著作者

くろかみ

現役看護師

くろかみ

( 看護師 )

総合クリニックへ転職する看護師の必要スキルとメリット・デメリット

くろかみ
現役看護師 くろかみ
看護師 総合クリニック 転職

看護資格で働くことのできる職場はたくさんありますが、大学病院、総合病院などで経験を積んだ後、次の就職先として総合クリニックを選択する人も多くいるでしょう。

大学病院、総合病院などとは異なるシステムや環境の中で、これまでの経験を活かして総合クリニックで働くことは可能でしょうか。

総合クリニックで働く看護師の仕事内容と必要なスキル、メリット・デメリットや求人を選ぶ際の注意点についてご紹介します。

1.総合クリニックの看護師仕事内容とスケジュール

総合クリニックでパソコンを使う女性看護師

総合クリニックで働く看護師の主な仕事内容は、患者対応、診療介助業務、注射、採血、点滴、薬剤塗布、検査結果の電子カルテへの入力などです。

以下で詳しく、1日のスケジュールと他の仕事内容についてご紹介します。

 

総合クリニックで働く看護師の1日のスケジュール

8:00~ 各診療科の準備
医療機器・電子カルテの立ち上げや掃除、診察に必要な物品の準備など
8:30~ 午前の診療業務開始
診療介助・採血・点滴・予約など
12:00~14:00 交代で昼食(1時間)
14:00~ 午後の診療業務開始
診療介助・採血・点滴・予約など
17:00~ 診療と同時に片付け開始
検体提出の再確認など
17:30 各診療科の片付け、次の日の準備など

総合クリニックの1日の始まりは、クリニックを営業する準備です。大きな病院では看護助手が行っていた業務も総合クリニックで働く看護師業務の一つです。

 

補足説明!

ポイント

昼食時間を1時間とれるということもクリニックならではないでしょうか。

病棟では業務に追われ昼食時間もとれないことも多いですが、総合クリニックでは繁忙期以外は比較的休憩時間と勤務時間の区別がつきやすいです。

 

検査技師と共に検診業務を行う

総合クリニックは、検診業務として、企業の健康診断を実施します。

検査技師が主体的に行いますが、看護師も採血や身体測定など活躍できる場が多くあります

他にも、看護師の仕事内容として

  • 内視鏡検査業務(クリニックによる)の準備、実施、片付け
  • 急変患者の対応や総合病院への移送介助(頻度は高くない)

などがあります。

 

インフルエンザ予防時期などは繁忙期となる

総合クリニックは、季節によって業務の忙しさに特徴がでます。

インフルエンザ予防時期などの繁忙期は残業もありますが、健康診断開始前の閑散期には比較的ゆっくりと業務に取り組めます。

そのため、閑散期に業務の見直しや勉強会への参加がしやすくなります。

 

2.総合クリニックへ転職する看護師に必要なスキル

男性にタブレットを見せる総合クリニックの女性看護師

総合クリニックの看護師として働くうえで、必要となるスキルについてご紹介します。

 

患者をスムーズに診察へ回すスキル

総合クリニックの看護師は、入職時から即戦力として働くことを求められています

病院で培った知識ももちろん必要ですが、それよりも上記に述べたような業務をこなせるようになることが重要です。

採血などの看護技術の他に、外来患者や検診患者をスムーズに診察へ回せるようスピードが求められます。

 

患者に親しみのある接遇をするスキル

総合クリニックでは、地域の高齢患者の健康管理を支援すると同時に、高齢患者にとって地域のコミュニケーションの場としての役割を担っているため、患者に親しみのある接遇スキルを看護師に求める職場が多いといえます。

そのため、病院に比べスタッフ一人一人の接遇に力を入れている傾向にあります。

 

患者ひとりひとりの要望に答えることが重要

総合クリニックでは、看護師が通院患者ひとりひとりの要望に答えるといった側面も病院に比べて強いです。

そのため、名前を覚えるなどの親しみを持った接遇を心がける以外に、病院からの退院後の生活支援や独居高齢者の健康指導など、より個別性を尊重した看護が求められます。

 

補足説明!

ポイント

クレーム対応も大きな病院のように専任スタッフがいるわけではないため、サービス業に近いような接遇が求められることも多いです。

 

非常勤医師とのコミュニケーションスキル

総合クリニックで働く看護師は、常勤の医師以外に、非常勤医師と働くことが多いです。

そのため、各医師が診療しやすいような環境整備やスタッフ間の共通認識も必要となり、看護師にコミュニケーション能力が求められています。

 

3.総合クリニックへ転職する看護師のメリット

笑顔の総合クリニックで働く女性看護師

総合クリニックへ転職する看護師のメリットをご紹介します。

 

地域住民の健康支援に携わることができる

総合クリニックでは、クリニックを利用する地域住民の健康支援に携わることが出来る点がメリットといえます。

また、健康支援に携わることで、予防診療として健康診断を通じて病気の早期発見、早期治療につなげることができ、患者の健康支援に携わりたい看護師にとって総合クリニックはとても良い環境です。

 

補足説明!

