著作者

齋藤

執筆:看護師

齋藤

( 看護師)

勉強嫌いな看護師必見!楽して看護知識を勉強する方法3つ

公開:、更新:2017年03月25日
勉強嫌いな看護師必見楽して勉強する方法3つ

辛い看護学校生活を乗り越えて、看護師になっても結局看護師である以上毎日が勉強です。しかし、勉強が好きな人って早々いないもので、中には「もう2度と勉強したくなかったのに」「看護学校卒業したら遊んですごしたかったのに」なんていう人もいるかと思います。

しかし、勉強しないと知識も技術も追いつかないしと悪循環だらけですね。そこで今回は勉強嫌いさんにもおすすめな勉強方法をお伝えします。「勉強が嫌い」と一言で済まさず、何が嫌いか、その嫌いなところをうまく排除した勉強方法をご紹介します。これにより、勉強嫌いでも知識が身につければと思います。

1.メモを取るのが嫌いな看護師の勉強方法

看護師メモ取る嫌い勉強方法

看護師と言えばメモ!というくらい、実習生の頃から散々メモを取らされてきたと思います。看護学生の頃のメモは患者さんの情報収集に使うため、実習が終わった時点で破棄していたと思います。

そのため、殴り書きでも何でもとりあえずその時に使えればよかったのですが、看護師となってしまうとメモの意味が変わります。看護師にとってはメモ=自分の仕事の時に使うカンニングペーパーと化すため、いろいろと調べものをして情報を書き込んでいかなければなりません。

 

メモを取るのも看護師仕事

そもそもノートをまとめたりメモを取ることが好きな人によっては、書いて覚えることもできるためある意味楽しい作業となりますが、文字を書くことが嫌い、ノートをまとめることが嫌い、メモを取るのが苦手という人にとっては苦痛極まりない作業となります。そこで、メモの量をとるべき量の半分に抑えながらも勉強しているように見せる方法をご紹介します。

 

看護技術であれば病院の基準を縮小コピー

看護技術を行う際に、病院によって基準や手順書なるものが用意されているはずです。そして、新卒の時には必ずその基準あるいは手順書を見なさいとかコピーしておきなさいと言われることが多いかと思います。なので、その病院ごとの基準書あるいは手順書を自分の持っているメモの大きさにコピーをして貼ってしまえばいいのです。

 

ポイント!

ポイント

あとはそこに、先輩が行う看護技術を見ながら自分が大事だと思うことや質問した答えを記入すればいいのです。この方法で恐らく書くべき文字数の9割は書かなくてよくなります

 

自分の字が覚えやすい時は必要な個所を要約してメモ

自分の文字の方が覚えやすいという人もいますが、それならばその大事なところにラインを引いて自分の言葉で要約してしまえばいいのです。そうすることで文字を書く量は少ないのにノートのページ数は自然とたまっていき、あたかも勉強しているように見せることができます。ただし、貼っておしまいではなく、一度は目を通すようにしてくださいね。

 

医療系の知識は図や絵をコピーする

解剖生理学とか、疾患系の知識について調べるように言われて、文章で書いても後々目を通すとなんだかよく分からないなんていうことも。そんな時は、参考書に乗っている図や絵をコピーして貼っちゃいましょう。あとはそこに文字で書くと分かりやすい追加の情報を書いていけばいいのです。

 

医師の何気ない言葉は必ずメモを

医師がぽろっと教えてくれる一言はためになる情報がたくさんあるため、メモして損はありません。要は、参考書の情報をスクラップしていき、自分でオリジナルのノートを作ればいいのです。そうすれば、情報の取捨選択をしているため、ざっくりとでも頭の中に内容が入っています。あとは、追加情報として医師から聞いたことや先輩看護師から聞いたことを横にちょこっと書いておけばいいのです。

 

メモの取り方に規定はない

ちなみに、自分自身も文字を書くという作業があまり好きでなく、自分の書く文字も好きではなかったため、自分の手で書いた文字を見ることが嫌いでした。そのため、ここでご紹介してきた方法を行い、時間の無駄なく効率よく、かつ内容をしっかりと頭に入れることができました。自分の働いていた病院ではナイスアイディアと評価され、怒る人はいませんでした

 

ポイント!

ポイント

手書きにこだわるような上司がいる職場だと注意した方が良いかもしれませんね。

 

2.とにかく家で勉強したくない看護師の勉強方法

看護師家で勉強したくない勉強方法

家で勉強すると誘惑が多くてはかどらない、学生時代そもそも家で勉強する習慣がなかったという人多いかと思います。自分もその一人であり、国家試験の勉強は近所の図書館やカフェでやり、家では全くしていませんでした。

既卒のママさん看護師さんでは、家で勉強するとお子さんが話しかけてくるので集中できないなんていう人もいるのではないでしょうか。家で勉強したくないという人の勉強方法をお伝えしていきます。

 

病院内で勉強を完結させる

家で勉強したくないという人に行ってほしい唯一無二の方法。それは病院内で勉強は完結させてしまうということです。病院内の図書館や病棟の書籍は病院のお金で、教育を担っている人が買っていることが多いため、常に最新で必要な情報が載った物ばかりです。なので、その日の疑問や先輩に調べなさいと言われたことは全て院内で完結して帰宅しましょう。

 

