看護師4年目のリアル!悩み抜いた転職事情について

看護師4年目のリアル!悩み抜いた転職事情について

総合病院の看護師の場合、4年目くらいになると急激に転職や移動について考える看護師が増えていきます。

実際、私の周りでも4年目になる頃には、同期入社したメンバーの約半数が転職しているような状態でした。そして、私自身もその流れに乗り、看護師4年目で転職に踏み切りました。

このページでは、私自身も含めた3人の4年目看護師のリアルな転職活動の記録を紹介させていただきます。今後の進路について検討されている看護師の方はぜひ参考にしてみてください。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.看護師4年目で大学保健室へ転職したケース

大学保健師へ転職
看護師ライターKameko

kameko【看護師4年目転職体験談】

私は、看護学生の頃から「病棟で3年間、臨床経験を積んだら保健室で働く!」と決めていました。それから実際に病棟で働いてみると、保健室で勤めるかどうかは別にして、私は「3年以上は看護師として病棟で働く気にはなれない」と直感しました。

 

病棟リーダー以上の役割に魅力が感じられなかった

私が「3年以上は病棟で勤める気にはなれない!」と感じたのは、病棟リーダー以上の役割に魅力が感じられなかったからです。

同じ病棟での経験年数が4年5年6年と経っていくと、学生指導係やリンクナースや師長代行の話が出てきます。それに加え、より上級のラダーナースの申請を求められるようになってくると思います。私は、係のリーダーやラダーナースの重圧から逃れるためにも「絶対に4年目で退職する!」と心に決めたのです。

 

ポイント!

ポイント

総合病院の場合は4年目以上になると急激に責任が重くなるため、4年目で辞めるのは色んな意味で「区切りがいい」と言えるでしょう。

 

4年目の6月にボーナスをもらって思い残すことなく退職!

私が当時勤めていた病棟では、中堅層のスタッフがあまり揃っていなかった関係上、少し異例ではあったのですが丸3年の間にプリセプターとリーダーだけではなく、外来も経験させてもらうことができました。

3年という短い間に、思っていた以上の経験をさせてもらえた私は、特に思い残すことなく看護師4年目の6月にしっかりとボーナスももらって退職させていただきました。

 

実は嘘をついて円満退職に至りました・・・

私が退職をした時点では、まだ次の働き先が決まっていたわけではありませんでした。

しかし、どうしても4年目で円満退職をしたかった私は、「次はもう決まっています!」と嘘をついて円満退職をさせていただくに至りました。いずれにしても看護師は簡単に転職をすることができるのを知っていたため、少し休んでから転職活動を行いたかったのです。

 

たった2日で転職先が決まりました!

病院を退職後、2ヶ月間は退職金やボーナスを遣って旅行に行ったりしながら、のんびりと過ごしていました。

そんなゆったりした毎日に少し飽きはじめた頃、「そろそろ転職活動を始めよう!」と思い立ち、保健室の求人情報を看護師転職サイトで探し始めました。

私が転職サイトに登録したのは8月29日のことだったのですが、その後すぐに担当のコンサルタントから電話が入り「9月1日から働ける保健室求人がある」と言われたのです。

あまりにも急なことで驚きましたが、私は元々保健室勤務に興味があったため即答で「応募します!」と答えました。

 

焦って転職活動をする必要はない

私の大学保健室への転職活動はトントン拍子に事が運び、早速9月1日から大学の保健室で働き始めることになりました。

看護師はどの領域においても「引く手あまた」であることをつくづく実感した経験でした。私のように「少し休んでから職場復帰する」という看護師は少なくありません。このように、焦って転職活動をする必要がないのは、まさに看護資格の特権だと言えるでしょう。

 

2.看護師4年目で海外留学したケース

看護師4年目で海外留学したケース
女性看護師

Bナース【看護師4年目転職体験談】

Bナースの場合も私と同じように最初から「この病棟は3年で辞める!」と決めていました。

その後の明確な進路などは決まっていなかったのですが、3年目の冬頃にかねてからの夢であった「1度は海外で生活してみたい!」という思いが抑えきれなくなり、ワーキングホリデーで1年間海外に行くことを決意しました。

また、当時私達が勤めていた病院では、4~5年目の看護師でイギリスやオーストラリアやカナダにワーキングホリデーをしにいくナースが続出していました。

1~2年くらい海外でのんびり生活してから、日本に帰ってきても、就職の心配を一切する必要がないのはまさしく看護師資格の特権です。

 

帰国後は元いた病院へ「出戻り転職」

Bナースは海外での生活が肌に合っていたようで海外の病院で働くことも考えたようなのですが、そうするにはまた様々なハードルを乗り越えなくてはなりません。(海外で看護師として働く希望がある方は「海外で働く看護師」を確認してください。)

そのため、帰国後は、ひとまず元いた病院に出戻り転職をすることに決めました。

 

