著作者

azuki

現役看護師

azuki

( 看護師 )

看護師が育児と両立する方法のすべて!100%完璧は目指さなくていい

azuki
現役看護師 azuki

育児と看護師の仕事をうまく両立していくためには、育児しやすい環境を自ら選ぶこと、つくること、そしていかに上手く手抜きをするのかが重要です。

このページでは、実際に私が看護師を続けながら育児をする中で見つけた両立するための方法をご紹介したいと思います。

これから初めて育児と仕事を両立させようとする看護師、ちょうど今両立に悩んでいる看護師のお力になれれば幸いです。

1.看護師の仕事と育児を両立しやすい職場を選ぶ

ワーキングマザーの看護師

看護師が育児と両立するにあたり一番大切なのは、育児と両立しやすい職場を選ぶことです。

では、実際に育児と両立しやすい職場とは、どのような職場なのでしょうか。

ここでは、育児と両立しやすい看護師の職場の特徴についてご紹介していますので、確認してみてください。

この全ての条件を満たす職場を見つけるのは困難だと思いますが、以下の条件のうち最低3つは満たしている職場を選ぶと良いでしょう。

 

(1)看護師が日勤常勤で働ける職場

家庭環境にもよりますが、看護師が育児と両立しやすいのは断然日勤常勤の職場です。

確かに、夜勤をうまくこなしていくことで夜勤明けの時間を活用するという考えもあります。ただ、よっぽどのを場合を除き夜勤帯の時間に自分の代わりとなる保護者を探すのは大変なことであり、そうなると夜勤希望を出すこと自体がストレスになってしまいます。

そのため、できる限り無理なく両立していくためには、子どもを保育園や学童に預けていられる日勤帯に働くことです。

 

日勤常勤で働ける職場って?

看護師が日勤常勤で働けて、子育てと両立しやすいオススメの職場は以下の通りです。

  • 規模の大きな病院の外来
  • 時短正職員として働ける病院
  • 介護施設

なお、クリニックも日勤常勤で働くことはできますが、看護師全体の人数は少ないため、融通が効きづらく、あまりオススメはできません。

 

(2)看護師がほぼ定時で帰れる職場

子どもが保育園に通っていたり、家事のほとんどを負担していたりする場合は、看護師がほぼ定時で帰れる職場を選び、両立できるようにしましょう。

なお、定時で帰れる職場は

  • 回復期リハビリテーション病院
  • 慢性期病院
  • 療養型病院
  • 介護施設

など患者の病態が落ち着いている、職員数にゆとりがあるなどの特徴があります。

急性期病院の場合は、外来であっても残業は免れないことが多々ありますので、残業が絶対に出来ない場合は避けた方が無難でしょう。
 

(3)院内託児所がある職場

子どもを保育園に預けていても、日曜日や祝日、行事などの関係で保育園が休みになることもあります。

そのため、フルタイムで看護師として働きながら育児と両立したい場合は、院内託児所があり利用したいときに利用できる職場を選びましょう。

 

ただし、利用条件はよく確認すること

院内保育所があっても既に定員オーバーで利用できない状態では意味がありません。また3歳までと年齢制限がある場合もあります。職場を探すときには、院内保育が利用できる条件も忘れずに確認しましょう。

詳しくは、「子供を院内の託児所に預ける場合の事前の確認事項7つ」の記事もチェックしてみてください。

 

(4)看護師の有休取得率の高い職場

育児と両立しなければいけない看護師は、子どもに合わせて何かと休みを取る必要があります。そのため、有休取得率が高く周囲も快く有休を利用させてくれる職場を選びましょう。

有休は職場によって年間に与えられる日数が違いますが、日数が多くても利用できなければ意味がないです。日数よりも有休取得率が高い方がよいのです。
 

有休取得率50%以下の職場は避けよう

平成28年の厚生労働省の調査によれば、全国の民間企業における有休取得率は「48.7%」とされています。

一概には言えませんが、上記のような状況を考慮すると、少なくとも看護師の有休取得率が50%を切るような病院・施設では、育児との両立が難しいことが伺えます。

 

ポイント!

