著作者

ラビウサ

専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

消化器内科に看護師転職するメリット・デメリット

消化器内科へ看護師転職

化器内科とは、食道から胃や腸など、食べたものが消化しながら通過する器官や、消化を行うための成分を分泌する肝臓やすい臓、胆のうなどの疾患をあつかう診療科です。

治療として手術などが行われる場合は消化器外科となりますが、内科の場合は胃カメラやエックス線検査、エコーなどで検査を行い、服薬や点滴などの処置によって病状の改善を目指します。

【消火器内科で働く看護師のメリット】

  • 患者ひとりひとりと向き合える看護が出来る
  • 消化器疾患の検査・治療が学べる
  • がん患者の支援ができる

【消火器内科で働く看護師のデメリット】

  • 「お看取り」が多く精神的にはハードな職場
  • 感染のリスクが高い
  • 次々と検査説明に追われる
  • 排泄物の片づけ

 

上記のようなメリット・デメリットが消火器内科で働く看護師には存在します。1つ1つ確認していきましょう。

ナースではたらこ口コミへ

1.看護師で働く看護師の仕事内容

仕事内容

消化器内科の看護師の仕事内容としては、外来の場合は患者を順番に診察室に呼び入れたり、医師の診察の介助などが主な仕事で、場合によっては注射などを行うこともありますが、それほど多くはありません

病棟勤務の場合はバイタルチェックや投薬管理など、入院患者の日々の病状を管理したり、歩行や食事、排泄のサポートなどあらゆる面でのケアを行うことになります。消化器は体の中で最もがんになりやすい場所になりますので、消化器内科ではがん治療を行うことも多いです。日々進化する治療法やがん看護などに関心を持ち、日々勉強する姿勢も必要になるでしょう。

外科にはないやりがいと難しさがあるのが消化器内科の仕事であり、簡単ではありませんが奥の深い仕事になのです。

 

(1):消化器科内科は検査予約が重要

消化器科内科といえば、とにかく検査予約と検査説明が多い科になります。特殊採血をはじめとする内視鏡検査、超音波検査、注腸や胃透視などの造影検査、腹部CTやMRI検査などなど、消化器内科はきちんと患者に検査を受けてもらって診断を行うまでのプロセスがとても重要です。

そのため、看護師の患者説明とスケジュール管理がとても重要になります。
 

患者説明とスケジュール管理について

消化器内科の検査は、禁食や禁飲食の検査も多く、食止めしなければ検査が延期になることも多いのです。食事の注意、糖尿病薬などの中止薬の説明など、患者に確認しながら説明を行うため、病院によっては検査説明だけを行うスタッフを配置する場所もあります。
 

ポイント!

ポイント

患者と話す時間が持て、患者の検査への不安や戸惑いを解消する役割を担うことができるので、検査説明が好きなスタッフも多くいます。

 

(2):ポリペク入院の管理

内視鏡を使ったポリープ切除術などは、消化器内科の医師が担当します。そのためポリペク入院の予約管理と患者説明は消化器内科の看護師の仕事になります。
 

ポリペク入院はに関して

ポリペク入院は、1泊2日程度の短期入院が多く、クリニカルパス管理でスケジュールが進んでいきます。そのため、消化器外来の看護説明からパスに沿って説明し、ポリペクなどの説明書や同意書の管理も行います。
 

ポイント!

ポイント

ポリペク入院に関しては、内視鏡室や消化器内科病棟との連携も必要となり、連絡・調整を行う要になるのが、消化器内科外来の看護師でもあります。

 

(3):抗がん剤治療のスケジュール管理

消化器内科は、胃がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がんなどの患者がかかる科です。そのため、抗がん剤治療を受ける患者の抗がん剤治療計画書などの管理や、体調管理、分子標的薬などの内服抗がん剤服用中の患者のセルフケア支援なども仕事になります。

 

薬剤師や化学療法室などの調製も看護師の仕事

抗がん剤治療も、薬剤師や化学療法室などとの連絡調整が不可欠です。

特に、化学療法前の診察が遅くなってしまうとその分、化学療法が始まる時間も遅れてしまうことになるため、当日の抗がん剤治療を受ける患者の検査確認や医師への声掛けなども消化器科外来の看護師の仕事になります。
 

