著作者

tokuhouse

看護師ライター

tokuhouse

( 看護師 )

現役看護師が体験談から語る!看護師のさまざな働き方について

現役看護師が体験談から語る!看護師のさまざな働き方について

楽しく、心地よく、優しく生活していきたい。より自分に合ったライフスタイルを日々探求中です。踊ること、食べることが大好き。 急性期病棟病棟、外来透析、派遣看護師の経験ありです。

看護師をしていると、このまま看護師を続けていいのか、私の人生、看護師だけで終わっていいのか、毎日、病院と家の往復でいいのかと悩むことがありました。

もちろん、その解決法として転職であったり、リフレッシュがあったりとするのですが、どの道を選ぶかは、人それぞれです。

私の場合は、自分のやりたいことを優先して選んだ人生でした。ここでは、看護師の私が歩んできた人生と私の友人の看護師の歩んできた人生を紹介します。

今、自分の人生に悩んでいる看護師がいたら、こういう人生もあるのだと参考にしていただければ幸いです。

ナースではたらこ登録
ナースではたらこの口コミもチェック!

1.自分のやりたい人生を選んだ看護師人生

自分のやりたい人生を選んだ看護師人生

大学卒業後は看護師として3年ほど働きました。その後、私の人生は多く変化します。

 

大学卒業後は混合病棟で3年間働く

大学卒業後は、経験を積みたいと思い、実習病院であった500床ほどの急性期病院に就職しました。学生の時に、特に興味をもった分野がホスピスや在宅であったので、急いでこの分野を勉強したいというこだわりがなく、縁のあった分野でがんばろうという気持ちでした。

 

趣味のダンスのため単身本場ニューヨークへ

高校生の時から、続けていたダンスがどんどん人生の割合を占めていき、行くなら今しかないと思いで、ニューヨークに行くことを決意しました。同じ病棟で働くスタッフみんなにも、ダンスのことは日々話していたので、理解を得られてやめることになりました。そのおかげで、今でも忘年会のダンス指導に呼ばれ、その時のスタッフとの良い関係は続いています。

 

看護師キャリアで後悔になったこと

しかし、とにかく3年働けば一通りのことが経験できると聞いていたのですが、リーダー経験も中途半端にプリセプターも経験せずやめてしまったことには少し後悔がありますし、看護師キャリアの自信のなさにも繋がっているかと思います。

 

帰国後外来透析クリニック看護師に

ニューヨークに行ったことでますますダンスにハマり、もっとダンスをする時間を確保したい、だけど、生活費は必要だと思った私は、下記の条件で就職活動をしました。

  • 夜勤がない(以前の3交代で体調を崩したため)
  • 定時で終わる
  • 家から近い
  • 自分のキャリアアップに繋がる

全く元々興味もなく、未知の外来透析だったのですが、どの病棟に行っても透析患者さんはいるので、後々役に立ちました。元々あまり器用ではないので、一つの分野に4年間携われたことで、より知識を深めることができ、自信にもなりました。

また、外来透析は、経験者しか採用しない病院も多いので、今後、子育ての時期などにもこの経験は糧になるのではないかと思っています。

 

結婚し派遣看護師とダンスインストラクターの二足のわらじに

その後、結婚を機に、派遣で検診補助看護師として働き始めました。夫の理解も得られ、ダンスも仕事として、少しずつお金ももらえるようになってきたので、この時の看護師の仕事は、定時で終わるあまり心身に負担のない仕事、お金のため、と割り切り、ダンスの仕事と二束のわらじの生活をしていました。

 

派遣看護師として急性期病院に転職

検診補助の仕事が1年契約ということもあったのですが、検診補助で日々機械出しの仕事しかしていなかったので、看護技術を忘れていくことや、現場から長く離れていることに不安を覚えるようになっていきました。そこで、日勤のみで週4回の急性期病院の仕事に転職し、ダンスの仕事も続けました。

 

派遣看護師という働き方

派遣であったので、責任のあることは任されず、同世代の看護師とのキャリアの差に落ち込むことはありましたが、最初に就職した病院と同じような規模で働きやすく、看護師の仕事のやりがいも感じることのできる職場でした。

