今さら聞けない?看護師の「ノートのまとめ方」

看護師のノートのまとめ方

突然ですが、先輩看護師にこんな指摘を受けた経験のある看護師はいがいに多いのではないでしょうか。

ノートのまとめ方がきたない!だからミスするんじゃない?」と。

注意するプリセプター

私も新人時代、プリセプターにそう言われたことがありました。

実際当時の私は、ノートにメモした内容は字が汚く解読できなかったり、どこに何を書いたか分からなくなったりと、調べるときにもたつき、せっかくメモした内容が無駄になっていました。

新人看護師のぐちゃぐちゃなノート

そして、そんな私を見かねたプリセプターは、ノートのまとめ方についていろいろアドバイスしてくれました。

おかげで、一度習ったことについては、ミスをすることなく仕事ができるようになりました。

ここでは私が、実際にどのようにしてノートをまとめていったのか、ご紹介していきます。

1.看護師のノートは「メモ用」と「まとめ用」に分ける

新人看護師の2冊のノート

まずプリセプターに言われたのは、ノートを「メモ用」と「まとめ用」に分けることでした。

余談ですが、ノートは仕事中何度も目にするものなので、自分のテンションが上がる柄のものを選ぶと良いですよ。

 

「メモ用」に急いで書いたものを、「まとめ用」にきれいにまとめる

メモ用のノートには、どんなに雑でも良いので、先輩看護師から学んだことを一言一句聞き逃さないよう、急いで書きます。

ただ、ご存じの通り、この「メモ」だけではいざ業務中にメモした内容を確認しようとしても、字が汚かったり、どこに書いたか分からなったりと調べるのに時間がかかってしまいます。

ですから、自宅に帰ったら「まとめ用ノート」に、「メモ用ノート」に書いてあることをきれいにまとめ、後からいつでも見直せるようにしておくのです。

 

「まとめ用ノート」も仕事中にすぐ確認できるようにしておく

「まとめ用ノート」を自宅に置いておく人もいますが、特に新人看護師の方や、転職したばかりの方は、仕事中にすぐ確認できるように、「まとめ用ノート」もポケットサイズのものにしておくことをオススメします。

 

2.ノートをまとめる時に私が実践していたルール

ノートをまとめる看護師

「メモ用」と「まとめ用」のノートを作るだけで満足してはいけません。

私は、ノートをまとめるにあたり以下のルールを実践し、より効果的にこのノートが使われるよう工夫していました。

まずは、あなたもこのルールを参考にしていただき、最終的に自分にとって一番良い「ノートのまとめ方」を見つけていってください。

 

(1)「メモ用ノート」のルール

まず、「メモ用ノート」においては、

  1. 後で調べることは赤色で書く
  2. 手順の一連の流れは○で囲む
  3. 新しいことをメモするときは真っ新なページに書く(ほかのメモと混同を防ぐため)

というルールにして、後で「まとめ用ノート」を作る時にまとめやすいようにしていました。

「メモ用ノート」を書いている時は大抵、忙しい時なので「そんな面倒なこと・・・」と思われるかもしれませんが、「この一手間がミス防止につながる!」と思って、習慣化されるまで頑張ってみてください。

 

(2)「まとめ用ノート」のルール

「まとめ用ノート」は後から何回も何回も見直すため、とにかく分かりやすく・見やすくなるよう工夫する必要があります。

そのため私は、以下のルールを実践していました。

  1. 病態関連・業務関連・技術関連のページまたはノートを分ける
  2. 蛍光ペンなどを使用し見やすくする
  3. ケアなどで必要な準備物品のメモはチェックリスト様式でまとめる

それぞれ詳しく説明していきます。

 

1.病態関連・業務関連・技術関連のページまたはノートを分ける

看護師のまとめノート

看護師は、どうしても仕事上覚えることが

  • 病態のこと
  • 業務のこと
  • 看護技術のこと

とあるため、それぞれについてページをしっかりわけるか、難しければノートを分けるとまとめやすく、後から確認がしやすいです。

細かい項目ごとにインディックスシールを貼るのもオススメです。

私はさらに細かく

  • 「清潔ケア」
  • 「処置」
  • 「入院業務」
  • 「退院業務」
  • 「夜勤業務」
  • 「電話対応」

などで分けていました。

分け方は「清潔ケア」のようにすぐに覚えそうなものは大きく分け、確認をする頻度の多いものは細かく項目わけをしてインディックスシールを貼りました。

処置の種類が多い病棟で勤務している人は処置ごとにインディックスシールを貼るのも良いでしょう。

 

2.蛍光ペンなどを使用し見やすくする

蛍光ペン

学生時代、皆さんやっていたと思いますが、注意すべき点や、大事なこと、忘れやすいことなどを蛍光ペンでマークしておくと、後から見直して見やすくなります。

 

3.ケアなどで必要な準備物品のメモはチェックリスト様式でまとめる

看護師が使うチェックリスト

ケアや処置などの準備物品のメモはチェックリスト様式でまとめると、実際に行う時にチェックを入れながら準備ができますので、物品準備の抜けが減ります。

私が実際にやっていたチェックリストを2つほど簡単にあげます。

チェックリストの例:【手術準備】

(1)手術前々日

□手術当日の食事を止める

(2)手術前日

□手術物品が揃っているか確認する
・抗生剤
・平オムツ
・バスタオル
・T字帯
・腹帯

□剃毛

□IC

□手術への同意書の確認

(3)手術当日

□入浴

□ルート確保

 

チェックリストの例:【退院準備】

□退院処方の確認

□退院指導

□食事止め

□カルテの整理

□忘れ物のチェック

□退院後のベッド清掃の確認

コピーできるものは、ノートに合わせてコピーして貼り付けるのも良いです。時間短縮となるだけではなく、綺麗にまとまります。私はよく、病棟マニュアルをコピーしてノートに貼り付けていました。

 

(3)メモした「その日のうちに」まとめる

仕事に疲れ果てて自宅に帰ったとしても、なるべくその日のうちに、メモしたことを「まとめ用ノート」にまとめるようにしていました。

なぜなら、時間が空いてしまうといったい何をメモしたのか分からなくなってしまうからです。

また、習ったことをその都度まとめる方が理解しやすいですし、疑問点も解決しやすいです。

私の経験上、特に、新人看護師の頃は、予習に力を入れるよりも、その日学んだことをその日のうちに自分のものにすることに、力を入れる方が良いと思います。

 

まとめ

まとめ
私が新人の頃に作った「まとめ用ノート」は、しっかりとまとめていたおかげで、入職3年目あたりまでは制服のポケットに入れて活用していました。

また、転職した際も同様のことをして新しい職場の仕事をすぐに覚えることができました。

「まとめ用ノート」を作れば、以前習ったことはすぐ実践に移すことができますし、自分が何を勉強するべきなのかがよく見えてきます。

新人看護師の方はもちろんのこと、「いまさらノートのまとめ方なんて聞けない・・・」と思っている新人じゃない方も、もしよろしければ参考にしてみてください。

さすらいのナース

【愛知県/28歳・資格:看護師、保健師、養護教諭第二種】

地方の大学病院に勤めていましたが、4年働いたところで結婚のため退職。新天地にて有料老人ホームとデイサービスに再就職しましたが、1年後に出産のため退職しました。現在は育児をしながら、色々な転職サイトを使い就職活動をしています。私のように子育てをしながら看護師をしている方たちに役立てることのできるような情報を発信できたらと思います。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。