ポイント

さらに、子どもの急な発熱などの際、後から欠勤ではなく有休に変更させてもらえるなどの配慮があるとより働きやすいです。

 

(5)ワーク・ライフ・バランスに積極的に取り組む職場

最近はワーク・ライフ・バランスに取り組む病院が多くなりましたが、その中身が重要です。

たとえば、時短勤務可能、子が3歳になるまでは夜勤免除、フレックス休暇ありなど子育てしやすい制度がどれくらいあるのかが重要です。

先ほども、お伝えしましたが、特に休暇に関する制度は、取得しやすさが大切です。日数や利用できる条件などを確認し実際に利用しやすいかも考えておくようにしましょう。
 

2.子どもを預けられる場所を確保する

保育園に預けられている子供

看護師が育児と両立するためには、子どもを預けられる場所の確保にも様々な工夫が必要です。

特に子どもが小さいうちは様々な事態を予測し、看護師として安心して働ける環境作りにつとめましょう。

 

(1)子どもが0歳児のうちに入園させる

まだ妊娠中という看護師も、産休・育休後すぐに復帰する予定がある場合は早めに保育園探しを始めましょう。

保育園は空きさえあれば途中入園も可能です。しかし、最近は待機児童も多く年齢によっても入園しにくい状況です。その中でも一番入園しやすいのが0歳児です。

0歳児は、募集人数自体は少ないものの全員一緒に入園するため、他の年齢よりも比較的入園しやすいのです。
 

(2)保育園は自宅から近いところにする

子どもを預ける保育園は、職場の近くの園ではなく、自宅の近くにある園を選択しましょう。

確かに、看護師の職場の近くの保育園に預ければ、勤務終了後にすぐお迎えに行けます。

しかし、休日の日にもわざわざ職場近くまで行かなければならなかったり、子どもを連れて通勤しなければならなかったりと、負担は大きくなるばかりです。

また、自宅近くの保育園に預ければ、家族や友人などにお迎えを頼むことも可能になり、より育児と仕事を両立させやすくしてくれます。

 

(3)念のため早朝保育・延長保育が可能な保育園を選ぶ

前述したように、残業がない看護師の職場を選ぶことが大切ですが、それでも通勤時に渋滞に巻き込まれたり、電車が止まったり、退勤間際にトラブルが発生して帰りが遅くなるなど、予想もしないことが起こることもあります。

そのため、出勤時も帰宅時もゆとりを持って通えるよう、早朝保育、延長保育が可能で、できるだけ遅い時間まで預かってもらえる保育園を選びましょう。

 

(4)病児保育に事前登録しておく

水疱瘡やインフルエンザなどの感染症は、症状が治まっても登園・出校禁止の期間があります。いくら有休が使えるといっても、子どもの登園・出校が解禁になるまで、ずっと看護師の職場を休むのは肩身が狭くなってしまいます。

そのようなときに活用できるのが自治体や小児科のクリニックが行っている病児保育です。

しかし、実際に利用したい状況になっても事前登録をしていないために利用できない場合もありますので、いつかのことを考えて前もって登録をしておくようにしましょう。
 

(5)育児を助けてくれるママ友を作る

家族はもちろん、ママ友など一緒に育児をしてくれる人の存在は非常に大きいです。

看護師の仕事と育児を両立していると、自分がどれだけ頑張っても身体が足りないと思うことがあります。

そのようなとき、子どものことをお願いできる人がいるというだけでも随分気持ちが楽になります。また、ママ友はさまざまな場面でお互いに助け合えるよう、普段からよい関係性を築けるよう意識することも大切です。

 

(6)地域の育児支援について情報収集しておく

前述したように、家族やママ友の協力を得ることが難しい場合は、地域の支援を活用することもできます。

自治体により名称は異なりますが、ファミリーサポート事業というものがあり、子どもの送り迎えや夕食の準備などを地域の方が有償でお手伝いしてくれるものです。

 

比較的安価で利用しやすい

収入や家族構成などによって時間単位の値段が違いますが、比較的安価で利用しやすいため、事前にこうした地域の育児支援について情報収集しておくようにしましょう。

私も子どもが保育園に通っていた頃は週に1~2回ほど送迎をお願いしていました。担当者は固定なので子どもも懐いてくれて安心してお願いすることができました。

 

