著作者

さくら

現役看護師

さくら

( 看護師 )

警察病院の看護師について!採用までの道のりとメリット・デメリット

さくら
現役看護師さくら
警察病院 看護師 採用 メリット デメリット

「警察病院」と聞くだけで、特別なイメージや怖いイメージを抱く看護師もいるかもしれませんが、基本となる「病院」の部分は大きく変わりありません。

また、警察病院で働く看護師は公務員ではなく、一般病棟などに勤務する看護師と同じなのです。

当ページでは、警察病院で働く看護師について説明していきます。

1.警察病院について

警察病院

警察病院は警視庁の職員が出資してつくった民間病院です。民間病院なので、基本的にどのような患者でも受診ができます

 

受刑者の病状が悪化した際に運ばれる病院

ほとんどの刑務所では専属の医師が受刑者を診察します。しかし、受刑者の病状が悪化してしまった、手術が必要だと判断された場合は警察病院へ運ばれます。

 

ポイント!

ポイント

一般病院と異なる点は、警察病院では刑務所に収容されている受刑者の看護を行うという点だけです。

 

2.警察病院への採用までの道のり

看護師 警察病院の採用試験

警察病院で働くためには、初めに一般病院と同じように書類選考、面接があります。書類選考や面接については、警察病院の採用だからと言って特別なことはありません。

 

警察病院で働くためには採用試験がある

看護師が警察病院で働くためには、小論文を提出する採用試験があります。採用試験の内容は、「出されたテーマに沿った小論文を時間内に、規定された文字数で記入する」というものです。

小論文のテーマなどは採用試験ごとに異なりますが、自分の看護観などをまとめておくと良いでしょう。

 

ポイント!

ポイント

警察病院で働きたい看護師のは採用試験があることを考慮して、面接対策や小論文対策を立てることをおすすめします。

 

3.警察病院で働く看護師のメリット

警察病院で働く看護師 メリットを感じる

警察病院は他の病院と比較しても、建物や医療機器・器具などの環境が最新でしっかりと整えられています。電子カルテはもちろん、ICUなどの部署ではパソコン2台を連動して児童で記録を行うことも可能です。

医療機器についても、IABP,PCPSやほか二次救急で使用する機器類も充実しています。様々な処置の経験を積めるのです。

 

勉強会への参加で多くの学びを得られる

警察病院では、それぞれの部署で積極的に勉強会が開催されています。病棟ごとで行う勉強会もありますが、なかには医師や外部の方が開催する勉強会もあり、様々な学びを得ることができます。

 

聴神経腫瘍摘出手術について学ぶことができる

警察病院では、他では経験できない看護を学ぶことができます。例をいくつか挙げてみます。

  • 特殊な手術体位や手術前後の聴覚の状況
  • 神経麻痺状況
  • 手術前後で明らかに変わる患者の状態

中には、手術が難しいとされている、一般の病院では手術できない「聴神経腫瘍」の手術を、ある警察病院では行っています。

 

ポイント!

ポイント

将来的に、脳神経外科の知識を深めたい看護師にはとても学びになることが多いでしょう。

 

4.警察病院で働く看護師のデメリット

警察病院で働く看護師 デメリット感じる

警察病院に運ばれてきた受刑者に、自分の個人情報を知られる恐れがあること、脅迫めいたことを言われることが、警察病院で働く看護師の最大のデメリットです。

そのため、受刑者に対する看護師の対応方法として注意する点が3つほどあります。

  • 自分の名札も隠し苗字も知られないように注意をすること
  • 危険を感じたら身を守ることに注意をすること
  • 暴言を吐く受刑者のことを気にせず仕事をすること

この話を聞いて「こわい」と感じる看護師もいるでしょうが、受刑者のそばには必ず24時間、警官がいます。暴力などをふるわれることはありません。

 

警察病院の設備や環境に慣れるまでに時間がかかる

前述しましたが、警察病院は医療機器など設備が最新です。「機械が苦手」「紙カルテしか知らない」という看護師の場合、使用方法などに慣れるまでには時間がかかるでしょう。

例えば、電子カルテに慣れてない看護師の場合は、まず電子カルテの開き方から学ばないといけません。

 

ポイント!

ポイント

元々、パソコンや医療機器類に慣れている看護師であれば、そこまで難しいことではありません。

 

勉強することが多い

警察病院で働く場合、勉強することが多いため、自分の休日も勉強や勉強会の為に使わなくてはいけなくなります。初めのうちは仕方ないことでも、継続的に勉強会を行うと負担に感じることも。

適度に息抜きをしながら行うことを意識して、ストレスを溜めないようにしなければいけません。

 

まとめ

警察病院についてのイメージは少し変わりましたか?

警察病院は基本的に建物や医療機器・器具などの設備や勉強会などがとても充実しており、新人としての基礎や中途の看護師のキャリアアップには適しています。

貴方にとっての働きたい病院の候補のひとつになれば幸いです。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

高等看護専攻科出身。看護科卒業後、二次救急病院(法人)で3年、大学病院で1年、ほか病院で1年、現在は地域医療病院にて5年目として勤務中。
(現在看護師10年目)これらの勤務の途中や息抜きとして看護師バイトを経験する(健診、デイサービス、訪問入浴、施設夜勤、看護ライターなど)これらの経験を生かし現在のライター記事にも生かしていければと考えています。


カテゴリー:看護師の仕事内容・業務

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:さくら
(公開日:)(編集日::2017年07月27日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。