ナースジョブの看護師体験談!登録から転職完了まで

私は、何度か転職を経験してはいるものの、今まではいわゆるよく知られていた『大手』のサイトを使っていました。

色々大手の転職会社を利用した結果、次の転職では、実際に自分が今まで知らなかった転職サイトを思いきって使ってみることにしました。

実際に私が利用したことがあるナースジョブという転職サイトについて、登録から内定までのお話をすることで、少しでもナースジョブの利用に迷っている方や登録に躊躇している方のお役に立てれば嬉しいです。

ふーさん【現役看護師】

この記事をかいた人 ふーさん
・北海道/27歳
・5年目の看護師
現在は精神科勤務。毎日慣れないながらも奮闘中。


【目次】
1.転職サイト、ナースジョブを登録した流れについて
2.担当者との面談までの流れ
3.転職先選定から内定までの流れ
4.ナースジョブの担当者はどんな人?
5.まとめ

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.転職サイト、ナースジョブを登録した流れについて

ナースジョブを登録した流れ

元々は、ナースジョブを見つけたきっかけは、ネットサーフィンでした。

ナースジョブは、札幌に本社があります。私は、札幌に住んでいるため、「それならば札幌での転職には強いのではないか?」と思い立ち、あまり自分の中での知名度は高くはなかったものの、サイトの構成だったり、内容などを加味した上で、ここなら大丈夫かと思い、ひとまず登録をしてみました。

 

(1)ナースジョブの登録について

ナースジョブではサイトの登録フォームで、

  • 名前
  • 持っている資格
  • 希望の勤務地
  • 希望の働く科
  • 通勤時間
  • 備考欄

など、入力する欄があったため、入力して登録をした後、割とすぐに連絡がありました

 

(2)備考欄にはメールでのやり取りを希望した

備考欄という欄があり、私は電話が少し苦手だったために面談かメールでのやりとりをお願いしたところ、きちんとメールでの返信が返ってきました。今まで使ったサイトでは、むやみに電話をかけてくるサイトが多かったため、ここでとても好感が持てました。

きちんと目を通してくれているんだな、という気持ちになりました

 

(3)メールのやりとりで転職したい旨を伝える

そして、私もその当時はまだ在職していたために面談はなかなかできずに、最初はメールでのやりとりで転職をしたい旨、その理由、次の勤務先の希望などをお伝えした上で、担当の方が私の転職先を探してくれることとなりました。

 

2.担当者との面談までの流れ

担当者との面談までの流れ

現在の勤務先を退職をしたため、メールでのやりとりから、面談に切り替えて転職活動を始めました。そこから、担当の方との転職活動のピッチが上がったように思います。

 

(1)実際に担当者と会うほうが得られる情報が多い

電話やメールよりも実際に会って話をする方が伝わりやすく、情報も得られやすいと思います。

 

(2)担当者に直接伝えることでより転職候補先が明確になった

私は、ある資格が取りたかったため、その科を学びたい旨、職歴もあるために転職には不安があることなど、素直に伝えました。これも、実際にお会いして、少し打ち解けた時にやっと話せたことです。

担当の方との関係性というのは、とても大事だと思います。

 

ポイント!

ポイント

電話にしても、メールにしても、面談にしても、相性の良いと思える担当の方と転職活動を進めていくことが一番の近道だと感じます。私の伝えた素直な気持ちも踏まえて、担当の方はいろいろと候補を絞ってくれました。

 

3.転職先選定から内定までの流れ

転職先選定から内定までの流れ

担当の方がいろいろと候補を絞ってくれた結果、ここにしようという病院を絞りました。

そして、その病院についての情報をもらい、面接でよく聞かれることもリストアップしてもらい、面接対策をしてもらいました。

面接までは、履歴書を書いたり、志望動機を考えたり、自分なりに過ごしていました。

 

(1)面接当日は担当者同席で心強かった

面接当日です。病院の最寄りの駅で待ち合わせをし、近くのカフェで最終の打ち合わせをしました。履歴書の確認から、面接の流れなど。面接には、担当の方が終始隣に付き添ってくださって、適宜フォローを入れてくれたため、とても心強かったです。

 

(2)合否結果待ち時もフォローがあった

合否については、ナースジョブを経由してのものになるため、少しドキドキはしましたが、その間もフォローがあったため、安心できました。

 

(3)内定後のフォローは嬉しかった

内定が決まり、私は現在その職場で働いています。内定後も、1週間後に現在の状況についてはどうか、フォローの連絡が来ました。契約書の内容とは相違ないか、他に困っていることはないかなど、内定が決まった後もフォローがあります。

内定が決まり、入職した後もなかなか馴染めなかったり仕事が覚えられなかったりと大変だったりするので、このフォローは、とてもありがたいと思いました。

 

4.ナースジョブの担当者はどんな人?

ナースジョブの担当者はどんな人

私の担当者は男性の方でした。質問をしたら、その日のうちにすぐに返信をくれるし、とても丁寧に返信をくれる方でした。

また、こちらの希望をちゃんと聞いてくれて、病院の候補についても、「ずれてるなぁ」という病院選びをしているという印象はありませんでした。

とても真摯に向き合ってくれたと感じています。

もしも、次に転職の機会があったら、次もナースジョブを使おうと思っています。

 

ナースジョブを利用してよかったポイントとは

先程も述べた通り、ナースジョブの本社は札幌にあるため、札幌での転職には強いという印象があります。

札幌の病院の情報はほぼ網羅していると感じました

そのため、どんな病院があるかだけではなく、

  • その病院がどのような病院で
  • どのような特徴があるのか
  • 病院の良いところ
  • 実際はちょっとよくないところ(実は残業が多いなど)

というところまで網羅しているため、情報量が豊富です。全てをひっくるめて知ることができるためにとても病院選びの際に役立ちました。

 

5.まとめ

私は今回ナースジョブに登録したことで感じたことは、どこに登録するかよりも信頼できる担当者に出会えることが大事だと感じました。

二人三脚で足並みを揃えて転職活動を行って行ける担当に出会えることが重要なのではないかと思います。

それが、今回ナースジョブを利用して率直に感じた私の感想です。

 

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。