著作者

Jun

看護師ライター

Jun

( 看護師 助産師 )

看護師の貯金生活!夜勤しなくてもしっかり貯められる?

しっかり貯められる看護師の貯金生活

私は、助産師として働きだし15年以上になりました。勤務場所は、総合病院、クリニックです。また、夜勤バイトでも、個人病院や産科クリニックなど、複数の職場でダブルワークを経験してきました。40代が目の前に迫ってきた今、私の経験が誰かの役に立つのかもと思い立ち、ライターをはじめてみようと思いました。記事を書くのは初心者ですが、読んだ方が、「また明日も頑張ろう」と気持ちを後押しできるような記事が書けるよう、頑張ります。

世間の人が抱く、30代でバリバリ働いている看護師のイメージは「たくさんお給料をもらっている」「海外旅行など好きなことにお金を使っている」「きっちり貯金して将来に備えている」と全体的に良い印象です。

でも、本当にそうでしょうか。

現実は、同年代の会社員の方と比べると少しばかり高い給料。それも、体に負担をかけながらの月4回程度の夜勤をこなしてこその話。夜勤をしていなければ、看護師であっても普通の会社員の方と収入に大きな違いはありません

毎日の仕事では、患者の命に向き合いながら多忙な業務をこなし、常にストレスフルな環境にさらされています。そして、そんな毎日のストレス解消のためにと旅行に行ったり、買い物したり、飲みに出かけたりとさまざまな行動にでます。それは、お金がでていくことばかりです。

実際私も、「30歳の頃は全く貯金ができない!!」という散々な状況でした。貯金力はあなたの人生を大きく左右します。自分でお金のコントロールができないと、思い描く人生を送ることができません。

私は、試行錯誤しながら1年がかりで「しっかり貯められる看護師」に近づき、今では給料日を気にすることなく、過ごせるようになりました。皆さん看護師も今からでも間に合います。

そして夜勤をしなくても大丈夫です。是非、今回の情報を参考に「夜勤しなくてもしっかり貯められる看護師」のノウハウを説明していきます。

ナースではたらこ登録
ナースではたらこの口コミもチェック!

1.なぜ看護師は貯金できないのか?

なぜ看護師は貯金できないのか?
貯金できない理由は何か、答えは簡単です。お金を減らす方法は知っているのに、お金を増やすルールを理解していない看護師が多いからです。お金を増やすには「支出を減らして貯金する」これが絶対ルールです。

つまり、稼いだお金は極力使わない、これだけでお金は貯められるのです。

 

お金を増やすルールを理解すること

「お金を使わない」と聞くと、何となく楽しくないし、働いているのにそんなの嫌だなと否定的な感情が湧いてきます。でも、これを否定していては何も変わることはできません。まず、構えず頭を柔らかくして考えてみて下さい。

「収入−支出=1」の看護師が、「収入−支出=3」に増やしたいとき、どうすれば良いのかは以下3通りの方法しかありません

  • (1)収入を増やす
  • (2)支出を減らす
  • (3)収入を増やし支出を減らす

皆さんは(1)(2)(3)のどの方法を選びますか。

(3)「収入を増やし支出を減らす」ができればいいのですが、はじめから収入も支出もと考えるのは難しそうです。

そうなると、(1)「収入を増やす」が効果がでやすそうです。

実際、看護師の皆さんなら、ダブルワークや夜勤バイトをするなど手段を選ばなければ収入を増やす方法はいくらでも見つかります

でも、体への無理な負担をかけ続ける方法は続きません。長い目でみると(2)「支出を減らす」が無理なく続けることができるのです。支出を減らして貯金にする、これが最短で簡単に貯金効果がでる方法です。

 

貯金できない看護師と、貯金できる看護師との違い

お金がないと言いながら「セールだったからつい服を買ってしまった」と言い訳したり、「とりあえず貯めたいけど毎月気づくとなくなる」と毎月同じ失敗を繰り返したり、貯められない原因は一つではありません

でも、周りを見渡すと特に苦労することなく貯金できている看護師はいませんか。私たちと何が違うのでしょうか。

 

