著作者

パンダ

看護師転職ジョブStaff

パンダ

( 運営スタッフ)

看護師専用の人材紹介会社を使って転職するメリット・デメリット

公開:、更新:2018年03月23日
看護師専用の人材紹介会社を使って転職するメリット・デメリット

看護師専用の人材紹介会社を利用するメリットとしては、選択肢としてさまざまな職場があるということ、確認したい点や条件の交渉などを任せることができるといったものが挙げられます。
また、デメリットには、担当者が必ずしも親身になってくれるとは限らないといったことや、条件に合わない職場を紹介される可能性があるといったものがあります。

そこで、複数の会社に登録して、いくつかのポイントを押さえることでより良い転職活動を進めましょう。

1. 看護師専用の人材紹介会社を利用するメリット

人材紹介会社を利用するメリット

看護師の場合、転職などを行いたいと思っても、日々の激務の中、自分で転職先探しを行う事は難しくなっています。
そのため、そんな忙しい毎日を過ごしている看護師にとっては、看護師専用の人材紹介会社を利用する事をお勧めします。
 

選択肢としてさまざまな職場がある

メリットとしては、看護師専門に行っている人材紹介会社の為、あらゆる看護師の職場の紹介をしてもらう事が可能になっているところです。

例えば、看護師の職場と言うと、病院のみのように思えますが、中にはオフィス勤務に近い看護師の職場もあります。
これらは看護師専門の人材紹介会社のようなところでしか、見つける事は難しくなっています
オフィス勤務に近い看護師の働き方とは、大手企業に併設されている医務室勤務となり、企業の就業時間である9時から17時までといった勤務時間で働く事ができる内容となっています。
 

確認したい点や条件の交渉などを任せることができる

また、求人情報だけでは見えてこない病院の特徴や風習なども、人材紹介会社にお願いする事で情報として得る事ができます
勤務する前に気になる点において、確認した上で決める事も可能となっています。
給与面や勤務形態などにおいても、看護師専門に行っているということで、条件の指定や勤務先への交渉なども代わりに行ってもらう事も可能です。
まさに至れり尽くせりで転職活動を行えるのです。

看護師のような特別な仕事の場合、やはり専門家に依頼し、自分の条件にあった勤務先を見つけてもらう事で、無理なく好条件の転職を成功させる事ができるのです。
 

2. 看護師専用の人材紹介会社を利用するデメリット

人材紹介会社を利用するデメリット

看護師専用の人材紹介会社を利用すると、担当コンサルタントが自分に合った転職先を探してくれますので大変便利です。
ただ、他の誰かに転職活動を手伝ってもらえるのは心強いものですが、反面デメリットもあります。
コンサルタントは仕事を宛がってくれるプロとはいえ人間です。
相性というものがありますし、担当者にとって自分の優先順位が低いと全然仕事を紹介してもらえないこともあります
 

担当者が必ずしも親身になってくれるとは限らない

人材紹介会社というのは、仕事を紹介した人の採用が決まることで報酬を受け取っています。
そのため、コンサルタントは就職意欲の高い利用者や能力が高く、採用が決まりやすそう利用者だと判断した人を優先して時間をかける傾向があるのです。
人材紹介会社に登録をしたからといって、必ずしも親身になって仕事先を探してくれる方が担当になるわけではありません。
 

条件に合わない職場を紹介される可能性がある

また、紹介料欲しさに条件に合わない職場を紹介されるというトラブルも多からず起きています。
なかなか仕事先が決まらず焦りを感じている利用者に対して、人手不足の職場を紹介し、実はそれが離職率がとても高いブラック職場だったということもあります
決してコンサルタントが紹介するままにならず、最終的には自分の判断で職場を決めるようにしましょう。
 

多様な選択肢から自ら選択する姿勢が大切

一つの人材紹介会社に捉われずに、複数の会社に登録をして、さまざまなアドバイザーとやり取りをするという方法もあります
いろいろな角度から仕事探しをして、なおかつ頼りっぱなしにならないようにすることが、人材紹介会社で失敗しないためのポイントです。
 

3. 看護師専用の人材紹介会社を利用する注意点

人材紹介会社を利用する注意点

看護師のほとんどは、転職するために看護師専用の人材紹介会社を利用しています。
さまざまな会社がありますので、できるだけスムーズにアクションしたいものです。
そこでナース専門の人材会社を使うときの注意点をご紹介します。
 

複数の人材会社に登録する

まず、人材会社には複数以上登録するのが望ましいです。
やはり会社によって得意な求人や不得意な求人があります。
とりこぼしなく転職先を見つけるためには、3社ほど登録するのがベターです。
5社以上になると、スタッフからの連絡が増えて忙しくなり、かえって探すほうが大変になってくることが予想されます。
3社~4社ほどが適切といえますので気をつけましょう。
 

コーディネーターの質に注意する

また、看護師人材会社では専門のコーディネーターの質によって、スムーズに転職できるか否かが分かれることがあります
とくに医療業界の求人は、専門的な知識が必要になることも少なくありません。
あまり良いスタッフに当たらないと、理想の転職先がすぐに見つからないこともあります。
親切で丁寧な応対をしてくれると信頼できます。担当のスタッフの質にも気をつけるとよいでしょう。
 

金銭を請求してくる会社は危険

さらに新しい求人が見つかった後で、金銭を請求してくる人材会社には気をつけましょう。
最近はあまりないことですが、過去にこのような悪質な会社もありました。
紹介会社は、紹介を受ける側にお金を請求してはならないと職業安定法で定められています。
同時に有料職業紹介許可番号が登録されているはずですから、確認するとよいでしょう。


<最新情報をお届けします>

看護師転職ジョブを運営しているスタッフです。

1人でも多くの看護師の方に役に立つ情報や転職時の注意点など幅広く執筆しています。記載している情報は、有資格者の看護師のチェックを通しながら執筆中です。

是非たくさん見ていただけたら嬉しいです。

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。