(4):ターミナルケアを行う看護師も多い

消化器内科では、終末期のがん患者が入院しているため、ここで働く看護師はターミナルケアを行うことも多いです。

これまで外科でしか働いてこなかった人は、がん患者の疼痛コントロールやエンゼルケアについて最低限の知識を身に付けておきましょう。

 

2.消化器内科で働く看護師に必要なスキル

消化器内科で働く看護師に必要なスキル

外科的な処置を行わない内科の看護は地味なように思われがちですが、目に見えない体の中で起こっている病変をいち早く察知するのは、看護師にとっても難しいもの。臓器の整理や病気に関しての深い知識と、患者の顔色ひとつで異変をキャッチするスキルも必要になります。

 

(1):抗がん剤治療に関する知識

特に消化器内科病棟で働く看護師には、抗がん剤治療に関する知識が必須です。転職してすぐに即戦力になるためにも、消化器内科でよく使用される抗がん剤の種類・副作用など、基礎的な知識は身に付けておきましょう。

 

ポイント!

ポイント

抗がん剤治療を受けた患者の退院指導やアフターケアについても併せて学んでおきましょう。

 

(2):高齢者への説明力

消化器科外来は、若い人も多いですが、ご高齢の方も多く来院します。高齢者にとっては病院で検査を受けることだけでも不安であり、検査の流れが頭に入らないものです。

そのため、高齢の方が理解できるようにその人に合わせて最低限の説明を行い、検査が滞りなく受けられるように説明できる力が看護師に求められるスキルの一つです。

 

ポイント!

ポイント

お薬手帳を出すだけでも時間がかかる方もいます。どれだけ、正確な情報を引き出し、安全に検査を受けてもらえるかは、消化器外来の看護師の腕の見せ所になります。

 

(3):緊急性のある患者への対応能力

消化器内科には、重い貧血、吐下血、腹痛、黄疸など緊急で処置する必要がある患者も来院します。

診察前に血を吐いた、意識が遠のいたといった患者に遭遇することもあるため、緊急性のある患者が来院した場合には、バイタルサインのチェックや医師への報告、患者の状態に応じて処置室などに休ませるなどの看護判断も必要になります。
 

ポイント!

ポイント

場合によっては、緊急内視鏡・緊急入院になることもあり、入院病棟への連絡、検査に関する書類管理、検査室への患者情報の提供など一人の患者に対する多職種への対応も求められます。

 

(4):慢性疾患の患者へのケア

消化器内科には、慢性肝炎やクローン病をはじめとした炎症性腸疾患にり患した患者も来院します。その患者は、長期間通院することを余儀なくされ、生活しながら病気とともに生きる日々を送っています。

治るかもしれない希望を持ちつつ、長期間病院に通い続け、時に体調を壊す患者に対しては、指導的立場をとっても信頼感を得ることができません。外来通院を続ける患者への言葉がけや体調の変化に素早く気付ける能力も消化器内科の看護師に求められるスキルです。

 

(5):バッドニュースを受ける患者・家族へのコミュニケーションスキル

消化器内科は、検査を行って診断を行う診療科です。がんが疑われた時からがん告知、再発転移、治療効果が認められなくなったときなど、検査結果をもとに患者やご家族の方に医師は外来でバッドニュースを伝えます。

がんや再発告知で動揺している中で、今後の治療や検査、入院などの説明を行うのは看護師です。看護師ファーストで説明を進めても、患者やご家族は受け入れることができません。

バッドニュースを聞いた後の患者やご家族に対するコミュニケーションスキルも必要になります。
 

(6):ターミナル期の患者への看護スキル

急性期病院の消化器内科であっても、必ずターミナル期の患者は入院しているため、この時期の患者に必要な看護スキルも身に付けておきましょう。

ターミナル期の患者・家族への関わりは、言葉かけ1つにしても他の患者とは異なります。実践の場に出てみなければ分らないこともありますが、最低限の知識は予めおさえておきましょう

 

(7):前向きに勉強に取り組む姿勢

消化器内科の看護師には、前向きに勉強に取り組む姿勢が求められます。特に、最先端医療を施す総合病院や大学病院に勤務するのであれば、なおさらのことです。

 

