著作者

ラビウサ

専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

看護師が感じる電子カルテのメリットと負担!マスターするためのポイント

ラビウサ
専門看護師ラビウサ

最近、様々な病院で急速に広まりつつある電子カルテですが、パソコンが苦手な看護師、特にベテランの看護師程この電子カルテを避けて転職活動をしている傾向にあります。

確かに、手書きのカルテに慣れてきている方は、パソコン作業ということに苦労を覚えるかもしれませんが、電子カルテはマスターすれば仕事を効率よく終わらせるための素晴らしい武器となります。

以下で電子カルテを利用する看護師に必要な情報や知識を私の体験談を交えて説明していきます。

1.電子カルテの普及率と「オーダリングシステム」の違い

電子カルテの普及率と「オーダリングシステム」の違い

電子カルテを確認した際に、「電子カルテシステム」と一緒に「オーダリングシステム」というものが、電子カルテのシステムの1つとして紹介されています。

簡単に説明すると、

  • 電子カルテ:紙カルテをパソコンに入力できる仕組み
  • オーダリングシステム:レントゲン等のデータと医師の指示をパソコンに取り込む・入力することができ、外部に送信できるシステム

となります。

電子カルテとオーダリングシステムを両方導入している場合もあれば、歯科クリニックなどはオーダリングシステムのみを利用して、カルテは紙のままであることも多いです。

看護師としては、転職時に「電子カルテ導入しています」と言われたときに「紙カルテを電子化したもの」なのか、「オーダリングシステム」のことを指しているのかを知っておく必要があるでしょう。

 

電子カルテの普及率について

一般病院※1
(対象数:7,426院)
  • 全体:34.2%

【以下内訳】

  • 400床以上:77.5%
  • 200~399床:50.9%
  • 200床未満:24.4%
診療所・クリニック※2
(対象数:100,461院)
  • 35.0%

※1:精神科単科病院を除いた病院
※2:歯科を除いたクリニック

(参照元:厚生労働省「医療分野の情報化の現状」上記はオーダリングシステムを除いた電子カルテのみの普及率です。)

厚生労働省が調査を行った結果、電子カルテの普及率は病院全体では34.2%となり、クリニックでは35.0%と、病院よりクリニックの方が電子カルテの導入は多くなっています。

しかし、200床以上の病院で普及率を見たときに50%以上あるため、病院へ看護師転職した場合、2つに1つは電子カルテが導入さており、使えることは必須な時代といえます。

 

新規のクリニックでは電子カルテ導入が当たり前?

新規のクリニックでは電子カルテが導入が当たり前?

ここ数年にできた新規クリニックの多くは、電子カルテ対応です。

それは、開業する皮脂が病院で電子カルテの利便性を体感しているためにです。そのため、看護師も電子カルテを利用することは必須ともいえます。

私が勤務している2つのクリニックでは両方とも電子カルテ

私は、消化器内科クリニックと、在宅訪問を行っているクリニックで働いていますが、両方とも電子カルテが導入されています。

患者さンからの問い合わせ内容、看護指導内容、バイタルサインなどもカルテに残します。

また、診察前に前回の診察記録をチェックできるため、事前に血圧測定や検査結果の用意をすることもできます。

カルテが一つだけでは、同時並行ができませんが、受付・検査などに関しても違い場所で確認できるため、クリニックでも電子カルテ導入は役だっています。

 

2.電子カルテを利用する看護師のメリットについて

電子カルテを利用する看護師のメリットについて

電子カルテは一度慣れてしまうと、大げさかもしれませんが、もう電子カルテのところ以外では働きたくなくなります。

そんな風に思わせてくれる電子カルテのメリットはいったい何でしょうか。

 

(1)1画面で全ての業務を完結できる

紙媒体のカルテの時は、記録用紙がどこに挟まっているかを探したり、検温表とカルテはまた別の所にあったりと、全ての記録を終えるまでに、行ったり来たりとしていたかと思いますが、電子カルテであれば、パソコンの1画面の中で、マウスを移動させるだけで全ての記録を終わらせることができます。