いつでも戻ってこれる辞め方をしておいた

私とBナースは同じ師長にお世話になっていたのですが、退職の意向を伝えた時に私達は「ここは出戻りの人が多いから、いつでも戻ってくるような辞め方をしておきなさい」と忠告されていたのです。

Bナースは、私の1ヶ月後に退職をしたのですが、もちろん彼女も円満退職だったので出戻りを依頼するのは容易なことでした。ただでさえ新しい環境に馴染むのは大変なことなので、勤務形態にそこまで不満がある病院でなかったのであれば古巣に戻るのは賢明な判断だったのではないかと思います。

 

3.看護師4年目で悩み抜いた末に転職を取りやめたケース

看護師4年目で悩み抜いた末に転職を取りやめたケース
女性看護師

Cナース【看護師4年目転職体験談】

Cナースは循環器系の病棟で働いていました。

ものすごく病棟に何か不満があったわけではないのですが、元々彼女にはユニット系や救急系で働いてみたいという思いがありました。そして、移動のタイミングを待つよりは転職して違う病院でそのような科で働きたいと思い、転職活動を始めたのです。

すると、すぐに予想外の出来事がありました。

 

担当コンサルタントに転職を止められる

Cナースが転職サイトの担当コンサルタントに、現在勤めている病院の名前を伝えたところ「なぜそんな良い病院にいるのに転職なんてするのか」と言われてしまったのです。

Cナースは驚き、同時にかなり不快に思ったようなのですが、なんとか興味のある病院を見つけ面接までこぎつけました。

 

面接の担当者にも同じことを言われる・・・

Cナースは、面接先でも更に驚くことになりました。なぜなら、病院の面接担当者に「なぜ〇〇病院で立派な経験あるのに、うちのような病院に来るのか」と言われてしまったのです。

そこまで言われるとCナースもさすがに自分の考えを改めざるえなくなり、悩みに悩み抜きました。

 

確かに今以上の病院はないかもしれない

Cナースは散々悩んだ結果、「確かに色んな病院を見学してきたけれども、今の病院ほど綺麗なところはなかったし、休みが保証されているところもない。給料には不満があるけれど、休みが減るのはもっと辛いからこのまま残留して移動のタイミングを待った方がいいだろう」と思い直しました。

そして心機一転、転職活動は辞め現在の病棟に残留することにしたのです。

 

残念ながら異動のタイミングは逃してしまった

Cナースの転職活動で唯一残念だったのは、当初師長には退職の意向を伝えていたため、移動候補としての優先順位が下がってしまったことです。

もしかしたら、後輩の方が先に移動するかもしれず、Cナースの移動のタイミングは読めなくなってしまいました。しかし、1度今の病院を客観視したことで、割と恵まれた環境にいることが自覚できたようなのでそれだけでも転職活動の意味はあったのではないかと思います。
 

4.4年目の看護師が転職する際の注意点

2人の看護師

4年目は転職するのにはぴったりのタイミングです。この機会を逃さずに転職の希望があれば行動あるのみです。

看護師転職サイトを覗いて実際に問い合わせてみるなど行動してみましょう。悩んでいることが解決したり、転職に踏み切れるきっかけが見つかったりすることもあります。
 

係りのリーダーや看護研究が始まる前には転職を病院側に伝える

4年目が始まると委員会や係りの中心的役割を任されることが多く、一旦任されてしまうと代理を探さなければならず、退職後に同僚への負担がかかってしまいます。

転職を決めたら係り決めなどの前に師長に伝えましょう。辞職が年度をまたぐ場合でも、係りの重要メンバーから外してくれる、看護研究を免除してくれるなどの配慮してくれる場合もあります。

 

注意点!

ポイント

特に看護研究は4年目1年を通して進めるため途中までやっても時間も無駄になってしまいます。 

 

海外転出する人は最低でも1か月は余裕を見ること

海外転出する人は最低でも1か月は余裕を見た方が気持ち的に楽です。

なぜなら、海外転出をするとなった場合、退職後の引っ越しの作業、役所への海外転出届けなどの事務手続きに意外と時間を取られ、海外に行く前にゆっくり自分の時間が取れません。
 

1か月ほどあれば出発前に心の準備ができる

1か月ほどあれば手続き関係の時間、自分の時間が十分に取れ、出発前に心の準備ができます。もちろん、しばらく会えなくなる家族や友達ともゆっくりお別れを言うこともできます。
 

まとめ

3人の転職活動記録はいかがでしたでしょうか。

私達の共通点は「とりあえず思い立ったことは行動に移してみた」というところにあったと思います。だからこそ、今の現状にそれなりに満足しているのでしょう。

現状維持を望むのか、新たな展開を望むのかは誰しもどこかのタイミングでぶつかる悩みです。私としては、もし他に興味のあることがあればひとまず行動に移してみればいいと思います。

それがどのような結果に結びつくのかはその時点で分からなくとも、そのままダラダラ居続け様々な責任の重い仕事を振られて疲弊するよりは、よっぽど賢い選択なだと言えるでしょう。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。