著作者

さすらいのナース

現役看護師

さすらいのナース

( 看護師 保健師 養護教諭)

病院以外で看護師資格が活かせるデスクワーク5選

さすらいのナース
現役看護師 さすらいのナース
看護師資格が活かせるデスクワーク5選

看護師の資格を持っているけれど、様々な理由で病院以外の仕事もしてみたいと考える看護師は多いのではないでしょうか。

特に病棟勤務のハードワークに疲れたと考える看護師は、看護師資格を活かしながらデスクワーク職業への転職を一度は考えることもあります。

そこで、ここでは看護師の資格を活かせるデスクワークのお仕事を5つご紹介していきます。

転職を考える場合は、看護師としてメリット・デメリットを一旦考える必要があるので注意しましょう。

1.企業医務室の看護師

起業医務室の看護師

企業医務室とは、いわば会社の保健室のような存在です。

企業医務室に勤める看護師の主な業務内容は、

  • 健康管理(生活習慣病の予防や病気の早期発見など)
  • 安全衛生活動
  • 救急対応
  • 社員の休職管理
  • 復職支援
  • 健康相談
  • うつ病社員のメンタルケア

などが挙げられます。(業務内容の詳細は企業によって異なります)

病院に勤める看護師と異なり、看護の対象者は全て企業の社員であるということが特徴です。

このことにより、看護対象者の全てが体に支障があるわけではないため、看護よりも「健康管理業務」といったデスクワークがメインの仕事となります。

私はとある企業医務室の看護師の面接を受けたことがあるのですが、その際に面接官から、「病院勤務と違ってやりがいがないかもしれません。できれば病院勤務は疲れたという方に来ていただきたい。」と言われたのが印象的でした。

さらに詳しくは、同じく企業医務室経験がある看護師が執筆した「看護師の企業医務室転職|求人探す前に確認する5つの事」も合わせて確認してください。

 

転職する場合のメリット

企業医務室で働く看護師の勤務は、働く企業に沿うことになります。

多くの企業の勤務はカレンダー通りであるため、土日祝休みなど休日が安定しており、大型連休が丸ごと休みになる場合があります。

 

転職する場合のデメリット

看護師が企業医務室に転職するデメリットとは、

  • 日に有給を取得しにくいこと
  • 求人がすくないこと

などが挙げられます。

特に企業医務室の看護師少人数体制の企業医務室では平日の有給が取得しにくい傾向があり、有給の取得を希望条件として挙げている場合には、特に看護師人数を確認する必要があります。

 

企業医務室の看護師求人は少ない

企業医務室は、

  • 「看護師にとって人気のある求人であること」
  • 「企業の雇用人数が少数である場合が多いこと」
  • 「辞める看護師が少ないこと」

により、求人を見つけることが難しい「希少価値が高い求人」です。

稀に求人を出したとしても、産休代行の非正規雇用などである場合が多いです。

 

2.コールセンターの看護師

コールセンターで働く看護師

コールセンターで働く看護師は、看護の知識を用いて医療や健康、商品に関する相談を行うデスクワークになります。

また、看護師がコールセンターで働く場合には、以下のように就業先によって業務内容が大きく異なります。

コールセンターの種類 主な業務内容
医療機器メーカー 医療機器の取り扱いや使用方法の説明を行う
医薬品メーカー 薬の用途や用法の説明を行う
食品メーカー 企業が扱う製品に関する相談(アレルギー等)を行う
公共(市町村など) 急病や怪我等による応急処置を指示する
クレジットカード プラチナ・ブラックカード会員等を対象とした相談対応
医療、育児、介護などの健康相談の対応を行う
生命保険 生命保険が設けている健康相談窓口で対応
健康、育児、疾病予防など幅広く対応を行う

コールセンターは、電話越しで看護師の資格を活かせるデスクワークです。以上のように、就業先によっては医療知識だけでなく、自社製品の把握が必要となる場合もあります。

そして、コールセンターで働く看護師は、コミュニケーション能力や対人スキルが求められます。

体力的な負担はありませんが、電話を通して利用者の問題解決に努めなければいけない難しさのある職場であると言えるでしょう。詳しくは「看護師のコールセンター?電話相談の仕事とは」も合わせて確認してください。