今までのように、記録物を求めてあちこち移動しなくていい分、時間と労力の短縮にもつながります。

また、赤線だらけの見にくいカルテにも困らなくなります。

 

(2)過去の情報などもすぐに探せる

紙カルテであれば、ある程度の時間がたった記録は別の所にしまうなり、法律に基づいて破棄されます。

そうすると、過去の情報が見たくなったときは、わざわざ保管場所まで探しに行かなければならず、手間と労力が必要でした。

しかし、電子カルテであれば、全て記録されており、検索を掛けるだけですぐに見つけることができるため、看護師も業務時間の短縮を図ることができます

 

(3)他の職種のスタッフと同時に患者の情報を共有できる

紙媒体のカルテであれば、自分が記録を見たい、書きたいというときでも他の職種がカルテを使っていたら待たなければなりません。

特に、その使いたいカルテの患者さんに対して医師がインフォームドコンセントなんて行ってしまったらしばらくカルテは返ってきませんので、業務が進まないなんていうこともあったのではないでしょうか。

しかし、電子カルテならどこで、誰が開いていても使用可能であるため、仕事が自分のペースで進めることができます

 

(4)与薬の段階でのヒヤリハットは確実に減らせる

電子カルテ化されている医療施設はほとんど、点滴薬についてもバーコードで管理されているのが一般的です。

パソコンがない時代はダブルチェックや指さし呼称を入念にやっていたにもかかわらずなぜか間違えているというようなミスをした経験がある看護師も多いのではないでしょうか。

電子カルテ化されている場合、患者さんが手首につけているネームバンドと点滴薬をバーコードで照合させればチェックができます。

 

3.電子カルテ導入でかかる看護師への負担

電子カルテ導入でかかる看護師への負担

看護師にとってメリットが多く感じる電子カルテですが、電子カルテ化で看護師にかかる負担も多くなります。

 

(1)電子カルテが空くまで待たなければならない

大病院の病棟では気にならないかも知れませんが、外来などでは医師・看護師の人数に対して電子カルテの数が少なく、電子カルテが空く順番を待たなければならないことがあります。

どうしても、医師に優先的に譲らなければならないため、看護記録などは業務が終わってから入力することになり、残業になることもあります。

 

(2)その場でチェック・入力しないと次の処理ができない

処置などの入力を「後回し」にしてしまうと、「未実施」となり会計処理が進まずに、患者さんの会計待ち時間を長くしてしまうことがあります。

ある意味、電子カルテになり、処置料など確実に取れるようになりましが、チェックをし忘れると、その先の処理が進まなくなるため、看護記録以外の部分は、やったその場で入力する必要があります。

 

(3)オーダーを見落としやすい

紙カルテの場合には、カルテに採血や「指示あり」棒があり、看護師は単純なオーダーの見落としは少なかったと思います。

ですが、電子カルテの場合には、看護師が電子カルテに見かたに慣れないと、オーダーを見落としてしまうことが増えます。

 

補足説明!

ポイント

もちろん、導入している電子カルテにもよると思うのですが、外来などで次回診察前検査などがカルテ上には記載されているのにオーダーが入っていない、検査オーダーはあるのにカルテ上に記載がない場合などもあり、オーダーを確認する手間が増えた面もあります。

 

(4)新しい医師に操作を教えることが増える

新しい医師が赴任した際に、電子カルテの操作の仕方を説明する場面が増えます。とくに外来看護師は、質問されることが多くなります。

また、新しい医師が電子カルテの作業に慣れるまでは、検査や処置オーダー、同意書の有無、会計処置なども確認する必要があります。

情報共有できるからこそ、増えてしまいがちな作業です。

 

4.電子カルテをマスターする方法

電子カルテをマスターする方法

それでは、今まで羅列してきたように、電子カルテをスマートに使いこなすにはどうしていったらよいのでしょうか。

むしろ、使いこなせれば苦労しない、使えないから電子カルテの職場を避けているという看護師も多いのではないでしょうか。

電子カルテをマスターする方法として参考となればと思います。

 

