著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護師が病院で働くデメリットを3つの場面から検証!

kameko
看護師スタッフkameko
看護師が病院で働くデメリットを3つの場面から検証!

看護師が一般の病院で働いた場合、キャリアの面でもスキルの面でも、沢山のメリットがあります。しかし、そこにはメリットだけではなくデメリットも感じる看護師も多いのではないでしょうか。ここでは、多くの看護師が感じているであろうデメリットを紹介していきます。

1.病院の残業にまつわるデメリット

看護師業務デメリット

残業に関しては、看護師としてどこで働いても付きまとうデメリットではありますが、特に病院で働いている看護師が顕著なのではないかと思います。ここでは、病棟の看護師がどのようなタイミングで残業をしなければならないのかをみていきます。

通常業務での残業は当たり前

まず、通常業務で、定時に帰れるということは早々ないでしょう。個人の力量にもよるため、定時で帰れるという人も中に入るかもしれません。しかし、もし定時で帰れるとしても、前残業といって、勤務時間よりも早く、職場へ到着して仕事を始めている場合もあるため、完全に残業なしという人は早々いないのではないでしょうか。

引き継ぎがあるが故の残業・・・

クリニックはお客さんが来なければ帰れますし、老人施設も受け持ちをしているわけではないため、定時で上がれることがほとんどですが、病院では受け持ち患者として診ている以上、全てを終えなければ、次の勤務帯へ引き継げないため、何が何でも終わらせなければなりません。
また、自分の仕事が終わっても、人の仕事を手伝わざるを得ない状況だったり、記録物に追われてしまい、帰るタイミングを失ってしまう方も数多くいます。

急変したら絶対に帰れません!

病院で1番免れられない残業理由がこの急変です。急変やステルベンに病棟が騒いでいたら、何食わぬ顔して帰ることはできませんよね。にもかかわらず、もし残業せずに帰ってしまった場合には、次の日の出勤で痛い目にあってしまうことは必至でしょう。

 

急変にあたったらプライベートを犠牲にする覚悟で

そのため、プライベートで何か用事があったとしても、急変に当たったら、残業しなければなりません。これは、病院じゃなくても、医療関係の施設であれば、ありうることかもしれませんが、やはり頻度が多いのは、病院なのではないでしょうか。

 

指導係に当たったらさらに帰れません!

特に、3年目以上の職員が苦しめられる残業内容がこの指導係です。プリセプティ指導であったり、看護学生指導や、インターンシップ指導があります。そして、何か指導してしまえば待っているのが報告書などの書類書きですね。

特にプリセプティや学生の指導であると、相手が書いてきた書類たちを見て添削もしなければなりません。看護業務と人様の文章を見るという業務はまた別で、特に慣れていないとかなりの時間を有してしまうんです。この辺に関しては、特に中堅以上が感じる苦労なのでなないでしょうか。

 

勤務外で行うことが必須な看護研究

看護研究や症例研究などの研究結果をまとめたり、研究データを集めたりするのって個人情報の関係から病院でやらなければならないということが多いかと思います。もちろん、勤務時間内にそのようなことをしている時間はほとんどないでしょう。そのため結果として、残業をしてやらざるを得ないという状況になります。

また、共同研究をやっていれば、その共同研究者が揃うまでは待機していなければなりません。そのため、中には、日勤後帰宅時間が22時代になったという人や、夜勤明けから残り続けて病院を出られたのは日勤と同じ時間という人もいるほどです。

 

看護師の責任感が残業の多さに繋がっている?

看護師という職業に就く人って責任感が強い人が多く、そのため、どれだけ自分の時間を割いてでも、業務に徹ししてしまうという人が多いのではないかと思います。その結果が、残業の多さに繋がっているのではないでしょうか。

 

2.病院の人間関係にまつわるデメリット

看護師人間関係

人と関わる機会の多い職業ですから、その分だけ、人間関係に苦労している方も多いのではないでしょうか。
看護師の離職理由に多いのがこの人間関係によるしがらみです。では、どのようなことがデメリットの要素となるのでしょうか。

病院内の派閥争い

病院が大きかろうが、小さかろうが、関係なく、派閥があるかと思います。
まるでドラマの世界のような話なのですが、どの先生につくとか、どの看護師の味方なのかとか、などということも実際あるのです。

正直、面倒なところではありますが、病院社会に所属している以上、そこに付き合わなくてはなりません。

 

お局看護師の存在

「お局」はどこの職場にも存在しており、職場を牛耳っている存在なのかと思います。しかし、病院でのお局は他の職業よりも厄介なのではないでしょうか。看護師は、女性だらけの職場であり、男性は本当に少数です。他人には厳しく、理不尽なことを押し付けてくるのに、自分には甘く、医師が来ると、ころっと態度を変えるようなお局看護師は誰しも出会ったことがあるでしょう。

 

男性スタッフとのしがらみ

病院の看護師は、男性の医師やリハビリスタッフとのしがらみもあります。そもそも、医療職は職場恋愛が他の職業と比べてかなり多い職業です。そのため、同僚の元彼にデートに誘われた!とか、各病棟に彼女がいる医師とか、ドラマのようなことが本当に起きたりします。傍から見ている分には良いのですが、ひとたび自分が巻き込まれるとかなり面倒です。
 

3.勉強にまつわるデメリット

看護師勉強

看護師職最大の特徴が日々勉強をしていかなければならないことです。「社会人は日々勉強、給料の1/4は勉強の費用に充てろ」とはよくいいますが、どのようなところが看護師ならではの勉強の特徴となるのでしょうか。

 

今日の常識が明日の非常識となりうる

看護師は人の命を預かっている職業でもあるため、自分の知識不足が人様の命を奪う可能性もあり、並みならぬ勉強が必要となるのです。また、医療の世界は日々変わっているため、今日の常識が明日の非常識となりうる場面も多々あります。そのため、日々学習して新しい知識を取り込んでいかないとついていけなくなってしまいます。

他の職業の人たちがゆっくりと休んでいる休日や仕事後にも、休み返上で勉強会に参加せざるを得ない場面が出てくるため、プライベートを重視したい看護師にとってはやはりデメリットとなってしまうようです。

 

特に新人看護師は帰ってからもひたすら勉強勉強!

どの職業でもそうだと思いますが、新人は特に覚えることがたくさんあります。ましてや前述もしたように、人の命を預かる職業、新人だから知らなかったでは済まされないことが多々あります。そのため、新人看護師は先輩の何倍も勉強をしなくてはなりません。看護師は1、2年目が勝負とよく言われる所以もここからきているのかもしれません。

 

まとめ

デメリットもなかなか多く、特に1~2年目は苦労、苦悩の連続だと思いますが、ここで頑張っておくと、後々看護師として、仕事もプライベートも楽しめるようになるのではないでしょうか。また、ここで培った知識や人間関係の能力はきっと将来、どの分野に行っても使えるものと思います。看護師不足が深刻となる昨今ですが、ぜひ、デメリットにも打ち勝ち、病院で活躍してほしいと思います

 



看護師パンダ 看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング


この記事を書いた人

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師の実情

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年05月01日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。