忙しい看護師が夫婦円満でいるための極意5選!

夫婦円満 看護師

看護師という資格、夜勤という不規則な生活、経済的にも余裕がある妻、すれ違いの生活で夫婦仲にできた溝は大きくなるばかり。離婚はできるだけしたくないと思うあなたは必見です。もう一度、夫婦関係について見つめなおしてみませんか。離婚を回避するにはどうすればいいのか悩んでいるあなたに夫婦関係がうまくいくコツをご紹介します。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.夫婦がすれ違わないような働き方をする

無理のない働き方 看護師

原因が不規則な勤務によるものであれば、職場自体を考える必要があります。離婚を避けるには、相手との生活リズムを合わせていくことも大切ですので考えてみましょう。

 

時には働く環境を変える勇気が必要

今まで頑張ってきたキャリアもありますし、築いた人間関係もあります。同じ職場で夜勤なしの働く場所があれば相談してみる事もいいと思います。給与は下がりますが、家庭崩壊する前に自分も努力をし、改善しようとしている姿に夫も一歩引いてくれるかもしれません。

 

新天地に行くことで心機一転するのもあり

1から出直そうと心機一転、転職してみるのもいいことかもしれません。新たな夫婦関係を作ろうとしていることと同時に、新たな職場での再スタート!私の周囲でも転職によって、夫婦関係を修復した人がいます。転職によって自分が本気であることをアピールすることは大切かもしれません。

 

2.月に1度は夫婦2人の時間を作る

夫婦 出かける 時間

最近夫婦で出かけていますか。子供がいるとなかなか出かける事も難しいことだと思いますが、平日でも「この日だけはお互い絶対に予定を入れない」という日にちを設けましょう。どんなに忙しい毎日でも夫婦二人が一緒に過ごす時間はとても重要です。

 

非日常を味わうことで新鮮さを取り戻す

私自身も、普段はお互いに忙しく仕事と家事育児に追われる毎日です。その中でも平日に夫と休みを合わせ、少し遠出して美味しものを食べたり、美術館へ行ったりと非日常的な休日を楽しむようにしています。2人で出かけると、普段は感じる事の出来ない相手への気遣いも感じる場面もありますし、何十年と一緒に生活しているのに知らなかったことっていろいろあるのです。

 

夫と充分に話す時間を設ける

仕事をしていると、夫といるより職場の人と過ごしている時間の方が長いことが多いでしょう。自分の話も職場の人や友達とはお喋りするのに、夫には話さないこと多くないですか?一緒に過ごして会話を作ることは、夫婦円満の秘訣なのです。

 

3.給与面等で男のプライドを傷つけない

給与 看護師 高い

看護師の夫を持つ妻は、夫よりも年収が高いなんてことは良くある話です。ましてや、私の先輩看護師は夫に自分の給与額が言えないといっています。つまり、夫よりも給与が高いのでプライドを傷つけ、男として劣等感を与えてしまうと言う事なのです。

 

「私の方が稼いでいる!」は絶対に言ってはいけない

看護師の夫婦喧嘩でも「私の方が稼いでる!」なんて一言で夫婦関係がギクシャクしてしまった夫婦もいます。こんな一言を言われたら夫は何も言い返せませんよね。看護師として働けているのも、夫の協力があってこその現在です。給与に関しての発言は慎み、一人で生きていけるようなアピールもしないことです。

 

夫を頼ることで夫婦関係がうまくいく

人は頼られていることに生きがいを感じたりします。看護師であるあなたも、患者様に頼られ、スタッフに頼られる事で仕事のやりがいを感じませんか?夫も同じです。あなたに頼られることによって、家庭を守るいい夫になっていくのです。些細なことでもいいので、夫に頼る生活を心掛けていきましょう

 

4.自分の素直な気持ちを打ち明ける

ケンカ 素直 夫婦

あなたは夫に弱音を吐いていますか。自分の悩みは誰に相談しているのでしょう。友人や同僚には素直に言える事なのに、夫には全く話をしないという人はたくさんいます。

 

「察してほしい」は無理な話

一緒に暮らしているのだから、夫には察して欲しいこと思うことが沢山ありませんか。「察して欲しい自分と言わなきゃ分からないという夫」というパターンはよく耳すると思います。私自身、解決方法は素直に伝える事が一番だと気付きました。2察して欲しい概念を少し捨ててみましょう。イライラすることが減っていくのが分かりますよ。

 

我慢はケンカしか引き起こさない

仕事で疲れて帰り、家事育児をしてイライラしている時に「どうして何か手伝おうとしてくれないの!」と夫に激怒したことがあります。私が大変だということを、夫は私から言われる前に気付いて私を助けるべきだ!なんて思っている時期がありました。察してくれるまで、私は我慢に我慢を重ねた上で激怒したので、夫は驚くと同時に機嫌が悪くなり、喧嘩となる悪循環。素直に「手伝って」という一言で何事もなく平和に過ごせていたのにと思います。

 

5.ケンカをしても自分の気持ちばかり考えない

素直な気持ち 打ち明ける

夫婦ケンカはものすごい時間と体力、精神力を使いますよね。ケンカにも原因がたくさんありますが、多くは相手の態度です。そして本当に些細なこと。人間誰しも自分を守りますから、相手を否定し、責めてしまい相手の責任に押し付けたがります。

 

ケンカをするなら意義のあるケンカを

ケンカで勝ったとしても、その後はお互い沈黙の時間が流れ、気まずい雰囲気となるだけです。良いケンカは内容がどうあれ、お互いが冷静になり本音をきちんと言うことです。そして必ずお互いが謝ることでケンカなんて終わるのです。相手を許す気持ちを持てば簡単な事なのです。

 

自分に非がなかったかきちんと考える

そもそもケンカとは、ほとんどの場合お互いが悪いことが多いのではないでしょうか。ケンカをきっかけに相手の事を考え、自分にも非が無かったか考えてみましょう。「相手を変えたかったら、まず自分から変わる事」これが鉄則です!

 

まとめ

夫婦関係は本当に複雑です。一度こじれると修復が難しいともいわれますが、問題を一つ一つ片づけていくことで、夫婦の絆が強くなります。家庭は築くものであり、壊れかけたら修復していけば何度でもやり直しができるのです。私の周りにもいろいろな方法で危機を乗り越えた夫婦がたくさんいますし、残念ながらお別れしてしまった夫婦もいます。夫婦って本当に難しいところがありますが、お互いのちょっとした努力で修復できます。やはり素直になることが一番の近道であります。そして、協力し合うこと、感謝することを忘れないようにしていきましょう。

 

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。