著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護師退職のマナー!退職が決まってから退職日までの過ごし方

kameko
看護師スタッフkameko
看護師退職完全ガイド

転職・休職をすると決めた時にはもちろん退職手続きが必要になります。では看護師の退職には具体的にどのような手続きが必要になるのでしょうか?また、手続き以外にも必要なことがあるのでしょうか?この記事では詳細に退職方法をお教えします。

1.退職が決まってから退職日までの過ごし方

微笑む女性看護師

看護師のお仕事は、一人ではなくチームで行っているため、一人でも抜けてしまうと他の人に大きな迷惑がかかってしまいます。そのため、退職する場合には、ギリギリになって上司に報告するのではなく、できるだけ前もって上司に相談しながら周囲に迷惑がかからないような辞め方をしなければいけません。どこの病院でもそうした看護師の働き方は同じですから、転職活動をする際にも「来月から始めることができます」と言った働き方は理解されることが多いようです。

 

退職届を用意する

退職の手続きに必要な書類は、人事から受け取ることになりますが、看護師が準備しなければいけない書類は退職届がありますから、自筆で退職届を作って提出するようにしてください。職場によっては退職届の必要はないというケースもありますから、職場を辞める相談をする時に合わせて質問すると良いでしょう。

 

有給を消化する

有給の消化ですが、看護師のお仕事は一人休むだけでも周囲に大きな迷惑がかかってしまうことが多いため、辞める直前にまとめて消化するということは難しいようです。そろそろ転職しようかなと考え始めた時から少しずつ消化するのが理想的ですが、無理な場合にはあきらめたり、有給分を給料に上乗せして支払われるという選択肢も職場によってはオファーしてもらえるようです。

 

ポイント!

ポイント

仕事の上での最終日から残っている有給を全てまとめて取得し、書類上の退職日を少し遅らせてもらうという選択肢もありますが、職場によって対応は異なります。

 

2.退職願と退職届の違い

看護師退職願と退職届の違い

看護師が職場を辞めたいと考えたら、まずは退職願や退職届を提出する前に、上司に相談することをおすすめします。もしかしたら仕事を辞めるという決断をしなくても解決方法が見つかるかもしれませんし、キャリアアップなど現在の職場では難しい場合には、上司が良い転職先やおすすめの職場などについて情報提供してくれることもあります。

 

退職願

退職願は、「退職したい」という意思を病院側に伝えるための書類です。退職願を提出しても、それは辞めたいという意思なので、あとから撤回することができます。

 

退職届

退職届では「この日に退職します」と断言する書類となります。一度退職届を提出してしまうと、あとから撤回することは難しく、気持ちが変わった場合でも退職届を提出した後だと辞めなければいけなくなってしまうことが多くなります。

 

ポイント!

ポイント

テレビや映画などでよく目にする「辞表」というのは退職願のことで、辞表を出したからと言って必ずしも上司から承諾してもらえるわけでない点は、退職願と同じと言えます。

 

看護師の場合には辞表ではなく退職願と退職届を提出する

辞表を提出するのは、企業の管理職に適用されるため、看護師の場合には辞表ではなく退職願と退職届を提出することになります。内容はそれほど難しくありませんが、記入しなければいけない項目をきちんと網羅するように、テンプレートを参考にしながら作成しましょう。

 

3.看護師の退職願の作成方法

看護師の退職願の作成方法

看護師の退職願は、看護師が現在の職場を辞めたいと思っているという意思を表明するもので、場合によっては上司から引き止められたり説得されたりして、退職願を提出したのになかなか辞められない場合があることは、最初に理解しておかなければいけません。

 

退職願は自筆の縦書きがマナー

退職願は基本的には自筆の縦書きがマナーとなるため、書店で便箋を購入して黒ペンで作成することになります。どのような理由で退職したいのかに関わらず、退職願では「一身上の都合により」という理由で記載するのが一般的なので注意しましょう。最近では、退職願のテンプレートやフォーマットがダウンロードできるサービスがあるので、自筆での作成に自信がない人は利用するのも良いかもしれません。

 

退職願での社会人マナー

看護師の退職願では、1行目に「退職願」と記入した後、2行目には下の方に「私事」と記入します。これは、私事で申し訳ないのですが、という意味があり、記入しなくても大きなトラブルにはなりませんが、社会人のマナーとして押さえておきたいポイントとなります。

 

ポイント!

ポイント

カバーしなければいけない内容ですが、退職を希望する日時が分かっている時にはきちんと記入し、自分の名前、そして捺印を忘れずにしてください。

 

退職願は長くダラダラ記入しない

現在勤めている病院名や部署名、役職の場合には役職名も記入することになります。退職願は長くダラダラ書くものではなく、短く簡潔にまとめる形式的な書類です。ポイントを押さえれば難しい事はありませんし、経験がない人でも見よう見まねで十分に作成できる書類です。

 

4.業務引き継ぎのポイント

看護師業務引き継ぎポイント

看護師のお仕事はチームで行っていますから、一人でも抜けると他人に大きな迷惑がかかってしまいます。そのため、退職の意思を表すのは辞めることが分かったらできるだけ早くに上司に相談するのがマナーです。早めに分かっていれば、病院側も次の人を採用することができますし、引継ぎにも時間をかけることができるので辞めた後の業務がスムーズにいきます。

 

引継ぎには細心の注意を払うこと

看護師業務の引継ぎでは、自分が辞めることによって他人に迷惑がかからないように細心の注意を払った引き継ぎ作業が必要です。どんなに波風を立てずに辞めようと努力しても、どうしても引継ぎや辞めた後にしわ寄せが来ると自分に対して良い気持ちを持たない人は出てくるものです。できるだけ不快に感じる人が少ないような引継ぎをしましょう。

 

5.退職時にお礼の品を渡すべき?

