著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

災害支援ナースになる方法と仕事内容!苦労とやりがいとは?

kameko
看護師スタッフkameko

災害支援ナースとは、各都道府県の看護協会に登録することで、看護職能団体の一人として、災害が起こった時に看護活動を行うことができる看護師を指します。今でこそ災害支援ナースという言葉はよく耳にするようになりましたが実際の仕事などは詳しく知られていません。この記事では災害支援ナースについて説明します。

 

1.災害支援ナースとは

災害支援ナースとは

災害支援ナースは、1995年の阪神淡路大震災をきっかけに、日本看護協会により作られた制度となっています。2007年度に起こった能登半島地震や新潟中越沖地震、2011年の東日本大震災、2014年の広島で起こった豪雨における土砂災害などにおいて、災害支援ナースは派遣されています。被災地で必要となる医療活動を行うことや避難生活という環境の中において、生活することになる被災者の方の支援、現地の医療施設で働いている看護師の交代要員として働くこともあります。

 

被災地に派遣されるナース

災害が起こった後というのは、災害によりけがをした方の手当が必要となりますし、避難所においては想像以上のストレスもかかることから、健康状態が悪化してしまうことも多い傾向にあります、なので、災害支援ナースは、健康状態を保つことができるよう、被災者の状況を判断しながらケアを行っていくことになります。災害支援ナースとは、被災地に派遣され現場で医療活動を行うだけではなく、避難所や医療施設など多岐にわたって活動していく特徴のある看護師だといえるでしょう。

 

2.災害支援ナースの実際の仕事内容

災害支援ナース仕事内容

災害支援ナースの仕事内容は、被災地にある医療機関でのトリアージをはじめ、避難所において慢性疾患などを持っている方々のケアや、被災者の日常生活を援助するというものが主な活動内容となります。

 

患者のトリアージを行う

災害が起こったすぐあとというのは、けがをした人が医療機関にたくさん運ばれてきます。どこの医療機関も混乱する状態を避けることができなくなってしまう場合も多く、緊急度や重症度などをチェックし、治療をする優先度を決めるためにトリアージを行っていくのも災害支援ナースの仕事の一つとなっています。

 

医療物資をいかに有効に使うか考えながら治療することが大事

混乱状態になってしまった医療機関が落ち着きを取り戻すために整理をしたり、緊急度の高い患者さんの優先順位を上げて治療を行うことができるようにするのも仕事ですし、被災地では物資にかなり限りがあるため、患者さんのケアなどに使うことになる医療物資をいかに有効に使うかという点においても、考えながら行っていかなくてはなりません。

 

避難生活で体調を崩した人たちのケア

慢性疾患を持つ人もいますし、避難生活で体調を崩してしまった人のケアをするのも、災害支援ナースの大切な仕事のひとつになります。年齢や基礎疾患などで食事への配慮が必要となってしまう方に対して、食事のメニューを調整したりもしますし、排せつの援助も行います

 

ポイント!

ポイント

避難所で食中毒やインフルエンザ等の感染症が起こらないよう予防したり、エコノミー症候群にならないよう予防するのも災害支援ナースの仕事のひとつとなっています。

 

3.災害支援ナースになるには

災害支援ナースになるには
災害支援ナースとして被災地などに派遣されるようになるには、登録をする際の要件をクリアしたうえで、お住まいの都道府県が主催している災害支援ナース研修を受ける必要が出てきます

 

災害支援ナースの登録要件3つ

災害支援ナースとして登録してもらうためには、看護師としての臨床経験が5年以上あることですが、都道府県によっては3年以上というところもあります。日本看護協会の会員であること、勤務先となる医療機関の所属している長に災害支援ナースとして登録しても良いという許可を得ていること、という3つの点が登録要件となっています。

 

災害支援ナースの研修を受講する

この登録する際の要件をクリアしているうえで、各都道府県の看護協会が主催している災害支援ナースの研修を受講します。この研修は2日間行われますが、都道府県によっては1日間のみの研修という場合もあります

 

研修後は各都道府県の看護協会に災害支援ナースの登録をする

研修後、各都道府県の看護協会に災害支援ナースとして登録することで、災害支援ナースとして災害時に派遣されることになります。災害支援ナースは、2~3年ごとに更新をしなければならず、更新をする際には更新研修となるフォローアップ研修を受けなければなりません

 

4.災害支援ナースが派遣される時に必要な持ち物

災害支援ナースが派遣される時に必要な持ち物
災害支援ナースとして派遣された際は、原則として自分のことは自分で行うことになります。災害支援の世界では、それを自己完結といいますが、看護活動のみならず派遣中の自身の食べ物をはじめ飲み物、宿泊する場所なども自分で用意しなくてはなりません。

 

