著作者

椿

現役看護師

椿

( 看護師 )

看護師の生活に潜む危険とその防犯対策について

椿
現役看護師椿
看護師の生活に潜む危険とその防犯対策

窃盗や詐欺、殺人と、いろいろな犯罪のニュースが日々世間を騒がせていますが、看護師をとりまく環境にもたくさんの危険が潜んでいます。自分の周りに起こっていないからといって、決して人ごとではないのです。

看護師として働いていく上で、どんな危険があるのか、私が経験したちょっと怖い話とともに、みていきましょう。

1.夜勤通勤の危険と防犯対策

女性が夜に携帯を見ている

看護師の生活の大きな特徴として、夜間一人で出歩くことが多いことが挙げられます。特に3交代の場合、深夜勤の出勤や、準夜勤の帰宅は真夜中です。夜勤だけでなく、早出の出勤時間も冬になると暗いこともあります。

女性が夜道を一人で歩くということはとても危険であるということを認識しておかなければなりません。

 

通勤時に人気のない通りを歩くのは危険

ひったくりや痴漢、その他の犯罪は、まさに今日起こるかもしれません。

自宅や寮から病院が近い場合、徒歩や自転車で通勤している看護師もいます。最初は気をつけているものの、何年も夜勤をしていると、毎回決まった通り道に安心し、警戒を緩めてしまうこともあります。

近道だからといって、人気のない寂しい通りを歩くのは危険です。出来るだけ街灯や車の通りのある明るい場所を歩くようにしましょう。

 

夜道の危険から身を守る防犯対策とは?

ひったくり防止のためには、車道側にバッグを持たない、また、音楽を聴きながら、スマホを見ながら、といった注意散漫になる歩き方をやめるといったことが重要です。

自分の周りの音や気配に注意を向け、時々振り返ったり、防犯ブザーを手に握っておき、いつでも鳴らせるようにしておいたりするなど対策を行いましょう。

 

病院の敷地内でも注意が必要

夜勤の出勤、帰宅の時間帯さえ知っていれば、病院の近くで看護師を待ち伏せする、悪意を持った人がいないとも言いきれません。通勤の道路はもちろんですが、病院の敷地内ですら安心は出来ません。
 

ポイント!

ポイント

病院の寮に住んでいる看護師は、可能であれば複数人で時間を合わせて出勤、帰宅しましょう。

 

2.車通勤の危険と防犯対策

車怖がる女性

「私は車通勤なので大丈夫」という看護師もいるでしょう。でも、駐車場から安全な建物内まで歩く距離によっては、徒歩で通勤する看護師と同じくらいの危険が潜んでいます。

その上、車通勤の場合、途中コンビニなどで買い物をし、店を出て車に乗った瞬間、知らない人物に助手席や後部座席に乗り込まれる危険性もあります

 

新人看護師だった私が体験した車通勤での危険

新人看護師だった私は深夜勤に車で出勤する際、夜食を買おうとコンビニに立ち寄りました。買い物を済ませて店を出た時、なにやら後ろをついてくる男性の気配を感じたのです。

小走りで車に向かい、急いで車の鍵を開け、運転席に滑り込んでドアと鍵を閉めた瞬間、その男に追いつかれ、ドアをガタガタと開けようとされました。当時、中古の古い軽自動車に乗っていたため、鍵を鍵穴に入れて開けるタイプのドアだったのですが、もうすこしタイミングが遅かったらと思うとゾッとします

そんな時はあわてて車に乗らず、一度コンビニに引き返して様子を見た方が良かったかもしれません。

 

3.平日の夜に飲みに出る際の危険と防犯対策

お酒に酔う女性

変則勤務の看護師は街に飲みに出るのも週末とは限りません。平日の夜に飲みに出る看護師も多くなっています。しかし、平日の夜だからこその危険が潜んでいます。

 

平日の街は人通りも少なく女性は目立つ

平日の夜などは、週末と比べて早い時間から街は人通りが減り、静かになります。そんな中、女性が、お酒を飲んで歩いていれば当然目立ちます。通勤時と違って、服装も華やかかもしれません。そうなった際に、1人で歩いていたりしたら、もちろん危険です。

 

ポイント!

ポイント

平日の夜に飲みに出る際には、複数人で出歩くこと、タクシーを乗り合わせて帰宅するなど工夫をしましょう

 

4.自宅に帰る際の危険と防犯対策

自宅のドアを開ける女性

女性看護師ならとくにセキュリティのしっかりした住まいを選んでいるかと思いますが、安心はできません。

 

マンションに入る際にも注意が必要

マンションに入るときも自分の部屋に入る時も、周りの様子に気をつけなければなりません。

私が独身の頃、住んでいたオートロックのマンションに帰宅したとき、玄関近くに座り込んで、何かを待っている様子の若い男性がいました。

帰宅した誰かの後についてマンション内に進入しようとしていると思ったため、少し様子をみて、あきらめて立ち去るのを待ちました。

 

エレベーターの中は特に危険

マンションのエレベーターも乗り方によっては危険です。乗る前にエレベーターホールに誰もいないことを確認し、知らない人と乗り合わせるのは避けましょう。エレベーター内での犯罪を防ぐとともに、押したボタンによって住んでいる階を特定させないためです。

 

ポイント!

ポイント

帰宅してすぐに灯りをつけるのも部屋を特定させてしまう原因になりますので、数分経過してからつけるなど対策を行いましょう。

 

自宅にいた看護師が狙われた実際の事件

看護師は高給取りであるという世の中のイメージがあります。それゆえ金銭目的で看護師を狙う事件もあります。当時、新聞にも載ったのですが、十数年前、私の住まいの近くにある病院で起こった事件を紹介します。

 

看護師寮の3回から侵入し現金を奪って逃走

古い4階建ての看護師寮で、3階の窓から侵入した男が部屋にいた看護師を刃物で脅し、そのまま近くのコンビニまで連れて行きATMで現金を下ろさせ、現金を奪って逃走するという事件がありました。

白昼堂々の犯行だったそうです。どうやって3階の窓まで上ったのかわかりませんが、1.2階でなくても侵入経路はあるのだと思い知らされた事件でした。

実際に持っているかいないかは別として、看護師はお金を持っているという世の中のイメージを覆すことは出来ません。自分自信で常に意識して気をつけておくことが大切です。

この事件の被害者が若い女性看護師だったことを考えると、現金数万円の被害だけで済んだのは、不幸中の幸いでした。

 

まとめ

男性看護師にも言えることですが、女性看護師は特に、危険にさらされているということを認識して行動するだけで、回避できる危険がたくさんあります。

自分の身は自分で守るつもりで備えてください。看護師の皆さんが怖い思いをしなくて済むよう、祈るばかりです。
 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

病棟看護師経験十数年のアラフォーママ、現在は離職中で引きこもりがちなのが悩みです。 楽しい思い出と黒歴史がありすぎて、書きたいテーマはたくさん! 経験から得た自分なりの実践理論で、悩める看護師さんの背中をそっと押すような記事を書いていきたいと思います。


カテゴリー:看護師コラム


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:椿
(公開日:)(編集日::2017年07月27日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。