休憩室には参考書をもっていく

病棟で勉強していると患者さんなどから勤務外なのに用を言いつけられてしまう可能性があるので、参考書をもって、休憩室などに入って、時間を決めて行えばかなりはかどりますし、次の日の予習だってばっちりできちゃいます。

先ほどのメモのように自分の覚書としてではなく、学を深めるために勉強しているのならば、こちらも前述したようにコピーをして自分の持っているノートに貼って、重要な部分を書き込めばあとは家に帰っても見るだけなので、家族に邪魔されず、寝る前の数十分でも見直しできるのでお勧めです。

 

通勤時間のスマートフォンでも情報収集もあり

看護学生時代に、インターネットで調べたことは信用してはいけない、必ず書籍を見るようにと指導された覚えありますでしょうか。医療職種でも一部の医療職種者にはいまだにこの書籍で勉強をするべきだという考えが強く根付いているということを聞いたことがあります。

 

インターネットで看護師向けの情報がたくさんある

看護師業界はどうなのでしょうか。確かに、インターネットの情報は信ぴょう性に欠ける者もあります。しかし、現在看護師向けの情報サイトでは、記事を書いている人は元看護師さんや、現職の看護師さんが多く、その情報源も数冊の書籍をまとめて引用していることが多いです。その理由も、忙しい看護師さんが通勤時間にスマートフォンなどで手軽に調べられるようにということだそう。

 

インターネットの看護師情報は注意して利用する

忙しい看護師に代わって、他の看護師さんたちがインターネット上で情報を正しく分析、整理してくれているのですから、活用しない手はありません。必ず、個人ブログではないこと、情報発信減の大本がそのサイトと提携している看護師であるかどうかなどを確認してください。

 

調べた情報は後でメモ帳に書き写す

そういった情報を通勤時間にスマートフォンで調べておき、病院で書き写してしまうのも良いでしょう。今では看護技術においても注意すべきポイントや根拠などをまとめてくれているサイトもあるため、参考にもなるかと思います。

 

3.簡単に知識をつけたい看護師は参考書にこだわる

簡単知識つけたい看護師参考書にこだわる

医療、看護の参考書は現在いろいろな会社からたくさん販売されています。しかも1冊かなりお高いため、買う際にはかなり慎重になるのではないでしょうか。簡単に知識を蓄えるなら参考書は必須アイテムです。勉強嫌いさんが持つべき参考書はどういったものがいいのでしょうか。

 

イラストや漫画形式であること

現在看護技術や、各診療科に特化した薬に関する参考書では、漫画形式となっているものも多く、その漫画の主人公に根拠を喋らせる設定のものが数多くあります。漫画であれば頭にもすらすらと入り、その上根拠も書かれているから調べものにはもってこいです。

 

ポイント!

ポイント

漫画であっても侮れず、その根拠やアセスメントはしっかりとしているので、看護学生の時に買っておいても看護師になってからも長く使うことができます

 

解剖生理はカラフルな参考書が良い

解剖生理に関してもなるべくカラフルな図や絵が入っているものを選んでおきましょう。そうすれば文字よりも頭に入りやすく、さらにはコピーして持ち歩き用のメモに活用することもできるため、おすすめな参考書となります。

 

値の張る参考書は根拠が書かれているかをチェック

各診療科に特化した分厚い参考書は情報量も多いことからお値段も高価であることが多いため、購入に慎重な姿勢を見せることが多くなるかと思います。分厚い参考書を購入する際にはそれを辞書と捉えましょう。前述してきたイラストや漫画のように繰り返し読むというよりも分からないことが出たいざという時に使えるものを選ぶのが無難です。

 

ポイント!

ポイント

こちらは絵やイラストというよりも各疾患や病態生理に関しての根拠がしっかりとしているかを見ることがポイントです。

 

根拠のある参考書は高くても役立つ

だいたい働いている時に先輩看護師から調べてこいと言われる内容は9割ほどが今自分が行っている技術または患者さんに対して起こっていることに対する根拠であると思います。

なので、多少値が張ってもすべての根拠が明確となっている参考書が1つあれば後はそれを見ればいいのです。購入の際は病棟にどんな参考書が置いてあるかを参考にすると良いかもしれません。

 

まとめ

上記でご紹介した全ての項目に共通するのは、勉強は家でやらずに病院で完結してしまうということです。毎日忙しく、定時で終わることもほぼ無い看護師。仕事でも家でも根を詰めて勉強してしまっては身体も心もぼろぼろとなってしまいます。特に勉強が嫌いな人にとっては1日勉強し続けるなんてもってのほかです。せめて家ではリフレッシュしてゆっくりと過ごせるように、嫌な勉強は全て病院で終わらせましょう。

そして、病院という限りある時間の中で活用してほしいのがこれまでご紹介したテクニック。自分自身もこのテクニックで何の問題もなく1年目を乗り越え、その後もここで作ったメモ達を活用して業務を問題なくこなせました。勉強嫌いの看護師が実践してきた方法、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


(編集・構成・管理者:亀岡さくみ

食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・神奈川県/20代後半
職務経験 ・総合病院 ・クリニック ・介護老人保健施設 ・デイサービス
・健診センター ・イベントナース・夜勤専従看護師
診療科経験 ・脳外科 ・神経内科 ・内科 ・皮膚科 ・整形外科

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。