著作者

RAY

現役看護師

RAY

( 看護師 )

看護師が面接の逆質問で聞いたほうが良いこと・悪いこと

RAY
現役看護師RAY
看護師 面接 逆質問

看護師が転職の面接を受ける際に躊躇してしまうことが、面接中の逆質問についてです。

失礼にあたってしまうのではないかと思うと聞きづらく、質問を遠慮する看護師も多いようです。

そんな看護師に向けて、転職エージェントによっては逆質問したい内容をあらかじめヒアリングし、代わりに逆質問するというサービスも行っているほどです。

ここでは、そんな転職に関する看護師の面接において、逆質問して良いこと・悪いこと、聞く際の注意点についてご紹介します。

逆質問して良いこと 職場のリアルな勤務時間帯
休日について(シフト制の勤務先に限る)
福利厚生とその具体的な活用方法
求められる看護技術
勉強会などがありスキルアップできる環境か
逆質問しない方が良いこと スタッフ間の人間関係について
給料の詳細について

以下で詳しくご説明します。参考にしていただければ幸いです。

1.看護師の面接で逆質問はしても良い?ダメ?

困っている女性看護師

まず、転職する看護師が気になるのは逆質問をしても良いかどうかということでしょう。

一概に断定はできませんが、自分の経験上逆質問はしても良いものと考えています。

面接の後に転職先は必ず「何か質問はありませんか?」と聞いてくれます。

この時、何もないよりは、何かしら質問をした方がやる気があるように捉えてもらえる傾向にあるようです。

そのため、採用されやすさもアップする傾向にあります。

 

ポイント!

ポイント

ほんの些細なことでも構わないので、気になったことは質問をすると自分の好感度アップにも効果的に働きます。

 

2.看護師の面接で逆質問しても良いこととは?

握手するスーツを着た女性と男性

逆質問はした方が効果的と上記で書いてありますが、逆質問をして良い質問と、悪い質問があります。

ここでは逆質問をしても自分の好感度を下げない質問内容をご紹介します。

 

(1)職場のリアルな勤務時間帯について聞く

募集要項などに明示されている勤務形態だと、なかなか勤務の実態が分かりにくいものです。

例えば昼休憩は何時にとれるのか、何時頃から来て仕事を始めているかなど、その職場のリアルな情報は逆質問としてとても良い質問です。

質問される側からすると、逆質問されることによって熱心に面接を受けている、自分たちのところで働こうと考えてくれているという印象を持ってもらえるため、逆質問することによって自分の好感度を上げることにもなります。

 

残業についての情報も知ることができる

「残業」という言葉を使うとなかなか質問しにくいですが、「職員は大体何時頃来て、何時頃帰るのか?」と聞けば、残業という言葉を使わずに残業があるのかないのかが分かります。

工夫して逆質問をすることで、自分の株を下げずに自分の聞きたい情報を聞き出すことが可能であり、むしろ転職先側が逆質問を望んでいるということもあります

 

ポイント!

ポイント

私が面接を受けた医療施設では、本当は残業が多くても求人情報にそれを明記してしまっては面接を受けに来る人がいなくなる、しかし面接を受けに来た人に嘘をつきたくないと、逆質問してくれた人にだけ残業の実態を教えるというところもありました。

 

(2)休日について聞く

休日についての質問も、転職先側が自分のところでの転職を考えてくれていると捉えてくれる質問です。

有給の消化率やお盆等に休みが取れるかなども、聞いたことによって好感度が落ちる質問ではないでしょう。

逆に質問せずに入職し、あとからこんなはずじゃなかったと辞められてしまう方が相手側も困ってしまいます

ただし、休みについて気軽に聞けるところは、病棟などのシフト制の施設となります。

 

シフト制でないところには不向きな質問であるため注意

クリニックなどのシフト制ではないところでは休みが決まっています。

休日ではないところに休日をとる場合は、看護師同士で話し合ってシフトを組む必要があり、極力休日以外のところで休みを入れることは避けてほしいという傾向にあります。

そのほとんどは看護師同士で話し合って行うため、クリニックで面接をする立場である医師は詳細を分かっていない場合もあり、事実と異なる返答となることもあります。

そのため、クリニックでの面接では逆質問に不向きな質問となるので注意しておく必要があるでしょう。

 

(3)福利厚生とその具体的な活用方法を聞く

福利厚生はホームページなどに書かれていても、実際の活用方法がよく分からないという看護師も多くいます。

また、どんな福利厚生があるのか求人情報を見ただけではいまいち理解できないということもあります。

そのため、逆質問をして情報を収集しましょう。中には求人情報に記載されていなかった福利厚生の情報を手に入れることができます。

 

病院から病院以外に転職する看護師は注意が必要

病院から、クリニックや高齢者の施設など病院以外のところに転職する方には注意してほしいことがあります。

病院は福利厚生が充実している傾向にある一方で、クリニックや高齢者施設、訪問看護などでは福利厚生が病院ほど充実していないところがほとんどです。

福利厚生を聞いても「これだけ?」と驚くほど少ないこともあります。

 

注意点!

