著作者

Ivy

執筆:看護師

Ivy

( 看護師 )

看護師転職を後悔しないために、何度も転職した看護師が教えたい5つ

公開:、更新:2018年09月12日
看護師転職を後悔しないために

転職を後悔する時とは、自分が考えていた職場と実際の職場が違っていたり、入職してみたらこんなはずじゃなかったと思ったり、自分が考えていたこととギャップがあった時などに後悔してしまうと思います。

そういう私も何度転職をしても、少なからず後悔することの方が多いのですが、その経験の中で自分なりに、後悔しない転職をするにはどうしたらいいのかを考えてみました。

ここでは、自分や友人の体験談などからまとめて紹介していきたいと思います。

1.後悔しない転職するためには希望条件をしぼる

後悔しない転職するため
前の職場に何らかの不満や他への希望を持って転職する場合、他の職場がとにかく良く見えてしまって、ちょっと条件が合っていれば、すぐに気持ちがなびいてしまうことがあると思います。私もそうですし、友人からのこのような体験談をよく聞きます。ですが、このようにして何となく他が良く見えての転職は大体後悔の種になることが多いです。

 

即決はせず転職の目的を感がえることが重要

すぐに決断をしないで一度立ち止まって、自分は前の職場の何が原因で続けることが難しかったのか、次は何を目的として転職するのかをよく考えることが重要です。そしてできることなら希望は1つにしぼるか優先順位をつけるのがいいです。なぜなら沢山ある全ての希望が叶う職場はまずないからです。

 

希望をしぼると外せない条件がハッキリする

希望条件をしぼっておけば、自分の中でこれだけは転職に外せない条件がはっきりしますし、その条件が叶えば、多少のことがあっても次の職場で続けて行けるのではないかと思います。

 

色んな希望条件が揃う職場はそうそうない

今までの私は、2つも3つも外せない希望条件があり、そのため転職希望の職場もなかなか決めきれず、転職しても何かは希望と違う条件が出てきてしまい、またしばらくするとやはり他にもっといい職場があるんじゃないかと思ってしまいました。ですが、何度か経験するうちに、色んな条件が揃う職場なんてそうそうないんだなということが、やっと分かってきたように思います

 

ポイント!

ポイント

最近は希望条件をしぼり、その条件さえクリアすれば、よほどのことがない限りは、この転職は良かったなと思えるようになりました。

 

2.看護師転職を成功させるには労働条件を重視する

看護師転職成功労働条件重視

私は、前職で身体的に疲弊していたため、身体に負担の少ない環境を選びたいというのが、1番の優先順位でした。つまり労働条件が1番大切のポイントでした。

 

【体験談】希望に合った職場はリハビリ型デイサービスだった

私は転職をするなら身体的負担が少なく、夜勤が無く、穏やかに過せる所を選びたいと思っていました。そこで看護師転職サイトを利用したり、タウンワークを見たりして、やっと見つけた求人がリハビリ型デイサービスでした。私は週3日程度からスタートしました。

 

主な仕事はバイタルチェック・入浴判断・機能訓練士

主な仕事は、バイタルチェックと入浴判断、機能訓練士です。バイタルチェックは血圧とサチレーションで、入浴判断は発熱の有無で決めます。そして、私の就業先はリハビリ型のデイサービスのため、機能訓練士を兼務しなくはならず、リバビリに参加する形になる、というのが条件でした。

 

ポイント!

ポイント

リハビリと言っても、マシンを使った簡単なもので、使い方を理解し、安全性に配慮出来れば、難しくはありません。

 

リバビリ型デイサービスは身体的援助が少ない

デイサービスは、リバビリ型デイサービスの場合、ADLが高い方が多いため、身体的援助が少ないのが特徴です。処置もありません。つまり看護師側の身体的な負担も少なくて済みます。

 

【体験談】デイサービスは看護師1名体制で責任が重い

デメリットを挙げてみると、デイサービスというのは看護師1名体制であり、服薬の時間等はかなり忙しくしたのを覚えています。1名体制という責任は重く、逆にストレスになる場合もありますので注意が必要です。

 

【体験談】初めて介護の世界で感じたこと

私の場合、周りの介護スタッフがベテラン揃いでしたので安心して業務に取り組めたところがありました。介護の世界に入ってみて驚いた面を挙げてみます。

  • カルテがない
  • 既往側分からない
  • 飲んでいる薬も分からない

これには大変驚きました。すぐに施設長の許可を得て、看護師カルテを作り、お薬手帳のコピーを頂く作業を開始しました。

 

転職では譲れない条件を持つことが大事

私の希望通り、労働条件が身体的に不安の少ないところへの転職活動に成功した例を挙げてみました。いかがでしたでしょうか。やはり、ご自身の1番譲れない部分を持っていた方が、ブレずに転職活動が出来るかと思います。

 

3.看護師転職では確実な情報を多く集めることが大事

確実な情報を多く集めること

希望の条件が決まったら情報収集です。その職場について知っている人がいたらもちろんありがたいのですが、知らない職場の情報を集めるのはなかなか難しいことでもあります。私が実践している2つの方法について紹介していきます。

 

転職サイトを活用して転職情報を集める

まず1つめですが、転職サイトを活用することです。転職サイトでしっかりと情報を提供してくれるかどうかは、その転職サイトの持つ情報量と担当スタッフによります。親身になってくれる担当スタッフは営業でもしっかりと情報収集をしているので、内部情報もよく知っているスタッフもいます。

 

ポイント!

