたプランや準備があればうろたえる事なくスムーズに転職できます。

 

自分の現状の利点を知る事ができる

人間は恵まれた環境にいると、今の待遇や周囲の人のありがたさに気がつかなくなってしまう事もよくある事と思います。転職サイトで求人情報や看護師の転職にまつわる記事を日々チェックする事で現状の自分の恵まれた職場環境や立ち位置を確認できる事のメリットも大きく、自分は恵まれた環境で充実した日々を送っていると意識できると自然に同じ職場で続けて行くための気力も継続して湧いてきます。

 

ポイント!

ポイント

転職、残留どちらにおいても日頃から転職にまつわるサイトでの情報収集や自己分析される事をオススメします。

 

2.治療実績や手術件数で看護師求人を探そう

治療実績や手術件数で職場を探す

今や、ある特定の病気になり治療が必要となった場合、患者さんは医師が行う疾患の治療実績や手術件数から病院を探す時代になってきました。手術件数が多いからと言って必ずしもいい病院であるわけではないですが、治療実績が多い事は治療した経験が多く手術に慣れていると言う点から選ばれているようです。

 

手術や治療はチームで行うものである

看護師も、より専門性を高める為に患者さんと同じように治療実績や手術件数で転職先を選ぶ事もひとつだと思っています。なぜなら、当然の事ですが手術や治療はチームで行うものであり、医師だけが活躍するものではないからです。

 

チーム医療の必要性が再認識されている

医師は戦国時代で言うと敵(病気)に戦いを挑む総大将でありますが、敵の様子を伺ったり出陣の準備をする看護師は大変重要な役どころでありチーム医療の必要性が再認識されている現代において看護師も特殊な手術や治療の専門性を身につける事が当たり前になる世の中も近いのではないかと考えているからです。

 

特殊な治療における専門ナースがいてもおかしくない

〇〇病の〇〇術については慣れている看護師を執刀医が指名する話はよく聞きますが、ある手術における術前、術後、リハビリなどに特化した看護師や特殊な治療における専門ナースが出てきてもおかしくないはずです。

患者さんが集中する病院は必ずと言っていいほど需要があり人手不足ではないかと考えます。

 

ポイント!

ポイント

今は病院のホームページや雑誌にも疾患別に病院の治療実績や手術件数が紹介されている事があるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

3.連携治療を取り入れている病院への転職がオススメ

将来的にリエゾンチームの「連携治療」が注目される

これは、母が通う地元の大学病院で実際にあった事です。乳がん術後で定期的に乳腺外科に通院中の母に対し主治医の外科医が「ボクは外科医だから高血圧の事は内科で相談してください。

でも、ここは大学病院だから血圧くらいでは診てもらえないから近くの内科で診てもらってください」このように言われました。母は今も大学病院で抗がん剤治療を受けており、内科も外科もなく一人の患者をトータル的にサポートしてほしいと思うのが患者本人や患者の家族としての気持ちでした。

 

経済的な面でも不利になる

抗がん剤により毎月多額の医療費を支払っているのに高額療養費は医療機関別の計算となり、経済的な面でも不利にはたらきます。ひとりの患者の病気をあらゆる診療科の医師や看護師、ソーシャルワーカーなども含めて連携した治療を行う「リエゾンチーム」をもつ病院がやっと出てきました。

 

リエゾンチームについて

「リエゾン(liaison)」とは「連携」や「つなぐ」を意味するフランス語であり、精神科や心療内科でリエゾン精神医学としてよく知れられる語源になりましたが、近年はがん治療を行う患者にも必要だと考えチームで一貫した治療を行おうとする病院があります。先ほどの内容でより看護師も専門性を重視し、より専門分野に特化した看護技術が必要だと記事に書きましたが、あまりにも専門分野に特化しすぎ、本来あるべき看護のあり方を無視するのでは本末転倒です。

 