貯金できる看護師

  • ・自分なりの目的を持って楽しめる看護師
  • ・無理しない看護師
  • ・言い訳しない看護師
  • ・淡々と行動する看護師

 

貯金できない看護師

  • ・真面目で頑張りすぎてしまう看護師
  • ・はりきりすぎる看護師
  • ・言い訳する看護師
  • ・すぐに落ち込む看護師

皆さんはどちらのタイプですか。

以前の私は「貯金しようとはじめは意気込み、途中上手くいかず落ち込む」を繰り返す典型的な貯金できないタイプでした。

皆さんの中にも「真面目で頑張りすぎてしまう」タイプの看護師がいるのではないでしょうか。看護師は職業柄、このタイプが多いのも仕方ないともいえます。でも、性格は簡単には直りませんし、直す必要もありません。変えるのは考え方です。

これまでのお金への考え方を変え、貯金体質に改善していきましょう。

 

2.貯金体質に変わるための看護師の考え方

看護師の考え方
貯金の目的には「旅行したい」「買い物したい」「老後の安心のため」など、皆さんそれぞれに理由があるはずです。でも「具体的に何のため?いつまでにいくら貯めるの?」と聞かれると、返事に困るのではないでしょうか。

つまり「何となく今後のために不安だから」と、貯金しないよりした方がいいという思い込み自体が、貯金の目的になっているのです。

 

なぜ貯金したいのかはっきりさせること

目的がはっきりせず、何となくお金がないのは不安だから貯めたいでは貯められないのが貯金です。(これは夢と同じです。)

叶えたい夢があっても、それが漠然としている間は間違いなく叶いません。

到達したいゴールをはっきりと決め、どんな方法でそこまでたどり着くのか。どれくらいの期間で叶えるのか、具体的に決めれば決めるほど間違いなく夢に近づきます。貯金も同じです

 

無意識に使っている生活支出を減らすこと

毎月の生活支出には、流動支出と固定支出があります。

流動支出 食費・光熱費などの変動するお金
固定支出 携帯代・生命保険などの決まったお金

普通、支出を抑えるとなると、まず食費や光熱費などの流動支出に目がいきます。

でも、金額に目を向けると、携帯代などの固定支出が占める割合は予想以上に大きいはずです。皆さんが毎月支払い続けている固定支出とはどんなものがあるのか、この機会に考えみて下さい

  • プラン変更せず使い続ける携帯代
  • 何となく行く飲み会代
  • 高額な生命保険料
  • そんなに乗らない車のローンやガソリン代
  • やめられないタバコやお酒、コーヒー代
  • ATM手数料
  • ほとんど行かないスポーツクラブの年会費

などが固定支出にあたります。分かりやすく携帯代で考えてみましょう。

 

携帯代に関する固定支出について

携帯代に毎月8000円支払っています。1年で考えると約10万になります。さらに、10年支払い続けると約100万に達します。10年だとかなりの金額になります。言い換えると、携帯を持つのをやめれば10年で100万円貯められるのです。

 

コーヒー代に関する固定支出について

コーヒー代についても同じように考えてみます。私の場合、毎日コーヒーショップで280円と缶コーヒー120円、合わせて毎日400円(週5日くらい利用)、1週間で2000円支払っていました。

コーヒー代は1か月で8000円、1年だと約10万になります。

 

ポイント!

ポイント

携帯代とコーヒー代を合わせて考えてみてください。携帯に8000円・コーヒーに8000円、合わせて16000円が毎月の固定支出となります。それぞれ今より少し減らせば、5000円くらいは抑えられる気がしませか。きっとそれは、毎月5000円収入アップの方法を考えるより簡単なはずです。

 

3.夜勤しなくてもできる具体的な貯金生活とは

夜勤の看護師
お金を貯めるために、全てのことを我慢し一切お金を使わないと決めたとします。一見シンプルで上手くいきそうですが、例え上手くお金を貯められたとしても長くは続きません。人生はつまらなく素っ気ないものになってしまい、これでは意味がありません。