 

転職する場合のメリット

コールセンターで働く看護師は夜勤や残業が無い就業先を選びやすいため、家庭や育児と両立しやすいことがメリットです。

また、医療技術が求められるわけではないため、ブランクのある看護師でも働きやすい職場です。

 

転職する場合のデメリット

コールセンターで転職する看護師のデメリットは電話対応が仕事となるため、看護スキルが鈍ってしまうことです。

そのため、

  • 「看護スキルを落としたくない看護師」
  • 「臨床の場に戻る予定がある看護師」

などの看護師の方には、あまり向いていない職場といえます。

医療相談系のコールセンターでは、顔や実際の症状を見ることなく電話するため判断が難しく、答の内容について後に問題になることもあります。

 

クレーム対応によるデメリットも大きい職場

コールセンター看護師の仕事は電話対応であるが故のデメリットが以下のように存在します。

例えば、メーカー系のコールセンターであればクレームの電話もあるため、クレームの対応で精神的なストレスを抱える可能性があります。

電話対応だからこその判断の難しさや、理不尽なクレーム対応に看護師としてストレスを感じることは少なくありません。

 

3.CRC (治験コーディネーター)で働く看護師

治験コーディネーターの看護師

CRC(治験コーディネーター)とは、治験業務において、治験を依頼する製薬企業と治験を実施する医療機関そして被験者の間をとりもち、治験が円滑に行えるようにサポートする役目が課せられます。

そのため、治験が開始した場合には依頼主・医師・被験者の対応等で病院に出向くことなども多々ありますが、その他の仕事はデスクワークとなります。

CRCの主な業務内容は、

  • 治験計画の準備
  • スケジュール調整
  • 治験担当医の対応
  • 治験依頼主の対応
  • 被験者の対応(心のケア、インフォームドコンセント、服薬状況の把握など)

など、治験業務の管理を中心とした業務となります。

さらに詳しくは「治験コーディネーター(CRC)とは?|看護師が転職で知るべき7つ」も是非参考にしてみてください。

 

院内CRCと派遣された働くCRCの仕事があるので注意しよう

CRCは治験を行う医療機関の職員で治験センター等に配属される院内CRCの場合と、SMO(治験施設支援機関)に所属し各医療機関に派遣されてCRCとして働く場合があります。

また、新薬に関する情報が英文で書かれていることがあるため、英語が理解できることが求められる場合があります。必要なスキルは基本的なパソコン操作に加え、英語がわかると尚良いでしょう。

 

 

転職する場合のメリット

看護師資格があれば、未経験でもCRCの仕事は可能であり、実務経験を積みながら必要なスキルや知識(薬剤や疾患、臨床検査など)を身につけることができます。

またSMOのCRCであれば会社員となるので土日休みがとりやすく、もちろん夜勤もありません。

 

転職する場合のデメリット

CRCに看護師として転職した場合、今までの看護師のキャリアがすべて活かせるわけではなく、給料も病棟で働いていた頃よりも下がる可能性があります。

また、採血や点滴といった医療処置が一切できなくなるため、看護技術やスキルが落ちる可能性があります。

 

4.CRA (臨床開発モニター)で働く看護師

CRAで働く看護師

先ほど説明したCRC(治験コーディネーター)は治験が円滑にサポートし治験を遂行する役目(新薬開発の補助)であり、CRA(臨床開発モニター)は治験をモニタリング(新薬開発が正しく行われているかの監視・確認)する最終的な責任者であるになります。

CRAの業務は、協力医療機関との治験契約を行い、開始し、実施中は新薬の治験が適切に行われているかモニタリングやデータの回収を行い、治験終了時には手続きを行います。

そのため、データ管理やプレゼン資料の作成に伴い、パソコン(マイクロソフトのWordやExcel、パワーポイントのスキルが必須)を利用するデスクワークが中心の仕事となります。

