看護師面接で落とされる本当の理由とは・・・

看護師 面接 落とされる

「書類審査は通過するのに、看護師面接で落とされてしまう・・・」そんな経験を繰り返していませんか。

実は、看護師面接で落とされるのには、ある理由が隠されているのです

その理由を理解しておかなければ、また面接試験で落ちて心に傷を負い、自信を失うことになります。

ここでは、看護師面接で落とされる5つの本当の理由と、その対策についてご説明します。

1.理由1:採用側が求める条件に合わない

看護師の採用にNGを出す採用者

採用条件をしっかりと確認せずに看護師面接に臨むことは、落とされる確率が高くなります。

近いから、休みが多いから、給料などの条件が良いからと、自分の都合だけで求人に応募し面接を受けてしまうと、相手側が欲しい条件とのミスマッチが起こり、採用を見送ることになります。

 

募集要項をしっかり確認して面接に臨む

病院でもクリニックでも、看護師なら誰でも良いというわけではありません。正社員だけの募集もありますし、病棟看護師のみを募集している場合もあります。

募集要項をしっかり確認したうえで面接に臨むことが、自分も「落ちた」ことで傷つかないで済みますし、時間を無駄にしないで済みます。

 

2.理由2:ネガティブな発言をする

面接でネガティブな発言をする女性看護師

看護師面接でのネガティブな発言は、採用側にマイナスなイメージを与えてしまうことがあります。以下で詳しくご説明します。

 

退職理由で前の職場の悪口を言う

看護師面接で退職理由を聞かれることがあります。その際、事実だとしても前の職場の悪口を発言することは、与える印象が悪くなってしまいます。

病院は地域で連携しあっており、採用する側が勤務状態について前の職場に確認することがないとは言いきれないからです。

また、採用した後で折り合いが悪くなった場合に、他の病院で自分達の病院を悪く言われるであろうことも、採用側は気にします。

看護師面接で、退職理由を退職した病院の理由にすることは避けたほうが良いでしょう。

 

ネガティブな自分の体験や思いを伝えすぎる

退職した理由、転職する動機を聞かれた時、ネガティブな自分の体験や思いを伝えすぎることも、警戒されがちです。

体調を壊した、精神的に参ってしまった、介護が必要な家族がいるなど、今後も通院や休みなどが適宜必要になることについては、事実を伝えておくことが必要です。

しかし、大変さをアピールしすぎると、逆に「勤め続けることができるのか」と採用する側に不安を与えてしまいかねません。

 

ポイント!

ポイント

職場は、個人の事情よりも「きちんと働いてくれるのか」を重要視します。能力よりも、勤務実績を大切にする場所です。

自分はこんなに大変・つらいなどと訴えすぎると、面接で落とされてしまう可能性が高くなります。

 

3.理由3:態度や言葉遣いが悪い

NGサインを出すスーツを着た女性看護師

面接において一緒に働きたいと相手に思わせなければ、看護師の転職は成功できません。

たった1回の貴重な面接なのに、表情・態度・言葉遣い・服装が乱れていては、「その程度の態度で良いと思っているのだな」と相手に思われてしまいます。

 

看護師はホスピタリティが求められる職業である

そもそも、看護師はホスピタリティが必要とされる職業です。

学歴や職歴が立派でも、初対面の相手を尊重する態度を見せることができない方は、面接で落とされる可能性が高まります。

 

4.理由4:前の職場が近すぎる

看護師と面接を受ける職場

前の職場が近すぎる場所にあり、採用が決まってから退職を決めようと考えている場合、看護師面接で採用されない理由となります。

新規オープンのために看護師面接をしていた医師から、「近くの●●クリニックの看護師さんも何人か面接に来たけれど、ちょっとね」と採用を見送ったという話を聞いたことがあります。

 

患者同士で噂となるためNG

患者のなかには、地域のクリニックを数か所かかっている方も多くいます。

そんな患者は、「あの看護師さん、●●クリニックで働いていた人よね。何かあったのかしら」と色々と噂するものなのです。

クリニックがはやるのは「口コミ」も大切な要素の一つです。そのため、前の職場から近すぎると面接で落ちてしまう可能性があります。

 

5.理由5:要求が多すぎる

看護師面接における要望のチェックリスト

求人募集が出ると「人手が不足しているなら」と、勘違いして要求を多く出してしまう看護師がいるようです。

例えば、「訪問看護に興味があります」と言いつつ、子供が小さいから残業はできない、家族の協力が得られないからオンコールは無理、月給●●万以上は欲しいなど、「働いてやるから、好条件で雇え」といった考えでは、本当に人手不足であったとしても落とす対象となります。

 

他のスタッフに配慮ができないとみなされる

看護師はチームで仕事をする職種です。チームを乱す要求を呑んでしまうと、そのことがきっかけで前から頑張っているスタッフの不満が募ることになります。

「求人=人手不足=要求が通りやすい」とは限らないのです。他のスタッフに対して配慮ができそうにない、それが落とされる本当の理由です。

 

6.看護師が面接で落とされないためのコツ

面接でガッツポーズをするスーツを着た女性看護師

ここでは、看護師が面接で落とされないためのコツについてご紹介します。

 

相手を選ぶのは受かった後でもできる

看護師面接はお見合いの場でもあります。

相手を値踏みしようとする態度や視線は、面接のプロである相手は簡単に見抜き、逆に冷静にあなたを品定めする結果をもたらします。

 

まずは選んでもらうことを意識する

「この職場で働きたい」自分の気持ちと、相手の「この職場で働いて欲しい」がマッチした上で、諸条件は変化するものです。

まずは、選んでもらうことを意識して、人から見える自分の表情や態度を見直してみましょう

自分を気に入ってもらえた職場が多いことは、自信にもなります。

 

ポイント!

ポイント

自分が本当にその職場に入りたいと考えているのなら、ホスピタリティに配慮した態度・表情・言葉遣いで、面接に臨むことが落とされないコツの一つです。

 

本音を言いすぎない

転職する際に、嘘がない方が良いという考え方もありますが、それは伝える内容によります。

体調のことや介護・育児など、勤め始めた後で他のスタッフにも迷惑がかかる可能性がある事柄については、説明が必要です。

しかし、自分の大変さを訴える、今までの職場での不満などを口にして、「だから、理解した上働かせてほしい」と訴えても、相手は重荷に感じるだけです。

 

聞きたいこと・言いたいことは端的に伝える

給与や勤務体制・休み希望などについても、質問しすぎないことが大切です。

仕事場は、あなた自身の事情を理解しなければならない場所ではありません。

仕事として「やりたい」希望は伝えても、「やりたくない」希望や「自分を受け入れて欲しい」思いは最小限に抑えることが落とされないためのコツです。

 

まとめ

面接を受ける側にとって、どうしても理解してもらうために自分の要求や考えばかりを伝えがちです。

しかし、面接をする側も、「一緒に気持ちよく働いてくれる」姿勢を要求し、自分達の考えを伝えたいのです。

面接試験を無事クリアすることは、自信にもなります。看護師が相手側を選択するのは、後でもできる話です。

看護師面接を成功させるためには、本音を訴えすぎず、ホスピタリティのある言葉や態度で、一期一会の場面である面接に臨むことが大切です。

ラビウサ

【40代後半・資格:看護師(がん看護専門看護師)、消化器内視鏡技師、心理相談員】

看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。