著作者

Tabilove

看護師ライター

Tabilove

( 看護師 保健師 )

看護師にお勧めの取得するとお得な資格とは

Tabilove
看護師ライターTabilove
看護師にお勧めの資格

看護師免許があれば看護師として働いていく分には十分ですが、何か資格を持っていることで看護に役立つ資格がたくさんあります。看護師が資格をとると、以下のようなメリットがあります。

  • 就職先の選択肢が増える
  • ケア内容・幅が広がる
  • 資格手当をつけて貰える可能性がある
  • 仕事に対するモチベーションがアップする
  • 人脈が広がる
  • キャリアアップになる

このように、資格取得は良いこと尽くしのため、近年資格を取得する看護師が非常に増えています。今回は、看護師が取得すると得する資格をご紹介いたします。

せっかく資格を取得するならば、看護師という専門性を活かした資格を取得することをお勧めします。

  • 専門看護師
  • 認定看護師
  • ケアマネージャー
  • 住環境コーディネーター
  • 自動車免許
  • 保健師
  • 助産師
  • 介護福祉士
  • 救急救命士
  • リンパドレナージセラピスト
  • アロマテラピー
  • ハンドケアセラピスト
  • メンタル心理カウンセラー
  • 手話通訳士

 
他にも色々ありますが、今回は看護師に人気の資格をご紹介します。

1.看護師の仕事に直結する資格

考える女性看護師
より看護師の資格を活かすための資格は以下の通りです。

  • 専門看護師
  • 認定看護師
  • ケアマネージャー
  • 住環境コーディネーター
  • 自動車免許
  • 保健師
  • 助産師
  • 介護福祉士
  • 救急救命士

それぞれ詳しく説明していきます。

 

専門看護師:難易度が高い資格

専門看護師とは看護ケアのスペシャリストであり、看護系大学大学院修士課程終了が必要となるので、難しい資格ではあります。

 

認定看護師:給与に反映されやすい資格

認定看護師は臨床現場におけるエキスパートであり、認定看護師教育課程を履修しなければなりません。お金がかかりますが、病院が負担してくれることが多くあります

認定看護師は病棟に1人でもいると様々な事が相談でき、ケアの幅も広がります。病院側が1番欲しい資格ですので給料にも反映されやすいです。

 

ケアマネージャー:介護施設で働くなら取得して損はない資格

介護施設で働きたい看護師はケアマネージャーの資格を持っておいて損はありません。ですが、働きながらケアマネージャーの仕事をするのは非常に大変ですので覚悟しておいてください。

しかし、介護保険の内容を詳しく知っているのと知らないのでは仕事に対する考え方も変わってきますし、ケアマネージャーの資格を持っていると地域の在宅相談室でも働くことができます

 

住環境コーディネーター:誰でも簡単に取得できる資格

住環境コーディネーターは比較的誰でも簡単に取得できる資格なので、介護保険に関わる看護師は取得する人が多いです。訪問看護の仕事をする上でアドバイスしやすくなりますが、ほとんど給料には反映しないことが多いです。

 

ポイント!

ポイント

訪問看護をしたい看護師は自動車免許の取得は必須ですので注意しましょう。

 

2.看護師の仕事に生かせるセラピスト系資格

説明する看護師
セラピスト系の資格は看護師としての仕事にも活かすことができるので大変人気です。

  • リンパドレナージセラピスト
  • アロマテラピー
  • ハンドケアセラピスト
  • メンタル心理カウンセラー

これらの資格は患者を喜ばせることができることや、オシャレな趣味として活用することができる資格なので取得しておいて損はありません。それぞれ詳しく説明していきます。

 

リンパドレナージセラピスト:転職に役立つ資格

病院・在宅に限らずリンパ浮腫がある患者が多くいます。リンパドレナージセラピストは、医師の指示に基づいて施術を行うものなので正しい知識が必要となります。

病棟では時間がないので施術することは難しいのですが、訪問看護では資格を持っている人がメニューを作成すれば施術することができるのでリンパドレナージセラピストは重宝されます

目に見えて効果を発揮するので、資格を取らないにしても勉強する価値はあります。リンパ浮腫外来がある病院もあるので、転職にも役に立つ資格です。

 

アロマテラピー:患者に癒しの空間を提供できる資格

近年、アロマを使った看護研究が多く見られるようになっています。実際に病棟でも睡眠援助・足浴にアロマをとりいれています。また、訪問看護ではオイルマッサージを行うなどケア中に癒しの空間を作りながらケアすることもあります。

 

ポイント!

ポイント

疾患によっては使用してはいけないオイルもあるので、アロマを使用したケアをする際は資格(知識)が必要です。

 

ハンドケアセラピスト:幅広い患者に使える資格

アロマテラピーと共通する部分もありますが、ハンドケアセラピストは小児~高齢者まで幅広く使える資格です。文字通り手を使ったマッサージですが単なるマッサージとは異なり、精神安定に非常に効果があります。特に、末期の患者には非常に効果的だそうです。

不穏患者が落ち着くなどの声も聞かれます。ハンドケアセラピーはとても人気があるようで、ケアマネージャーがこのセラピーを利用者へ取り入れて欲しくて資格取得を依頼してくることもあるようです。

 

3.看護師が持っていると便利な資格

OKサインを出す女性
給与アップには繋がりにくいですが、看護師が持っていると何かと便利な資格は以下の通りです。

  • メンタル心理カウンセラー
  • 手話通訳士

なぜ、何かと便利なのかを詳しく説明していきます。

 

メンタル心理カウンセラー:的確なアドバイスができるようになる資格

看護師という職業柄、患者や家族の話を聴く機会が多くあります。末期患者の話を聴いて返答に困ることや気の利いた言葉を返すことができないなど、悩む場面が多くありませんか。

そんな時にメンタルの勉強をしていると周囲にも良いアドバイスや返答ができるので、より看護師としての役割を果たせます

 

手話通訳士:聴覚障害をもつ患者と円滑にコミュニケーションがとれる資格

障害施設はもちろんですが、看護師は病院・在宅においても聴覚障害を持った方と出会うことがあります。手話ができないと聴覚障害の人とのコミュニケーション手段は筆談しかありません

将来、聴覚障害をもつ患者と出会う施設で働くことを考えているのであれば勉強しておいた方がよいでしょう。

 

まとめ

今回ご紹介した資格の他にも多くの資格が存在します。資格取得の際は、勉強する時間・学校などに通う時間・資格取得するための資金が必要不可欠となりますが、自分への投資と考えれば資格取得はメリットが大きいです。

資格取得に興味があるけれど忙しい、という看護師には以下方法での資格取得がお勧めです。

  • 休日を使って取得することが可能なセラピストの資格を取得する
  • 職場の上司に相談し、研修として行かせてもらうように交渉する

資格を取得することで、仕事だけではなく日常生活でも活用でき、生活を充実させることが可能です。もし、看護師の仕事に疲れて他の仕事がしたくなった時にも、いろいろなところで働けるので積極的に資格を取得しましょう。



看護師パンダ 看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング


この記事を書いた人

看護師を初めてから、旅行が大好きになり、休み希望を出しては色々なところに足を運んでいます。病棟看護師歴が長いですが、結婚を機に、主婦になった経験もあります。
臨床を離れて気づいたこともたくさんありました。少しでもお役に立てるような記事を書いていきたいと思います。


カテゴリー:看護師キャリアアップ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:Tabilove
(公開日:)(編集日::2017年04月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。