著作者

ラビウサ

専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

土日休みの看護師求人とは?転職する職場を紹介します

ラビウサ
専門看護師ラビウサ
看護師 転職 土日休みの職場

友達や恋人、家族と一緒の休みの土日休みの場所で働きたい。そう考える看護師も増えています。特に育児をしながら働く看護師は、土日休みの職場で働くことにより、家族との時間も作れるようになります。

当ページでは、看護師の転職先としておすすめできる、土日休みの職場とその業務内容について、説明します。

1.企業の土日休みの職場

企業で働く看護師 土日休み

土日休みの職場で働きたい看護師におすすめな職場は企業内健康管理室です。IT企業をはじめとする人数を抱えている企業は、社内に健康管理室を持っています。

多くは保健師を募集する場合が多いですが、看護師でも条件があえば勤務することが可能です。

【企業内看護師の仕事内容】

  • 会社社員の体調管理と指示薬の処方
  • 健康診断の補助やデータ処理
  • メンタルに問題を抱えた職員の対応
  • ストレスチェックの実施など

デスクワークが基本で、企業内看護師は残業保険医が来院する日以外は、上記の仕事を任されます。

一人仕事の職場なので責任はありますが、土日祝日がお休みですし年間休日が多く、プライベートの時間を取りやすいでしょう。

企業看護師は幅が広いため、詳細の確認は「企業看護師とは|転職先10つの種類と求人の探し方」のページを確認してください。

 

企業内診療所・健康相談センター

職員の人数が多い職場では、企業内に健診センターを保有している職場もあります。以下の通り、看護師の仕事は一般のクリニックと同じです。

  • 診察介助
  • 採血・点滴・心電図検査
  • 人間ドッグ
  • 健康診断の介助
  • 健康指導

ですが、母体が企業のため、土日・祝日は基本的にお休みで、残業もほとんどありません。

 

企業で働く看護師に必要なスキルはワード・エクセル・パワーポイント

企業に勤める看護師の仕事では、検査結果の入力や統計処理、お知らせなどの書類作成が必要です。そのためワード・エクセル・パワーポイントが使えることが求められますが、急ぎの仕事ではないため地道に練習することで対処できます。

 

2.看護学校に勤める

看護学校に勤める看護師

看護師資格が活かせる土日休みの職場と言えば、看護大学、看護学校の教員があります。ですが、教員業務は講義の資料や試験を作成する必要があり、試験前後は残業が多くなってしまいます。

看護学校の教員を目指す場合は注意が必要です。

看護教員を目指したい、興味があるという看護師にはこちらの「看護専門学校で働く看護師になる条件・役割・メリットデメリット」というページをご一読ください。より詳しく看護学校に勤める方法などの説明があります。

 

3.訪問看護ステーションに勤める

訪問看護ステーションで働く看護師

訪問看護ステーションは、基本的には土日祝日がお休みの職場です。朝のミーティングを終了した後は、各自が担当する患者の訪問看護を行います。多くは一人で患者宅に訪問し看護を提供するため、自分なりの看護を提供できる楽しみがあります

 

勤務するには条件を理解しておくことが必要

多くの訪問看護ステーションで車を運転する必要があり、土日を含めオンコール体制をとっています。訪問看護ステーションごとの、看護師に求める条件を理解しておく必要があります。

 

ポイント!

ポイント

訪問ステーションは土日休みという条件で選ぶよりも、

  • 自分の看護を深めたい
  • 地域で活躍できる看護師になりたい

という気持ちをもって転職することが大切な職場だと思います。

 

4.治験コーディネーターとして働く

治験コーディネーターの看護師 土日休み

治験コーディネーターの多くが企業に所属しているため、土日休みの勤務体制になります。

制服ではなく白衣に身を包み、患者や主治医の元を訪れる治験コーディネーターは、看護師としての資格を生かしながら土日休みも確報できる職場の一つです。

 

書類管理やとパソコン上の仕事がメイン

治験コーディネーターの仕事は医療処置ではありません。治験がスケジュール通りに行われるための環境や書類を整えることや、治験中の患者の有害自称などの把握と医師への報告、治験薬を製造した製薬会社への報告などが仕事です。

詳細は「治験コーディネーター(CRC)の仕事内容とは?現役看護師の体験談」を確認してください。

 

ポイント!

ポイント

もちろん、治験コーディネーターも患者と向き合う時間もあります。

 

5.病院内での土日休みの職場を紹介

土日休みの病院で働く看護師

多くの病院は、手術室は土日休みの体制をとっています。そのため、病院で土日休みの職場を希望するなら、手術室勤務を希望するのも一つの方法です。

ただし、病院によっては土日休みの手術室にも以下のようなデメリットを感じる可能性もあります。

【土日休みの手術室のデメリット】

  • 土日にオンコール担当になることがある
  • 平日は手術が終わるまで残業になる

特に民間病院など、麻酔医が少ない病院で働く看護師が感じやすいデメリットとも言えます。

 

総合病院付属の健診センター

総合病院付属の健診センターの多くは、予約で人間ドックや健診を行うため、土日休みが多いです。残業も少なく、事務職員も多いため、看護師は診察や検査介助、健康相談などに集中することができます。

土日休みで、尚且つ採血や血圧測定、淡々とルーティン業務を行うことが好きな看護師にはおすすめの職場です。健診センターについては、「健診センターの特徴と看護師に必要なスキルとは」も確認してください。

 

ポイント!

ポイント

巡回検診などを行っている総合病院付属の健診センターは、巡回車に乗って検診業務を行うことになります。

 

放射線治療部門

放射線治療部門は土日休みが基本です。それは、放射線治療は月曜日~金曜日までの5日間を連続で照射し、2日間を休止することが標準治療となるためです。

放射線治療部門は予約制で、毎日のスケジュールも安定しています。意外に知られていない穴場な部署です。

 

土曜日や休日も出勤になる時期もある

放射線治療部門では、ゴールデンウィークや年末年始、3連休などの場合には、どこかで照射日を設けないと治療効果が得られなくなります。そのため、土曜日や休日も出勤になることもあります。

詳しくは、私が執筆した「放射線治療科への看護師転職で知っておきたい7つのポイント」も合わせて確認してください。

 

ポイント!

ポイント

照射が必要な患者が多い時期は、照射が終わるまで残業になることもあります。

 

医療相談室や地域連携部門

医療相談室や地域連携部門なども、土日休みがとりやすい部署なのでおすすめの職場です。多くの病院は、週40時間勤務のため、月曜日~金曜日まで勤務をすると、必然的に土・日が休みになるためです。

しかし、医療相談室や地域連携部門で働く場合は、看護経験をある程度積んでからのほうが、多様な相談に乗ることができるでしょう。

 

まとめ

土日休みの看護師の職場について説明してきましたが、調べてみると意外とあるものです。

最近は企業に看護師として就職したり、企業相手の職場の看護師として働いたりすることで、土日休みの体制が取りやすくなります。

そして、意外と病院の中にも、土日休みの部署はあるのです。よくリサーチを行い、自分の施設では土日休みが取れる部署がない場合に、転職先を探し始めるとよいでしょう。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。


カテゴリー:看護師転職のノウハウ

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ラビウサ
(公開日:)(編集日::2017年04月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。