また、治験の契約のためにプレゼンテーションを行うなど病棟勤務にはない「営業」を行うため、コミュニケーション能力が必要となり、CRCと同様に新薬の情報が英文で書かれていることがあるため、英語能力があると有利ですし、優遇されることもあります。

さらに詳しくは「CRA(臨床開発モニター)に転職を考える看護師のメリット・デメリット」も参考にしてください。

 

転職する場合のメリット

CRAは会社員となるため土日休みとなります。

また、看護師個人の能力や経験、努力次第で看護師以上の年収を稼ぐことができるため収入の高さが期待できます。

 

転職する場合のデメリット

CRAは残業や出張が多い仕事のため家庭と両立を図る看護師にCRAは向いていません。

また、CRAはCRCと違い、治験をモニタリングすることが仕事のため患者と関わる機会はありません。

つまり、CRAも注射や採血は一切しないので看護スキルや技術は落ちてしまいます。

 

5.学校の保健室の看護師

学校の保健室で働く看護師

一部の私立の小中学校、高等学校や公立・私立大学の保健室では、「養護教諭の免許」が無くても看護師の免許さえ持っていれば働くことができますが、養護教諭免許があれば選択肢が広がります。

養護教諭の免許には「一種」と「二種」があり、保健師免許を取得している看護師のうち、必要単位を取得しているものであれば、書類申請だけで「養護教諭二種」の免許が取得できます。

学校の保健室の仕事内容は主に、

  • 健康診断の実施
  • 体調不良の生徒の看護や創傷処置
  • 生徒のカウンセリング
  • 学校環境の衛星調査

などが挙げられます。

以上のように、学校の保健室の仕事は、生徒への応急処置やカウンセリングを中心としたデスクワークとなります。

詳しくは「学校で働く看護師の4つの看護師転職のポイント」も確認してください。

あくまで学校の保健室で体調不良の生徒に施せる事は「応急処置」であるため、症状が深刻な場合には、保護者への連絡、病院への搬送を行います。

このことにより、病院勤務の看護師のように体力よりも、コミュニケーション能力や柔軟に対応できる器用さが必要とされる職場であると言えるでしょう。

 

転職する場合のメリット

学校の保険室での看護師の仕事は、他のデスクワークに比べると忙しくないことがメリットです。

そのため、病院勤務などでバーンアウトして休憩が必要な看護師に向いています。

また、子どもや若い人と関わりたい看護師にも向いているでしょう。

 

転職する場合のデメリット

学校の保健室の求人自体が少なく、正規雇用の求人を見つけることが難しいです。

さらに看護師や保健師を別々に採用する余裕のない学校では、保健師の免許を持っている看護師を募集していることがあるため、看護師免許しかない方にとって狭き門となる可能性が高いでしょう。

 

まとめ

看護師に比較的な人気なデスクワークですが、共通して言えることは、採血や点滴などといった看護技術を行うことが少ないまたは全くないため看護スキルが落ちる可能性があり、これは有料老人ホームなど施設に転職する比ではありません。

そのため、看護師として転職する際には、デメリットを一旦考える必要があります。

一方で土日休みや夜勤をしなくて良いという点や職種によっては、病院勤務にくらべ忙しくないというメリットもあり、家庭を持つ看護師にとっては外せない好条件ではあります。

しかし、デスクワークはどれも求人が少ないため、転職サイトに登録して求人を紹介してもらうことをお勧めします。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


地方の大学病院に勤めていましたが、4年働いたところで結婚のため退職。新天地にて有料老人ホームとデイサービスに再就職しましたが、1年後に出産のため退職しました。
現在は育児をしながら、色々な転職サイトを使い就職活動をしています。私のように子育てをしながら看護師をしている方たちに役立てることのできるような情報を発信できたらと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・保健師・養護教諭第二種
年齢 ・東京都/30代
職務経験 ・大学病院・有料老人ホーム・デイサービス
診療科経験 ・訪問看護

看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:企業看護師

(公開日:)(編集日::2018年02月16日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。