著作者

sayo

現役看護師

sayo

( 看護師 )

看護師が混合病棟でストレスを感じることとは?

sayo
現役看護師sayo
看護師が混合病棟でストレスを感じることとは

混合病棟には、1つの病棟に勤務しながら様々な診療科の経験を積むことができるメリットがありますが、その反面「幅広い知識が求められる」「業務内容が多い」「医師とのコミュニケーションが困難」等のストレスを感じることも多いです。

この記事では、看護師が混合病棟で感じるストレスについて説明していきます。

1.幅広い知識が求められるストレス

幅広い知識が求められる混合病棟で働く看護師

混合病棟では、入院する患者の疾患・検査の種類も様々であるため幅広い疾患の知識が求められ、覚えることがとても多く大変なことからストレスを感じます。

それでは、混合病棟での幅広い知識が求められるストレスについて見ていきましょう。

 

急性期から慢性期の全ての患者が対象

混合病棟によっては、外科のような急性期から寝たきりで全介助のケアが必要な慢性期の診療科が一緒になっている病棟もありますがその場合、

  • 術後の頻回の状態観察をしながら2時間ごとの体位交換
  • オムツ交換
  • 清潔ケア

等を行わないといけないため、1日の仕事量はとても多く優先順位をつけながら時間を有効に使うことが求められます。

 

効率性を求められる

混合病棟では、看護技術や知識だけでなく効率よく仕事をすることも求められるため、休憩時間を取れないということもあり体力的にもハードです。

 

2.業務内容が多いというストレス

様々なスキルが求められる混合病棟で働く看護師

混合病棟では、業務内容が多い分、休憩時間が短くなったり残業時間が多くなったりするため身体的に疲れてストレスを感じるでしょう。

以下で、業務内容が多いことのストレスについて紹介していきます。

 

様々なスキルが求められる

複数の診療科がある混合病棟では、行わなければいけない業務や幅が広くなり

  • 術前・術後のケアからリハビリ
  • 身の回りの介助
  • 退院支援
  • 緊急時の対応
  • ターミナル患者や家族の精神的ケア

等、業務内容が煩雑としているため、その日の受け持ち患者によって仕事内容が全く違うなど業務内容によって様々なスキルが求められます。

 

3.医師とのコミュニケーションが難しいというストレス

医師とのコミュニケーションが困難な混合病棟の看護師

様々な診療科が混合しているということは、それぞれの診療科の複数の医師が頻繁に出入りし、自分が関わる医師も日によって違うため、お互い名前を覚えられない等、なかなかコミュニケーションをとることが難しくなります。

以下で、医師とのコミュニケーションが困難というストレスがあることについて述べていきます。

 

診療科によって業務の違いがある

それぞれの診療科によって「どの時間がカンファレンスを行っているのか」「内服や点滴の処方は主治医に依頼するのか若い医師に依頼するのか」等、看護以外のことで少しずつ業務担当の違いがあるため、覚えることが多く少しでも診療科の決まりと違うことをすると医師から文句を言われる等、ストレスに感じることはとても多いでしょう。

 

診療科による業務の違いの例

ガーゼ交換でも朝1番に行う診療科もあれば、医師たちの空いた時間にガーゼ交換を行う診療科もあり、1日に何度かガーゼ交換の介助につくということもあるため、自分の仕事を中断しないといけない場合があります。

 

注意点!

ポイント

検査などは、診療科によって少しずつ医師のやり方に違いがあり、それを覚えるのも大変ですし、少しでもその診療科のやり方と違う方法をすると嫌味を言われることもあります。

 

4.混合病棟に向いていない看護師とは

1つの診療科を極める看護師

様々な業務をこなさなければならない混合病棟の看護師に向いていない特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。

以下で確認していきましょう。

 

1つの診療科を極めたい看護師

「自分が経験したい診療科がありその診療科を極めたい」「その診療科でのスキルを積みたい」と考えている看護師に混合病棟には向いていません。

なぜなら、混合病棟だと業務が多く経験する仕事の幅は広く浅くなるためです。

 

補足説明!

ポイント

覚えないといけないことも多く自分が経験したい診療科の患者だけがケアをする相手ではないため、様々な経験を積むことはできますが、1つの診療科を極められるほど時間をかけることは難しいでしょう。

 

患者1人1人とのコミュニケーションを大事にしたい看護師

混合病棟だと業務が多いため患者とコミュニケーションを取れる時間が限られてくるため、「ゆっくりと時間をかけて患者と話がしたい」「患者家族に寄り添いたい」という看護師に混合病棟は難しいでしょう。

 

少しの会話から患者の思いを引き出すことが求められる

混合病棟では、患者のケアをしながら話をすることや情報収集をするということが多く、座って患者の目を見ながら話をするということがなかなか出来ないため、必要事項を考えて少しの会話からでも患者の思いを引き出すことが求められます。

 

効率良く仕事ができない看護師

混合病棟では、1日の中で行う業務やケアの優先順位を考えながら時間を有効に使い、全ての仕事を時間内に終えることが求められるため、「優先順位を考えるのが苦手」「効率良く仕事をするのが難しい」等の看護師には業務内容が多すぎて向いていないでしょう。

 

5.まとめ

混合病棟の看護師の仕事内容は、「患者の観察とケア」「医師の医療行為の介助」等ですが、それぞれの職場に合った働き方をしていくことが必要です。

「この職場ではどのようなことが求められているのか」「混合病棟では何を重視して働かないといけないのか」を考えつつ、先輩看護師の動きを見ながら学ぶと良いでしょう。

混合病棟で働くことを考えている看護師に、この記事が少しでも役に立てば幸いです。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

地方の大学病院で約6年勤務し、その間妊娠・出産も経験し出産後も子どもを保育園に預けながら正社員として働いていました。その後京都に移り住み現在は子育てしながら訪問入浴・デイサービス・健診など派遣看護師として働いています。
私自身子どもを育てながら色々な勤務形態で勤務した経験があるのでママさんナース、これから結婚・出産を経験する方々に私の経験をもとに情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師コラム


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:sayo
(公開日:)(編集日::2017年09月13日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。