著作者

つみき

執筆:看護師

つみき

( 看護師 )

看護師の休みが多い職場って?見分けるポイント5つ!

公開:、更新:2018年10月01日
看護師の休みが多い職場

看護師は体力的にも精神的にもハードな職業ですから、日々の疲れを癒しリフレッシュするためにも、休みは多いに越したことはありません。

いくら金銭面で恵まれていても、ほとんど休みがないというのでは、心身共に疲れ切ってしまいます。

そして、そのような状態では、患者さんに安心・安全で質の高い医療・看護を提供することが難しくなってしまいます。

そこでこのページでは、私のこれまでの転職経験を元に、看護師が休みの多い職場を見分けるポイントや、実際にどのような職場であれば休みが多い可能性が高いのか、解説していきます。

1.看護師の「休みが多い」職場を見分けるポイント

年間休日のチェックをする看護師

看護師の場合、カレンダー通りの休みになることはありませんが、やはり「休みが多い」の目安は一般のサラリーマン同様に、「年間休日130日以上」になるのではないかと考えます。

もし、年間休日130日以上の看護師求人が見つからなかったとしても、プライベートを充実させたいなら、最低でも「年間休日120日以上」はもらえるところを選択する方が好ましいでしょう。

ただし、年間休日数だけで、看護師の「休みが多い」職場かどうかを見分けることは出来ません。

以下で、更に詳しく、看護師の「休みが多い」職場を見分けるポイントについて解説していきます。

また、「看護師求人で休み・休日が少ない病院の3つの見分け方」の記事も参考になると思いますので、併せて確認してみましょう。

【「年間休日について知っておきたい知識】 

年間休日とは、看護師が働く病院・施設など定める1年間の休日日数です。

「年間休日」には、一般的に、祝日・ゴールデンウィーク休暇・シルバーウィーク休暇・創立記念日・夏季休暇・年末年始休暇が含まれます。

一方で「有給休暇」や、病院・施設などが独自に定めている休暇制度(リフレッシュ休暇・アニバーサリー休暇など)は「年間休日」には含まれないため、注意が必要です。

 

(1)年間休日は「120日以上」か

年間休日数をチェックするときに、「休日が多い職場」という条件で看護師求人を探すのであれば、先ほども述べた通り、「年間休日120日以上」のところが理想的でしょう。

 

(2)「特別休暇」は多いか

特別休暇をとった看護師

看護師が働く職場によくある特別休暇には

  • アニバーサリー(誕生日)休暇
  • リフレッシュ休暇
  • 慶弔休暇
  • 育児・介護休暇

などがあります(※ただし、職場によってその有無や日数は異なります)。

こういった「特別休暇」が多い病院や施設、「育児・介護休業」などの記載がある病院や施設は、結果的に年間の休みが多くなることが期待できます。

 

(3)看護師の「有給消化率」は50%以上か

多くの看護師の職場では、有給休暇は最大20日間です。有給消化率が50%の職場の場合、有給による休日は10日間になります。

2017年の「看護職員の労働実態調査」によれば、看護師の有給休暇取得の平均値は「8.9日」であったことを考慮すると、有給消化率が50%を超えていれば、それなりに有給の休みが取得しやすい環境であることが予想されます。

例えば、公休の年間休日は110日だとして、有給消化率が50%以上の場合、最低でも年間に120日は休めることが期待できます。

 

ポイント!

ポイント

ただし、看護師の有休消化率などは求人情報に記載していない病院・施設が多いため、自分で聞きにくい場合には看護師転職サイトを利用して担当者の方に聞いてもらうと良いでしょう。

 

(4)看護師数は足りているか

忙しい看護師

看護師が不足している職場では、休みも取りづらくなってしまいます。

たとえ、「年間休日120日」などと謳っていたとしても、看護師不足の職場では、休みの日に「他の看護師が急遽休みになってしまったから代わりに出勤して欲しい」という依頼をされる頻度も高くなるでしょう。

