看護師の仕事がルーチンワークな職場5選!向いているのはどんな人?

看護師 ルーチンワーク 仕事

「ルーチンワーク」とは「決まった手順で繰り返し行われる仕事」を指します。仕事が楽であるというメリットがあるため、このような職場で働きたいという看護師も多いのではないでしょうか。
では、「ルーチンワーク」な看護師の職場とは、どのようなものがあるのでしょうか。

合わせて「ルーチンワーク」が向いている看護師の特徴や転職する際の注意点などについても考えてみましょう。

1.看護師の仕事がルーチンワークな職場とは

もちろん、職場によって違いはありますが、一般的に以下のような職場は、看護師の仕事が「ルーチンワーク」となっている傾向が強いです。

 

(1) 小規模で急変が起こりにくい科のクリニック

クリニック

小規模なクリニックなら仕事自体が少なめであり、毎日同じ内容である可能性が高いでしょう。

急変などの不測の事態が起こりにくい科であれば、よりその傾向が強いと言えます。

具体的には、

  • 眼科
  • 耳鼻科
  • 皮膚科整形外科
  • 心療内科

などのような診療科は「ルーチンワーク」になりやすいと考えられます。

クリニックの求人を探す場合には「クリニック看護師求人|転職前の9つの注意点!」の記事をチェックしてみてください。

 

(2)介護施設

介護施設の看護師

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、グループホームなどの介護施設は「ルーチンワーク」が基本となる職場です。

その理由として、

  • 医療行為がほとんどない
  • 入居者の入れ替わりがあまりない
  • どの入居者に対しても行われる処置は、ほぼ同じである

などが挙げられます。

 

ポイント!

ポイント

ただし、介護施設は体力的にはきつい業務となる傾向があるでしょう。

 

(3)訪問看護

訪問看護

訪問看護の仕事はスケジュールに従って一人で行動する仕事であり、急変するような重度の患者は少ないため「ルーチンワーク」になりやすいと言えます。

ただしオンコール(緊急時の呼び出し)などが義務付けられている場合がありますので注意が必要です。

訪問看護の求人を探す場合は「看護ステーションへの看護師転職!未経験者が知りたい6つ」の記事を参照ください。

 

(4)検診センター

検診センター

検診センターは、健康な人が対象であり予約制が基本ですので、あらかじめ決められた以上の処置を行うケースはまずありません。

検診センターで働く看護師は業務内容が決まっていて、流れ作業のような感じになります。

内視鏡検査など検診にまつわる仕事へ従事した経験が無ければ大抵は血圧、視力、採血、身長や体重測定以外やることはないため、看護師スキルの向上は難しく、他への転職を考えると不安になります。

検診センター看護師転職!誰しもが働きやすい環境?」から引用

特に採血の技術に長けた看護師にとっては働きやすい職場だと言えそうです。

 

(5) コールセンター

コールセンター

コールセンターは、医療や健康に関する相談の電話対応を行う仕事です。

  • 市町村
  • クレジットカード会社
  • 生命保険会社
  • 製薬会社

などが職場となります。

コールセンターの仕事は「ルーチンワーク」である上、体力的にも楽な仕事であると言えますが、相手の顔が見えないため反応が読み取りにくいなどの難しさはあるでしょう。

 

2.ルーチンワークの仕事が向いている看護師とは

ルーチンワークが向いている看護師
「ルーチンワーク」にはメリットも多いですがデメリットがないわけではありません。

「ルーチンワーク」に向いている看護師とは「ルーチンワーク」のメリットを最大限に活かしつつ、デメリットを許容できる、またはメリットに変えられる看護師です。

具体的な条件をあげてみましょう。

 

(1) 高額な報酬を期待しない看護師

「ルーチンワーク」は楽な仕事が多いため、給与額が少なめの職場が多いと言えます。

この点を妥協できなければ、携わるのは難しいと言えるでしょう。

 

(2) 「ルーチンワーク」に、やりがいを見出せる看護師

「ルーチンワーク」と聞くと「退屈であり、やりがいが持てない」などと感じる看護師も多いようです。

しかし一方で、「ルーチンワーク」に自分なりのやりがいを見出して仕事を心から楽しんでいる看護師も存在します。

そのようなタイプの看護師なら向いていると言えるでしょう。

 

「ルーチンワーク」に甘えるようではダメ

「ルーチンワーク」だからと仕事を軽くみてしまい手を抜いたりするようでは、この仕事に向いているとは言えません。「ルーチンワーク」だからこそ熱心に取り組める人、それを継続できる人が真の適任者だと言えるでしょう。

 

(3) 患者に深く関わりたい看護師

「ルーチンワーク」なら、患者のために多くの時間を割いて、じっくりと関われる可能性が高いと言えます。

あわただしい現場でのおざなりな関係に疑問を感じ、もっと患者との深い関係を築きたいと切望している看護師にとっては、好ましい職場となり得るでしょう。

 

3.仕事がルーチンワークな職場へ転職したい看護師へ

仕事がルーチンワークな職場へ転職したい看護師へ

看護師の仕事がルーチンワークだからと言って、「必ず楽ができる職場」だと思いこむのは危険です。

「ルーチンワーク」だからこそ、仕事が楽で時間的余裕があるため、人間関係大変であるという職場も存在します。

また、職場のスタッフは「ルーチンワーク」に慣れており、仕事のスピードが速く手際が良い傾向があります。

転職後の新人が慣れるのに苦労するケースや、「簡単な仕事なので特別な指導は必要ない」などと判断されて指導が十分行われないケースなども考えられますので注意しましょう。

 

求人の情報収集と見極めが重要

一見すると「ルーチンワーク」の職場であるはずなのに、実際に働いてみるとまったく違っていたなどという職場も存在しますので注意が必要です。

例えば小規模なクリニックであっても病院の経営や発展に力を入れており、新しい試みを積極的に行っているような施設なら、仕事は常に変化しますし、求められるレベルも高い可能性があります。

事前の情報収集と見極めが重要になるでしょう。

 

補足説明!

ポイント

事前の情報収集を行うためには、看護師転職サイトを利用して、求人を探すことをオススメします。

 

まとめ

看護師の仕事がルーチンワークな職場はいくつかありますが、こういった職場の場合、すぐに仕事に慣れてしまい「つまらない」「やりがいがない」などと感じてしまう可能性があります。

そのため、ルーチンワークな職場への転職を決意する前には、自分自身が、ルーチンワークの仕事に向いているのか、よく考えなければなりません。

また、仕事がルーチンワークである職場のように見えても、実際に働いてみるとそうでない場合もありますので、事前の情報収集と見極めが重要になることを覚えておきましょう。

森のくまさん

【資格:看護師】

総合病院の手術室勤務を3年ほど経験した後、主に眼科クリニックで看護師としての経験を20年以上積んでまいりました。けっして順風満帆とはいえない失敗や挫折だらけの看護師人生でしたが、こんなダメな私だからこそ伝えられることがあるのではないかという思いで看護師ライターの仕事を続けています。悩んだり辛い思いをしたりしている看護師さんたちを笑顔にする記事を提供できるよう頑張りたいと思います。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。