著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護師の通勤手段別のメリット・デメリットと有効活用法

kameko
看護師スタッフkameko
看護師通勤事情メリット・デメリット時間の使い方

サラリーマンやOLなど企業に勤務している人なら、毎日の通勤に片道2時間以上かけている人はたくさんいます。しかし、勤務時間が不規則で、場合によってはバスや電車など公共の交通機関が運行していない時間帯に通勤しなければいけないこともある看護師にとっては、通勤に長い時間をかけることは現実的に難しく、多くの人は職場からそれほど多くない所で生活しているようです。そんな看護師の通勤事情をそれぞれメリット・デメリットあわせてみてゆきましょう。

 

1.看護師の通勤事情

看護師通勤事情
看護師の中には、病院の敷地内や徒歩圏内に建てられている看護師寮で生活する人もいますし、マイカー通勤できる場合でも通勤にかける時間は平均20分程度と少なくなっています。

 

全体の半数はマイカー通勤

看護師の通勤手段ですが、マイカー通勤が全体の半数をしめ、その他には徒歩や自転車など、どんな時間帯でも通勤に影響しない手段をとっている人が多くなっています。バスや電車など公共の交通機関を利用している人は全体の22%程度しかおらず、その場合には外来のみで夜勤がない職場など、毎日の通勤に支障が出ない時間帯で働く看護師がほとんどとなっています。

 

通勤手段は職場の立地条件やロケーションによる

看護師の通勤手段は、職場の立地条件やロケーションによって大きく異なります。地方に行くとマイカー通勤を推奨している職場がとても多く、場所的にもマイカーがなければ通勤するのが困難な所もたくさんあります。

 

ポイント!

ポイント

都心にある大病院などは、看護師全員がマイカー通勤するための駐車場が確保できない場合もあり、その場合には勤務時間によっては送迎サービスを行うなど工夫している病院もあります。

 

2.車通勤のメリット・デメリット

看護師車通勤メリット・デメリット

看護師にとって、車通勤することにはたくさんのメリットがあります。まず、勤務時間に関係なく通勤しやすいという点は、多くの看護師が感じているメリットではないでしょうか。

 

天候が悪い日などは快適な通勤環境を維持できる

バスや電車を使って通勤する場合には、夜勤だと運航していない時間帯ということもありますし、運航スケジュールによっては待ち時間が長くなってしまうこともあり、時間的な無駄が多くなってしまいます。また、天候が悪い日や寒い日などは、車通勤をすれば快適な通勤環境を維持できることは大きな魅力と言えるでしょう。

 

車の運転が好きではないと大変

車の運転が苦痛に感じない人なら、車通勤は大きなメリットとなりますが、看護師全員が車の運転を得意としているわけではありません。車の運転で精神的なストレスを感じたり、運転することが好きではないという人にとっては、車通勤することは精神的にドッと疲れてしまうデメリットになってしまいます。

 

ポイント!

ポイント

ロケーションによっては交通事情が悪く、渋滞していて通勤に時間が掛かってしまうこともあり、場所によっては車通勤で得るデメリットが大きくなってしまうようです。

 

運転が得意か不得意かで車通勤のメリット・デメリットは決まる

車での通勤をメリットと感じるかデメリットと感じるかは、職場があるエリアや交通状況、看護師自身がどのぐらい車の運転になれているかという点で大きく異なると言えるでしょう。また、車の免許を持っていない人にとっては、通勤面でとても働きにくい職場になってしまう点も、車通勤を推奨している病院のデメリットと言えます。

 

3.電車通勤のメリット・デメリット

看護師電車通勤メリット・デメリット

不規則な勤務時間で働く看護師は、電車通勤をしている人は全体の14%程度しかいないと言われています。特に電車が運航していない時間帯に働くこともある人にとっては、シフトによっては出勤する手段がなかったり、帰宅する手段がなくなってしまう可能性がある電車通勤では、実用的ではないようです。実際に電車通勤をしている看護師の多くは、夜勤がない外来のみの医療機関で働いていることが多いようです。

 

電車通勤のメリット

電車通勤をするメリットですが、通勤時間にオシャレを楽しめたり、いろいろな人と接することで気分的にリフレッシュできるというメリットがあげられます。自動車通勤をする場合には、自宅から職場まで誰とも会う機会はありませんから、どうしてもオシャレに気合が入りにくくなってしまいますが、電車通勤ではOLさんたちのようにオシャレやファッションを楽しめるというメリットがあります。

 

電車通勤のデメリット

電車通勤のデメリットは、運航していない時間帯に出勤しなければいけない人だと出勤・帰宅の手段がなくなってしまうという点の他、運航スケジュールによっては駅で何十分も待たなければいけないなど、時間的なロスも多くなります。

 

通勤にかかる時間が長くなりやすい

寒い日や天気が良くない日には通勤することが苦痛になったり、職場のロケーションによっては交通の便が悪くて電車とバスを乗り継ぎ、バス停からも何十分も歩かなければいけないこともあるようです。通勤にかかる時間が長くなりやすいという点は、電車通勤のデメリットと言えるでしょう。

 

4.徒歩や自転車通勤のメリット・デメリット

看護師徒歩や自転車通勤メリット・デメリット

看護師の中には、徒歩や自転車で通勤する人はとても多く、全体の27%程度と言われています。こうした人の多くは病院の敷地内に建てられている看護師寮で生活していたり、職場のすぐそばにある寮からの通勤が多く、通勤に時間が掛からない点が最大のメリットと言えるでしょう。

