看護師長の仕事内容と平均年収 | 苦労が一番多い役職って本当?

看護師長の仕事内容と平均年収 | 苦労が一番多い役職って本当?

病院の看護部には、主任看護師や看護部長など、特別な役職があります。その中でも看護師長は、主任と部長との間に挟まれた中間管理職です。ここでは、看護師長がどんなポジションで仕事をするのか、看護師長にはどんな役割があるのかについて触れていきます。また、気になる平均年収などにも触れますので、看護師長へのキャリアアップなどを狙っている方は、参考にしてみてください。

1.看護師長の役割とは?

看護師長の役割看護師長とは、一般企業で例えれば、課長にあたる役職のことです。看護師の現場では、以下の様な組織階級があり、下から上に行くにしたがって、役職の位は高くなります。

  1. 看護部長(副院長)
  2. 看護師長
  3. 主任看護師
  4. 役職のない正看護師、准看護師

 

看護部長の役割

看護師長の上司は看護部長です。看護部長は、看護師長を取りまとめ、病院で働く看護師を取りまとめるトップです。

 

主任看護師の役割

主任看護師は、各病棟の中のナースステーションなどを取りまとめる、リーダー的役割を果たす看護師です。主任看護師については「主任看護師の仕事内容と平均年収 | キャリアアップの第一歩!」も参考にしてみてください。

 

看護師長の役割

看護師長は、各病棟のトップとして、看護部長とやり取りをしたり、業務をサポートすることもあります。医師と現場の看護師たちのパイプ役になることもあり、いつも、誰かと誰かの間で走り回っている印象です。

時には、部下である主任看護師や、正看護師や准看護師たちの相談役をしたりと、まさに文字通りの中間管理職として働くのが看護師長です。

 

2.看護師長の仕事内容

看護師長の仕事内容看護師長は、医師と現場、部下の看護師たちと看護部長など、仲介する役割をはたすことが多い役職です。主な仕事内容としては、以下のような仕事に従事します。

  • 看護部が出した業務計画の推進
  • 看護師の採用活動、新人教育のサポート
  • 部下である看護師たちへの指導
  • 医師や他部署間との連携や調整役
  • シフトの作成

具体的な仕事内容は、上記のようなものがメインとなりますが、実際は多岐に渡ります。看護部長が忙しい場合には、看護師長が代わりに行う業務なども出てきますし、病院毎にある問題や課題があれば、その解決にあたって改善計画書などを提出することもあります。

シフト表を作成する業務は、主任看護師などが行っている場合もありますが、看護師長が担当する場合も多いようです。

 

3.看護師長は苦労が一番多い役職?

看護師長は苦労が一番多い役職?実際に病院で働いていると、「看護師長の苦労がわかる」「看護師長にはなりたくない」という人も多くみられます。その原因は、やはり中間管理職というポジションで、苦労が多いからです。

 

孤独な中で病棟を引っ張っていかなければならない

上司は看護部長になるので、なかなか自分が相談をしたり、アドバイスを受けたりすることはできません。孤独な中で、自分の病棟を引っ張っていかなければいけないため、プレッシャーも大きいでしょう。また、部下たちはというと、自分を頼って相談をしてきたり、悩みを話してきます。

時には、シフトへの不満を漏らしてくる看護師もいるので、ひとりひとりに合った対応をしていくことはとても大変だといえます。

 

看護師長によって病棟全体の雰囲気が変わる

看護師長は、各病棟を任されるナースですので、看護師長の人柄、運営の仕方などによって、病棟全体の雰囲気が変わるといいます。現場で働くナースたちとうまく連携を取れない看護師長だと、それが看護師たちの離職につながったり、病院の評判を落とすことにもなりかねないのです。

 

不満を漏らす看護師にも対応しなければならない

シフト表を作成するのが看護師長なら、「自分の希望が通らない」と、シフトへの不満を漏らす看護師たちも出てきます。不満を溜めたナースたちに、指導したり、統率したりするのは至難の技でしょう。

 

ポイント!

ポイント

看護師長は、人柄も求められ、シフト組みの公平さや迅速さ、それから、他部署との連携など、さまざまなスキルが求められます。上司と部下とのダブルバインドに悩む看護師長も少なくなく、看護師長に進んで着任したいというナースは少ないようです。

 

4.看護師長の給与、平均年収

看護師長の給与、平均年収これだけ精神的な気苦労の多い看護師長の仕事。年収はいくらくらいもらえるのでしょうか。ここでは、看護師長の給与の詳細に触れていきます。

 

看護師長の平均年収と給料について

日本看護協会が調査を行っている「2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査」では以下のような年収になります。

看護師長の月収
(月の給料)
370,949円 /月
中間管理職の賞与 1,245,754円
管理職の賞与 1,490,389円
看護師長の年収
(中間管理職)
5,697,142円
看護師長の年収
(管理職)
5,941,777円

(師長の年収=看護師の月収×12ヶ月+賞与額)

病院によって看護師長が中間管理職なのか、管理職なのかの差はあるため、平均年収が2つのパターン存在し、約20万円程度の違いになります。

平均年収として約560万円~590万円前後といえます。

 

最も給与が良いのは人口が多い都市の公立病院

看護師長の場合、地方や都心、公立や民間など、病院の規模によっても年収が変化します。最も給与が良いのが、首都圏など、人口が多い都市の公立病院で、年収にすると700〜800万円ほどになるそうです。

地方の病院や民間の病院では、500〜600万円ほどが相場になります。

一般企業の課長クラスでも、700万円以上はなかなかもらえないもの。やはり看護師の年収は高いのがわかりますね。

 

ポイント!

ポイント

看護師長の場合は、夜勤がない場合がほとんどです。そのため、夜勤手当などで年収が上下することはりません。苦労の多い役職ではありますが、高い年収に魅力を感じて、看護師長を引き受ける人も少なくないのかもしれませんね。

 

5.看護師長になるには、どうすればいい?

看護師長になるには、どうすればいい?看護師長になるコツがあるとしたら、それは、同じ病院で、長く働き続けることです。リーダーや係を引き受けるところから始まり、主任看護師になり、その後、看護師長になるというのが、よくある流れです。

 

看護師長になるためには10~15年の経験が必要

看護師長の場合は、だいたい10〜15年ほどの経験がないと、看護師長にはなれないようです。20歳で看護師として働き始めたなら、早くても30代から、看護師長のチャンスがあると言ってもいいでしょう。世間的には、40歳前後で看護師長になることが多いようです。

 

転職を機に役職を与えられるのは珍しい

主任看護師や看護部長などは、転職を機に役職が与えられることもあるそうです。しかし、看護師長の場合は、現場と看護部長、現場と医師など、パイプ役を果たす必要が多い役職です。そのため、外部のナースが突然転職してきて、看護師長になるというケースは、ほとんどありません

調整役をする必要がある看護師長は、病院内のことや、働く看護師や医師たち関係についても詳しい必要があります。そのため、長期間働いていて、橋渡し役が担える看護師でないと務まりません。

 

苦労が大きい反面やりがいも十分

看護師長は、現場と経営側を結ぶ橋渡し役となります。そのため、「看護の業務が得意」なだけではこなせない役職です。

しかし、人と人との間に入って調整を図ることで、現場のナースたちが働きやすい環境になったり、病院全体のサービスが向上したりと、貢献度も高いです。気苦労の多い仕事ですが、「やりがいは十分にある」と言い切れる仕事でもあるでしょう。

 

看護師転職サイト口コミランキング

1位   ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位   ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位   ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】

監修者

亀岡さくみ看護師

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。