消化器内科は勉強会が多い

数ある内科の中でも、非常に幅広い分野の疾患を扱う消化器内科ですので、勉強会も多いです。勉強会が多いということは、当然のように時間外業務も多くなることは念頭に置いておきましょう。

 

3.消化器内科で働く看護師の1日のスケジュール

消化器内科で働く看護師の1日のスケジュール
消化器内科で働く看護師の1日のスケジュールをお伝えしていきます。あくまで一般的なスケジュールになります。

 

午前中:診察前の検査確認

必要に応じて、診察前に検査前の採血が終わっているか、検査前の処置が済んでいるかなどの確認を看護師が患者に声掛けします。総合病院などでは、受付スタッフが対応することが多いですが、それでも高齢の方や通常の流れではない場合には、看護師が診察前に対応します。

 

午前中:診察介助

消化器内科の看護師は、検査や入院説明が多く、医師の診察についている時間はあまりないのが現状です。しかし、消化器科では腹部の触診、直腸診や肛門鏡、外来での超音波検査などがあり、男性医師が女性患者を診察する際には必ず看護師は同席を求められます。これも消化器内科の看護師の一日のスケジュールの一つです。

 

休憩:休憩は交代で行います

午前診・午後診と別れていても、診察が延長するのは消化器内科の特徴です。それは医師が診察途中で緊急内視鏡に出向いてしまうことや、がん患者に対するインフォームド・コンセント(IC)などが入り、診察時間が1時間近くにわたることもあるためです。

そのため、休憩は交代でとることになり、時間も遅くなることが多いです。

 

午後:書類整理

午前診はブースを全部使って診察することが多いため、看護師は自分が対応した患者の記録や書類整理などをする場所の確保が難しく、そもそも時間の余裕もありません。

そのため、看護師が予約入院の管理や、必要な書類の管理などを行う時間は午後になります。午後の時間で、やっと看護スタッフが情報共有をする時間もでき、ホッとできるひと時です。

 

ポイント!

ポイント

消化器科の医師は緊急対応を受けることが好きな人が多いため、その対応に追われ書類などの整理が残務となってしまうこともあるのでご注意を。

 

4.消化器内科働く看護師のメリット

消化器内科のメリット

がんの克服は現在の医療の大きな課題となっていることもあって、がん治療の技術は年々革新が行われており、それについて勉強することができるのも消化器内科の看護師のメリットです。

人体の主要器官である消化器について専門的な知識を身に着けることは、その後他の診療科に移ったとしても必ず役に立つでしょう。

 

患者ひとりひとりと向き合える看護

ひとりひとりの患者に対して看護師として説明する場面が多く、他の忙しい診療科よりも患者と向き合った看護を行うことができます。

患者の指導や説明に費やす時間も多く、逆に普段からじっくりとケアをしていないと細かい病状の変化に対応できないのです。

 

消化器疾患の検査・治療が学べる

消化器内科で看護師として働くメリットは、消化器の病気や検査に詳しくなり、知人などに質問されても詳しく説明できるようになることです。これは、本当に役に立ちます。

また、緊急性だけでなく慢性疾患の患者のケアまで学ぶことができ、幅広い年齢層の方に対応できるコミュニケーション能力も自然と身につくため、看護師として成長できます。

 

がん患者の支援ができる

消化器内科は、5大がんといわれる胃がん・大腸がん・肝臓がんの患者がかかる診療科です。がんの告知から抗がん剤治療、緩和ケアまでの患者にかかわることが可能です。幅広くがん看護を深めたい方には、消化器内科で働くことはメリットになります。

 

ポイント!