ポイント

逆にあっさりとした対応のスタッフは情報もほとんど提供してもらえないこともあり、転職サイトによって大きく違いがあります。

 

情報がもらえない場合は他の転職サイトを利用する

情報があまりもらえない場合は、私はその転職サイトでの転職をお断りして、他の転職サイトにあたるようにしています。転職は自分にとって重要なことなので、そのくらいの選ぶ権利はあると思っています。

 

転職サイトの仕組みから考えても情報はもらう方が得策

ちなみに転職サイトでは、転職を紹介して就職が決まると施設側から転職サイト側に契約金が入るので、転職サイトではより多くの看護師に就職してもらいたいと思っています。なので、その分はしっかりと情報を得る権利があると思っています。

 

一緒に働くスタッフから以前の職場情報を聞く

もう1つは、転職しようとする職場のことを医療関係の友人に話すことです。以前は転職するまで、転職希望の職場についてあまり人に話さない方でしたが、友人と話したりしていると、意外とその職場につて情報を持っている人がいたりと役に立つことがあります。

 

友人の体験談から医療業界の狭さを感じた

友人の話ですが、しばらく合わないうちに転職をしたということを聞かされました。ですが、新しい職場は院長がパワハラで働きづらく、もうすでに退職の意思を伝えたとのことでした。その職場は私もあまり良くない評判を知っていたので、なんで転職する前に一言聞いてくれなかったのかと話すと、他の友人からも同じように言われたと話していました。

そう考えると意外とこの医療業界の世界は狭く、悪い噂は意外と多くの人が知っているので、周りに聞いてみることも必要だなと思いました。

 

4.面接でも詳細な情報を収集すること

面接でも詳細な情報を収集

面接では、自分を査定されると思うと緊張してしまい、以前はなかなか思うように話せませんでした。ですが、最近友人や周りを見て思うことは、面接で貪欲に質問したり、条件交渉をしている人が多いと感じたことです。

 

面接は自分も相手の職場を査定する機会でもある

面接は自分が査定されるだけでなく、自分も相手の職場を査定する機会でもあるんだと思いました。この短い時間で次の職場を決めなければならないので、この時間は自分の希望する条件であるかを確かめて、さらにしっかりと自分をアピールする機会なんだと思いました。

 

5.入職した後も自分の意思をはっきりと伝えよう!

自分の意思をはっきりと伝える

転職が成功して、入職したら終わりではありません。職場環境も院長やスタッフもとてもいい職場なら別ですが、ほとんどの職場では自分の意見が言えずに大人しい人の方がやや不公平な現実があると思います。

 

日頃から自分の意思や意見は周りに表示する

院長も「あなただから言いやすいのよね」などと言われていいように使われてしまうこともあります。なんでもかんでも断るということとは違いますが、日頃から自分の意思や意見ははっきりと周りに表示することが、気持ちよく働いていけるための秘訣だと思います。

 

どんなに条件が合う職場でも現実は甘くない

以前は転職に多くを望み、その全ての希望を満たしたいと思い、何度か転職を重ねた時期がありました。ですが、自分の経験や友人の話から思ったのは、現実はそんなに甘くないということです。

 

ポイント!

ポイント

多くの希望する条件を満たす職場は、周りも同じように考えているスタッフが集まり、傾向として人間関係や待遇などが良くない職場が多かったように思います。

 

転職経験のおかげで後悔が少なくなった

これらの経験を重ねたことによって身を持って理解したように思います。そのせいか最近は転職に希望することが、よりシンプルになってきたように思います。そうなると、自然と転職で後悔することも少なくなり、今はストレスもなく仕事しています

 

欲張ることで後悔も増える

考えてみると、自分が欲張り過ぎていたことが、最終的に良くない職場を選んでしまったり、後悔する原因になっていたのかなとも思います。

 

まとめ

まとめ
病棟勤務の激務により、疲れ切っていた頃は、その解放感からか多くを望みすぎていたり、他を知らないだけに、仕事の内容にも不満を持つことが多かったのかもしれません。

後悔しない転職をするためには、まずはしっかりと自分を分析して、次へ希望する条件をしぼることから始めてみるのがいいと思います。そして、希望条件が決まったら、転職活動から面接の時まで情報収集をしっかりとすること。入職をしてからも自分の意思ははっきりと伝えていくことなどにより、後悔のない転職ができていくと思います。

後悔しない転職をするためには、自分自身の考え方や心がけ次第で叶っていくこともあると思います。転職をする際の何かのお役に立てればと思います。

 


(編集・構成・管理者:亀岡さくみ

趣味は海外旅行や美味しいものを食べてお酒を飲むこと。現在は旦那さんと2人暮らしをしています。看護師歴20数年になり、総合病院や専門病院などの病棟を15年ほど経験し、その後はクリニックでのパートや、今までの経験を生かして美容クリニックや検診などのスポットアルバイトをして今に至ります。
現場でずっと働いていたので、他の仕事に興味があり記事を書いていますので応援よろしくお願いします。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・東京都
職務経験 ・総合病院 ・個人病院 ・クリニック
診療科経験 ・消化器内科 ・耳鼻科 ・甲状腺内科 ・一般外科
・一般内科・検診 ・皮膚科 ・美容皮膚科 ・産婦人科

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。