著作者

amel

看護師ライター

amel

( 看護師 )

公立病院で働く看護師の特徴とメリット・デメリット

amel
看護師ライター amel
公立病院 看護師 特徴 役割 メリット 

地方自治体が運営する病院のことを「公立病院」と言います。公立病院で働く看護師は公務員看護師と呼ばれます。公務員看護師という言葉はあまり馴染みがない言葉かもしれません。

今回は、公立病院で働く看護師について、特徴や役割など詳細に説明し、実際に公立病院で公務員試験を受けた看護師の体験談も合わせて紹介していきます。

1.公立病院の看護師について

公立病院の外観

一般病院で働く看護師と違い、公立病院で働く看護師は肩書が「公務員」になります。つまり、公立病院で働く看護師は、公務員扱いとなります。就職先が地方の公立病院の場合は、地方公務員として扱われます。

 

公立病院の看護師の労働条件は一般病院と同じ

公立病院で働く看護師ですが、公務員だからと言って公務員試験があるわけではないのです。公立病院の看護師も、労働条件などは一般病院と変わらなりません。

 

地方の公立病院では常に看護師不足の状態

地方の公立病院は常に看護師不足の状態のため、履歴書を送り、簡単な面接を受けに行けば即採用となることが多いです。その上、勤務先の病院からありがたがられる存在となります。

 

公立病院で働く看護師になるまで

私の勤務していた公立病院は地方の公立病院でした。地方の公立病院では、採用試験というものは特別難しいことはなく、履歴書を書いて、病院に送付して、後日簡単な面接を行なうだけです。

そして面接と言っても、入職する前提で話が進むので、面接した日に採用が決定する形になってしまったという感じです。

 

小論文や筆記試験なども公立病院では行っています

各公立病院によっては小論文や筆記試験があったりと、試験内容も異なってくると思いますので、入職したい病院の試験内容は事前に確認が必要となります。

入職するまでの流れは、一般病院とそれほどかわりないと思われます。

 

2.公立病院で働く看護師の特徴

公立病院で働く看護師 特徴

公立病院は個人病院に比べて病床数が多いため、その分多数の看護師が在職しています。具体的な公立病院で働く看護師の特徴として、

  • 看護師の年齢層が新人から定年目前まで幅広い
  • 新卒の看護師の採用が多い
  • (大抵の場合)配属の病棟には同期が複数人いる
  • 子育てをしながら働く看護師が多い
  • 介護休暇を取りながら働く看護師が多い

などが挙げられます。公立病院では様々なライフステージの看護師が働いているのです。

 

さまざまな経験を持つ看護師が公立病院には多い

公立病院で働いている看護師ごとの経験もさまざまで、基本的には新人看護師の頃から働いている看護師が多いのですが、

  • 既卒で転職を機に入職した看護師
  • 市を離れ働いていたが地元へ帰ってきたきっかけで転職した看護師

という看護師も多く在職しています。

 

ポイント!

ポイント

公立病院で働く看護師、全体の割合から見ると、公立病院のある市の出身である看護師が多い印象です。

 

3.公立病院で働く看護師の役割

公立病院の看護師 役割 考える

公立病院で働く看護師にはどのような役割があるのでしょうか。地域公共団体が経営する公立病院の看護師の役割について説明します。

 

地域の幅広い医療の一環を担う役割がある

公立病院は、地域の人の拠り所的存在の病院であり、

  • 急性期の患者
  • 長年に渡り通院を続けている患者

まで、さまざまな患者を対象としています。その、幅広い医療の一環を担う看護師としての意識を持つことが求められます。

 

看護に責任をもつために自己研鑽を続けることも必要

公立病院には、一般の病院では治療できない、専門的知識を必要とした患者も入院することもあります。責任を持って看護をしていくための自己研鑽を続けていくことも求められます。

 

後輩看護師の教育に携わることも役割のひとつ

公立病院で働く看護師は自身の発展だけでなく、組織として育っていくための意識を持つことも必要です。そのため、後輩看護師の教育に携わることも、公立病院に勤める看護師の役割と言えます。

 

4.公立病院で働く看護師のメリット

公立病院のメリットを知って喜ぶ女性看護師

公立病院で働く看護師のメリットは下記のようにたくさんあります。

  • 教育体制が整っている
  • 様々な診療科の看護を経験できる
  • 同期と一緒に仕事を頑張ることができる
  • 福利厚生が整っている
  • 休暇制度が充実している
  • ほぼ定時に帰ることができる
  • 給料が安定している

各公立病院で詳細は変わってきますが、公立病院への転職を考えている看護師は、参考にしてみてください。

 