3.家事の時間を短縮する

家事をするママ看護師

看護師の仕事と育児は「短縮」することはできません。

でも、家事に関しては、いくらでも短縮することも手抜きすることもできますし、看護師の仕事と両立させるためには、むしろそうするべきでしょう。

以下に、私が実際に家事を短縮するために行っていたことをご紹介していきます。

 

(1)買い物は常にまとめ買いする

これは私の考えでもありますが、家事の中で一番手間なのが買い物です。そのため、休日に1週間分ほどまとめ買いをすることをおすすめします。

仕事帰りに買い物をすると少なくても数十分は時間を使うことになります。しかし、職場から直接家に帰れればその時間をほかの事に使うことができ、時間の節約になります。

 

ついでに無駄遣いを防ぐこともできる

また、まとめ買いに慣れてくると残り物で献立を立てやすくなり、買い物のたびに余計なものを買わなくなるので無駄遣いを防ぐこともできます。
 

(2)宅配サービスを利用する

定期的に購入するものは、宅配サービスを利用すると買い忘れを防ぐことができます。

私自身も、毎朝のパンや牛乳、ヨーグルト、消費の多い卵は毎週配達してもらい、また重たいお米などもなくなる前に注文して配達してもらっていました。前にもお伝えしたように、週に1回しか買い物に行かなくても定期的に宅配してくれるのでとても便利でした。

 

(3)レトルト食品を活用し調理時間を短縮する

調理時間を短縮するためには、レトルト食品を活用すると便利です。

食事は確かに大切ですし、看護師の中には「レトルト食品」に抵抗感がある人もいるでしょう。

しかし、毎日毎日立派な食事を作ろうとすると、それだけで疲れが倍増します。

 

最近のレトルト食品は優秀です

最近は、野菜と一緒に炒めるだけのものや、解凍するだけのものなどさまざまなレトルト食品が販売されています。味はもちろんのこと、栄養面なども考えられた商品がたくさんありますので、レトルト食品をうまく使って手抜きをする工夫をしましょう。

 

(4)食材はあらかじめ下ごしらえして保存する

小さな子どもがいると、慌しい中でできるだけ刃物は使いたくないものですし、下ごしらえは意外と手間と時間がかかります。そのため、子どもが保育園に行っているときやお利口に遊んでいるときを狙って、あらかじめ食材を下ごしらえしておくことをオススメします。

冷凍可能な野菜は使用する大きさに切って軽く火を通してから冷凍しておくと、調理時間の短縮にもつながります。肉や魚なども小分けにして冷凍しておけば、週に1回の買い物でも保存しておくことができます。

私の場合、前述したレトルト食品だけというのも少し抵抗があったので、冷凍した野菜を入れて少しアレンジしただけの夕飯をよく出していますが、子どもは1からつくっていると思って喜んで食べてくれています。

 

(5)掃除は優先順位を決める

買い物と同様に、掃除も手間と時間がかかります。全てを完璧にこなそうとせず、優先順位を決めて時間のあるときに一箇所だけを掃除する程度にしておきましょう。

また子どもがいると部屋も汚れやすく気になりますが、全部を自分で掃除する必要はありません。たとえば、大きな箱を用意して子どもがおもちゃを自分で箱に入れるように一緒に練習をすることで、子どもは自分で片付けができるようになります。

 

生活の中で工夫をこらしていく

使ったものは必ず元の場所に戻すことで、物が散らかることはありません。ゴミ箱はあちこちに置かずに1箇所にすることで、回収しやすくなります。このように、生活の中で工夫をすることでも掃除をする時間を短縮することができます。

 

4.子どもと過ごす時間は濃厚にする

子どもと時間を過ごすママ看護師

看護師として働きながらでは確かに子どもと遊べる時間は少なくなりますが、時間が少ないことは子どもが満足せず十分に愛情を与えられない原因にはなりません。

子どもへの愛情は一緒に過ごす時間の量ではなく質なのです。

 

