救急外来・病棟のパートで看護師の仕事内容・必要なスキルについて

看護師 救急 パート

「救急外来・病棟の看護師」と聞くと、「忙しい」というイメージが強いのではしょうないでしょうか。

実際に、救急外来・病棟は忙しいです。「パートで働くことができるの?」と考える方が多いのではないでしょうか。

しかし、実は救急外来・病棟で働く看護師は意外にパート看護師が多いのが実情です。

ここでは、救急外来・病棟で働くパート看護師の仕事内容や必要スキル、求人を探す際の注意点についてご説明します。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.救急外来・病棟のパート看護師の仕事内容・役割

患者を搬送する救急の女性パート看護師

多くの病院で、救急は救急病棟と救急外来(ER)に分かれます。

救急病棟は正社員の看護師がほとんどです。患者を受け持っていることや、救急外来(ER)からの入院の受け入れを行っているため必然的に残業も多くなります。

逆に救急外来(ER)はパート看護師もたくさんいます。救急外来(ER)は引継ぎだけで受け持ち患者がいないため、残業はほとんどありません。

ここでは、救急病棟と救急外来(ER)のパート看護師がそれぞれどのような仕事内容や役割を担っているのかご紹介します。

 

救急病棟のパート看護師の仕事内容・役割

救急病棟でのパート看護師の仕事内容や役割は、ほとんどがフリー業務(受け持ち看護師のフォロー)です。

救急病棟のフリー業務は、

  • 清潔ケア・口腔ケア・体位変換・オムツ交換など患者のケア
  • 緊急入院になる患者の受け入れ

などがメインとなります。

 

注意点!

ポイント

救急病棟のパート看護師が受け持ちをしないのは、受け持ちをすると記録・処置・観察などがあり、残業になってしまうことが多いためです。

フリー業務だと病棟と大差はないため、救急病棟で働いている意味が少ないかもしれません。

 

救急外来(ER)のパート看護師の仕事内容・役割

救急外来(ER)では、リーダー業務は正社員の仕事ですが、それ以外はパート看護師も正社員も仕事内容や役割は変わりません

そういう面では救急外来(ER)の方がパート看護師には働きやすいかもしれません。

 

救急車で搬送されてきた患者の対応

救急外来(ER)の看護師は、救急車で搬送されてきた患者の対応を行います。

患者が来院してから、バイタル測定・検査・診察介助・処置などを行います。

 

患者が救急外来(ER)滞在中のみ観察するだけ

患者が帰宅となれば内服等を渡して終了となりますし、入院となれば入院先の病棟へ連絡し、記事入力・移送・申し送り等を行えばその患者は終了です。

診断がつくまでに時間を要すため救急外来(ER)への患者滞在時間は長いですが、看護師はその間のみ患者を観察するだけです。

患者の来院数が少なければ、救急隊からや患者からの電話対応のみです。

 

2.救急外来・病棟のパート看護師に必要なスキル

手術台と救急の女性パート看護師

救急で働く看護師には正社員・パート関係なく、救急病棟でも救急外来(ER)でも多様なスキルが必要となります。以下で詳しくご紹介します。

 

(1)挿管介助・呼吸器管理

救急では、ほとんどの患者が呼吸器を使用しています。そのため、救急で働く看護師にとって呼吸器の管理スキルはかなり重要になります。

また、救急外来(ER)でも救急病棟でも挿管は行なうため、介助方法を知っておくと役立ちます。

 

ポイント!

ポイント

一般病棟によっては呼吸器をほとんど使用しないこともあるため、呼吸器に触れた経験がない看護師もいるでしょう。

呼吸器は病院により使用している機種が違いますが、転職前に基本的なことは知っておくことをおすすめします。

 

(2)モニター管理・心電図の読み取り

救急外来・病棟ではほぼすべての患者にモニターを使用し、管理しています。心電図波形、SpO2などモニターから得る情報はとても多いのです。

そのため、モニター管理と心電図の読み取りは救急外来・病棟で働く看護師に必要なスキルです。

心疾患だけでなく、他の疾患からも心電図異常がでる可能性があるため、看護師はモニターをしっかり管理しなくてはいけません。

心電図の基本波形を頭に入れておくと、入職後も困らないでしょう。

 

(3)ドレーン管理

救急外来・病棟は色々な疾患で術後の患者が多く、多種多様なドレーンが挿入されていることがあります。

そのため、救急外来・病棟で働く看護師にドレーン管理のスキルは必要とされます。

一番多いバルンカテーテルは、救急病棟ではすべての患者に挿入されています。排泄などによるインアウトバランスは重要なため、しっかりと管理する必要があります。

 

ドレーンの性状は覚えておく

ドレーンは頭部・腹部・胸部・下肢等様々な場所に留置されます。

異常を発見するためにも、ドレーンの性状は覚えておくことが求められます。

 

(4)点滴確保・輸液管理

救急外来・病棟で働く看護師にとって、点滴確保や輸液管理のスキルは必要です。

救急外来・病棟では循環動態の悪い患者の来院・入院が多いため、血管が分かりにくく、点滴確保後に再度確保することが難しくなります。

また、何台ものポンプや大切な薬品を使用しているため、救急外来・病棟において輸液の管理は大切です。

輸液ポンプやシリンジポンプの使い方を事前に学んでおき、管理できるようにしておきましょう。

 

ポイント!

