著作者

のんぴー

現役看護師

のんぴー

( 看護師 保健師 )

看護師の人間関係に疲れたあなたへ!転職する前に考えてほしい4つのこと

のんぴー
現役看護師 のんぴー

病院に限らず、どの職場にも様々な人がいるため、自分の好きな人とだけ働くことはできません。

そのため、人間関係が原因で退職を考えている看護師は「人間関係を修復できる方法はないか」「今の職場でしか身につけられない知識・技術はないか」等を少し立ち止まって考えてみることが必要です。

今回の記事は、今の職場を退職することが本当に今のあなたに合う決断なのかを考えてもらうポイントを話していきます。

1.人間関係に疲れたぐらいで転職してもいいのか

人間関係に疲れた看護師

社会人として、職場の人間関係に疲れたというくらいでその職場を辞めてしまうのは周りから「自己中心的」「忍耐力がない」等と捉えられてしまう可能性があるため、今の職場でできることを最大限やってから、転職に踏み切りましょう。

以下に「人間関係につかれたくらいで転職しても良いのか」についてまとめました。

 

今後転職を繰り返すことになる場合もある

人間関係が原因で退職をすると、次の職場でも同じように悩む場合があります。

特に仕事を始めたばかりの時期は、「業務を覚える必要がある」「新しい人間関係を築いていかなければならない」等の手間があるため、それを踏まえてでも転職をしたいのかを考えてみましょう。

 

今の職場がまだ良い場合もある

転職後に「前の職場の方が良かった」ということに気づかされる可能性があるため、転職は真剣に決断する必要があります。

そのため、興味がある病院や部署で勤めている友人がいれば、話を聞いて比較してみるのも良いでしょう。

友人も同じように職場の人間関係で悩むことがあれば、その問題は他の職場でも起こることであり「転職で全てが解決するわけではない」ということが分かります。

 

2. 自分の行動で人間関係を修復できる方法はないのか

職場ではプロ意識を持つ看護師

人間関係の問題は、相手と関わる際に生じる困難やストレスが主な原因であるため、それらを少しでも自分の行動次第で変えることができれば働きやすい職場にすることができます。

「自分の行動で人間関係を修復できる方法はないのか」ということについて、以下に述べていきます。

 

職場ではプロ意識を持つ

プライベートでは絶対に話したくないと思っていても、職場では専門職としてのプロ意識を持ち、お互いを尊敬し仕事をしていくことがプロフェッショナルな看護師と言えるでしょう。

 

どこに行っても相性の合わない看護師はいる

仲の良い人ばかりがいる職場が理想とされますが、現実は様々な背景や性格を持った看護師がいるため、自分とは全く価値観が違う人と一緒に仕事をしなければならない状況が多くあります。

 

ポイント!

ポイント

「自分と相性の合わない人はいる」と割り切って仕事をすると、人間関係におけるストレスが溜まりにくくなります。

 

相手への関わり方を変えてみる

相手の行動を変えることは簡単ではないため、自分から行動して相手への関わり方を変えてみると良いでしょう。

 

補足説明!

ポイント

問題を理解していない人に対して「どうして分かってくれないの」と、相手の行動の変化を求めると余計に自分の時間と労力がかかりストレスになってしまいます。

 

3.今の病院でしか身に付けられない看護知識・技術はないのか

今の病院でしか身につけられない看護知識を学ぶ看護師

私が働いていた病棟は、消化器外科と整形外科の混合病棟でどちらの看護技術も学ぶことができる貴重な病棟だったため、もし私が人間関係で悩んで転職をした場合、得られるはずだったこれらの技術が中途半端となり次の転職に不利だった可能性もあります。

「今の病院でしか身につけられない看護知識・技術はないのか」については、以下の通りです。

 

自信がない・未経験の技術をまずは習得する

技術が中途半端で退職をすると、せっかく今まで働いていた経験が次に活かせなくなるため、現在働いている職場で「自分に自信がない」「未経験の技術がある」等の場合は、積極的に覚えるように努めましょう。

まずは、現在の職場で1人前になることを目指しましょう

 

人間関係と看護技術は別と捉える

人間関係が原因で転職を考える看護師は、職場の雰囲気と仕事のスキルを身につけることが別であることを意識してみましょう。

看護師としてのキャリアを考えた際に、現在の職場の看護技術がどれほど今後に生きるかを考え、人間関係の疲れとは一旦離して考えてみると割り切って技術の向上に努められます。

 

4.人間関係の悩みを相談して状況を改善することはできないのか

師長に人間関係の相談をする看護師

「人は、悩みを話すことで既にその問題のほとんどが解決してしまう」と言われているほど、ストレス緩和には自分の感情を表現することが必要不可欠で、有効な解消法の1つです。

それでは、以下に人間関係の悩みを相談して状況を改善することについて、見ていきましょう。

 

師長に相談してみる

人間関係の相談をするとなると同僚や先輩に持ちかける事が多いですが、根本的な解決には至らないため、思い切って師長に相談してみるのも良いでしょう。

自分がある特定の看護師との関わり方で悩んでいることを真剣に伝えれば、勤務を別にしてくれる等の配慮をしてくれる可能性があります。

 

患者の安全性に影響している場合は早急な対応が必要

看護師間の人間関係が患者の安全性に影響している場合は、早急に対応する必要があります。

例えば、ある先輩看護師は自分が楽をしたいからと言って新人や若い看護師に重症患者を押し付けて、手伝うこともせずに携帯をいじっている等ケースです。

助けと頼むと「私は忙しい」と言われそれ以上聞いてもらえない場合は、患者の安全に関わりチームナーシングとしてその看護師は業務を怠っていると言えます。

 

5.まとめ

人間関係に疲れた看護師が転職をする前に考えてほしいことを考慮した上で、それでも「どうしても改善されない」「むしろ悪くなっていくばかりだ」ということであれば最終的に転職をするのが早い解決策でしょう。

人間関係が原因で体調不良やうつになる前に、早めに見極めて自分にとってベストな選択をすることが大切です。

今回の記事を読んで、人間関係に悩んでいる看護師が少しでも減り、満足のいく職場環境で過ごすことができれば幸いです。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

日本で看護師として3年間総合病院で働き、海外に住みたい夢を叶えるためオーストラリアに看護留学へ。2017年に念願のオーストラリアの正看護師になりました。日本の看護の良さを海外にもっと広めていきたいと思っています。海外看護師、海外医療に関する記事を中心に書いていきます。


カテゴリー:看護師の人間関係

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:のんぴー
(公開日:)(編集日::2017年09月06日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。