著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

アルバイトで働く看護師の注意点とメリット・デメリット

アルバイト看護師

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

アルバイトで働く看護師が増えてきています。アルバイトということは、つまり時給制で短時間の勤務をするということ。もちろん時間的には正社員と変わらない時間働いている人もいるのですが、雇用契約上アルバイトということになっているので、待遇面などにも差が出てきます。

慢性的な看護師不足に悩み、短時間でもいいから看護師を確保したい病院と、家庭の都合などでフルタイムの勤務は無理だけど出来るだけ働きたいという看護師の利害が一致した働き方です。

ナースではたらこ登録
ナースではたらこの口コミもチェック!

1. アルバイトで働く看護師のメリット

看護師のメリット

アルバイトで働く看護師のメリットは、何といっても空いている時間だけ仕事ができるということでしょう。子どもが学校や幼稚園に行っている時間帯だけ働くことができるアルバイトという働き方のおかげで、結婚や出産を機に退職した看護師が職場に復帰しやすくなりました。

短時間勤務なので、子どもが家にいる時は自分も家で過ごすことができる上、医療の現場から離れていた間の仕事の勘も取り戻すことができるため、まずはアルバイトから、という人が増えているのです。

 

一般的なアルバイトよりは時給が良い!

看護師のアルバイトの時給はだいたい1,500~2,000円程度。福利厚生面も考えると、やはり常勤のほうが給料面では得ですが、好きな時間だけ働くことができるというのは便利です。

資格職だけあって、一般的なアルバイトに比べると時給は倍ほどの金額になります。

また夜勤の単発アルバイトであれば、1回の勤務で20,000円ほどになりますので、月に数回入るだけでかなりの収入になるでしょう。逆に、夜勤のない仕事を選ぶこともできますし、残業も比較的少ないので、時間に制限がある人にはアルバイトは非常に便利な働き方です。

 

ポイント!

ポイント

アルバイトで働くメリットとしては、人間関係のストレスが少ないということもあります。看護師の仕事は、女性が多い職場だということもあって人間関係のストレスを訴える人が多いのは確かです。アルバイトだからといって例外ではないのですが、その時間だけの勤務と割り切って深い付き合いを避けることもできますし、どうしても嫌な場合は辞めやすいのでさっさと次のアルバイト先を探すという方法もあります。

 

2. アルバイトで働く看護師のデメリット

デメリット

アルバイトで働く看護師のデメリットは、常勤に比べて給与面で劣るという点です。一般的なアルバイトに比べると、もちろん高い時給で働くことができるのは確かですが、常勤並みの長時間働くようになってくるとやはり常勤との給与の差は出てきます。

月給だけではなく、賞与や昇給の面でも差はありますので、子どもが小さくて常勤で働くことが出来ないなどの理由がある場合はアルバイトでも構いませんが、常勤で働くことが可能であれば、そのほうがかなり得になります。

看護師は求人も数多く出ているので、働こうと思えば常勤での仕事を見つけるのも困難ではありません。

 

責任がある仕事を任してもらえない

職場によっては責任ある仕事はアルバイトには任せないようにしていますので、どうしても常勤より下の立場に見られてしまう傾向はあります。仕事の内容の面でも、責任ある仕事はさせてもらえないのでやりがいがない、という人も少なくありません。1時間いくらのアルバイト、と割り切って働くのであればよいのですが、看護師としてのやりがいを求めるのであれば、やはり常勤で働くか、アルバイトでも仕事を任せてもらえる職場を探したほうが良いでしょう。

 

ポイント!

ポイント

看護師は慢性的に不足している状態なので比較的その心配はないのですが、雇用の安定性という面でもアルバイトは常勤に劣ります。つまり、(めったにありませんが)必要がなくなれば契約を切られる、シフトを減らされる可能性もあるということです。もちろんそうならないためにも十分な働きをする必要はあるのですが、安定を求めるのであればアルバイトはあまり適しているとは言えません。

 

3. 看護師がアルバイトで働く注意点

アルバイトを始める看護師

看護師がアルバイトで働くときの注意点としては、まず自分のスキルに合った部署を選ぶということです。短時間の勤務でしかも時給はしっかり持っていくのですから、時間内は時給に見合った働きをしなければなりません。

もちろん病院によって細かい働き方は違うので、その点は教育を受けることができますが、基本的にはアルバイトの看護師は即戦力採用です。そのため、全く経験のない診療科にいくのはリスクが伴います。

できれば、経験のある診療科でのアルバイトから始めるほうが無難でしょう。

 

アルバイト看護師の方針は病院によって違う

アルバイトの扱い方については、勤務先によってかなり認識が異なり、アルバイトとはいえ勤務時間中は常勤と同じような働き方をさせる病院があれば、アルバイトには責任の少ない仕事のみをやらせるという方針の病院もあります。

 

ポイント!

ポイント

病院のどのような方針が働きやすいかはその人次第ですが、いずれにしても入職してから思っていたのと違った、ということにならないように、看護師求人サイトの担当コンサルタントにしっかり相談しながらすすめていくのがおすすめです。

 


看護師求人サイト口コミ
  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職サポートしてくれる看護師口コミが良い転職サイトです。口コミには個人差がありますので、自分自身で比較検討することで転職成功への近道となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

この記事は「kameko」さんの執筆でに執筆しています。 (最終更新日:2017年03月25日) By看護師転職ジョブ


当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事を読んだ看護師さんへのおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。