 

出産のため現在在宅ワーク中

今までやりたいこと優先で、お金は二の次と考えていました。派遣であったため、産前休暇、育児休暇がなく、現在も働かなければいけない状況です。

 
 

2.今振り返って思う自分の看護師としてのキャリア

今振り返って思う自分の看護師としてのキャリア

今振り返って私が考える自分の看護師としてのキャリアについてお話したいと思います。
 

諦めたことは同年代看護師とのキャリアの差

上記にも書きましたが、3,4年毎の転職を繰り返しているため、リーダーとしての経験も浅く、プリセプターの経験もないため、他の同世代の看護師と比べるとキャリアの差を感じますし、転職先も限られます。こんなこともできないのか、と自分に落ち込むこともあります。

 

その時の生活で考えなければいけないキャリア

若いうちは体力もあり、睡眠時間を削ってでも無理して働くことができました。しかし、体力の限界を感じ、疲れているときは、仕事の質が下がっていることに年々自分で気づいてきています。

派遣看護師は、自由は効きますし、委員会の仕事、係の仕事など、責任も問われませんが、その分ボーナスもありませんし、退職金もありませんし、育児休暇もありません。

 

転職に後悔はない

やりたいことをやる、と自分で決めてきたことなので、今までの転職に後悔はありません。しかし、これからは子供も生まれますし、新たなライフスタイルのバランスを考えて、今後の転職を考えていこうと思っています。

 
 

3.私の周りにいた看護師たちの働き方

私の周りにいた看護師たちの働き方

私の他にも、様々な看護師の働き方を見てきました。ここでは、その一部をご紹介します。

 

国際結婚をした同期看護師!フランスで看護師になる?

2回目の転職で一緒だった同期の看護師は、結婚してフランス行きが決まりましたが、どうしても看護師の仕事が好きで続けたいということで、語学学校に2年通ったのち、現在フランスの看護学校に通っています。

フランスでは日本の看護師免許は使えないため、1からの勉強のようですが、目標があるので、彼女のブログはいつも生き生きとした写真がアップされていて、こちらまで元気をもらいます。

 

看護師から医師へ?新卒時の先輩看護師の働き方

新卒の時に一緒に働いていた7つ年上の先輩は、仕事に厳しくみんなが恐れる先輩でした。しかし、認定看護師、主任看護師へ周りから勧められることをプレッシャーに感じた彼女は、一旦休憩も兼ねて、石垣島に移住し、新たな土地で看護師を始めました。

5年ほど勤務していましたが、自分と同様に移住者の看護師が多く、スタッフの看護に対するモチベーションが高くないことに嫌気がさしてきた、と関西へ帰ってきました。今は医師免許の取得のための勉強をしているようです。

 

新卒同期看護師はCAへ転職からのやっぱり看護職へ

新卒で同期だった看護師は、看護職から1度離れたいと、以前から憧れていたCAの採用試験を受け、見事合格しました。しかし、研修期間で実際の仕事の内容を知り、看護職のほうがやっぱり自分には向いていると思い、合格を辞退して看護職に戻りました。

 
 

まとめ:やってみなければわからない!人生一度きり!

人生は1度きりです。やりたいと思ったことは、後悔するくらいならやってみよう!それが私の信念です。自分のキャリアについて後悔はしていません。

ただ、考えからは人それぞれ。極端な転職例ばかり挙げましたが、同じ場所でキャリアアップしていく友人のことも尊敬しています。将来のビジョン、目標をもって、その時その時に優先すべきことを考えた転職をお勧めしたいです。

私は2足のわらじでゆっくり亀ペースですが、少しずつ自分の理想のライフスタイルに近づけている気がしています。

 


看護師求人サイト口コミ
  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職サポートしてくれる看護師口コミが良い転職サイトです。口コミには個人差がありますので、自分自身で比較検討することで転職成功への近道となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

この記事は「tokuhouse」さんの執筆でに執筆しています。 (最終更新日:2017年01月31日) By看護師転職ジョブ


当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事を読んだ看護師さんへのおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。