看護師を休みたい!疲れ切ったあなたにオススメの対処法4つ

著作者

齋藤

正看護師

齋藤

( 現役看護師)

看護師を休みたい!疲れ切ったあなたにオススメの対処法4つ

齋藤
正看護師 齋藤
看護師を休みたい看護師

看護師 休みたい 対処法
なりたくてなった看護師ですが、日々の仕事で疲れてしまい看護師を休みたいと思ったことはありませんか。

私自身もその中の1人でした。日々の仕事に忙殺されて看護師をしていても全然楽しくない、他の職種の友達がキラキラして見える・・・。

「もしかしたら看護師を休めば何か変わるかも」と、そんな思いから看護師をお休みした期間がありました。

看護師を休むと逃げていると自分も思うし他人にも思われてしまうと思うかもしれませんがそんなことはありません。

ここでは看護師を休みたいあなたへの対処法を経験からご紹介します。

看護師を休みたくなる理由って?

休みたい看護師
看護師を休みたくなるまで追い詰められてしまうのは、以下のような理由があるのではないでしょうか。
 

(1)仕事の忙しさに疲れてしまった

看護師を休みたくなる理由としてもっと多いのが「仕事の忙しさに疲れた」です。

特に急性期病院で働く看護師の仕事は毎日忙しく一息つく間もありません。患者がいる限り看護師の仕事は続いていきます。

また、近年では多くの病院で看護師の人手不足が問題視されていることもあり、少ない人数の中で多くの仕事をこなさなければならないこともあります。

そんな毎日に疲れてしまい看護師を休みたくなってしまうのです。

 

(2)体調を崩してしまった

忙しく毎日頑張って働いていると体調を崩してしまう看護師も多く見られます。

腰痛や肩こりなど身体の不調から、毎日やる気がしない、気が滅入るなど心の不調もあります。

これらの不調によって看護師をお休みしたくなってしまうのです。

 

(3)看護師の仕事がつまらなくなってしまった

「仕事がつまらなくなってしまった」というのは、実は意外に多い理由でもあります。

忙しいながらも自分のキャパシティ内で仕事をこなせている、体調もすこぶる良いなど仕事面に対して何の不満もないにもかかわらず、看護師という仕事がつまらなくなってしまった、という人もいます。

そうなると、今後の人生を考えるために、一旦看護師の仕事をお休みしたいと考えても、不思議なことではありません。

 

(4)日々の生活と両立ができなくなった

看護師は女性が多い職種です。

そのため結婚、出産などライフスタイルが変わっていく中で今まで日々の生活と仕事をやりくりできていたのにできなくなってしまい、生活を優先するために泣く泣く看護師を休むことを考える人もいます。

 

対処法(1)一旦退職して「ニート」になって休む

休む看護師
それでは、ここから「看護師を休みたい」と考えている人のために、対処法をご紹介していきます。

まず私がオススメしたいのは、「休みたい」という正直な思いに従い一旦退職してしまいあえてニートになるという方法です。

詳しくは、『看護師を退職して「ニート」になる場合は期間を決めておこう!』の記事も参考にしてみてください。

 

心身共にリラックスすることができしっかりと休むことができる

ニートになって完全に看護師という職から離れることで、心身共にリラックスすることができしっかりと休むことができます。

実際、自分も6か月ほどまとまった期間看護師を休んだことでまた看護師に戻ろうかなという思いになれました。

しっかりと休息をとり、看護の世界からしっかりと離れて心身ともに落ち着いてくると不思議とまた、看護の仕事に戻ろうかなという思いが出てくるものです。

特に長い期間看護師をしていたという人はこの傾向にあるようです。

 

金銭的な余裕がなければ、違う職種のアルバイトをする

もちろん、金銭的に余裕がある、生活をしていけるのであれば、全く働かずにまとまった時間を確保してゆっくりするのが1番効果的な対処方法です。

しかし、「そうはいかない!」という人もいるかもしれません。

そういった方は、あえて違う職種のアルバイトを経験すると良いでしょう。

とにかく大切なのは、「看護師の世界から、一旦完全に離れてみる」ことです。

 

対処法(2)ゆったり働ける職場へ転職する

ゆったり働く看護師
忙しくて看護師を休みたいという人は、「ゆったりと働ける職場」へ転職するだけでも、休みたいという思いが変わります。

忙しいという根本的な問題が解決できれば、自然と看護師を休みたいという気持ちが消えて働き続けることができるようになります。

 

ゆったりしていてかつ、自分に合っている職場をじっくりと探す

ただし、ゆったりした職場であってもそれなりの忙しさがある可能性はあります。

また、ゆったりしているということが、必ずしも自分に合っているとは限りません。

もしかしたら、ゆったりしすぎていると、仕事にやりがいを感じられなくなってしまうかもしれません。

ですから、ゆったりしていてかつ、自分に合っている職場をじっくりと探したうえで転職することをおすすめします。

 

ゆったりしている看護師の職場って?