重大な病気は患者の心にも影響する

がんをはじめとする重大な病気は、患者の身体のみならず、こころにも影響を及ぼし「先々の事が不安で眠れない」「気持ちが落ち込んで治療する気にもなれない」などということもあると思います。

最近、よく芸能人のがん治療闘病記をブログなどで見たりするのですが、家族で支え合う様子をこまめにブログにアップし微笑ましい一面もあると思いますが、家族のいない患者さんはどう思われるでしょうか。やり場のない気持ちを一人で抱えてしまうこともあるかもしれません。

 

将来的に心も体も治療する病院が一般的になる

入院されている患者さん・ご家族がこころ穏やかに安心して治療が受けられるように内科や外科に限らず精神科や心療内科など各診療科の医師などに看護師もチーム医療の一員として加わり、心も身体もトータルで診ていく治療のあり方が一般的になる世の中もそう遠くはないかと思います。

 

ポイント!

ポイント

まだ少ないですが、リエゾン(連携)治療を独自に考案して診療にあたる病院もありますので、転職を希望される方は調べてみるのもいいと思います。

 

4.苦手なことにあえてチャレンジするのもあり!

自分ができないと思った事にあえてチャレンジしよう

私が田舎にいた時は絶対に都会で働く事は想像できませんでした。しかも、都会の企業に就職するなんて田舎者の私には考えすら及ばず、今でも信じられない気持ちでいます。

そんな私でしたが自分の苦手な事にあえてチャレンジする事で失敗してもきっと何かは得られるだろうと前向きな気持ちでいる事が徐々に私を動かしました。

 

チャレンジして良かったことの方が多い

最初は大変でしたが慣れればチャレンジして良かったと思える事の方が多いです。食べず嫌いの食べ物と同じで入り口に入ったら新しい感覚が得られ、苦手を克服できるかもしれません。

絶対にやれないと思う事こそ、実は自分に向いている事だったりするものですよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  1. まずは自己分析が大切。焦って出した結果は大抵失敗のもとになる
  2. 治療実績や手術件数で職場を探すのがオススメ
  3. 将来のことを考えて連携治療を取り入れている病院を調べてみる
  4. 自分ができないと思った事にあえてチャレンジしてみる

焦らずに済む転職方法にていて以上4つをお話しました。充実した職場環境の中でも常に転職を意識する事により現状の自分の恵まれた職場環境や立ち位置を確認でき、自分は恵まれた環境で充実した日々を送っていると意識できると思います。

自然に同じ職場で仕事を続けて行くための気力も継続して湧いてくる事の期待も持て本当に転職する状況になった場合にでも焦らずに済む事から転職・残留、どちらにもいい影響が出ると私は考えています。

看護師もより専門性を高める必要があり、ある疾患や治療法に特化した看護師がもっとたくさん出てきてもおかしくない時代であり、患者さんのように治療実績や手術件数などで病院の情報を得て職を探す事も一つである事、よりチーム医療をと考えそのチームの中に看護師を入れて患者さんに連携した治療を行うリエゾン(連携)治療を行う病院が出てきているため、患者のニーズも高まっている事から転職の参考になればと思います。

私が経験したように、自分がやれないと思った事にあえてチャレンジしてみるといい事もたくさんありますよ。

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

趣味は歴史好きなので城めぐりと最近サボりがちなヨガです。田舎生まれで母子家庭で育ち、親が病気のため金銭面でかなり困窮した事から病院、介護保険施設、老人ホーム、デイサービスなどをかけもちして働く事15年になりました。
現在は看護師として企業に10年ほど勤務しながらデイサービスでも働いています。副業する場合のお役立ち情報や節税、社会保障まで私が実際に経験した全てを記事にし「ナースが働く上で役立つ情報」として発信して行きたいと思います。


カテゴリー:看護師転職のノウハウ


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:りょう
(公開日:)(編集日::2017年10月05日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。