病棟(一般病棟)で働く看護師の5つのポイントと転職注意点

病棟(一般病棟)というと非常に範囲が広いのですが、いわゆる急性期を扱うさまざまな診療科を総称した呼び方です。

内科・外科・呼吸器科・産婦人科など、挙げ行けばきりがないのですが、看護師求人サイトを見ても転職先としての選択肢は多く、ある程度希望に合ったところを探すことも出来るでしょう。

私自身も新卒看護師として、「小児科、NICU」に配属され看護師の仕事をしていました。

何年か看護師として勤務していくうちに「一般的な看護技術をもっと身に着けなければ」という不安や焦りが出てきました。

この記事を見てくださっている人の中にも、同じように焦り不安を抱えている看護師の方もいるのではないでしょうか?

このページでは一般病棟へ看護師転職に必要なポイントをまとめてご紹介していきます。

 

1.一般病棟で働く看護師の役割

一般病棟で働く看護師の役割

入院患者にとって看護師は一番身近な存在となり24時間を通して患者に最も近い存在である看護師は、状態を常に把握して、変化やその予兆をすぐに発見し、必要な看護や医療を受けられるようにする必要があります。

そんな一般病棟の看護師の役割は、いったいどのようなことがあるのでしょうか。

 

(1)ベットサイドでの看護師の役割

一般病棟では患者のそば(ベッドサイド)に行き、様々なケアを看護師が行います。

清潔ケアや食事介助のような身の回りの世話の他に、不安や思いを傾聴し精神的ケアを行ったり、情報収集を行ってアセスメントすることもあります。

 

補足説明!

ポイント

また環境整備を行い、安全に安楽に治療を受けられ受けられるようにするのも、ベッドサイドでの看護師の役割です。

 

(2)医療行為での看護師の役割

医療行為を行う際には、患者が安全に医療行為を受けられるように看護師はサポートする役割があります。

検査・診療の補助や採血などを行いますが、技術と知識を必要とする処置が多く、医師と看護師以外には認められない行為も多くあります。

 

患者の疑問や不安を解決する役割も担う

一般病棟看護師は技術的なサポートの他に、患者の疑問や不安について、医師や他の医療従事者にコンタクトを取って、様々な方向から解決していけるように働きかける役割もあります。

そのためには医師の治療方針をよく理解し、看護師として病態生理も学ばないといけません。

 

(3)術前術後の看護師の役割

一般病棟の中でも特に急性期病棟では、手術や侵襲的な検査を受ける患者は多くいます。

そのため、一般病棟の看護師は患者の全身状態を把握して、何が一番必要なのか常に考え、行動することが看護師の大きな役割となります。

 

補足説明!

ポイント

術前には、患者の不安や恐怖に寄り添い精神的にケアしていきますが、術後では、看護師は生命の安全を一番に状態観察や処置を行います。

 

(4)チーム医療の中での看護師の役割

一般病棟に入院している患者は、病状が安定すると退院を視野に入れて入院生活を送ります。

入院中一番身近な存在である看護師が中心となって、暮らしを守るための援助を考得るため、チーム医療の中で病棟看護師の果たす役割は大きいといえます。

 

ポイント!

ポイント

退院後もトラブルなく過ごすために、一般病棟の看護師は必要な指導を行ったり、退院後の生活に向けて家族や他職種との連携を図ります。

 

2.一般病棟で働く看護師の仕事内容

一般病棟で働く看護師の仕事内容

一般病棟で昼夜を問わず、24時間体制で患者のケアを行い働く看護師の仕事内容についてご紹介していきます。

一般病棟で働く看護師の主な仕事内容は以下の通りです。

  • 入院患者の、身の回りのお世話
  • 主治医の指示の確認・診療の補助
  • 採血・注射・点滴のルート確保と管理
  • バイタルサインチェック
  • 内服・外用薬の投薬
  • 褥瘡ケア、術後の創傷処置
  • 手術や検査の前の準備・手術や検査の後の全身管理
  • ドレーン・バルンカテーテルの管理
  • 呼吸機や心電図モニターのチェック
  • 入院患者の案内、問診聴取
  • カルテの入力、看護計画の作成
  • 退院患者の指導・退院前カンファレンスへの参加
  • サマリーの作成

以上の基本的な看護師の仕事内容に加えて、患者の状態に応じて必要なケアを行ったり、ナースコールや、患者の急変に対応したりしていきます。

 

一般病棟の看護師の1日スケジュール例

実際、一般病棟で働く看護師一日のスケジュールを例にしてご紹介します。

 

