著作者

齋藤

正看護師

齋藤

( 現役看護師)

看護師がスポーツ医療に携われる求人とは?見つけ方もご紹介

齋藤
正看護師 齋藤
看護師 スポーツ医療 求人

スポーツ医療は若い看護師や男性看護師から人気が高い分野です。

特にもともとスポーツをしていた看護師にとっては、趣味と仕事を兼ねられるため働きたい職場として挙げる人が多くなります。

しかし、スポーツ医療はどのようなところで携われるのか、いまいち分からないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、看護師がスポーツ医療に携わるためのポイントや求人の見つけ方などついてご紹介します。

1.看護師がスポーツ医療に携われる医療機関とは

スポーツ医療を施す医師と看護師

看護師がスポーツ医療に携わることのできる医療機関をご紹介します。

 

整形外科

スポーツで怪我をした場合、真っ先に頼るのが整形外科ではないでしょうか。

整形外科であればそのような人もたくさん訪れるため、看護師はスポーツ医療に携わることができます。

 

スポーツ医療のみに携われるわけではない

整形外科は高齢者の入院も多く、一概にスポーツ医療だけに携わることは難しいでしょう。

また、スポーツ選手などが入院することは少なく、学生がスポーツをしていて怪我をして入院するという場合が多くなります。

さらに、学生の怪我であれば夏休み・冬休みといった長期休暇を利用するため、これ以外のシーズンでスポーツ医療に携わることは難しくなるのが特徴です。

 

スポーツ整形外科

スポーツ選手を対象にする、本格的なスポーツ医療に携わりたいという看護師はスポーツ整形外科に転職すると良いでしょう。

スポーツ整形外科とは、前述した整形外科のような高齢者の骨折などの入院は基本できず、スポーツによる怪我のみが入院対象です。

リハビリなどをしっかり行い、療養上の世話もできるため、多くのことを学ぶことができるでしょう。

 

補足説明!

ポイント

近年ではスポーツクラブが病院と直接契約する例も増えており、野球選手が来る病院、サッカー選手が来る病院など、契約しているスポーツクラブによって患者の怪我の種類や内容が異なることも特徴です。

 

スポーツクリニック

近年、最もスポーツ医療に携われる医療機関として増えているのがスポーツクリニックです。

前述した2施設と異なる点は、看護師と同じくらいリハビリのスタッフやトレーナーが多く在籍していることです。

また患者も動ける人が多く、中には具合が悪いのではなくメンテナンスのために来院するという患者もいます。

そのような背景もあってかメインはリハビリスタッフやトレーナーで、看護師ができることは検査の説明や採血、診療案内などかなり限られてしまうということが特徴です。

 

ポイント!

ポイント

現在ではスポーツ医科学センターなど、スポーツをしている人を専門的に見る施設やそれに付随したクリニックもあります。

スポーツ医療にだけ携わりたいという人は、普通の整形外科のクリニックで働くよりもこういったスポーツに特化したクリニックを選ぶと良いでしょう。

 

2.看護師がスポーツ医療に携わる際有利なスキル

患者の手に包帯を巻くスポーツ医療に携わる看護師

スポーツ医療に携わるためには、まず看護師免許を持っていることが第一前提ですが、他にも看護師が持っていると有利なスキルをご紹介します。

 

整形外科でのスキル

特にスポーツ整形やスポーツに特化したクリニックへの転職を考えている場合、整形外科でのスキルは持っていたほうが看護師の転職に有利となります。

専門的な医療を展開する病院では、知識が全く無いとなると仮に採用されたとしても苦労の連続となってしまいます。

また、人気のある分野であるため、即戦力とならない場合ははじかれてしまう可能性もあります。整形外科系のスキルは一通りあった方が転職後も働きやすいでしょう。

 

消毒や包帯交換など一般的な看護技術

スポーツ医療の分野と一般病棟での分野で異なる大きな特徴とは、患者に対して行う看護技術が少ないということです。

一般病棟であればおむつ交換や入浴介助、トイレ誘導、食事介助といった生活上必要なケアが加わりますが、これがスポーツ医療にはありません。

その分、採血といった検査の検体を扱うことや傷の消毒や包帯交換といったスキルが問われます。扱う看護技術が少ない分、完璧にマスターしておくと良いでしょう。

 

「健康スポーツナース」の資格

健康スポーツナースは、2010年に日本健康運動看護学会によって創設された資格です。

知名度もまだ低く、資格取得も大変であるため、もちろん資格がなくてもスポーツ医療には携われますが、資格を持っていればスポーツ医療の分野のスペシャリストとして扱ってもらえることは間違いないでしょう。

これからスポーツ医療の分野において第一線で働いていきたいという看護師は、持っておいても損はない資格です。

 