私が思う、ゆったり働ける看護師の職場は以下の通りです。

  • デイサービス
  • クリニック
  • 大学保健室

上記の職場では、確かに「ゆったり」働くことができ、心身共に十分休めました。

ただ、向き・不向きがあると思いますから、もし転職するのでれば、予め「仕事内容の詳細」は把握しておきましょう。

 

補足説明!

ポイント

基本的に、「夜勤のない職場」はゆったり働ける可能性は高いです。

 

対処法(3)医療現場以外のフィールドで仕事をする

医療現場以外で働く看護師
看護師を休みたい人の中には、病院や診療所などの医療現場で働くことから休みたいという人もいます。

こういった場合は、看護師の資格は活かしつつ、医療現場以外で、看護師の肩書を使用して仕事をするという方法があります。

 

医療現場以外の職場について

具体的には

  • 健診センター
  • 健康相談員
  • 看護学校や介護士の養成学校の講師

などがあります。

 

罪悪感なく「THE 看護師」を休める

医療現場以外のフィールドで働くことで、罪悪感なく「THE 看護師」の仕事をお休みができるのではないでしょうか。

私も看護師を休むことに罪悪感を抱いていましたが、「検診センター」へ転職したことで、看護師の資格も使用しているという肯定感が生まれ、働き続けることができるようになりました。

 

対処法(4)同じ職場で勤務形態を変えてみる

勤務形態を変更した看護師
看護師を休みたいけれど「今休んでしまうと今後に不安がある」と考えている方は、まずは勤務形態を変えてみるのも対処法の1つです。

 

職場に不満がないのであれば、有効な方法

例えば夜勤もやっていた場合は日勤常勤にする、常勤で働いていた場合は非常勤にしてもらうなどです。

このように、今までと働き方を変えることで、同じ職場で働いていても不思議と負担が軽くなるため、働き続けることができるようになるものです。

私も夜勤が負担となっていましたが、職場自体に負担はなく看護師を休むべきか迷っていました。そこで、夜勤をなくした「日勤常勤」に切り替えたことで、結局休まずに働き続けられるようになりました。

 

疲れきった看護師は一旦休み、ペースダウンして働こう

休んでいる看護師
人手不足などが理由で忙しい職場で働いていたり、仕事と家庭を両立したりして、疲れきってしまった看護師の

疲れてしまっているという看護師は、一旦休んでしまうことを強くオススメします。

 

これまでのキャリアや資格を無駄にしないで

せっかく頑張って取得した看護師資格です。

キャリアを積み重ねてきたのに看護師が嫌になってしまえば、今までの苦労がもったいないのではないでしょうか。

まずは一旦休んでしっかりと回復し、その後はペースダウンできる職場へ転職することでキャリアや資格を無駄にせずに働き続けることができます。

 

休むことに罪悪感を抱く必要はない

特に根を詰めて働き続けてきた看護師は休むことやペースダウンすることに罪悪感を抱きがちですが、休むことやペースダウンすることは悪いことではありません。

長い人生、そういう期間は絶対に必要なのではないでしょうか。

そのことを念頭において心置きなくお休みし、次のキャリアを考えた転職プランをたてていきましょう。

 

まとめ

それでリセットができてまた仕事を再開できれば自分にとっても職場にとってもプラスとなります。

また、休みたいけれど収入面やキャリアの面が心配ということであれば、ゆったり働ける職場へ転職したり、勤務形態を変えたりするなどして、心と体をお休みする方法の1つです。

自分の身体と心を大切にし、自分に合った休養方法をみつけてみてはいかがでしょうか。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・神奈川県/20代後半
職務経験 ・総合病院 ・クリニック ・介護老人保健施設 ・デイサービス
・健診センター ・イベントナース・夜勤専従看護師
診療科経験 ・脳外科 ・神経内科 ・内科 ・皮膚科 ・整形外科

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:看護師の実情

(公開日:)(編集日::2018年07月31日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。