日勤の看護師スケジュールと仕事内容

日勤の看護師スケジュールと仕事内容
8:30~ ・夜勤の申し送り
・自分が担当する患者
・病室の確認と情報収集
9:00~ ・担当の部屋を回り、バイタルチェック
・指示にある点滴や投薬
・入浴介助・清拭・更衣・洗髪など清潔ケア
・トイレの介助、検査出し、リハビリへ送り出す
11:30~ ・配膳・食事セッティング・食事介助
・血糖測定やインスリン注射
12:00~ ・口腔ケア・内服介助
・申し送りをして昼休憩
13:00~ ・午前中にできなかった清潔ケア
・記録を行う
15:00~ ・再びバイタルチェック、午後の点滴、バルンの破棄
・リーダーや看護師長への報告
16:00~ ・使った物品の片づけや看護記録
16:45~ ・夜勤勤務者への申し送り
・看護記録の記入
17:00~ ・勤務終了

スケジュールの合間にナースコールの対応やトイレの介助を行い、入院があればその対応に追われます。

医師からの急な指示に対応したり、患者に呼び止められたり、一般病棟の看護師は忙しく定時に仕事が終わることは少ないといえます。

 

夜勤の看護師スケジュールと仕事内容

夜勤の看護師スケジュールと仕事内容
16:30~ ・受け持ち患者の情報収集、薬の準備
16:45~ ・日勤勤務者からの申し送り
17:00~ ・ バイタルサインチェック
18:00~  ・配膳・食事セッティング・食事介助
・血糖測定やインスリン注射
・手術や検査後の患者の観察
・口腔ケア
20:00~  ・イブニングケア
・点滴や与薬
21:00~  ・消灯
6:00~  ・採血、尿などの検体採取
・バイタルサインチェック
・モーニングケア
7:00~ ・配膳・食事セッティング・食事介助
・血糖測定・インスリン注射
・内服介助・口腔ケア
8:00~ ・日勤帯に行う検査やケアのチェック
・バルンや点滴の水分出納チェック
・夜勤帯で使用した器具の片づけ
・記録の記入
8:30~  ・夜勤帯から日勤帯への申し送り
9:00~ ・勤務終了

忙しい病棟の夜勤では、点滴やモニターのアラームが鳴りやまず、休憩や仮眠が取れないこともあります。

また、比較的落ち着いている状態の場合でも、空いている時間で受け持ち患者の看護計画を見直して評価し、サマリーの作成をして十分に休憩が取れないのが一般病棟の特徴です。

 

3.一般病棟で働く看護師のメリット

一般病棟で働く看護師のメリット

一般病棟で働くメリットは、やはり看護師としてたくさんのことを短期間で学ぶことができるということです。毎日の仕事に加えて研修や勉強会など、忙しくて大変な職場ではありますが、それだけに学ぶこともたくさんあります。

これから先の看護師人生を考えても、一般病棟で働いた経験は必ず役に立つはずです。

 

(1)もちろん夜勤があるので給与が高い

夜勤も残業もあるだけに、給料はかなり高くなります。看護師が新卒でも、年収500万円近い金額の給与がもらえるのは、やはり夜勤などもこなしているからです。

病院によって夜勤手当の金額も違いますが、日勤のみの勤務に比べると、毎月数万円も高い金額なるため、逆に夜勤を望む人もいます。若くて元気なうちに、夜勤をたくさん経験しておくのもよいでしょう。

 

(2)患者との対話でモチベーションUP

一般病棟では、患者としっかりコミュニケーションを取りながら、看護を行うのが基本です。もちろん病状や気分などでコミュニケーションをとるのが難しい場合もありますが、それでも親身になって看護をするのがプロの看護師。

そうして患者と少しずつふれあいを持ち、退院の時には感謝してくれる、それが看護師をやっていく上でのモチベーションになるという看護師は少なくありません。

 

ポイント!

ポイント

仕事ではありますが、他ではできないそんなふれあいがあることが、看護師の仕事の醍醐味です。一般病棟でしか味わえないものではありませんが、看護師としてやっていくには一般病棟でのそうした経験はとても大切なのです。

 

(3)将来的に看護師のキャリアアップが可能

一般病棟で働く最大のメリットは、高いスキルが身につけられ、将来的にキャリアアップを目指すことができるということです。

幅広い看護の知識や技術を身につけることは、自分自身の強みにつながり、さらなるキャリアアップに生かすことができます。

看護師経験から語るキャリアアップ

例えば手術室で勤務していると、手術の看護においては学ぶことができます。

しかし、そのほかの看護について学ぶ機会はほとんどなく、一般的な看護技術を身につけることはできず、手術室以外では活躍することは難しいでしょう。一方、一般病棟では看護技術の基礎から疾患に応じた方法まで幅広く身に着けることができ、今後どのような分野に転職しても生かすことができます。

 

4.一般病棟で働く看護師のデメリット

一般病棟で働く看護師のデメリット

一般病棟で働く看護師のデメリットは、何といっても忙しくてハードな毎日だということです。診療科にもよりますが、看護師は慢性的に不足していることもあって任される仕事の量が多く、毎日仕事が終わるとクタクタ。

しかも、そこから勉強会や研修など、慣れるまでは辛いような毎日です。

 

(1)勉強嫌いには苦痛かもしれない

一人前になるまでは、本当に学ぶことが多いのも看護師の仕事の特徴で、資格を取って看護師になったはずが、新卒ではまだまだ知らないことだらけでそこからが勉強という感じになるのです。

そのため、勉強が嫌いという人にとっては、せっかく学校を卒業したのにま勉強ばかり、と憂鬱になってしまうかもしれません。

 

補足説明!