ただし天気が良くない日や寒い日などは、普段は自転車通勤していても傘をさして歩かなければいけないこともあったり、天候によって通勤手段やかかる時間が変わってしまう点は、こうした通勤手段のデメリットと言えます。

 

通勤時間が短いことによるメリット

看護師のお仕事は、体力的にも精神的にも激務となるため、毎日の仕事を終えると疲労困憊ですぐに家に帰って眠りたいという人が大半です。疲れ切った状態で通勤時間に何十分もかけることは看護師にとって大きなストレスの原因となってしまうことが多く、徒歩や自転車でさっと通勤できることは、そうしたストレスを溜め込まないというメリットがあります。

 

通勤時間の差でデメリットにもなる

徒歩で通勤する看護師にとっては、通勤にどのぐらいの時間が掛かるか、つまり何分ぐらい歩くのかによっては体力的にデメリットになってしまうこともあるようです。疲れ切っている所をさらに30分も歩いて帰宅しなければいけないのは大変ですし、徒歩1分と徒歩30分とでは、看護師が実感するメリットとデメリットは大きく異なると言えるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

一般的に、職場のすぐそばに住んでいる看護師は、通勤面ではメリットを感じることが多いようですが、寮などに入っている人だと「オフの日でも病院関係者をよく顔を合わせる」「気が休まらない」などのデメリットを感じる人がたくさんいます。

 

5.職場の近くに住むメリット・デメリット

看護師職場近いメリット・デメリット

不規則な勤務時間で働く看護師にとっては、職場のすぐそばに住むことは公共の交通機関の運航スケジュールにとらわれることなく通勤できるという大きなメリットがありますし、疲労困憊していてもすぐ家に帰ることができるというメリットなど、便利な点はたくさんあります。

 

オフの日でも職場の人と顔を合わせやすいのが難点

近くに住むとオフの日でも職場の人と顔を合わせることが多くなり、なんとなく私生活やプライバシーを見られているような気がしてしまうと感じる人はとても多いようです。ちなみに、看護師にとって理想の通勤時間は10分から20分程度と言われていて、これよりも短い通勤時間だと、プライバシーという点で不満を感じる人が増えますし、これよりも長くなると通勤が苦痛だと感じる人が多くなるようです。

 

6.職場から遠い場所に住むメリット・デメリット

看護師職場遠いメリットデメリット

看護師が職場から遠い場所に住むということは、仕事をしていない時には職場の人と顔を合わせる機会が少なく、リラックスしやすいというメリットがあります。職場のすぐそばに住んでいると、オフの時にも病院関係者とバッタリ会ってしまったりすることが多くなりますが、職場から遠い場所ではそうしたことが起こりにくくなるため、プライバシーをシッカリ保つことができます。

 

理想的な通勤時間は10分~20分程度

多くの看護師は理想的な通勤時間は「10分~20分程度」と考えていて、30分以上の通勤時間になると「通勤時間が長くてツラい」と感じる人が多くなります。特に、電車やバスなどの公共の交通機関を使って通勤する人にとっては、シフトによっては運行時間外に通勤しなければいけないこともあり、そうした点が大きなデメリットとなります。

 

疲れている時のマイカー通勤は危ない

マイカー通勤が認められている職場でも、遠い場所に住むと通勤に時間が掛かりますから、疲れている時だと居眠り運転をしやすくなってしまうというデメリットがあります。また、都市部の病院へマイカー通勤する人は、交通渋滞などによって通勤にかなり時間が掛かってしまうことがあり、そうした点がデメリットとしてあげられます。

 

7.通勤時間の有効的な使い方

看護師通勤時間有効的使い方

看護師の多くは、一般のOLと比べると通勤にはあまり時間をかけていません。理想的な通勤時間は10分~20分程度と言われていて、その時間帯は一人でリラックスする時間にしていたり、好きな音楽を聞いてストレス解消のための時間にあてる人が多いようです。

 

思い思いのリフレッシュ方法をしましょう

看護師寮で生活する人の中には、友人と一緒に通勤する際にはおしゃべりを楽しんでストレス解消する人もいたり、鮮な空気を思い切り吸い込んでリフレッシュする時間として費やす人もいるようです。

 

ポイント!

ポイント

マイカー通勤をしている人なら、大声で歌を歌ってストレス発散するという人もたくさんいるようです。

 

まとめ

通勤時間をどんな風に過ごすのかは看護師によって異なりますし、通勤時間にどのぐらいかけているかによっても異なります。通勤時間が比較的短い人は、音楽を聞いたり何も考えずにぼーっとする時間として使う人が多いですし、通勤時間が長くなったりバスや電車などの公共の交通機関を利用する人だと、読書をしたり動画を見る時間として有効活用する人が増えてきます。

例え短い時間でも、通勤時間を思い思いに過ごすことは、精神的にも体力的にもストレスが多い看護師にとってはストレス解消効果が期待できます。ストレスを解消しようという意識がなくても、好きなことをするだけで体内のストレスをスッキリ解消することができるので、短い通勤時間でも好きなことをして費やすことは看護師にとってはプラスの効果がある有意義な時間の過ごし方と言えるでしょう。

これから転職先を見つけようと考えている看護師の人は、病院選びでは通勤にどのぐらい時間が掛かるのかもよく考えた転職活動をしましょう。近づぎるのも遠すぎるのも看護師にとってはデメリットが多くなるので、ちょうど良い距離感で職場を見つけることが理想的な転職先になるのかもしれません。

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:看護師コラム


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。