教育体制が整っている

公立病院は、看護師在籍数も多いため、クリニカルラダー制度を取り入れていることが多いです。クリニカルラダーがあることで、

  • どのようなことを目標にすれば良いのか
  • どのようなステップで教育が進められているのか

など、教える側も教わる側も明確に把握することができます。

 

クリニカルラダーでは教育の個人差ができにくい

クリニカルラダーに沿って決められた、院内統一の教育を受けることができるため、教育の個人差ができにくいです。もちろん進度は個々に合わせて調整もしてくれますが、どんな進度であれ同じステップを辿ることができるようになっています。

 

精神面のフォローをもらいながら教育を受けることもできる

クリニカルラダーでは、プリセプターが教育を受ける立場の新人看護師や転職者を個別にサポートしてくれます。そのため、精神的な面でもフォローをしてもらいながら教育を受けることができます。

 

様々な診療科の看護を経験できる

公立病院には多くの診療科があるため

  • 幅広い分野の看護をできるようになりたい看護師
  • どの分野の看護を極めたいか決まっていない看護師

などについては、多くの分野の看護を経験する機会を持つことができるため向いている職場です。

 

ポイント!

ポイント

看護師は早ければ、新卒3年目から異動があり、その後も希望によっては短いスパンで異動でき、経験の幅を効率的に広げることができます。

 

同期と一緒に仕事を頑張ることができる

公立病院では、新卒の人数が多く、同じ病棟に複数人同期が配属されることが多いです。スタートから共に頑張る同期は、自身の仕事へのモチベーションを上げてくれたり、辛さを分かち合ったりでき、かけがえのない存在となります。

 

中途採用でも話や気の合う看護師を見つけやすい

中途で入職した既卒の看護師も、幅広い世代が働く公立病院では同世代の看護師がいる可能性が高いです。同世代であれば中途で入職した看護師でも、話や気の合う看護師を見つけやすいです。

 

福利厚生が整っている

公立病院の看護師は公務員ですので、福利厚生は一般病院と比較すると非常に高待遇です。例えば、

  • 一定期間以上働けば退職金が出る
  • 住宅手当などの各種手当が出る

という公立病院もあるので、給料だけでなく、福利厚生を予めチェックし、自分の求める条件と合っているか確認しておくと良いです。

 

休暇制度が充実している

公立病院で働く看護師の1番のメリットは、休暇制度が充実している点です。規定通りの有給に加え、「夏季休暇3日」「年末年始休暇5日」など、週休の他にも休みを取ることができます

例えば、夏季休暇の場合は、「7月から9月の間に夏季休暇の3日休みを入れる」というような具合です。

 

シフトの休暇を配慮してくれる公立病院は多い

公立病院は看護師が足りないので1度に大勢で休むことはできません。しかし、公立病院では交代で休みを取れるようにシフトを配慮してくれる病院が多いです。

 

ほぼ定時に帰ることができる

各公立病院によって勤務内容などが違うので一概にはいえませんが、一般病院に比べ、公立病院は勤務時間が守られています。公立病院で働く看護師は、ほぼ定時に帰ることができます。例えば、

  • 緊急の入院が入ってしまった場合
  • 手術患者の状況

などに応じて残業をすることもありますが、残業をしても30分から1時間程度の残業が月に数回ある程度です。

 

ポイント!

ポイント

残業をした場合には、超過勤務の申請をすることができます。

 

給料が安定している

公立病院の給料の特徴は以下の通りです。

  • 給料の額は年功序列であり、長く勤務していればしているほど高給与
  • 毎年昇給がある
  • ボーナスが6月と12月の年2回ある
  • 産前産後休暇の間も基本給程度の給料を貰うことができる

年功序列のため、若いうちは「給料が少ない」と感じるかもしれません。しかし、長期で勤務すればするほど上がっていくので、長期で働きたいと考えている看護師には良いでしょう。

また、新人看護師として入職しても1目からボーナスが1ヶ月分程度貰える公立病院が多いです。

 

ポイント!

ポイント

最近は、各自治体で財政状況が悪化しているが多いです。年功序列といえども昔より給料も数%カットなどされている場合もあるので、公立病院での勤務を希望する看護師は、事前に各公立病院に確認しましょう。

 

5.公立病院で働く看護師のデメリット

公立病院のデメリットについて考える女性看護師

公立病院は一般病院と比べて条件がよいのであまりデメリットを感じないという意見は多いですが、働き方に条件がある看護師にとってはデメリットを感じやすいと言えます。さっそくその他のデメリットについて説明していきます。

 

副業ができない

公立病院で働く看護師は公務員扱いになるため、もちろん副業ができません。現在副業をしている・副業をしたい、と思っている看護師にはデメリットになるでしょう。

 

業務が忙しい職場が多い

病床数に伴って業務が多いことに加え、24時間救急診療体制をとっている病院が多く、緊急入院などで忙しく動き回ることも少なくありません。夜間も同様で、忙しくなった時にいつでも動ける状態でいる必要があるので、ゆったりと働きたいという看護師にはあまり向いていません。

 

やりたい分野以外の看護も求められる

公立病院では、いつでも異動の可能性があるので、全く畑違いの分野の看護をすることも求められます。やりたい分野が決まっている看護師でも、ずっと希望の分野の看護を続けられるという約束はありません。

 

ポイント!

