著作者

ゆうゆう

現役看護師

ゆうゆう

( 看護師 )

看護師の中途採用面接!質問&志望動機集

ゆうゆう
現役看護師 ゆうゆう

中途採用の面接では、今まで履歴書だけでは伝わらない看護師の態度や話し方、人柄までもが相手に伝わるため、面接は転職する上で最も重要な関門と言えます。

看護師が初めて就職する場合と中途採用する場合とでは、面接時の質問内容や志望動機が変わってきますが、中途採用の看護師の場合、どうすれば面接時に採用する側からの印象が良くなるのでしょうか。

ここでは、面接時によく聞かれる質問や相手に好印象を与えやすい志望動機の回答例を紹介します。

1.看護師の中途採用面接での5つの質問例と模範解答

中途採用面接を受ける看護師

看護師の中途採用面接時に、まず押さえておきたいこととして、以下に聞かれる可能性の高い質問と回答例を5つ紹介します。

あらかじめ予測がつくものでもあるため、練習をしてきちんと回答できるようにしましょう。

 

(1)Q.前の職場を退職された理由を教えてください

【回答例】
私はこれまで外科病棟で勤務し、急性期医療に必要な看護知識や技術を学ぶことができ、看護ケアの重要性を実感いたしました。より一層、急性期看護を極めるため、第三次救急医療機関で経験を積みたいと考え転職を決意いたしました。

相手にプラスの印象を与えるような退職理由を考えるときは、「先に転職先を選んだ理由を考え、そのために退職をした」とすると良いです。

ポイント

例えば、人間関係の悪化が原因で退職した場合、転職先を選ぶ際に自分は小児科で働きたいと思ったとすれば、面接時には「働いていくうちに小児科の分野に大変興味を持つようになりました。より専門性を高めるために小児専門病院で勤務したいと考え転職を決意いたしました」などと答えると良いでしょう。

 

(2)Q.この病院でどのような看護師になりたいですか?(何をやっていきたいですか?)

【回答例】
私は今まで患者様とのコミュニケーションを大切にしてきました。仕事をしているとどうしても看護師主体となってしまいがちですが、忙しい時にこそ一歩立ち止まり患者様の気持ちを考え寄り添った看護が提供できるように心がけてきました。
そのため、御院でもまずは患者様の気持ちに寄り添った看護を提供したいと考えております。患者様から信頼される看護師になりたいと思っております。

この病院でどのような看護師になりたいかという質問に対して、「私は御院で○○がしたいです」とただ答えるだけではなく、今までの経験とこれからの目標をより具体的に答えるようにしましょう。

 

(3)Q.看護師になりたいと思った理由はなんですか?

【回答例】
私が看護師になりたいと思ったのは中学2年生の時でした。祖父が入院した時、病棟の看護師さんが毎日テキパキと働き、患者さんに笑顔で話しかけている姿を見て憧れるようになりました。
その病院で祖父が亡くなった時も私に声をかけてくださり、祖父が生きていた時の話をしてくださりました。
私はその頃から患者様や家族の心に寄り添った看護師を目指すようになりました。
実際に看護師として働くようになり、コミュニケーションの難しさや重要性を実感しています。看護師という職業は奥が深く、頑張った分だけ自分に返ってくる仕事だと感じております。今では看護師を志して本当に良かったと思っております。

看護師になりたいと思った理由は、実際の体験を踏まえて回答するようにしましょう。

具体的なエピソードを語ることで、どんな看護師を目指していたのかが分かりやすくなります。

 

ポイント!

ポイント

実際に看護師になって良かったのか、どんな点が良かったのかも話すと良いでしょう。

 

(4)Q.看護師として大切にしていることはなんですか?

【回答例】
私は患者様と家族が話かけやすい看護師をいつも心がけております。病院に入院し治療するということは患者様の命に関わる重要な事です。
また、いつもと異なる環境で日常生活を送る必要があるため患者様と家族が受けるストレスは図り知れません。そのため患者様の気持ちが少しでも楽になるように密にコミュニケーションを取り不安や悩みを解決していきたいと考えております。
いつでも気軽に看護師に話し掛けることができる環境作りを大切にしています。

看護師として働く上で何を1番重要視しているのかを問われているため、具体的に実際の体験も入れると良いでしょう。

 

注意点!