つまり、十分な看護師が確保されている職場ではないと、休みが多く取れない可能性が高くなってしまうのです。
 

(5)オンコール対応はないか

訪問看護ステーションや手術室など、オンコールがある職場は、いくら年間休日が多くても、休みが多いとは感じにくいでしょう。

訪問看護や手術室は、夜間だけでなく土日祝日もオンコール対応をしていることがあります。
 

休日のオンコール対応は休んだ気がしない

休みの日にオンコール当番になると、休みと言いながらも、いつ電話がかかってくるかわからない状態であるため、いつでも携帯電話に出られる用意をして、いつでも出動できるようにしておく必要があります。

オンコール当番となっている看護師は、たとえ休日であっても遠出することもできませんし、お酒を飲むこともできません。

勤務表上は「休日」であっても、心身ともにゆっくりと休んだ気はしないでしょう。

 

2.私が思う看護師の「休みが多い」職場とは

それでは、実際に「休みが多い」とされる看護師の職場にはどのようなものがあるのでしょうか。

私のこれまでの経験から、ご紹介します。

 

(1)大学病院・公立病院

大学病院 公立病院

大学病院や公立病院など、いわゆる大病院は年間休日数が125日以上あるところが多いです。

特に、私立系の大学病院の中には、看護師の年間休日数が130日以上あるところもあります。

こういった病院では、重症度の高い患者さんが多く、高度な治療や、最先端の医療を行なっています。

そのため、「安全で質の高い医療を提供するため、看護師に十分な休息を与える必要がある」という理由から、休みが多い傾向にあります。

 

補足説明!

ポイント

大学病院や公立病院では、「特別休暇」が設けられているため、こういった意味でも、看護師の休みが多くなることが期待できます。

 

(2)クリニック

クリニック

入院設備のないクリニックは

  • 土曜日の午後
  • 日曜日
  • 祝日

が休みのところが多くあります。

つまり、こういった体制のクリニックで働ければ、看護師は週に2.5日の休みがもらえるのです。

私のクリニックは休診日が1週間に2.5日あり、夏季休暇や年末年始の休日がそれぞれ1週間程度ありました。

勤務時間も1日7時間と短く、昼の休憩時間が長かったためしっかり休むことができるのではないかと考え、転職しようと決めました。

楽なイメージ?病院からクリニックへ転職した看護師インタビューから引用

 

「半日休暇2回」で「1日休み1回分」となるクリニックもある

ただし、クリニックの中には「半日休暇2回」で「1日休み1回分」とカウントするクリニックも存在します。

私が現在パートをしているクリニックもこのタイプで、常勤看護師の場合、月に4回土曜日に半日勤務すると休み2回分とカウントされています。

クリニックによって、どのような休日体制をとっているのかは全く異なりますので、事前によく確認する必要があります。

 

(3)2交代制の病棟

2交代制の病棟

2交代制の夜勤は勤務時間が長く体力的にも精神的にも大変ではありますが、休みの多さで見ると2交代制の方が休みの回数が比較的多く、連休も取りやすい印象があります。

3交代制の場合「休みだけど準夜勤入り」「深夜勤明けの休み後の日勤」などゆっくり休んだ気のしない休日となることもあります。

看護師の好みにもよると思いますが、私個人としては、夜勤明けにしっかりと休みの取れる2交代制のほうが体は楽でした。

看護師の2交代制勤務の特徴とメリットを解説!」の記事も併せて参考ください。

 

3.まとめ

看護師の仕事を長く続けるためには、休みをしっかりと取ることが大切です。

看護師の「休みが多い」求人を探す際には、年間休日数だけを見るのではなく必ず、

  • 有給取得実績
  • 特別休暇の種類

の2点については確認すると良いでしょう。

自分のライフワークバランスを考えて、少しでも休みの多い職場への転職をお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。


(編集・構成・管理者:亀岡さくみ

看護師となってから約20年になります。都内の大学病院で約10年勤務し、管理職も経験しました。その他にCRA、クリニックでの勤務経験があります。4年間のブランクを経て、現在はパート看護師として クリニックに勤務しています。
結婚・出産・子育てをしながら働いた経験と、ブランクから復帰した経験を活かし、皆さんのお役に立てるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
年齢 ・東京都/40歳
職務経験 ・大学病院 ・CRA(臨床開発モニター) ・クリニック
診療科経験 ・整形外科 ・一般外科 ・ペインクリニック ・内科
・耳鼻咽喉科 ・眼科 ・皮膚科 ・泌尿器科 ・小児科 ・訪問入浴

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。