ポイント

また、一般病棟に転職する前の勤務先である程度看護師として勤務経験がある場合、今までとは違う技術や知識を身に着けることが大きな負担に感じる人も少なくありません。

 

(2)土日休みはなく、もちろん夜勤もある

一般病棟の場合は入院患者のケアをする関係で、土日が休みというわけにはいきませんし、夜勤もあります。普通の会社員をしている友達とはほとんど会えなくなるような生活になるので、それも慣れるまでは辛いものです。

病院によっては、休日もオンコールで突然の呼び出しがかかることもあります。なかなかプライベートを充実させるのは難しい職場ですし、何といって体力的にハードです。

 

ポイント!

ポイント

病院にもよりますが、夜勤や土日出勤が避けられない場合、結婚や出産を機に辞めていくことも考えなければなりません。家族、特に子どもがいる状態で、今まで通りの勤務を続けることは、家族の協力がないと難しく、ある程度子どもとの時間を取るために日勤のみの職場に転職する人も多いです。そういった多様な働き方を認めてくれる職場でない限り、女性が長く働くのは難しいのが現状なのです。

 

5.一般病棟に転職する看護師の注意点

一般病棟に転職する看護師の注意点

一般病棟での看護師の働き方としては、交代制を取っているところがほとんどです。

病院によって2交替と3交替の場合がありますが、いずれにしても週に1~2回の夜勤があります。忙しく、ハードな職場ではありますが、それだけにやりがいも十分にありますし、学ぶことも多いです。看護師になったら、まず一般病棟での勤務を経験しておいて損はないでしょう。

 

(1)指導やフォロー体制を確認すること

中途採用でもプリセプター制度を導入していたり、中途採用向けの研修が充実しているなど、しっかりとフォローしてくれる体制が整っているのか転職前によく調べておく必要があります。

 

注意点!

ポイント

看護師としてのキャリアは十分だけれども、一般病棟での勤務経験がない場合、今まで経験したことのない処置やケアに遭遇することがほとんどです。

そのため、いきなり一人前の看護師と同じように扱われても、十分に役割を果たすことはできません。

 

(2)今までの経験をなるべく活かせる病棟にすること

看護師として知識や技術を身につけたのですから、一般病棟に転職する際にも今までの経験が生かせるような病棟を選ぶようにしましょう。

例えば手術室やICUなどの勤務先から一般病棟に転職する際には、外科系の急性期病棟に転職すると、それまでの知識や経験が生かすことができます。

今まで自分が経験してきた看護と、これから身につけて行きたい看護について考えて一般病棟への転職を行う必要があります。

 

(3)夜勤の経験がない場合は注意すること

一般の病棟で看護師として働くには夜勤は避けて通れません。

人手が少なく、医師が不在の夜勤帯での勤務は想像以上にきつく、また忙しい病棟の場合、夜勤でも休憩や仮眠が取れないことも珍しくありません。

転職前に体調管理をしっかり行ったり、夜勤をイメージしてみたり、現在夜勤勤務している看護師に話を聞くようにしておきましょう。

 

(4)診療科によっては雰囲気が違うので注意!

ただし、一般病棟と言っても診療科によって働き方も雰囲気もかなり違いがあります。総合病院の場合は、転職することなくあちこちの診療科を経験できるのがメリットですから、まずはたくさんの診療科を経験してから自分の目指す道を選ぶとよいでしょう。

この先転職をするにしても、しっかり経験を積んでおけば、経験者として有利な条件で転職できます。

患者のケアはもちろん、診察の介助、検査や手術の準備、家族への説明など、やることはいくらでもあって、日によっては食事もままならないほど。

 

ポイント!

ポイント

看護師になったからには一度は経験しておくべき職場です。看護師求人サイトなどを利用して、担当のコンサルタントに希望の条件などを伝えて転職求人を探してもらうのもひとつの方法です。

 

まとめ

今まで経験のない、一般病棟への転職はとても勇気のいることだと思いますが、この記事を参考に、まずは一歩踏み出してみませんか。

看護師転職サイト口コミランキング

1位   ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位   ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位   ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】

監修者

亀岡さくみ看護師

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。