(1)ながら遊びはやめる

子どもと遊ぶときは、何かをしながらではなく、しっかりと遊ぶようにしましょう。

ながら遊びをしていると子どもは満足できず、もっと遊びたがって機嫌を悪くし、わがままを言い始めます。しかし、子どもはママが自分のために一緒に遊んでくれたと感じられれば、満足できるのです。

たとえ短い時間でも一緒に真剣に遊ぶようにしましょう。
 

(2)寝るときは子どもと一緒に布団に入る

看護師の持ち帰りの仕事があったり、家事のやり残しがあったりしても、夜はできるだけ子どもと一緒に寝るようにしましょう。

子どもにとって、ママが一緒に寝てくれる安心感は非常に大きいです。また、寝かしつけに時間をかけているとその時間も無駄になってしまいます。

そのため、この際一緒に寝てしまい朝早く起きて、残った仕事や家事をやるなど、時間の有効活用をするようにしましょう。

 

矛盾するようですが、一人の時間も大切にしてください

今までお伝えした中にもありますが、時間を節約し適度に手抜きをして一人で過ごせる時間をつくることも大切です。

子どもが保育園に行っている間、子どもがひとりで遊んでいる間、子どもがお風呂に入っている間など、子どものことからも仕事のことからも少し離れて自分のために時間を使うことで、さまざまなストレスを発散することができます。

ストレスが発散できれば、思わず子どもに八つ当たりするような機会も減り、さらに濃厚な時間を過ごせるようになるものです。

 

5.看護師自身も家族も感染症予防を徹底する

最後にお伝えしたいのが、感染予防についてです。

言うまでもないことですが、看護師自身も家族も健康であってこそ「仕事と育児の両立」が可能となるのです。

 

(1)子どもと一緒に手洗い・うがいを習慣づける

看護師の仕事と子育てを両立するために、子どもと一緒に手洗い、うがいを行う習慣をつけましょう。

子どもは突然熱を出すこともあり、それが仕事に影響することもあります。理解のある職場であっても、急な欠勤者がいれば周囲に負担がかかるのは事実です。

そのため、普段からできることで感染予防をおこなうことが大切です。ママが一緒にやっていると、自然と子どもにもその習慣が身についていきます。

 

(2)インフルエンザの予防接種は家族全員で受ける

インフルエンザの予防接種などは、家族全員で受けるようにしましょう。

病院に勤務しているママも、集団生活をしている子どもも流行する感染症をもらいやすい環境です。

しかし、家族の一部が予防接種を行っているだけでは感染症は防げません。インフルエンザ以外にも予防接種で防ぐことができるものは積極的に接種するようにしましょう。

 

(3)休日も早寝早起きを心がける

前にお伝えした2つの感染症予防に加え、規則正しい生活をすることも大切です。

休日となると夜更かしをして朝はゆっくり休んでいたいものですが、睡眠時間の変化も身体のリズムを崩す原因になります。ママも子どももできるだけ同じ時間に寝起きして身体のリズムを崩さないように心がけましょう。

 

まとめ

私自身、仕事と子育てを両立する中で、頑張ろうとするほどうまくいかないことがたくさんありました。子どもに寂しい思いをさせてしまっていることを申し訳なく思い、つらくなることもありました。

しかし、やるべきこと以外は適度に手を抜いて楽をすることを意識するようになったら、看護師の仕事も子育ても、家事も楽しいと感じるようになりました。

ずぼらだと反省することもありますが、小学生になった子どもは、「仕事もして家のこともして、自分のお世話もできるママみたいになりたい」と言ってくれています。

誰から見ても100%の完璧な看護師であり、完璧なママでなくてもいいのです。子どもから見て、自分のことを大切にしてくれるママだと思ってもらうだけで十分です。みなさんも100%ではなく、70%・80%あたりを目指してみてください。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

高校卒業後、大学に進学したものの将来の方向性に悩み中途退学。その後、学生時代から勤めていたアルバイト先で看護師という仕事に魅力を感じ、社会人経験を経て看護師になりました。

看護師としての経験はまだ浅いですが、他の職種での経験を活かした視点で、どんなときも患者さんを思った優しさのあるケアができる看護師になることを目指しています


カテゴリー:転職時の育児・子育て

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:azuki
(公開日:)(編集日::2017年12月04日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。