退職時お礼の品渡すべき

看護師のお仕事を辞める場合でも転職する場合でも、退職時にはそれまでお世話になった気持ちを込めてお礼の品を渡したいものです

 

お礼の品は基本的に食べ物にしましょう

お礼の品は基本的に食べるものが良く、個別分包されているお菓子などは日持ちが良いですし、休憩時間などにつまみやすいのでおすすめです。お菓子を渡すことは社会人としてのマナーというだけでなく、気持ちを伝えるコミュニケーション手段としても活用できます。

 

気になる予算

どのぐらいの期間働いていたのか、どんな雇用形態だったのか、職場にどのぐらいの看護師が働いているかによって予算やチョイスは変わりますが、背伸びしない範囲で感謝の気持ちを表現できるような商品選びをしましょう。

 

ポイント!

ポイント

お礼の品を渡す相手ですが、基本的には働いていた病棟のナースステーションへの差し入れとなります。

 

6.退職時のお礼の品を渡す範囲は?

看護師退職時お礼の品渡す範囲

退職時にお礼の品を渡す範囲は、病院の規模やスタッフの数によって異なります。

 

規模が小さい病院の場合

規模が小さく、スタッフ数が20名~30名程度の場合には、看護師だけではなく事務系のスタッフにもいき渡るような数を準備したほうが良いでしょう。お菓子なら、個別分包されているので渡しやすいですし、日持ちするので感謝されます。

 

規模が大きい病院の場合

規模が大きな病院では、スタッフ全員というのは難しいですから、病棟のナースステーションに差し入れのような形でお礼の品を渡すのがおすすめです

 

個別に渡す時の注意点

お世話になった先輩や上司にお礼の品を渡したい時には、それとは別に個別に渡すと良いですが、その際に誰がもらって誰がもらっていないという波風が立たないように注意してください。辞める時はスムーズにトラブルを作ることなく辞めるのが鉄則です。

 

7.看護師が退職時にお礼の品を渡すタイミング

看護師が退職時お礼の品渡すタイミング

看護師が退職時にお礼の品を渡すタイミングですが、できるだけひっそり目立たないように渡すのがポイントとなります。これ見よがしに渡したり、お礼のあいさつの際に品を渡すというのはNGです。

 

お礼の品を渡すベストタイミング

仕事をする最終日、仕事を終えて同僚などに挨拶をする際に渡すのがベストのタイミングとなります。もちろん、看護師のお仕事は常に多忙を極めていますし、患者さんの容態が急変したりすると、挨拶をしたくてもナースステーションに誰もない、なんてこともあるかもしれません。その際には、挨拶を書いたメモとお礼の品をステーションに置いておけばOKです。

 

ポイント!

ポイント

患者さんがたくさんいる前で渡すのはあまりよろしくないので、目立たないようにすることと、仕事上りやお昼休みなどのタイミングで他の人の仕事に迷惑がかからないように配慮することが大切です。

 

8.退職時に渡すお礼の品はどのようなものを選ぶ?

退職時に渡すお礼の品どのようなもの

退職時に渡すお礼は、前述をしたようにお菓子が一般的ですし、最も喜ばれるようです。お菓子と言ってもいろいろな種類がありますが、日持ちするという点と多くの人が気軽に食べやすいという点で、個別分包されたお菓子を選ぶと良いでしょう。

 

お菓子はどんなものがいいのか

内容は特に何でもOKですが、好き嫌いが少ないクッキー等、忙しい看護師でもさっと時間を見つけてつまめるようなものがおススメです

 

こんなお菓子は控えましょう

食べる際に手がベタベタしないようなものを選びたいです。避けた方が良いのは、食べた後にゴミがかさばる缶ジュースや、安全面で少し不安な串団子、また手がベタベタするものや口臭がきつくなってしまうものなどは控えましょう。

 

ポイント!

ポイント

デパートの地下街で販売されているような箱詰めされたお菓子なら、リーズナブルに購入できますし、見た目も良いので退職時に渡すお礼としては理想的です。

 

まとめ

以上が看護師退職における完全ガイドになります。立つ鳥跡を濁さず、という言葉通りスマートに後腐れなく退職することは大切です。そうすればイメージもいいですし、別の職場へ務めるようになってからもプライベートなりともお付き合いが続いたりします。何度も経験することではないですが、だからこそきちんとした礼儀を持ちたいですよね。

 

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
出身/年齢 ・東京都/28歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科

看護師転職サイトの口コミ評価

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師転職に必要な知識

(公開日:)(編集日::2018年04月23日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。