ポイント

パート看護師の場合、正社員のように知識や技術は求められないものの、上記に記載したポイントを押さえておくと入職してから役立つでしょう。

また、技術面だけでなく知識面も必要になります。来院・入院の多そうな症例を勉強しておくとさらに役立ちます。

 

3.救急外来・病棟パート看護師求人探しのポイント

虫眼鏡を持つ救急の女性パート看護師

救急外来・病棟のパート看護師の求人を探す際確認したいポイントや、救急外来・病棟経験あり・未経験それぞれの場合の求人探しのポイントについてご紹介します。

 

(1)勤務時間を確認する

救急外来・病棟のパート看護師の求人では、勤務時間がどのようになっているのかを確認する必要があります。

病棟だと、申し送りや情報収集等で9時開始となっていても早めに出社しないといけない場合もあります。

しかし、パートの場合、時給なので早く勤務に入るのはやめてほしいという病院もあります。

 

救急外来(ER)は夜勤希望の方が重宝される

救急外来(ER)はどこの病院も夜間忙しいため、看護師は夜勤希望の方が重宝されます。

夜勤も週一回くらいなら出来るという方や、逆に夜勤だけで働きたいという方にはお勧めです。

出産後夜勤パートとして復帰

私も実際に出産より復帰後、救急外来(ER)で夜勤パートとして勤務しています。

私の勤務先は3交代でも2交代でも選択可能なため、復帰後は3交代を選択しています。

準夜の場合、保育所の送り迎えもできますし、深夜でも子供が寝ている時間なので子供との時間は取りやすいです。

育児中で旦那さんのフォローがあれば、救急外来(ER)での夜勤はお勧めです。

 

(2)時給や休憩時間の時給の有無を確認する

パート看護師になると給料ではなく時給になります。そのため日勤帯はいくらなのか、夜勤帯はいくらなのかを確認する必要があります。

また、病院によってはパートになると休憩時間の分が時給加算されないというところもあるので確認が必要です。

 

(3)職場の状況を確認する

救急外来・病棟のパート看護師の求人を見つける際、職場の状況を確認しましょう。

募集が常にされている病院は必然的にマンパワー不足の傾向にあります。

救急外来・病棟は特殊な領域のため募集自体をほとんど見かけませんが、人の定着率は他の病棟に比べると低いのです。

マンパワーが不足していると、パートでも正社員と同じ扱いをされる病院もあり、残業が増えパートなのに帰宅しにくい状況が生まれてしまいます。

 

見学に行き自分の目で確かめる

募集されている病院の状況を知るためにも、見学に行き自分の目で現場を見て、

  • 常に忙しい病院なのか
  • 患者の来院数や入院数は多いのか
  • スタッフの人数は一定数に達しているのか

などの点を確認するようにしましょう。

 

救急の経験がある看護師がパート求人を探す際のポイント

救急外来・病棟経験がある看護師がパート求人を探す場合、以下の内容を確認しておきましょう。

 

救急病棟の求人なのか救急外来(ER)の求人なのか

まず、パート看護師を募集しているのが救急病棟なのか、救急外来(ER)なのかを確認する必要があります。

募集欄に救急と書かれているため、救急外来(ER)かなと思い応募すると実際には救急病棟の募集という場合もあります。

また、時に経験者はどちらでもいけるだろうと判断されてしまうことがあるので注意しましょう。

ブランク前にどちらの経験があり、自分がどちらで働きたいのかを明確にし、確認してから入職することが大切です。

 

救急未経験の看護師がパート求人を探す際のポイント

救急外来・病棟未経験の看護師がパート求人を探す場合、募集している求人が2次救急なのか3次救急なのかを知ることが必要です。

重症度が高い患者の看護がしたいと希望するのであれば、3次救急を選択する必要があります。3次救急であれば、大学病院・国公立病院・大規模総合病院などを探してみましょう。

最初は慣れるのに2次救急くらいからと考えている看護師は、中規模の総合病院の救急外来・病棟募集をチェックしてみましょう。

 

ポイント!

ポイント

救急外来・病棟がどんなところか分からない未経験者は、募集を探し、ぜひ見学に行って救急外来・病棟がどういうところから知ってから転職することをお勧めします。

また、求人条件の絞り込みや病院見学のセッティングは看護師転職サイトを利用するとスムーズなので、登録してから利用しましょう。

 

まとめ

救急外来・病棟は、独特な雰囲気かつ生死に直結する場所です。

パートだからといって安易な気持ちでいると、ついて行けずに辛くなります。

できれば、パートだからではなく、パートとしてできる精一杯の気持ちで救急外来・病棟に転職してみてください。やる気があればパートでも働くことは可能です。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。