ポイント

話に夢中になりすぎて脱線し、結局何が言いたかったのか分からなくなってしまわないよう注意が必要です。

 

(5)Q.自己PRをしてください

【回答例】
私はどんなに仕事が忙しくても必ず確認作業は怠らない事をモットーに働いてまいりました。確認作業をおろそかにしてしまうと事故やミスが起こりやすくなります。
そして、患者様に悪影響を及ぼしてしまうこともあるため確認作業は徹底すること、事故やミスを起こさない事を心がけております。
そのため今まで事故は一度も起こしたことはありません。患者様にとって一番大切なのは「安全」だと考えております。私はこれからも患者様の安全を第一に考えていきたいと思っております。

自己PRは、今まで看護師として働いてきた中で自分の良い点を答える場でもあるため、「これだけは自慢できる」「看護師として誇れること」等を回答することで、好印象を与えられるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

履歴書にも自己PRを記入する欄がありますが、そのまま同じ内容を話すのではなく、言い方を変えたり、できれば異なる回答をしたりすることをお勧めします。

 

2.好印象な逆質問と本音が分かる質問とは

中途採用面接で好印象な質問を言う看護師

面接の最後に「質問はありますか?」と聞かれた時に「特にありません」と答えるよりも質問をした方が「この看護師はやる気がある」と思われることが多いですが、質問の内容によっては悪い印象を与える可能性もあるため、質問内容には十分注意が必要です。

では、好印象を与える質問とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

好印象の質問と本音が分かる質問とは

中途採用面接に来た看護師が最後に質問すると好印象になるものとして、

  • 面接時に気付いたこと
  • 実際に病院の中に入ってみて気になる設備などについて
  • 病院側が求めている看護師像について

等の質問があります。

上記のような質問をして「やる気のある看護師」「この病院にとても関心がある看護師」等と思われるような質問をするように心がけましょう。

前もって調べれることは質問しないこと

好印象を与えるための質問で注意しなければならない事は、前もって確認しておくべき「病院理念や看護部としての理念など病院のホームページに掲載されていること」を質問しないということです。

なぜなら、志望した病院について何も調べていないのかと思われてしまうためです。

病院の面接官は、病院長・看護部長・副看護部長・総務部部長等の立場の方が行っている場合が多いため「なぜ今こんな質問をするのか」と思われないように質問内容には注意が必要です。

 

印象を悪くしてしまう質問とは

中途採用面接に来た看護師が最後の質問で印象を悪くしてしまうものとして、

  • 「給料はいくらですか?」
  • 「有給休暇はしっかり取れますか?」
  • 「産休・育児休暇はとれますか?」

等といった質問があります。

採用側の病院が本当に興味を持ってもらいたい事は、業務内容についてのことや病院理念などについてであるため、給料や福利厚生のことを質問してしまうと、給料の事ばかり考えていると思われてしまいます。

 

補足説明!

ポイント

給料や福利厚生については、面接時に質問しても「あとで確認してください」とその場では答えてくれない場合も多いため質問することは避けるようにしましょう。

 

3.良く見える中途採用の志望動機の回答例5つ

中途採用面接で志望動機を述べる看護師

履歴書にも「志望動機」があり同じ内容を言ってしまいがちですが、「御院は〇〇だから志望しました」だけではなく、「私は今まで働いてきた中で〇〇に興味を持ちました。〇〇がしたくて御院を志望しました」等と自分の看護観や看護に対する考え、将来どんな看護師になりたいか等を述べ、内容を変更すると良いです。

また、今まで経験してきたことを活かせる職場に転職する場合、今までの経験が転職先の病院でどのように活かせることができるのか詳しく回答することで、相手からの印象も良くなります。

以下では、中途看護師の志望動機の回答例を5つ紹介します。

 

同じ診療科(内科病棟から内科病棟・クリニック)へ転職する場合の志望動機

【回答例】
私はこれまで内科病棟で経験を積んでまいりました。働いていくうちに糖尿病患者様の生活指導について大変興味を持つようになりました。
入退院を繰り返す患者様に対し病気の受け入れから自宅に帰った後の食事療法や運動療法などといった自己管理方法をどう指導すればいいのか難しさもありますが、その分大変やりがいを感じました。
御院は糖尿病に対して最新の治療を行っており、特に食事指導に力を入れていると伺っております。
そのため、今までの私の経験を活かしつつ、これまで以上に専門的な経験を積むことができると考え志望しました。

 

未経験の診療科(外科病棟から救急センター)へ転職する場合の志望動機

【回答例】
これまで3年間外科病棟で看護業務に従事してきました。急性期の患者様と関わり、忙しい中でも看護師として大変やりがいを感じました。そのうちに救急看護に携わりたいと考えるようになりました。
御院は第三次救急医療機関であり、より高度な医療技術を提供しているため、私も一員として働きたく志望いたしました。
救急看護の経験はありませんが、これまで培ってきた外科病棟での経験を活かし、一日も早く即戦力となれるよう看護スキルを磨いていきたいと考えております。

 

