著作者

ジュプン

看護師ライター

ジュプン

( 看護師 )

看護師が子育てしながら常勤で働ける職場とは

ジュプン
看護師ライタージュプン

看護師が出産後に職場復帰する確率は高く、小さな子供を育てながら看護師として働いている人は多数いますが、看護師が出産して子供を育てながら仕事を両立させていくのは容易ではありません。

小さい子供を育てながらの看護師の仕事は、「家庭との両立が大変だしパートしかないだろう」と考える人も多いですが看護師はいつでも必要とされている職業です。

今回は、出産を終え一段落して看護師として職場復帰する場合に、常勤として無理なく続けて働くことのできる職場をご紹介します。

1.看護師の残業が少ない職場

残業が少ない職場で働く看護師

看護師が子育てしながら常勤で働ける職場として、残業が少ない職場が挙げられます。

以下で詳しく見ていきましょう。

 

クリニックや介護施設、デイケアなどで働く

看護師としてクリニックや介護施設、デイケアなどの常勤であれば、基本的には残業が少ないです。

そのため、病院勤務を希望している看護師は、求人に「残業なし」と書いてあるものを探すことや実際に残業時間の統計等を問い合わせてみると良いでしょう。

 

残業が発生する職場

病床数が多く、緊急入院や手術を多く扱っている大学病院や総合病院での常勤や病床数が多くない中小規模の病院では、どうしても看護業務以外の雑務があり残業になる場合もあります。

 

2.休みをとりやすい職場

休みを取りやすい看護師

看護師が休みを取りやすい職場は、子育て中の看護師が常勤で働けるところと言えるでしょう。

それでは、以下で詳しく紹介していきます。

 

土日休みの外来やクリニックで働く

保育園や小学校に通っている子供がいる看護師の場合、学校行事で休みを取らなければならないことも多くありますが土日に開催されることが多いため、土日休みの外来やクリニックなどは働きやすいでしょう。

同じような境遇の看護師がいる職場であれば、互いに休みを取ることができるため、気兼ねなく休みを申し出ることが出来ます。

 

ポイント!

ポイント

子育てしながら常勤で働ける職場を探す際は、「子育て中の看護師の休みの取り方に理解がある職場か」もしっかりと確認しておきましょう。

 

3.子育て中の看護師が多い職場

子育て中の看護師

看護師が子育てをしながら常勤で働く際には、子育て中の看護師が多い職場を選ぶと良いでしょう。

以下で詳しく説明していきます。

 

互いに理解しカバーし合える

子供が小さいうちは、特に突然の病気の際に保育園では預かってもらうことが出来ずに急遽仕事を休むことや、早退しなければならないことはよくあるため、同じ子育て中という状況の看護師が多く在籍していることも、子育てしながら仕事を続けていく大切なことです。

同じ子育て中(もしくは経験者)の看護師が多い職場であれば、お互いに理解してカバーし合えるため気兼ねなく働くことができるでしょう。

 

子育て経験のない看護師から理解が得られない

急遽仕事を休むことは、職場の同僚に迷惑がかかると重々承知しているにもかかわらず、子育て経験のない看護師から「また休むの?」等と言われるとそれだけで申し訳なくなり気を遣います。

 

4.看護師の短時間正職員制度がある職場

短時間正職員制度がある職場で働く看護師

子育てしながら常勤で働ける職場としておすすめなのが、短時間正職員制度がある職場です。

短時間正職員制度がある職場について、詳しく見ていきましょう。

 

業務時間が短くても常勤扱いになる

短時間正職員制度とは、子育て中や家族の介護など何らかの事情により通常時間の日勤業務が難しいという場合に利用できる制度です。

通常の日勤より業務時間が短くても常勤扱いとされる短時間正職員制度は、福利厚生も受け取ることが可能であるため、常勤として育児と仕事を両立させたい看護師にはおすすめの制度です。

 

短時間正職員制度を利用した例

私は、第2子を出産後4ヶ月で職場復帰した際に病院側からこの制度を教えてもらい、通常の常勤より2時間短い勤務形態となり夜勤はなく、残業にならないように業務調整もしっかりしてくれました。

2回の授乳が必要で、1時間を30分ずつに分けて、近所にあった保育園へ授乳に通い、残りの1時間は早く勤務を上がることができました。

短時間正職員制度を利用したおかげで保育園のお迎えも遅くならずにすみ、まだ明るいうちに帰宅して家事や子供の世話ができるため、とても助かりました。

 

ポイント!

ポイント

短時間正職員制度は、全ての病院に浸透しているとは限らず、時間帯も病院によって違うため就職・復職前に病院側への確認が大切です。

 

5.院内託児所がある職場

託児所に子供を預ける

病院によっては、院内に保育園や託児所が設けられているところもあるため、そのような職場を選ぶことも良いでしょう。

それでは、以下で詳しく紹介していきます。

 

夜勤・残業があっても安心して働ける

院内保育園や託児所のある職場は、病院全体が子育てへの理解と協力があり施設によっては、24時間365日体制で保育を行ってくれるところもあり「夜勤を行わなければならない場合」「残業がある場合」等でも安心して働くことができます。

 

補足説明!

ポイント

子供が熱を出した場合や、その他の病気や怪我の場合でも連絡後すぐに会いに行き、様子を知ることができることは院内保育園や託児所がある職場のメリットと言えるでしょう。

 

保育体制を確認する

院内保育園や託児所が設けてある病院では、ある程度の簡単な対応と経過観察でよい病気等の場合、病児保育を行ってくれるところもあるため、保育体制をしっかりと確認しましょう。

院内保育園等がない場合は、何かあったときにすぐに駆けつけることができるように病院の近くに保育園や託児所があるかチェックすることが大切です。

 

勤務先の近くに保育園があった例

私自身は、院内に保育園はありませんでしたが歩いて5分もしない場所に保育園があり、同じ病院の看護師の子供をたくさん保育していたため、自然と協力と連携が整っていて働きやすかったです。

 

ポイント!

ポイント

勤務病院の近くに保育園等があるところを選ぶことは、子育てと仕事を両立させるポイントとなるため、病児保育の有無等を確認しておくと良いでしょう。

 

6.まとめ

看護師が子育てしながら常勤で働ける職場について紹介してきましたが、いかがでしたか。

子育てをしながら常勤を希望する看護師が、家庭と両立しながら無理なく続けられる職場探しの際に役立てて頂けたら幸いです。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

三児の男の子の母と看護師の両立に奮闘しながら総合病院の看護師として勤め、その勤務経験は10年以上。
常勤看護師として小さな子供を抱えながら夜勤もやっていました。現在は夫の都合で海外在住で、看護師はしていませんが看護師ライターとして活動しています。様々な科での勤務経験と、看護師と出産・育児との両立経験を生かし、皆さんが知りたいという内容を分かりやすくお届けしたいと思います。


カテゴリー:転職時の育児・子育て

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ジュプン
(公開日:)(編集日::2017年09月21日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。