(1)苦手意識を持たないこと

電子カルテは決まった入力方法で入力していきます。

そのため、多機能なパソコンを使いこなすことよりも楽だといえ、利用するにあたって苦手意識を持たないことが大事です。

電子カルテが苦手と思う看護師は、パソコンを利用することが出来ない看護師に多く、まずはパソコンとは違うものだという意識を持ちましょう。

 

(2)ボタンの場所やルールをしっかりと覚えること

電子カルテの入力方法などの説明を受けたときに、覚えることが一番重要になります。

そのため、どのボタンを押したらどのような動きをするのか、ボタンの場所やルールをしっかりとメモを取りながら覚えましょう

使い方を把握することで、電子カルテは必ずマスターできます。

 

(3)使いこなすには、利用し続けるしかない

電子カルテをマスターし、使いこなすためには電子カルテに看護師として触れている必要が必ずあります

そのため、電子カルテをマスターしたいと思う看護師こそ、電子カルテを導入している病院へ積極的に転職を行いながら覚える努力をしましょう。電子カルテを使い続けることで、必ずマスターすることが出来ます。

 

5.電子カルテで看護師ができる勉強とは

電子カルテで看護師ができる勉強とは

電子カルテは紙カルテを電子化しただけではなく、メーカーによっては様々な勉強を行うことが可能です。

以下では、私が電子カルテで勉強した体験談を中心に説明していきます。

 

(1)看護計画に詳しくなる

電子カルテには標準看護計画が入っている場合が多いです。

看護問題点を選ぶことで、細かな看護計画を一覧で見ることもでき、自分自身で一から看護計画を立てるよりも、より患者さんの状態にあった看護問題と計画を見つけることもあります。

【体験談】電子カルテ導入時には私はポジティブに考えました

私は、電子カルテが導入された時、外来看護師でも看護計画立案・評価ができることをポジティブに捉えました。

外来看護師は、主な業務が診療の補助になりがちで、看護計画を立案する習慣があまりありません。ですが、継続看護には、看護計画の立案・評価が必要です。そのため、外来看護師にとって、電子カルテは、看護計画を学ぶ大切なツールになります。

 

(2)医事業務に詳しくなる

紙カルテ時代は、医事業務は医事課にお任せする形でしたが、電子カルテでは医事業務も看護師が勉強することができます

何か処置をした際に、処置料が取れるのか、加算を追加できるのかなども看護師でも調べることができます。

 

(3)統計業務を学ぶことができる

電子カルテは条件を入力することで、統計をとることが可能です。

すべての患者さんの情報が電子カルテにはあり、自分が知りたい項目・範囲を決めて情報を得ることができるため、何かの傾向を知りたい時なども活用することができます

【体験談】私は看護研究などに電子カルテを活用しました

私も、看護研究などでは、電子カルテの検索機能を利用してしました。使いこなせばとても役立ちます。電子カルテのパソコンにも、Microsoft officeが入っています。電子カルテを見ながら、エクセルを開いて、知りたい情報を入力・保存することできます。統計処理の勉強ができます。

 

(4)文書作成力が付く

電子カルテ内で文書作成も可能で、カルテ内容をコピー&ペーストすることもできます。

他の看護師が書いた文書を見ながら書くこともできるため、文書作成力が知らずに身につきます。

 

まとめ

医療業界はどんどんIT化が進み、いずれはほとんどの病院がIT化するのではないかといわれています。

慣れるまでは大変ですが、慣れてさえしまえば自分の武器となり、効率よく仕事をこなすことができるようになるのが電子カルテです。

電子カルテを怖がらず、ぜひ思い切って電子カルテの職場を選び、果敢に取り組んでみてはいかがでしょうか。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・専門看護師・消化器内視鏡技師・心理相談員
年齢 ・40代後半
職務経験 ・がん専門病院・クリニック・総合病院・訪問診療クリニック
診療科経験 ・消化器内科・腹部外科・透析室・内視鏡室 ・相談室
・放射線治療室・整形外科 ・一般内科・カウンセリング室

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:看護師の実情

(公開日:)(編集日::2018年03月16日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。