異なる施設(内科病棟から老人ホーム)へ転職する場合の志望動機

【回答例】
これまで5年間内科病棟で経験を積んでまいりました。高齢の患者様と接する機会が多く、毎日コミュニケーションを取っているうちに、高齢者看護のやりがいを感じるようになりました。
1人暮らしの患者様が多く、退院後老人ホームに入居する方もいらっしゃると聞き退院後の生活のサポートがしたいと感じるようになりました。
御院は以前施設見学をさせていただいた時にスタッフの方が笑顔で利用者様と話をし、施設全体が明るく楽しい雰囲気であったため私も一緒に働きたいと思うようになりました。
老人ホームの経験はありませんが、今まで得た経験を活かして利用者様に寄り添った看護をしていきたいと考えております。

 

異なる施設(産婦人科クリニックから婦人科病棟)へ転職する場合の志望動機

【回答例】
私は産婦人科クリニックに勤務しておりました。その中でも妊婦検診を受ける患者様に対して妊娠中の悩み事やストレスが少しでも軽減できるよう精神面でのサポートに力を入れてきました。
しかし私が働いていたクリニックは分娩設備がなく妊婦検診までしか関われないことに少し物足りなさを感じておりました。
そのため、妊婦検診から分娩、分娩後の関わりまで一貫した看護を行いたいと考え婦人科病棟での勤務を考えるようなりました。
御院は高度な周産期医療を提供しており患者様からの信頼も厚いため大変興味を持ちました。患者様の身体的・精神的なケアができる看護師として働きたいと思っております。

 

転職回数が多い看護師が(病棟から小児科病棟へ)転職する場合の志望動機

【回答例】
これまで消化器内科や循環器内科、小児科など様々な科で看護を行ってまいりました。その中でも特に小児看護に大変やりがいを感じ、より深く学びたいと考えるようになりました。
御院は症例数が多く、様々な疾患の患者様の看護に携わることができると考え志望させていただきました。長く活躍し御院に貢献できればと思います。

 

4.看護師の中途採用面接で落ちる場合のよくあるケース

中途採用面接で落ちる看護師

看護師を常に募集している病院は多く、中途でも面接をしたらほとんどの場合受かると考えがちですが、実際に落ちてしまう看護師も多くいます。

ここでは、中途採用面接に落ちてしまう看護師によくあるケースを紹介します。

 

すぐに辞めてしまう可能性があると思われた場合

何度も転職を繰り返している看護師は、働き始めてもまたすぐに辞めてしまうと思われ落ちる場合が多いです。

他にも、子育て中の看護師などは急に休みを取る可能性があったり、すぐに辞めてしまう恐れがあったりするため採用されないこともあります。

 

看護師の今までの経歴と転職先の病院が合っていない場合

今までの経験とは全く違う分野(例えば皮膚科や精神科経験のある看護師が急に救急外来を希望するなど)で働きたいと思った場合も経験なしとされてしまい落ちてしまう事があります。

 

人気の高い病院の場合

第三次救急医療機関や小児専門病院などは落ちる可能性が高いといえます。

理由としては、数が少なく、看護師の人気の高い病院は、全国から就職希望の看護師が集まりやすいため倍率も高くなるためです。

 

補足説明!

ポイント

看護師不足で受かりやすと言われていても、倍率が高ければ受かりにくくなります。

 

面接時に質問に対する回答が返ってこない場合

面接時の質問に対して質問の意図とは違う回答をしたり、なかなか回答が出なかったりした場合も落ちる可能性があります。

なぜなら、実際に働いた際に「患者が質問したときもこんなに悩む看護師なのか」「本当にこの病院で働きたいのか」等と思われてしまうことがあるためです。

 

まとめ

面接は、希望の転職先で働くために絶対に通過しなければならないため、「どんな質問をされ、どんな回答をすればいいのか」等の準備を事前にどれだけできるかが重要になります。

また、面接は想定外の質問をされることが多々あるため、どんな質問にも対応できるよう、質問に対する回答だけではなく、今まで看護師として働いてきた経験をもう1度思い出して自分の看護観を見つめ直すと良いでしょう。

中途採用面接を控えている看護師は、ここで紹介した面接時の回答例を参考にして面接対策をしてみてください。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

自転車旅行が大好きで、しまなみ海道を縦断してきた30代の看護師です。

都内の総合病院で約6年、その後クリニックで約2年勤務しました。現在は1児の母として子育て奮闘中ですが機会があればまた働きたいなと思っています。

病院で働いている時は人間関係に悩みましたが、なんとか6年間頑張ることができました。

自分が今までに経験したことをどんどん発信して、少しでも皆様のお役に立てればと思います。


カテゴリー:看護師転職面接

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ゆうゆう
(公開日:)(編集日::2017年11月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。