スポーツの特徴や傷めやすい場所などの知識

スポーツによって怪我をしやすい場所や復帰後に気を付けたいことは異なるため、それぞれのスポーツの特徴や傷めやすい場所などを知っておく必要があります。

スポーツ医療に関わる看護師として、日本でメジャーなスポーツに関する知識は最低限持っておくと良いでしょう。

 

3.看護師がスポーツ医療に携わるメリット

サッカーを観戦するスポーツ医療に携わる看護師

看護師がスポーツ医療に携わるメリットについてご紹介します。

 

患者が若い人ばかりである

看護師のなかには、高齢者の看護はあまりしたくないものの、病院を利用するのは高齢者ばかりでしかたなく高齢者の看護をしているという人もいるかもしれません。

そんな看護師にとって、スポーツ医療の分野の患者には高齢者がほぼおらず、若い人ばかりということがメリットとして挙げられます。

若くて将来がある患者への看護は、よくなるためにいろいろしてあげたいと思うため、案外やりがいへとつながることもあります。

 

「好き」や趣味を仕事にできる

スポーツが好きな看護師にとっては好きなことを仕事にできるということが最大のメリットです。

例えば自分も趣味でスポーツをしていれば、そのスポーツにおいてどのような怪我が多いのかということがすぐ分かるため、ケアにも結びつきやすいです。

初めて携わるスポーツであっても、スポーツ好きな看護師なら楽しく勉強できるでしょう。

 

終末期に携わることがなく精神的に楽である

病院で働く看護師にとって避けては通れないのが、終末期や人の死です。

もちろんスポーツ医療の分野でも、術後合併症になるなど可能性はゼロではありませんが、他の診療科で働くより圧倒的に人の死に目に立ち会うことはありません。

そのため、精神的に楽であるというメリットがあります。

 

4.看護師がスポーツ医療に携わるデメリット

悩んでいるスポーツ医療に携わる女性看護師

次に、看護師がスポーツ医療の分野に携わる上でのデメリットについてご紹介します。

 

看護師としてできることが少ない

普通の整形外科でスポーツ医療を学ぼうと考えている以外の看護師は、看護師の資格のみではできることが少ないということがデメリットとして挙げられます。

スポーツ医療の分野はリハビリが主な治療となるため、理学療法士などリハビリのスタッフが診療のメインとなります。

看護師はあくまで、補助的な立場で何かあった時にフォローする、あるいは検査の検体を採取するというのみとなります。

 

注意点!

ポイント

スポーツ医療の分野から他の看護の分野へ転職する際に、できなくなっていることが増えて苦労する可能性もあります。

 

求人数が少なく、正社員の募集はもっと少ない

スポーツ医療を専門的に扱っている医療機関が少ないこと、それなのにスポーツ医療をやりたい看護師が多いという、需要と供給がアンバランスであるため、求人数が少ないことがデメリットです。

また、求人を見つけたとしても契約あるいはパートでの募集ということもあり、正社員での募集も少ないことが現状です。

 

5.看護師のスポーツ医療求人の見つけ方

スポーツ医療の求人をタブレットで探す女性看護師

看護師がスポーツ医療の求人を見つけるための方法をご紹介します。

 

転職サイトに登録する

転職サイトに登録をすることで希望の求人があれば連絡をもらえ、まず腕試しにスポーツ会場の救護室などの派遣業務を紹介してもらえる可能性もあります。

 

スポーツ整形外科のある病院を探す

普通の一般病院でも診療科をよく見るとスポーツ整形外科が入っている場合があるため、手が空いている時に病院の診療科を探していくことをおすすめします。

またその際に、その病院の

  • リハビリの状況
  • 医師の肩書

などを調べるのも良いでしょう。

リハビリに有名な理学療法士や作業療法士がいる、医師がスポーツ医療の権威であるという場合は、働く看護師もスポーツ医療に関する深い知識を学ぶことができます

 

スポーツセンターに看護師募集がないかチェックする

スポーツセンターの求人を調べ、看護師の募集がないかをチェックするということも、スポーツ医療求人の見つけ方として挙げられます。

スポーツセンターとは、市や県が運営し、競技者の育成に携わっているようなところを指します。

こういったところの求人はホームページを探さないと載っておらず、転職エージェントにも情報が伝わりにくいものとなります。

スポーツセンターのホームページをくまなくチェックして自ら求人情報を集めていくと良いでしょう。

 

まとめ

これからオリンピックの開催に伴い、スポーツ医療の需要はますます高まることが予想されます。

今からスポーツ医療に携われば、将来的にスポーツ医療の分野に第一人者を目指せる分野です。

狭き門ではありますが、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・神奈川県/20代後半
職務経験 ・総合病院 ・クリニック ・介護老人保健施設 ・デイサービス
・健診センター ・イベントナース・夜勤専従看護師
診療科経験 ・脳外科 ・神経内科 ・内科 ・皮膚科 ・整形外科

看護師転職サイトの口コミ評価

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師転職のノウハウ

(公開日:)(編集日::2018年04月04日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。