そこで、今までのお金の使い方を変えていきます。お金の使い方は以下の3タイプあります

  1. 消費:生活に必要なものではあるが、生産性はさほどない使い方(例:食料、光熱費、住居費、被服費、交通費など)
  2. 浪費:生活に必要でないもので、生産性もない使い方(例:タバコ・お酒・コーヒーなどの嗜好品、必要以上の買い物、ギャンブル、金利など)
  3. 投資:生活に不可欠ではないが、将来の自分の飛躍につながる生産性の高い使い方 (例:習い事、本代などの学ぶ費用、貯蓄)

 

お金と食事はバランスが大事

バランスの良い食事を摂るには、単純にお腹一杯食べるだけではだめです。「これは炭水化物」「これはたんぱく質」と考えながら食べることで、健康やダイエットに効果がでるバランスのよい食事となります。

お金も同じです。お金を貯めるためには、単純にお金を使わないだけでは効果はでません。

これは「消費」「浪費」「投資」と自分に尋ねる習慣をもち、お金を使うことです。(だまされたと思って3カ月続けて下さい。)

考え方としては「浪費」を減らし、必要以上に偏っている「消費」も減らす。「投資」は積極的に続け、将来に備えることで理想的な貯金生活に近づきます。食事によって健康な体が作られるように、使うお金によって自分の価値観も変わっていきます。

いくら使ったかではなく、何に使ったかで自分の価値観は作られます。消費と浪費のみの人や、消費と浪費がほとんどで投資は少しだけだった人が、毎月意識してお金の使い方(支出比率)を変えていくだけで効果は絶大です。

 

支出比率は、消費70%・浪費5% ・投資25%を目指す

支出比率と聞くと何だかややこしそうです。しかし、お金の使い道を先ほどの3つのタイプに分け使う割合を意識するだけの話です。分かりやすく具体的な数字で考えてみます。手取り収入30万と過程すると以下のような割合になります。

手取り金額 消費70% 浪費5% 投資25%
300,000円 210,000円 15,000円 75,000円

皆さんも一度、自分の手取り収入から目指す支出比率を計算し(消費:収入÷0.7・浪費:収入÷0.05・投資:収入÷0.25)具体的な金額を算出して下さい。

基本的な考え方はいつも同じです。必要以上の消費を抑え、浪費を減らし投資にまわすことを続けると必ず成果がでます

「やれば変われる、変えられます」無理せず、ほどよい負荷をかけ続けると強くなる、筋トレと似ています。貯金で考えると、夜勤をして体に無理な負担をかけお金を増やすのではなく、意識して使い続けることでお金を増やすということです。

 

固定支出を減らす具体的な方法

  • 生命保険料:万が一に備えるため入院保障のある保険には加入しておきたい→必要以上の保障内容となっていないか定期的に見直す
  • 携帯:友達とつながりたいし、携帯くらい我慢せず自由に使いたい→携帯は制限せず飲み会の回数を減らす
  • :マイカーは必要ない、必要なときに車があればいいかな→車を手放し必要なときにレンタカーを利用する

 

まとめ

貯金体質に変わるためには、今まで自分が持っていたお金への価値観を変えることが必要です。夜勤をしてとにかく稼ぐ、貯金するために収入を増やすという考えをやめて下さい。お金への価値観を変え、自分で新しいお金の使い方を作っていくことが必要です。

  • 貯金の目的・期間・目標金額をはっきりと定める
  • 無意識に使っている生活支出を見直す
  • 毎月意識してお金の使い方(支出比率)を変えていく
  • 支出比率:消費70%・浪費5% ・投資25%を目指す

このステップを最低でも3カ月続けて下さい。きっと何か自分の中に変化を感じることができるはずです。「無駄にお金を使うのをやめ収入を増やす」、これが一番の貯金力アップの法則です。貯金力がつけばあなたの人生が劇的に変わります。

 


看護師求人サイト口コミ
  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職サポートしてくれる看護師口コミが良い転職サイトです。口コミには個人差がありますので、自分自身で比較検討することで転職成功への近道となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

この記事は「Jun」さんの執筆でに執筆しています。 (最終更新日:2017年03月25日) By看護師転職ジョブ


当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事を読んだ看護師さんへのおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。