ポイント

感情が顔に出やすい人がこの逆質問をして素直な感情を顔に出してしまい、それが原因で不採用となったという例もあるようです。

感情が顔に出やすい人で病院から他の施設へ転職を検討している場合は、感情をカバーしながら逆質問する、もしくはあえて自分からの質問を避けるようにすると良いでしょう。

 

(4)転職先で求められる看護技術について聞く

面接では、職歴からどのような看護技術ができるか、今までの経験を聞かれます。

看護技術の経験が浅くても、転職先の専門分野を把握して、どのような看護技術が多いか質問することで前もって勉強して転職先に臨む意気込みを伝えることができます。

また、自分が知っている範囲の知識で、管理方法、注意点について質問することでやる気をアピールできます。

 

(5)勉強会などがありスキルアップできる環境か聞く

スキルアップしたい看護師は、勉強会があるか、スキルアップできる環境か質問したほうがいいでしょう。

認定看護師などの資格を取得している看護師がいるか質問しても良いでしょう。

勉強意欲のある看護師は即戦力になるため歓迎されます。

 

3.看護師の面接で逆質問しない方が良いこととは?

NGサインを出す女性看護師

ここでは、先ほどとは逆に質問することで自分の好感度を落としてしまう質問についてご紹介します。

聞きたいことであっても、質問をすることで自分の株を下げてしまうのは嬉しくないものです。

転職に際して転職エージェントに任せている人は、ここにある質問は転職エージェントに代行して質問してもらうと良いでしょう。

 

(1)スタッフ間の人間関係については聞かない

逆質問する人が多い傾向にあるのがこの質問です。しかし、この質問は逆質問しない方が良いものと考えられます。

まず、面接にあたる人の多くは現場にいることが少ないため、現場での人間関係がどうなっているのか分かっていません

そのため、求めている答えが出てくることは少ないです。

 

前の職場で人間関係のトラブルがあったと思われる可能性がある

この質問をしてしまうことで、以前の職場では人間関係のトラブルを起こしていたのかもしれないと思われてしまう可能性もあります。

働くことが確定する前から、スタッフ間の人間関係を根掘り葉掘りと逆質問することは好感度を下げることにもなりかねないため、自分で質問することは控えておくと良いでしょう。

 

(2)給料の詳細については聞かない

質問したくてもしにくいことが給料の詳細についてです。

ボーナスはいくらぐらいか、残業代や月の給料の具体的な額はあまりずけずけと聞きにくいものです。

病院などでは割とフランクに教えてくれる一方で、クリニックや訪問看護といった運営者が個人である、また運営している人から給料をもらうという場合は、転職エージェントでさえも個人からの質問は控えておいた方が良いと忠告するほどです。

給料についての逆質問は個人で行わずに、転職エージェントの力を借りることがベターでしょう。

 

4.看護師の面接で逆質問する際の注意点

椅子に座るスーツを着た女性

逆質問はその内容だけでなく、逆質問の仕方も注意しておく必要があります。

実際に面接官をしたことのある看護師に話を聞いたうえでご紹介します。

 

(1)企業の理念を理解した上で質問する

ホームページなどで情報収集し、転職先の特徴として、力を入れていること、病院のモットーなど把握して質問する必要があります。

病院だけではなく、デイサービス、訪問看護ステーション、高齢者専用住宅など、幅広く活動している病院もあります。

「訪問看護もあって地域に密着した活動もされているんですね」など質問し、転職先に関心を持っていることを伝えると、「見てくれたんですね。訪問看護にも力を入れています。就職した後に異動があっても可能ですか?」など聞かれ、活躍の場の広がりが期待され、好印象を与えます。

 

(2)自己主張が激しい看護師はNGである

自己主張の激しい人は転職先としても受け入れたくない看護師の1人とよくいわれます。

面接は自分自身も働きやすい職場としてふさわしいかどうかを吟味する場ですが、逆に吟味されている場と捉えましょう。

自分の主張ばかりせず相手の話を聞いたうえで逆質問をする、納得いかないことがあっても声高に反論しないということを念頭に置いておきましょう。

 

(3)以前の職場と比較しながらの逆質問は避ける

看護師が逆質問する方法でよくみられるのが、以前働いていた職場もしくは今働いている職場と比較しながら質問をすることです。

確かに、転職先を選択する材料として以前の職場と比較をすることがだめなわけではありません。

しかし、それを新しい転職先に言ってしまえば、「それなら前の職場に戻ればいい」と思われてしまう可能性もあります。

以前の職場と比較して好条件の転職をしたいという気持ちもわかりますが、転職先の前で、しかもまだ面接の段階で言うのはやめましょう。

 

(4)選考されている立場ということを踏まえる

自分は選考されている立場ということを踏まえたうえで逆質問をする内容を考えたほうが良いでしょう。

看護師の転職時の逆質問には社会的な常識が欠如していることがよくあるようです。

例えば、自分は働いてからどのくらいで主任になることができるか、ボーナスは働きだしてすぐにもらえないのかというような質問を受けた人がそこそこいたようです。

これは、一般社会で会社に入るための面接においても考えられない質問です。選考されているということを忘れず面接に臨みましょう。

 

まとめ

意外と逆質問を求めている職場が多い一方で、その内容によって自分の好感度が左右されてしまうのが看護師転職時の逆質問です。

このことを踏まえて、面接時には自分の好感度がアップする逆質問をしてみましょう。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。


カテゴリー:看護師転職面接


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:RAY
(公開日:)(編集日::2017年07月11日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。