働く時に必要な持ち物

災害支援ナースとして派遣される際に必要な持ち物となるのが、災害支援ナース登録証をはじめ、身分証明書、保険証のコピー、現金、携帯電話と充電器、携帯ラジオです。さらには、懐中電灯、電池、カメラ、腕時計、ホイッスルもあるといいでしょう。現地の地図、筆記用具やマジック、ウエストポーチやリュック、室内用の靴、サージカルマスク、軍手、雨具、ディスポ手袋などもあると便利です。さらに体温計や聴診器、はさみに血圧計など、診療や健診の際に必要な道具も持っていきましょう。

 

日常生活で必要な持ち物

日常生活ではティッシュペーパーやトイレットペーパー、着替えや生理用品、常備薬、飲み物や食べ物、場合によってはカイロや虫よけスプレー、寝袋やマットなども必要となることがあります。現地で調達することは難しいことも予想されますので、災害支援ナースとして被災地に支援される際は、身の回りの物及び看護で必要なものは一式持っていくことが大切です。

 

ポイント!

ポイント

被災地において被災された方を支援するという大切や役割を担っているわけですが、未曾有の災害に見舞われてしまった被災地の人々や機関にお世話になるということはあってはなりません

 

5.災害支援ナースの苦労

災害支援ナース苦労

災害支援ナースとして一番苦労するという点は、現場の状況を見て判断しなくてはいけないという点です。災害の規模に対してどのくらいの支援が必要となっているのかという判断が現場にいる看護師だけですることはできません。ですが、実際には看護の手が不足することが多いため、現場にいる看護師は大変苦労します。

 

スタッフの力量の差によってやりづらさを感じることもある

災害支援ナースと一口に言っても、知識がどのくらいあるかは個々によって差が生じてきます。現状は、知識が豊富で技術力、判断力に優れた看護師がベストなのですが、災害支援ナースの登録要件は看護経験が5年以上あればよいというものがあるため、5年以上あれば経験に差があっても登録自体はすることができてしまいます。ですので、看護の仕方などに差が出てしまうこともあるため、思うように災害支援が進まないというのも苦労する点として挙げられます。

 

自分自身の体調管理が大変

自身も被災地で心身ともにストレスが溜まったり、過酷な状況に対応することができず体調を崩してしまいやすいため、そうならないように細心の注意を払わなくてはいけないという点も苦労するところではないでしょうか。寝る時間なども少なくなりますし、場合によっては夜通し、被災者のケアをしたりしなければいけないこともあります。自身の体を酷使する状況になってしまいますから、視野が狭くなり適切な災害支援ができなくなってしまうことも予想されます。

 

ポイント!

ポイント

そういった意味も含め、災害支援ナースは、その時に必要な災害支援を行うための判断力を失ってはいけないという面においても苦労することがあります。

6.災害支援ナースのやりがい

災害支援ナースのやりがい

災害直後というのは、想像を絶するほど医療現場が混乱することも少なくありません。なので、派遣された災害支援ナースも、今まで経験をしたことがない激務に追われます。しかしながら、今まで経験をしたことがない状況で活動するからこそ、「人のためになりたい」「役に立ちたい」という思いが強くなり、大変なやりがいを感じられます

 

被災地で看護を必要としている人の助けができる

災害支援ナースはボランティアです。なので、派遣されたことで手当等が支給されることはありません。ですが、被災地で困っている人や看護の手を必要としている人の助けができるということは、看護をする上で最も大切なことだともいえます。テレビなどで見るよりも、実際に現場に行ってみるとよくわかりますが、被災地や災害の起こった地域というのは、医療に限ったことではありませんが、何から何まで手が行き届かないことが大半です。その中で少しでも、被災された方が健康を維持し、生活をしていくことができるようサポートするのも災害支援ナースの大切な役割となっています。

 

ポイント!

ポイント

話を聞くだけでも被災地の方々のサポートになることもあります。これといった看護をしなくても、心のケアという意味も含め、災害支援ナースは、ほかでは経験することができない経験ができ、自身のスキルアップや糧につながります。

まとめ

災害支援ナースは、被災地の医療機関に派遣されるのはもちろんのこと、被災地で困っている被災者や体調を崩してしまった人のケアや援助を行うのが主な仕事となります。被災された方々が健康な状態を維持することができるようにサポートし、適切な医療と看護を提供すること、さらに被災した方々の心のケアや悩み、不安を軽減するという大切な役割を担っています。また、要件をクリアしていれば、災害支援ナースとして登録することはできるものの、多岐にわたる看護知識や技術のみならず、現場の状況を見て行動することができる力やリーダーシップ、協調性なども必要となります。さらには、適切な判断をすることができる力や、自身も心身共に健康な状態を維持できる力もなくてはならないスキルの一つだといえるでしょう。

 

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
出身/年齢 ・東京都/28歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科

看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師仕事内容の転職

(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。