ポイント

消化器内科は他の診療科に比べてがん患者が多いのも特徴です。そのため、がん看護についてのさまざまな経験ができますし、がん看護に関する認定看護師の資格が取りたいという人にも最適でしょう。
がんの克服は現在の医療の大きな課題となっていることもあって、がん治療の技術は年々革新が行われており、それについて勉強することができるのも消化器内科の看護師のメリットです。人体の主要器官である消化器について専門的な知識を身に着けることは、その後他の診療科に移ったとしても必ず役に立つでしょう。

 

5.消化器内科働く看護師のデメリット

消化器内科デメリット

消化器内科で働くことは、看護師にとってメリットばかりではありません。転職する方はしっかりデメリットと向き合いましょう。

 

「お看取り」が多く精神的にはハードな職場

消化器内科に入院している患者の多くは、消化器系のがんを患っています。そのため、消化器内科の看護師は他の科と比較すると「お看取り」が多く、精神的にはかなりハードな職場です。

そのため、今まで外科系でしか働いてこなかった看護師は、環境の変化に戸惑うことも多いかもしれません。

 

感染のリスクが高い

消化器内で働く最大のデメリットは、下痢や嘔吐の患者のケアを行う際に自分がノロウイルスなどにかかる可能性が高いことです。これは、消化器科の医師自身も同じです。診察に来た患者が下痢や嘔吐、発熱の症状がある場合には、感染対策を十分に行うことが大切です。
 

次々と検査説明に追われる

消化器内科の主な仕事は検査です。そのため、検査説明が多く、その間に入院や緊急対応が必要になる患者が入るため、時間に追われがちです。内科でありつつ、時間に追われ、説明責任も求められるため、それがストレスに感じてしまうこともあります。
 

排泄物の片づけ

消化器科は、嘔吐や下痢、吐下血の場面に遭遇するリスクが高い診療科です。そのため循環器内科や内科などに比べて排泄物の処理にあたる可能性があります。消化器疾患は外科も内科も、排泄物の対処は必須になります。

 

6.消化器内科の看護師で楽しかったこと

消化器内科の看護師で楽しかったこと
外来の中では、患者と話す機会が多く、また長期にわたり通院する人が多いため、患者と顔見知りになれます。検査などの説明をしながら、患者の相談に乗ったり、スキンケアを含めた患者指導ができたりしたことは、とても楽しかったです。

 

他部署と仲良くなれる

消化器内科の特殊性でもありますが、超音波室などの検査部・内視鏡室・放射線診断部門・外来化学療法室・消化器内科病棟など、多くの部署と連絡を取り合ううちに、その部署のスタッフと仲良くなれます

ポイント!

ポイント

検査に患者を移送することもあり、検査を直接見る機会も多くあります。その部署の人と仲良くなると、検査について質問しやすくなり、とても勉強になりました。検査内容を知ることで、より検査説明に活かすことができたのでとてもよかったです。

 

7.消化器内科の看護師で辛かったこと

消化器内科の看護師で辛かったこと
消化器内科で働いて辛かったことといえば、内科の医師の特徴でもある「否定するねちっこさ」を持つ医師との関わりです。

外科医師は迷ったら「手術をしてみるか」という視点でものを見ますが、内科医師は「この疾患を否定するために検査をする」視点でものを見るため、高齢の方でも検査が多くなってしまうのです。

ポイント!

ポイント

医師の考え方を理解はしても、「本当にこの検査が必要なのか?」と疑問を持つこともあり、その気持ちを患者には伝わらないように検査説明をすることがつらいこともありました。ですが、医師の性格を理解し、患者の状態を上手に伝えるコミュニケーションスキルをつけることで、解決できることでもあります。

 

まとめ

消化器内科で働くことは、思った以上に忙しいと思います。なぜなら、消化器内科は他の診療科と比較して、扱う臓器が断トツで多いからです。当然のように必要な知識・技術も多く勉強も大変です。

ですが、ただ医師の診察につくよりも患者の指導や説明に費やす時間も多く、看護師としてはやりがいが高い診療科です。誰もがかかる病気の知識をつけたい、慢性疾患やがん患者のケアがしたい方には、おすすめの領域です。

消化器内科は、数ある内科の中でも一番忙しい診療科かもしれません。

そのため、勉強熱心で向上心が強い看護師には最適な職場だと言えますが、プライベートを重視したい看護師は避けた方が賢明かもしれません。

 


看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。

看護師求人サイト口コミ

  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較、ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。口コミには個人差がありますので、自身の目で比較することで、転職成功への近道となります。


この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事は「ラビウサ」さんの執筆でに公開しています。 最終更新日:2017年03月09日(運営元:看護師転職ジョブ

当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。