ポイント

病院では地域に戻るまでを予想した患者教育支援ですが、総合クリニックでは実際の生活者としての患者支援ができます。

 

病院に比べ身体的・精神的疲労が少ない

総合クリニックは夜勤が無く、病院ほど生死に関わるような緊張感が少ないため、病院に比べて看護師の身体的・精神的疲労は少ないでしょう。

病院に比べて残業も格段に減るため、プライベートの時間や予定も確保しやすい傾向にあります。

世間一般の会社と同様に、年末年始やお盆休みなど、まとまった休日が確保されていることもクリニックならではの特徴です。

結婚・出産・子育て中も、時間短縮などの勤務携帯で継続的に働ける場としてのメリットもあります。

 

各診療科の幅広い知識を学ぶことができる

総合クリニックの主となる外来業務では、いくつかの診療科を併設していることが多いです。

需要が高い内科以外に、整形外科、婦人科、泌尿器科、皮膚科など多岐に渡ります。

各診療科の診療介助につくことで、幅広い知識を学ぶことができます。

 

ポイント!

ポイント

実際にその知識を活かし、患者から直接症状を聞き、何科への受診を勧めるべきかなどの患者対応もよく行います。

 

4.総合クリニックへ転職する看護師のデメリット

お金に困る総合クリニックの看護師

次に、総合クリニックへ転職する看護師のデメリットについてご紹介します。

 

研究や専門知識習得のための支援体制が整っていない

クリニックも様々な専門性や利便性を追求した経営を求められている中で、総合クリニックの看護師もレベルの高い技術や知識を要求されています。

しかし、大きな病院のように研究や専門知識の習得のための支援体制は整っていないことが現状でしょう。

先端医療を追求する、専門知識を学ぶということに関しては、様々な科が存在する総合クリニックでも難しいことが多いです。

 

病院に比べ給料が低くなる

病院に比べ、総合クリニックは給料が低くなることもデメリットの一つです。

特に病院で数年経験を積んだ看護師が、そのままの給料を総合クリニックで維持することは難しいです。

実際にどの程度年収が低下するかは、経験年数やクリニックの提示する給料によって差があります。

夜勤手当がないことや、基本給がやや高い分ボーナスが無いなど、年収が100万単位で変動することもあるため、転職時には給与面を考慮することが最大の課題となります。

 

職場の人間関係が狭い

総合クリニックは、病院に比べて職場の人間関係が狭いことがほとんどです。

常勤勤務では週5日同じスタッフと勤務することになるため、信頼関係が築きやすい一方で、人間関係の悪化が職場環境の悪化につながりやすいとも言えます。

 

5.総合クリニックの求人を選ぶ際の注意点

総合クリニックの求人を探す女性看護師

大きな病院と同様に、総合クリニックでも看護師の需要は高まっています。

希望転職先に選ばれることも重要ですが、自分で選ぶという側面も持ちながら転職活動をしたほうが良いでしょう。

そこで、総合クリニックの求人を選ぶ際、注意点やチェックするポイントについてご紹介します。

 

クリニックを実際に見学することが大切

求人案内を見た際、給与や休日など考慮する点は人それぞれ違うでしょうが、実際に応募して総合クリニックを見学することが大切です。

見学したいと申し出るだけで、応募先の対応を伺うこともできます。

クリニックの雰囲気や、患者や診療の様子を知るために、実際に自分の目で確かめる必要があります。

 

業務を効率化できる電子カルテがあるか確認

個人的には、総合クリニックにおける電子カルテの有無を確認しておくことをおすすめします。

電子カルテは看護師の業務の効率化、時間の短縮化において必要不可欠と言えます。

転職時は新しい職場に慣れるまで何かしらストレスを感じることも多いため、業務上の負担はなるべく軽減できる環境であるかも転職前にチェックして下さい。

 

感染防止のための環境整備がされているか確認

クリニックでは経営上資金が限られているため節約志向が強く、昔は看護師が素手で採血を実施しているところも少なくありませんでした。

新しい知識を取り入れ職場に活かすという視点が病院に比べて遅れをとりがちなクリニックでは、医療者の安全まで配慮するという点が見過ごされやすい時もあります。

自分が安全に働ける職場という視点も、転職活動の際には忘れないほうが良いでしょう。

 

まとめ

総合クリニックでは、基本的看護技術を習得しており、患者や他スタッフと良好なコミュニケーションがとれる看護師が求められています。

病院で働く場合と比べて、給与面ではデメリットの部分もあり、時には看護師業務ではないこともやらなければなりません。

しかし、身体的・精神的疲労の軽減・プライベートの充実などメリットも多いです。

患者の生活に寄り添った看護を提供し、同時に他スタッフと一緒にクリニックを盛り上げていけるよう柔軟な対応ができれば、看護師として新たなスタートを切ることができるでしょう。



看護師パンダ 看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング


この記事を書いた人

大学病院で看護師生活をスタート、現在はクリニック勤務中です。看護師になった年齢が遅いですが、看護を一生の仕事として選んだので、どんな形でもなんとか現場で働き続けたいと思っている看護師です。


カテゴリー:クリニック

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:くろかみ
(公開日:)(編集日::2017年12月14日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。