ポイント

もしもひとつの看護分野を極めたいという希望があれば、面接時に意思表示しておくことをおすすめします。

 

委員会や係・教育を任せられることがある

大きな組織であるがゆえ、委員会や係などの役割分担や後輩教育などの役割が、少なくとも1つは自分に回ってきます。これらの活動が、業務時間外となることもあり、決められた業務以外の仕事をするのが嫌な看護師には重荷となるかもしれません。

 

患者からの差し入れをもらえない

一般病院で勤務していると、患者からよく贈り物や差し入れを貰うがあります。しかし、公立病院では患者からの贈り物や差し入れは「利害関係があった場合、問題になる」という理念の下、もらうことができないので断る必要があります。

 

ポイント!

ポイント

高価なものでなければ受け取る場合もありますが、病院によってはどんな小さな差し入れでも徹底してお断りする場合があります。

 

6.公務員看護師として働くまでの看護師の体験談

看護師のTreeさん

Treeさん【現役看護師】

実際に公立病院へ転職した看護師の体験談を、転職活動の流れに沿って、求人探しから採用に至るまでの流れで紹介します。

公立病院との出会いと求人応募について

私は転職先の最重要視する条件を、「やりたい看護をできる病院」で探し、結果として公立病院の求人に出会いました。そして、公立病院で働くために公立病院のホームページで看護師の求人募集がないかを確認しました。

 

目的の公立病院の看護師求人情報の概要

出会った公立病院の求人募集については、

  • 看護師の募集は随時行っている状態
  • 正規雇用ではなく臨時任用職員の募集枠のみ

という内容です。目的の病院が決まっている場合は、最初に病院のホームページで採用情報を調べるのが一番早いと思いました。

 

臨時任用職員としての勤務を選んだ

公立病院の求人募集について、最初から正規雇用で入職するより臨時任用職員で入職する方がメリットがあると判断し、臨時任用職員として働くことを決めました。理由としては、

  • 公務員として働くことが目的ではなかったこと
  • 自分がやりたい看護の職場の雰囲気を知ることができること
  • 臨時任用職員は給与面・勤務体制が正規雇用と大きな差はないこと

という上記のポイントに個人的に大きなメリットを感じたからです。

 

ポイント!

ポイント

臨時任用職員は基本契約が1年のため、合わなければそのタイミングで辞めることもでき、辞める時の労力なども必要ないという点にもメリットを感じました。

 

臨時任用職員を経て正式に公務員看護師になることに

臨時任用職員として採用されましたが、採用後に希望病棟へは配属されませんでした。しかし、配属された職場で契約通り1年間働き、

  • 予想以上の良い刺激を受けたこと
  • スタッフにも恵まれたこと
  • 周りにも正規雇用として働くことを進められたこと
  • この職場で働き続ける自信ができたこと

ということもあり、公務員試験を受けて正規雇用で働く道を選びました。

 

看護師の公務員試験概要について

公立病院で正規雇用として働くための公務員試験の概要ですが、基本は面接と小論文だけです。私が公務員試験で受けた面接と小論文の内容について紹介します。

面接の内容 ・希望病院についての志望動機
・看護師経験年数10年を踏まえて即戦力として働けるか
・1年間働いた病院以外の系列病院での採用になることに問題はないか
小論文の内容 ・与えられたテーマについて1時間で記載する
・テーマは看護に関する内容ではなく一般の話題についての内容

小論文のテーマが看護では無かった点は驚きでした。「公務員試験だからなのかな」と感じたように記憶しています。公務員試験には無事合格し、晴れて公務員看護師として働くことになりました。

 

まとめ

看護師が公立病院で働いた場合、恵まれている点が多々あります。特に女性看護師にとっては、「産前産後休暇中の給料」がもらえるという点は大きいのではないでしょうか。

転職を考えている看護師は、是非、公立病院で働くことを選択肢に加えてみてください。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

2人の子供がいる、看護師歴十数年のシングルマザーです。子育てを優先しながらも、いかに1人で家計を支えていくか日々模索中です。これまでの経験を元に、少しでも役立つ情報を書いていけたら思っています。


カテゴリー:各病院看護師求人の特徴

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:amel
(公開日:)(編集日::2017年04月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。