未経験の診療科クリニックへの看護師転職は難しい?職場の選び方

看護師として病棟で働き、病棟勤務に疲れた場合や結婚・出産などを機に、クリニックへ転職を考える看護師もいるでしょう。

働く中で、未経験の診療科のクリニックへ転職する際は難しいのでしょうか。

結論としては、臨床経験3年以上の看護師であれば難しくはありません

なぜなら、クリニックでは病棟経験3年の経験で得られる技術、

  • 採血
  • 点滴の留置
  • 診療の介助
  • 血圧測定

などがあれば、たとえ経験したことのない診療科クリニックであっても十分看護師として務まるからです。

以前私は、消化器外科病棟から整形外科と内科のクリニックへ転職したことがあり、当時は経験年数3年半程度で整形外科の経験は全くない状態でしたが採用していただきました。

採用後、ギプスの巻き方や骨折時の固定方法、テーピングなどを医師や先輩看護師から教えてもらいましたが、それ以外は看護師の基本業務だったので、入職してからも困ることはありませんでした。

ただ、未経験診療科でかつクリニックで働く際の職場選びには注意しなければならない点があります。

今回は、今まで経験のない診療科のクリニックへ転職することを考慮し、転職時の注意点を紹介します。

1.未経験の診療科クリニックでの職場の選び方

看護師の人数が確保されているクリニックで働く看護師

看護師が未経験の診療科でも働きやすいクリニックには、どのような特徴があるのでしょうか。

未経験の診療科クリニックの場合の「おすすめ」の選び方をお伝えしていきます。

 

(1)看護師の人数が多いクリニック

未経験の診療科クリニックに転職する場合、看護師が1~2人のクリニックでは入職後フォローの体制が整っていない場合もあるため、出来る限り看護師の人数が確保されているクリニックをお勧めします。

 

注意点!

ポイント

先輩看護師の人数が確保されているクリニックは、フォローの体制がしっかりしている職場が多く、フォローの有無によって働いていく上で大きな差が出てきます。

 

(2)規模が大きく多職種がいるクリニック

クリニックや医院の規模が大きいと、医師・看護師・事務以外にも、放射線技師や理学療法士など多職種のスタッフがいます。

そのため、未経験の診療科で働く看護師でも、多職種がいる職場の方が精神的な負担が少なくなります。

 

補足説明!

ポイント

医師・看護師だと「そんなことも分からないの」と思われることも、医師や看護師以外の職種に相談することで解決することも少なくはありません。

狭い空間だからこそ、医師と看護師だけの職場より、多職種もいる規模の大きいクリニックの方が働きやすいと言えるでしょう。

 

(3)予約システムを取り入れているクリニック

看護師が未経験の診療科へ転職する場合、できれば予約システムのあるクリニックをお勧めします。

なぜなら、予約システムがない場合、午前診は患者が絶え間なく来院し検査・点滴・医師の介助など多くの業務に追われなくてはならず、転職したてで不慣れだとミスにも繋がりやすくなるためです。

 

急患が無い限りのんびりと業務が行える

予約システムがある場合、患者の人数は制限されており余程の急患でない限りは予定通りの患者数で業務を行うため、看護師ものんびりと業務を行えます。

 

常連患者が多く患者から多くを求められない

予約システムを導入しているクリニックの場合は、病棟のように患者が日々変わるわけではなく常連の患者が多いため、新しく入職してきた人ということが分かっているため、患者側からも多くを求められることもありません。

 

(4)未経験分野をゆっくり学べるクリニック

未経験のクリニックを選ぶ場合、経験のないことをゆっくりと学んでいくことができることが転職するメリットになります。

そのため、自分が習得したい分野のクリニックを選ぶことが大切です。

 

指導を受けながら学べるクリニックを選ぼう

クリニックは、病棟のような受け持ち患者などなく、来院した患者に対して処置を行っていくため、医師や先輩看護師の元、ゆっくりと指導を受けながら学んでいくことができます。

そのため、教育体制がなるべく整っているクリニックを選ぶことが大切です。

また、看護師としての技術面も整形外科であれば固定やテーピングなど、消化器外科であれば内視鏡の介助などそのクリニックの診療科の技術が身に付きます。

 

2.未経験診療科のクリニックへ転職する注意点

未経験診療科のクリニックへ転職する注意点

看護師が未経験の診療科のクリニックへ転職する注意点は1つです。

それは、転職先の職場に馴染むことが出来るかどうか、人間関係を円滑に進めることが出来るかどうかです。

 

(1)職場に馴染めないと不明点が聞きづらい

もし、未経験の診療科クリニックで職員に馴染めなかった場合、分からないことも聞きづらくなってしまうことがあります。

ある程度、経験のある分野であれば仕事をこなす事は可能ですが、未経験診療科の場合は最初から分からないことばかりであるため人間関係が苦手な看護師には、精神的に負担がかかる恐れがあります。

実際に私の後輩は、人間関係が苦手で病棟勤務が辛くなり、業務を教えてもらうことや自分から聞くことも出来なくなり退職した後に未経験診療科のクリニックへ転職しました。

未経験診療科のクリニックへ転職する場合は、良い人間関係を築くことも大切です。

 

(2)臨床経験が3年あっても転職が難しい診療科もある

看護師として臨床経験が3年あったとしても、すべての診療科クリニックへ転職できるわけではありません。

例外として、眼科や耳鼻科のように外来手術を行っているクリニックの場合は、手術室経験も問われる場合があります。

 

注意点!

ポイント

手術室経験の有無を問われてるところは、即戦力が求められるため、経験がないと難しいと言えるでしょう。

 

まとめ

看護師がクリニックの未経験診療科へ転職する際の注意点について紹介してきましたが、いかがでしたか?

未経験診療科のクリニックで看護師求人を探す際は、フォロー体制がどのようになっているのかを把握した上で、転職先を考えると良いでしょう。

クリニックの未経験診療科で働こうと考えている看護師は、是非上記を参考に、看護師求人サイトを利用しながら求人を探してください。

ER看護師はるちっち

【大阪府/33歳・資格:看護師】

済生会系列の病院で3年、その後クリニックで2年勤務しながら派遣看護師として企業検診・デイなどの施設をメインに活動。現在はERに6年勤務しながら、看護師ライターとして活動中。また、ママ看護師として働きやすい職場環境についてなどリアルな意見を記載していきます。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。